ブログトップ

つれづれ

都鳥

28年1月21日 木曜日 晴れ 17.7℃ エアコン入れるのが遅かった 
今日は「大寒」天気予報でも言っているように寒い。この辺りは雪もまだ沢山残る。

多摩川に都鳥(ユリカモメ)が来て、パンを遣りに行く。
本当はそういうことをしては駄目なんですが・・渡り鳥にエサをやってメタボになり、帰れなくなったと言う話も聞いた事があるし、多分生態系も変わるのだと思う。
可愛いと言うのが一番いけないのですが、でも、可愛いです。正直!
勝手な事ですが、毎日じゃ無いので許して貰おう。

b0197486_7385482.jpg

b0197486_7392728.jpg

どうです?
「餌欲しい」と言っているみたいでしょう。
b0197486_7405582.jpg

カイツブリはユリカモメに圧倒されて遠まきに見ているだけ。

最初にいつもの場所に行ったらカイツブリしか居なかった。仕方なく彼らに餌をやっていた。「今日はユリカモメ居ないね」等と言っていたら、一羽が飛んできて、ひときわ高い声で鳴いた。多分、仲間を呼ぶ声でしょうか?すると群れで飛んできた。
目の前に来てホバリングして餌をキャッチする奴・・これは餌を咥えたら一周してきて又目の前に飛んできます。いつまでも餌にありつけないのを見つけて、そこに投げてやるのですが、いつまでも食べられなかったりする。人間社会と同じだなぁ等と見ている。

☆3月半ばに研究会があり、初炭手前をすることになった。それで、香合は「都鳥」を使う事にした。
今戸焼のものです。業平吾妻下りに出てくる話もあり、花が咲く話題につながれば・・・
今戸焼は天正年間から始まったとされ、関東大震災以降は細々と続き、現在は一軒(白井家)が残る。この香合もそうですが、手あぶり(火鉢)、土人形等を製造。白井半七も名前を残すが震災の7代目からは兵庫県の方で作陶し、茶道具を作っています。


おまけ
b0197486_7483363.jpg

タイの雀(アート撮影)
日本よりはそんなに怖がらない。
b0197486_7501268.jpg

タイの犬です。豚かと思った。誰しも目を引く。右下の容器にコインを入れてと飼い主がわめく。
一日どれだけ稼ぐ犬だろう?
飼い主の根性が気に入らないが、それもタイですね。
by higashinuma | 2016-01-21 07:53 | 所感 | Comments(0)

茶道をとおして日々の流れをつづる