ブログトップ

つれづれ

いじめ

28年5月1日 日曜日 薄曇りの晴れ 22.9℃

客人の今日の予定は新宿辺りを街ブラみたいです。行きたくない~(´;ω;`)・・( ´艸`)
で、行くは行ったが私は昼を食べて帰ってきた(^^)v
でも、気持ちの上では悪いなぁと思うんですよ。でも、でも・・・・
これを書くのは止そう。

タイトルは「いじめ」でした。
私が子供の頃は「いじめ」なんて感じたことは無いし、「いじめ」ていた事も誰かが「いじめ」られているなんて事も知らなかった。
強いて言えば、小学生低学年で、父の東京土産のラクビーボールを学校に持って行き遊んでいる時、誰かにトイレに落とされた事があった。そして誰かが拾って洗ってくれたが、そこで泣きながら家に帰った事がある。当時、仲の良かった子が何人かぞろぞろ付いてきたのだった。家に帰ったら祖母にいきなりお前が悪いと叱られた。そして又、学校に戻った記憶がある。
あれは「いじめ」だったのだろうか?

それから東京に出て来て初めて「橋の無い川」と言うのを知った。つまり「部落」ですかね?普通に村落の事を〇〇部落と言っていたので、部落が所謂、差別だとは知らなかった。我が家は数十件の集落でほぼ真ん中の家。その橋の無い川に相当する家も確かにあった事はあった。集落とは別にする一軒二軒の家だ。お墓に行く通りに面していたので、墓守と聞いた。そして、もう片方の家は獣の毛皮を剥ぐ生業と聞いた事がある。つまり、関西あたりでは差別化されている家なのでしょう。
なので、至って平和な田舎で育った事でした。

昨夜面白い番組を観ていた。
「ご主人が会社でいじめられていたら辞めさせますか?」と街頭質問していた。辞めさせるが多数派で良い奥さんだなと思ったが、中には「ボーナスや退職金とかが良い会社なら辞めさせない」と言うような人も居て笑った事でしたが、奥さん或いは家族に会社でいじめられていると言える人は幸せな人だと思う。

大凡、「いじめ」とはどういう事だろうか?私が少し他人と違うのだろうか?どちらかと言うと「動じない」人の分類に入ると思うし、敢えて無関心を装ってきたのかも知れない。
なので、例えば「いじめ」をどのように受け取るかの問題ではないかと思うのです。些細な事でもその人が気にするとエスカレートしてきます。
高校ではお金を貸して返してくれない時があった。私は貸した人に手紙を書いた事でした。「些細なお金ですが、父や兄が汗して得たお金です。返して下さい」その人は間をおかず返してきました。その後もそいつとは普通の関係でした。

ストレスを背負い込む性格と吐き出す性格がある。私はどちらかと言うと後者でストレスを与える側なのかも知れない。こうなるには長い間の努力(でも無いか( ´艸`))いつの間にか何かが取れたような気がします。

職場の二人の女子も酷かった。十人並が男勝りの独身子持ちで、並のもう一人の独身女性をあからさまに「いじめ」ていた。面白い事に課長がその「いじめ」られの子と不倫。そしていつの間にか首になりました。次に来た課長も結局は押さえられず、いじめられ子は本人希望で配属替えし、その課長も首でした。二人の明確な首になった事由は知る由もない。二人とも当時40代かな?家庭はどうするのだろうと他人事乍ら気にかかっていた。それ自体も「いじめ」には相違ない。

人が三人集まれば多かれ少なかれ上下関係が出来る。ましてや人数が多ければその延長で、上に立ちたい人は認めさせたいから他人の弱点を突いたり、ある事無い事告げ口で優位に立とうとする。
古くからそれは続いている。人間である以上仕方のない事なのだ。

気分転換
b0197486_14492930.jpg

b0197486_1450128.jpg

伊豆稲取の金目鯛食事
b0197486_1450589.jpg

稲取漁港正面の網本徳造丸本店で
今回は昼を少し過ぎていたし、28日は雨だったので、待たされずに入れました。
高いけどやっぱりここは旨い・・・私は「当り前」と言っている・・安くて旨いのが本物!
下田他伊豆各地にあります。
金目鯛も輸入?遠洋漁業?があるとは知らなかった。
by higashinuma | 2016-05-01 08:56 | 所感 | Comments(0)

茶道をとおして日々の流れをつづる