28年3月7日 月曜日 雨 20.6℃ 月曜日が雨だと今一気合が入らない。それにエアコン無しでも20.6℃もあるが、うすら寒い。

夕べから熱っぽく、今朝も熱は無いものの、いつもの元気が出ない。
一番の原因は低気圧。と、思う。昨日あたりから事故で打った頭が何となく違和感を感じて締め付けられる感じかな。こうして、文字で書くと凄く大層に思われるでしょうが、書きながら、そうそう酷い事は無いし、普通にしていますのでご安心を。

一体、書いたり、言葉で表現すると、つたない文だったり、口下手だったりで、自分が思った通りには相手に伝わらない場合が多いし、受け取り側も解釈が浅かったりで、行き違いが起こる事がある。

「私が他人(ひと)の悪口言うと思う!」よくこんな事を言う方が居られる。その癖言葉の端端に「あの人は××ですから」と、例えば私と親しくしている人を評価する。私から言ったら悪口にしか聞き取れない事をしっかり言っている。それが、然るべき立場の人が言うと「あの人は・・」の方が強調されて伝わる事を言っている本人は気が付いていない。私からすれば「軽い人」と思わざるを得ない。そういう人とは、慎重に話す事になるし、私も言われているだろうなと思う。それを言っている人の、その真意は自分だけに注目して何かしてほしい事、所謂「チヤホヤ」されたい現われの様です。

私はどちらかと言うと、日本人には余りいないタイプのはっきり物を言う方です。余りにゴチャゴチャした世界が面倒になり、オブラート包みをある時より止めました。でも、全ての人に対してこういうことは無いと思う。思うと言うのは相手がどう受け取っているかのところです。そういうタイプなのでどちらかと言えば相手もはっきり物言うタイプだと付き合いやすい。茶道なんて世界は殆どがオブラート包み言葉です。まぁ、それは無難で世渡りが上手と言う事でしょう。裏で悪口を言わない限りは。

「書いたものでしか判断できない」行き違いがあったりするとよくこう言ったりする。確かに。
一番は短歌の世界かな・・・自分で思った事が相手に伝わってなく、違う解釈になっていたりする。
公表したものはどのように解釈されても致し方ない。勉強するのみです。
でも、これは歌の世界での事。
大事な事をメール(短い文章)でと言うのは本当に慎重に言葉を選ばないとトラブルの元になる。

嫌だと思っている人に言われると腹が立つが、そうでもない人に同じことを言われても気にしないのと同じ事です。人と人の間はとても難しい。
雨の憂鬱の中・・・・

我が家飯から
b0197486_851348.jpg

土曜日の夕食に若が作ってくれた「牛筋煮込み」絶品!
「面倒で時間かかるから二度とやらない」まぁ「そういわずに」

僕が作るから・・・
b0197486_8543176.jpg

定番の風呂吹き大根・・彼の得意定番になりました。旨いです。
もう一品ありますが、写真アップが出来ない

※3月2日に着物アップしていますが、羽織が今日朝ドラで着ていたのと同じでした(びっくりぽんや)
因みに羽織は「ひげ紬」と言い「ゴミ」が付いているとか「襤褸」ではありません。

by higashinuma | 2016-03-07 07:36 | 所感 | Comments(0)