格差

28年4月7日 木曜日 雨 室温は20.3℃あるが寒い

この前、国会の中継で面白いなと思う発言があった。メモを取ったりしたわけでもないので或いは聞き違いもあったかも知れないので、間違っていたらご指摘ください。
それは確か共産党の議員が「貯預金が減っている」「10%消費税は反対」の質問意見だった。すると与党の例の方が「我々の調査では預金通帳発行数は増えている」と切り返した。

預貯金が減少傾向は事実そのようです。物価が上がっていて、給料が思うほど上がらないので、生活費として預貯金を崩しているらしい。それは我が家に照らしてもすごく納得がゆく。
預金通帳だったか銀行に行く人が増加しているだったか定かではないが、やはりそう言っている人は市井の人とは違うんだなと思った。何故なら年金族が増えて、その支給は各銀行で口座開設を競っている。実際、口座が無いと支給出来ない制度になっている?当然、通帳と言うか口座は増えている訳です。そして、振り込まれた年金はその日から生活費に消えてゆく。なので、本来の意味の預貯金は減っているのです。

別に共産党に肩入れしている訳では無いが、何だか「あほ」らしくてこんな議員を選んだのかと、こんな議員に税金払っているのかと呆れると同時に怒りを覚えた・・こうして書くと穏やかではないが。

例えば、10人の中で、一人が一億の預金があったとして、預金ゼロが9人居れば一千万の平均預金として表され、与党の議員は平均一千万の貯金があるではないかとなるのです。でも、本当はゼロの人が9人で、この人たちを対象に見てゆかなければ格差は開くばかり。全然豊かさなんかは感じません。

消費税も面白い。預金ゼロの9人は例えば「すき屋」「吉野家」等で牛丼を食うでしょう。一億の預金の人は毎日では無いにしても高級レストランで食事となりましょう。同じく8%の消費税(外食は据え置きと言ってますね)として、どちらが消費税で支払う比率が高いでしょうか。「すき屋」「吉野家」の方が比率では重いです。スーパーで弁当買ったらどうなるのでしょう。それらの店よりもっと安い値段で食事ができます。大手電鉄系のスーパーでは250円の弁当がありました。それにデパートの有名料亭の弁当も、これは外食では無いので10%の消費税(定かなところは不明)がかかります。やはり所得が低ければ安い方を選び、消費税が負担になります。
こうしてますます格差は広がります。

あるお茶会で席主が「道具をグレードアップしました」と言われた。勿論、私だから言っているので来客にそんなことは言っていない。
グレードアップのグレードがどれだけのものか?
勿論、家元箱書のある、千家出入りの職方による季節の道具での茶会はグレードアップなのでしょう。私の思うに、それらは消費税なんか「なんじゃらほい」の人達の話ではなかろうか。
「恰好つけても」と良く言いますが、中身が大事です。
道具が立派でも、全く心地よい茶会とは思えない時が多々あります。立派な道具は美術館で見て貰い
いましょう。茶会で高価な茶碗を飾っている時もあり、ある人はあれは道具屋に借りているんだよ。なんて事も耳にした事がある。
稽古しているのはお客様に気持ちよく過ごして頂くためのものです。本来、客によってグレードアップなんて事は無いのですが果たして?
今月も何度か茶会がある。一番行きたくない茶会の招待がきているが、久しぶりに勉強しに行こうと思っている。「こうしてはならない」と言う勉強では無く「こんな方法もあるんだ」と良い方の勉強を期待して。
気分転換の桜
b0197486_1162314.jpg

b0197486_1165432.jpg

b0197486_1172477.jpg

大島桜と染井吉野
b0197486_1182778.jpg

野川で・・花大根や菜の花が良い・・もう少し上流では雪柳も水辺に咲く
b0197486_11855100.jpg

成城の新緑
b0197486_1115334.jpg

水辺に大木がある

by higashinuma | 2016-04-07 10:29 | 所感 | Comments(0)