三流患者

28年6月12日 日曜日 晴れ 26.9℃ 風が涼しいが蒸し暑さもある

パソコンを開いて、ネットに接続するとMSNの画面で色々のニュースや話題が表示される。今日、目に飛び込んだのが「三流患者」と言う項目。ざっと読んでみたが・・・逆に三流医師は?と思った。

虚弱体質と言う事では無いが、子供の頃から病気が絶えず、病院にはずっとお世話になっている。あるとき、担当医に薬の処方だけなので、この病院は研究機関の指定もあり、難しい病気の人を看る時間が無くなるので、開業医に移って欲しいと紹介状を書いてくれた。私としては大なり小なり他の科にも掛かったりしているので移りたくなかった。家から歩いて10分の場所でもある。そして看護師さんに紹介状を渡されたら名前が間違っていた。それを言ったら医師の書いたのを写して書いたと言われ、婦長らしき人が出て来て、それを取り上げてしまった。本来ならば紹介状の支払いはしなくて良いはずなのに、病院とのトラブルを避けるために支払っているにも関わらずだ。
恐らく、問題になるのを恐れて取り上げてしまったのだと思った。そして、次からの担当医が変わった。この科の長が看てくれて、薬の処方が間違えて居る事も言われた。薬を変えて極端に良くなった。その長は転院するからと、別の担当医を紹介してくれて、今は順調と言うか体調は安定している。

面白い事に、その間違えた前の担当医と今の担当医は診察室が隣り合わせ。患者の出入りで前の医師が見えるたびに、どうしてこんな医師が未だ居られるの?と訝しくも思う。プライドの高いのは良いとして、だったらもう少しちゃんとやれよと言いたいです。

大病院は研究施設になると言う政府の指導の下に、他の科でも良く開業医に行く事を言われる。果たしてそれで医療費が安くなるのだろうか?少し前に、ずっと足が痺れていた。一週間も続くとやはり脳梗塞とかが心配になる。それで、脳神経内科でMRIと整形外科でレントゲンの診療を受けた。どちらも原因が分からず結局は自然治癒になったが、未だに不安はある。でも、これらは大病院だから出来る事で、記録も残るので経過も分かり(前にもMRI受信)安心できます。それに、他の科で診察を受けているので、高額の初診料も不要(科の初診料?は要る)でした。これが開業医だったら、たらいまわしになる懸念もあり時間も馬鹿に出来ない。

あとひとつは、病院で処方された薬は市販で買えない事にも問題があります。昔、ロキソニンは病院の処方以外は買えなかったのが、今は市販薬の薬局で買う事が出来ます。その薬局も問題があると思います。
処方薬を続けて使う事に問題があるものと、そうでないものがあります。なので、絶対処方が必要な物と何回までは続けて買えると言う物の規則を作れば市販の薬局でも売れば良いと思います。

例えば、深刻な内容でなくとも、成分の同じ薬は市販薬に無い。それが問題なのです。一度、医師が市販ならこの薬と書いて下さったが、処方と同じ摂取量になると、結構、高額になりました。保険医療では削減出来ても、患者の負担は大きいです。まぁ、これらは医療費として確定申告出来る事にはなっているようですが、国はそういう事にも配慮しているのだろうか。

病院なんてそんなに好き好んで行ってはいない。昔言われた老人のコミュニケーションの場では無い。が、一つにはそういう場所が無い事もある。医師と話して癒される人も居ると思う。
医師が三流患者と言う前に、政府が医療費云々言う前に、そういう場所を造るよう提言はしないのだろうか。少なくとも「病は気から」は治せる筈です。

医食同源から・・に、なるかどうか?
b0197486_11511937.jpg

マイハンバーグ・・やっぱり手作りは◎
b0197486_11515154.jpg

もやしと揚げの炒め煮

三流患者の記事は大病院受診の事等が書いてないので全てが肯う内容では無かった。そういう事もあるんだと言った感じですか・・・・一人の医師が専門外でもパーフェクトなら問題ないですね。??国の言うかかりつけ医とはそういう事だろうと思う。田舎では昔は一人の医師が何でも請け負っていた。どうしようもない時に病院へ紹介される。

誰でも寝たきりになるのはゴメンです。
延命治療が問題化されているが、ポックリの神様でも祀るしか無いのかも。

by higashinuma | 2016-06-12 12:15 | 所感 | Comments(0)