薔薇色

28年5月19日 木曜日 晴れ 25.1℃ 富士山は薄く見えている
深大寺、神代植物公園は比較的近い事や市場があったりで出かける事が多い。
この前薔薇を見に行った時に植物公園の大温室が改修工事が終えて公開している事を知った。
「行ってみる?」「こんな暑い日に温室」この一言で諦めた。
それにいつもお土産を戴く方に「薔薇羊羹」を買いたかったが、それもスルーされてイライラしながら帰った事でした。

昨日は「温室見るぞ!」「羊羹買うぞ!」残念ながら羊羹は売り切れていた。
公園の中で薔薇のソフトクリームを売っていますが、薔薇の香りが美味しい。
この羊羹も前にお茶の稽古で使っていますが、薔薇の香りがして美味しい。
無いと知ると悔しさが倍増されますね( ´艸`)

先週、買えば良かった。二か所で売っていて、一か所はスルーされたが、出口のところで、思い直して店に戻ったら、ソフトクリーム買う凄い行列で諦めた事でした。商品(薔薇グッズとか)の売店とソフトクリームなどの食品売店が一緒のレジで売り子が二人なので混んでいる。

温室にこだわったのは「翡翠葛」を見たかった。
翡翠葛は花が無かったが、世の中にこんなきれいな花があると初めて見た時の感動を忘れない。
大戦の時に熱帯雨林のジャングルの中で見た兵士は何を思った事だろう?
b0197486_9324685.jpg

          ネットで戴いた神代植物園の翡翠葛

ベゴニアや蘭は年中花が観られます
b0197486_935199.jpg

b0197486_9353685.jpg


薔薇園を見ていて「バラ色と言われたらどの色だと思う?」
凄く難しい質問。そもそも「バラ色の人生」なんてどんな事?
さしあたって「こんなかなぁ」と撮ったのがこの花
b0197486_939408.jpg

多分、この日の気分がこの色を選んだとしか言えない。

「バラ色の人生」は1946年にエディット・ピアフが発表した『ラ・ヴィ・アン・ローズ』(フランス語:La Vie en rose)代表曲で日本語で「バラ色の人生」と訳された。

「バラ色の人生」分かっているようで分からない・・つまり、人生もそのようなものなのだろう。
一生をハッピーで送る人も居るでしょうが、「禍福は糾える縄」・・この言葉は火曜日に留学生が発表する原稿を見て欲しいと言う中に書いてあった・・・いつもハッピーな人は極々珍しいのではないかと思うと同時にそれは(禍福)本人がどのように思うかではないかと私は思う。

結構沢山の花を撮ったが日差しが強く、液晶画面が良く見えない。ボケ写真が多かった。
b0197486_100244.jpg


b0197486_1013732.jpg


b0197486_1023969.jpg


青いバラのその後はどうなっているだろうか?

by higashinuma | 2016-05-19 09:27 | 所感 | Comments(0)