ブログトップ

つれづれ

歩く

27年12月11日 金曜日 雨 19.5℃ エアコン入れてます。

朝暗いとやっぱりすっきりしない。夜明けが遅いのと雨で今は7時半ですが、明かりが無いとかなり暗いです。熱帯魚のテトラ系はこのような朝は、あの鮮やかな色が無いか、薄い。青と赤のネオンが灯っているような鮮やかな色が売りのネオンテトラも目覚めて暫くしないと、まるでメダカの様です。

今日のタイトルは「歩く」一日の中でどれくらい歩くだろうか。私も心して一時間以上は歩くようにしている。が、今日のような雨や日暮れが早いこの季節はなかなか時間が無い。一日、一万歩と言うけれど、どれだけ達成できているだろうか。
まぁ、是は健康のために歩く事。

今日、書きたかったのは歩く姿の事。茶室でも歩くのは結構難しい。
縁を踏まない。裏千家では入りは右足から、花月の稽古ともなるとついつい大声になる。歩幅は同じに。一畳四歩。でも、これくらいならある程度稽古を積めば何とかなります。
では、左右の足を平行にはどうであろうか。
研究会で点前をさせて戴き、業躰に右足が少し開いているご注意を受けました。立っている時は揃えてピタッとくっ付くのですが、歩くと僅かに開くのです。それから、街を歩く時も意識して歩くようにしている。失礼ながら太った親父タイプの業躰でも足運びは見事に決まっています。
ある人にトイレットペーパーの上を歩く練習をしたと言われた。確かに紙の幅は大人の足の幅。まっすぐに歩く練習には良いだろうと思う。この方の歩きは本当に綺麗でした。きっちりした足袋と歩く姿は感動でした。

女性がスーツ姿で歩くのは格好好いなぁと思うが、大方、外股で歩いている。古いですが、靴音もコツコツと格好良く、田中真紀子が外務大臣の時辺りのそれは、いっときはそれも好いなぁと思ったけれど、今はみっともないから止めなさいと言う。モデル歩きを要望しているのではない。

大凡、「男女雇用機会均等法」などで外股で大手を振っている女性が居る。何か勘違いしていない?
この法律の否定はしませんが、やはり、女性の女性らしさはそのような法律とは違うだろう。
バレリーナは外股で歩く。あれはあれで好い。でも、街を歩くのにあれではやっぱりおかしい。

あぁあ!お茶を習っているのに・・・点前の時は注意を払っているのか、足が揃うが、お運びになると外股で歩いている。立礼ならまだしも、客は座って見ているのですから、凄く目立つ。
綺麗に歩くとは難しいのです。心したいと思う。

我が家飯から
b0197486_831216.jpg

土日は一緒に食べるので鍋にしたりする。
b0197486_8321670.jpg

弁当用に定番のピーマンウィンナ炒め・・・流石にタコ切りは
b0197486_8333783.jpg

困ったときのお助け者・・旨いです
by higashinuma | 2015-12-11 08:34 | 所感 | Comments(0)

茶道をとおして日々の流れをつづる