今日のお菓子

相変わらず30℃を超す暑さ
こんなときには葛を使った「水牡丹」や琥珀糖の透明感のあるお菓子が、見めも良く、冷たい口当たりも良いものです。
松江の彩雲堂は松平不昧公お好みの「山川」が有名ですが、この季節のお菓子でトマトを使った和菓子を出しています。器ごと冷やして、出しましたら大感激でした。やや甘めですが、爽やかな酸味もあり、トマトの赤い色と上に重ねた緑の色合いも涼感を誘います。
b0197486_19491921.jpg

写真ではちょっと分かりにくいですが、とても綺麗な赤色なんです。
濃茶の菓子として使いましたが「前席では美味しいお菓子を頂戴しましたがご銘は?」で「あれ?なんでしたっけ??」になりました。所謂、和菓子に付けられるような銘が無いのです。「ご製は?」「松江の彩雲堂でございます」「口当たりが爽やかで、流石に不昧公のお好みを作られているお店。トマトとは思いもつきませんでしたが、おいしゅうございました」・・・・・何か良いご銘があると良いですね。
器は教室の常什でしたので、もう少し雅味があると良いのですが。

奈良は葛が有名ですが、柿もまた有名です。葛で出来た台に柿のゼリーのようなのを薄く合わせた和菓子があります。いしい製の「琥珀」見目は今一ですが、冷たくしてとても美味しいものでした。けれども、柿の季節には早いので、夏場にお出しするのは気が引けます。
b0197486_20341311.jpg

お店の写真を拝借しました。

by higashinuma | 2010-08-25 20:04 | 茶道 | Comments(0)