ブログトップ

つれづれ

工場見学

28年6月10日 金曜日 晴れ 27.2℃ 風があって家の中ではそんなに暑さを感じないが、外は暑い
この前火曜日に使った沙羅の花の蕾が開いた写真は昨日アップしたが、夜に萎んで、今朝、又、開いていた。捨てなくて良かったと思うが、一日花の観念が覆された。
b0197486_16413311.jpg

もうすぐ夕方5時の花。

今日は2か月ごとの病院通いで朝早く出かけた。自転車の方が便利ですが、暑そうなのでバスで行く。
今の住まいからはバス+バスかバス+電車ですが、乗り換えの幹線のバス停までは歩いて15分位。歩いて行くが朝9時少し前だけれど、汗だくでした。電車+バスにすれば良かった。帰りは買い物して荷物があるため電車+バスです。

今日は珍しく男性の日傘を見た。40代かなぁ?欲しいと思った。
以前、雨上がりのカンカン照りで雨傘を乾かすつもりもあって差してみた。超快適!涼しい!
年々ヒートアップする地球環境。男性日傘ももっと普及して欲しい。
・・日傘を買った事は買ったんですが、一か月で壊れた。それ以降無い。

昨日は雨予報でしたので、大傘を持ってJALの工場見学に行った。バスで行ったが途中雨になり、到着時には晴れていた。尚、帰り時間は雷予報だったが、店で食事中に降ったのみ。

テレビで工場見学は見ていて、行きたいと思っていた。
やはり日に何回かの見学予約時間があって、私の行った時間は老若男女約60名位でした。
中に20代~30代スーツ姿のサラリーマンも何人か居た。そして、説明を熱心にメモしている方も居た。小学生から70代位?20代女子多い。
受付を済ませ、搭乗券のようなカードでチェックして入場。(この券で入退場の管理をしている)予約時間の30分前から会場入り出来るようです。そして自由見学のコーナーが中々充実していて、講義(子供にも分かりやすい飛行機がどうして飛ぶか等)の後に再度、この自由見学コーナーと売店での買い物時間がありますが、受付時間開始すぐ位に入場すると良いと思います。このコーナーは大人でも楽しめて面白いです。機長や客室乗務員の制服を着て写真も撮れます。
b0197486_16452556.jpg

操縦席の展示。
是は左右同じ装置があり、機長と副機長士は交互に同じことをするとの事。聞いてみなければ分からない事もある。
機長が持っているあのバックの中には、取扱説明書も入っているらしい。

そして愈々工場見学。工場と言っても整備場です。あの巨大な777機が建屋の中に入るのですから、凄い広いですが、広さを感じ取れない不思議。今回は777機の他同じ建屋に3機が入って整備中でした。777機がある事や政府専用機も待機していて、運が良かった見学でした。

b0197486_16501159.jpg

真近で見られた。
それに、この日の風向きから、到着便も真近で見る事が出来た。着地の時に尾翼から煙が出ますと言う。あの、噴射で機長の腕が分かるなんて言っていたような・・・

b0197486_16532718.jpg

これは羽田国内線ロビーの床を二階から眺めていて気が付いた。ポチポチっと煌いて見えるのです。肉眼はもっとはっきりしています。深夜便の星のように見えた。

サントリー武蔵野工場は近い事もあって、何度か見学し、美味しいビールの試飲をしていますが、JALの工場見学は見るだけだね。と、連れに言われました。??何を期待している?
せめてJALオリジナルのスカイタイムのサービスドリンクがあれば申し分ない( ´艸`)

今日は湿気があって喉が渇くと思いますが、見学は飲み物禁止です。後ろに自動販売機がありますから水分を採ってからにして下さい。と説明員に言われたような・・
by higashinuma | 2016-06-10 16:27 | 所感 | Comments(0)

茶道をとおして日々の流れをつづる