迷惑スマホ

28年7月1日 金曜日 曇り 27.6℃ 昨日より気温が高いのに涼しい

「迷惑」迷って惑う事って?
この前、超混んでいる電車に載る時に、スマホで頭を小突かれた。混んでいるので後ろは見えないが確かにその人は「ゴメン」と言った。そして電車の中に押し込まれて身動きが出来ない中で、私の眼の高さでスマホを見る人が居るので「眼に当たるのが怖いので止めてくれる」と言ったら「分かりました」と言いながら、一向に直そうとしない。

昔、スマホが流行る前は電車の中で本を読む人が多く、電車が揺れた途端に私の眼の高さで読んでいたその人の本に眼を刺された事があって、咄嗟に眼をつむって大儀無かったが、その経験から怖いと思うのです。その後、眼の前で本を読む人が居ると、自分の眼を囲うように吊革や手摺に掴まるようにした。当然、相手は本を読むスペースが狭くなり、諦めるか横を向いたりした。嫌な顔をして。

今回は手摺も吊革も無い入り口の真ん中あたり。凄い混雑して、横を向く事も出来ない。これぞ本当に迷い惑う。何だか「迷惑」の誤用のようですが、本来の意味は自分に対しても迷い惑うと言う事らしい。

私は誰にも「迷惑」を掛けないと言う人が居るでしょうか?生きている以上、大なり小なり他人に「迷惑」をかけています。少なくとも他人に「迷惑」を掛けないようにと育てられたつもりです。
それが分からないから、先程のスマホの話になるのです。
スマホ歩きで吾大道を行く!相手が避けてくれる。
相手(電車)が避けなかったので電車に頭打って大怪我をした女子高生のニュースがありました。
これを「相手が悪い」と言うのでしょう。
車でも、スマホ見ながら交差点に突っ込んでくる運転手も居る。轢かれそうになった事もある。これは違反者です。
今、それを見る必要があるのかどうか?
一つには恰好付けている人も居る。若い人ぶって目をしかめて見乍ら歩く爺婆も居る。

どうしてそれが相手に「迷惑」をかけるのか自分で分かって居ないのです。
それは育った環境が大きく左右しているとも思う。
昔のように兄弟も多くは無い。子供同士が外で遊ぶ事も少ない。一人っ子で家に帰ればゲームで遊ぶ。親は子供を自由気ままにさせている。こういう子供たちが親になってきている時代だ。教育現場も昔とは随分変わった。

スマホの進化で写真は大方と言うか大多数が撮っている。それに、デジカメなんかより綺麗です。
思うにこれらを販売している会社は今の社会現象をどのように見ているのでしょう。
駅員もホームより消えて、歩きスマホ、乍らスマホの危険を注意もしない。

私らはそれに合わせてゆくしかないのだろうか?
「迷惑」と言う言葉が相手を思いやる言葉とは程遠い事を思った事でした。

我が家飯から
b0197486_9141787.jpg

アスパラガスの胡麻和え・・・・以前は切り口と先は捨てていましたが「ガッテン」を見て一本丸ごと使っています
b0197486_9163056.jpg

b0197486_9165099.jpg

モロヘイヤのスープ・・中東の料理を習った時のスープ・・アレンジしたけれど美味しかった。
b0197486_9183279.jpg

ベーコン、茸のオムレツ・・見た目より味で勝負( ´艸`)

by higashinuma | 2016-07-01 08:00 | 所感 | Comments(0)