だるま市

28年3月4日 金曜日 晴れ 20.1℃ 

昨日は深大寺のだるま市。近くに居ながら一度も行った事が無い。この前、植物園に行った時にポスターや交通規制のお知らせ等があちこちにあり、行ってみるかなと思った。
昨日は暖かく、家から歩いて行った。一時間はかからない。途中で会う人は爺婆ばかりですね。自分もその一人だけど( ´艸`)爺は一人歩きで煙草ふかしながらの人もいる。婆は群れて歩くのでややうざい!群れるのは良いのだけれど横広がりで、他人を意に介せず、我がもので歩くのはどうかと思うけれど、あの年齢ではそんなことまで気が回らないのだろう。??これ参道と違いますのや・・普通の道路ですねん。
さて参道はと言うと
b0197486_8255593.jpg

両側に露店がびっしり。お馴染みの「たこ焼き」「焼きそば」「イカ焼き」等々の定番屋台の他に海産物、農産物等が並ぶのはお寺の参道ですね。まあまあの「大蒜4個」五百円にちょっと心動くが、ふと是は中国産?と言う事で止めました。丁度、お昼時「焼きそば」でもと思ったが、このちょっと先に、と言っても山越えと川を渡った先ですが、市場があって、そこに蕎麦屋があるので、そこで食べたかった。勿論、深大寺、蕎麦屋は沢山並んでいるけれど・・高い!不味い!のイメージが強いので、誰か連れて行った時以外は殆ど食べていない。
市場の方の蕎麦屋は立ち食い蕎麦屋の雰囲気ですが、汁はこってり濃い目の醤油、田舎の蕎麦の雰囲気。働いているのも爺と婆。行ったけれど意に反して満席!新しく出来た海鮮店も満席で結局食べずに帰る。市場なので鮮魚もある。

だるま市を忘れていました
b0197486_836841.jpg

左は本堂で参詣者がびっしり。並んでお参りを待っているが婆がお参りが済んで、並んでいる前を無理やり通ろうとしたので、「後ろから行って」と言ったらいきなり嫌な顔でどつかれた。えぇ~お寺にお参りしてもこんな人も居るんだとちょっと悲しい。後ろから回れば人を押すことなしに通れるんです。

b0197486_841091.jpg

多くの店で混雑。結構高いんですよ。売れ行きは・・・サッパリの感じでした。見た目、植木を買う人の方が多い感じです。この辺りは造園業が苗木を育てる畑が多く、当然緑が多いので歩いても気持ちよい。それに値段が付いていない。縁起物だから?右上の大きいのは3千円下の左下小さいのは5百円・・店に因って違うのかも。人を見て吹っ掛け売り?屋台の一つだからね。

我が家にも小さいけど二個達磨がある。
一個は「達磨」と言う中華屋で戴いた物。これには因縁がある。
ここの店の「広東麺」が好きで、偶に入るが、ある日、隣の席に韓国人の女性三人が座って注文している。旅行客のようなので見ていた。そして料理が出来て運ばれて来たら、頼んでいないと言う。店の人が言葉も分からず(中国人は働いている)確かに頼んだと言っているが、聞き入れなかった。思わず「それ頼んでいたよ」と言ってしまった。仕方なさそうに受け入れて食べていた。彼女たちが去って、私が帰る時に「ありがとう」と言ってくれたのが達磨だった。偶にしか行かないがその顔は見知っていた。この達磨は目が入る事も無く数年経っている。
もう一個は若が深大寺で「おみくじ」として買った物。「おみくじ」の内容によって達磨の色が違う。「片目を入れて、願いが叶ったらもう一方の目を入れる」と教えて、これも数年。
今日はお坊さんが目を入れていた。買った時は「梵字のあ」収める時は「ん」?(確か?)を入れてくれるらしい。長い長い行列を作っていた。

by higashinuma | 2016-03-04 07:55 | 所感 | Comments(0)