ブログトップ

つれづれ

彼方は日本人

28年9月26日 月曜日 晴れ薄曇り 26.9℃ 気候としては此の位が良い

「彼方は日本人?」良い意味もあれば悪い意味もある。
この頃、日本人の慎ましさや行儀良さがどこかに置き去られていると感ずる。
先ず、電車に乗る時や何かに並ぶとき。例えば電車だとすると、ホームには乗車位置が示されている。これは日本人の勤勉さの表れと思う。そして乗客がそこに並ぶのですが、この頃特に思うのには、この乗車位置より離れて立って居る人や、この位置より何人分か空けて並ぶ人が居る事。並んでいるのか何だか分からない。一々「並んでいるの?」と聞く事もある。最近は無視して乗車位置に立つことにしているが、内心、後ろから押されないかとハラハラしている。
それから、電車の中では「思いやりゾーン」は殆ど意味がない。また、いちゃつくカップルが多くなった事。仲良くするのはそれはそれで良い事ですが、公然の前で抱き合ってキスするのはどうかと思う。
前は思いやりゾーンに座っていちゃついている30歳前位のカップルが居た。昨日はやや混んでいる車両の真ん中あたりに立って抱き着いてキスしているどうみても40歳過ぎのカップル。二人の世界に入るのは良いけれど、公衆の面前で。その前は驚いた事にやはりやや混んでいる中で立って、外国人の女性と日本人の女性同士が肩を抱き合ってキスしていた大学生と見た。別に女性同士や男性同士と言う事にこだわりは持たないが、外国人はそういう習慣だから仕方ないとして、やはり日本人には慎ましくして欲しいと思うのは私だけだろうか。
ヤンキーでは無い普通の人達にもこういう習慣?が広がっている。
それはそれで良いではないかと言う人も居られるでしょうが、多分、全ての事に関してこんなふうな感じだと思う。それが困るのです。確かに他人は他人なのですが、自分が良ければそれで良いと言う習慣は日本人には無かったと思う。
農耕民族の祖先は狩猟民族とは感覚が違う。例えば、農耕民族で特に稲作の場合は水が大事です。水路も次の家の田圃にも流れを変えるようなことは子供のころから見ていた。共同共益でそれが皆の意に合わないと村八分のような事もあったようです。
それとこれはどのように違う?要するに他人に迷惑をかけないとか、極基本の事は何気に身についていたと思う。こういうことはある意味伝統なので、今の人がそれをやらないと、次の世代は分からないままに、今の状態を繰り返す。悪循環なのです。
戦後にアメリカから自由がやってきた。何をしてもかまわない。自制とか道徳があっての自由なのに、タガが外れてしまっては意味が無い。
先日は川崎駅の込み合う中で、頭の真っ白な婆さんがスマホ見ながら小走り。危うくぶつかれそうになった。「あんたがそういう行動をしちゃいけないと教えてやらなきゃならないのに!」
まるで、スマホを見ながら歩くのがカッコイイみたいな・・・ある時、歩きスマホの爺のスマホを覗いたら、電源が入ってなかった。

私はスマホを持っていない。写真はデジカメ。場によっては恥ずかしい事もあるが、気にしない。持たない理由は簡単。使用料が高すぎる。電話とメール、以前は写真も撮っていた。ネットはパソコンで充分。あとはナビとメモ機能、電卓もたまに。なのでガラ系で充分。
ドコモ?のコマーシャルでガラ系からスマホに替える男の人の歌が面白い「さようなら~」あれが出ると若が顔を見ながら(* ´艸`)クスクス

他人に迷惑をかけない。時代が違うと言うだけで済まされないで欲しい「彼方が日本人なら」

我が家飯から
昨日は若がご馳走してくれた
b0197486_1525784.jpg

四種類の貝のつかみ取り
b0197486_15254983.jpg

刺身・・美味しかった
b0197486_15261556.jpg

じゅんさいと海鞘
b0197486_1527770.jpg

貝が焼けました
b0197486_15274173.jpg

何だろう?野菜の盛り合わせ
b0197486_15282213.jpg

ホタテは店で焼いたのが出てきた
b0197486_15292048.jpg

鯛飯・・ご飯が硬かったので、茶漬けにしたかった。
b0197486_15304988.jpg

刺身追加・・お酒飲み放題
b0197486_15313149.jpg

芋煮・・美味しかった
デザートは桃のコンポート

そして梯子はワインバー
b0197486_15334552.jpg

この魚生臭みが強いので食べられない。カルパッチョはoliveoilを掛ければ良いと言うものでは無い。店に文句言ったのは自然の成り行き・・・・若が言うにはオープンキッチンの料理の人がお酒飲んでる・・・板前さんもお酒は飲みますが、ちょっと若い感じのこの人はチャラ男!結構混んでいる店でしたが私は多分もう行かない。
ワインをかけて二、三切れ戴いたが半分以上残す。
ワイン三杯とこのカルパッチョで3000円。上の刺身と芋煮で1500円どちらを選びますか?

若様ご馳走様でした。
by higashinuma | 2016-09-26 09:54 | 所感 | Comments(0)

茶道をとおして日々の流れをつづる