ブログトップ

つれづれ

鱗雲

28年10月7日 金曜日 雲の多い晴れ 26.3℃ 爽やかな朝を迎えています

このところ部分的にですが鱗雲が良く観られます。今朝も東から南の空(北側は観ていない)は鱗雲が出ていました。
b0197486_759283.jpg

未だ綺麗な鱗雲では無いですが、この雲が観られると何となく嬉しい。
鱗雲は羊雲などとも言いますね。正式名称は巻積雲。朝夕の寒暖の差が大きい時に出来る雲と聞いた。
是の塊の形によって鰯雲などとも言いますね。
b0197486_8113191.jpg

是は鰯雲でしょうか

誰しも記憶の中にとっておきの光景があると思う。私は鱗雲もその一つです。
b0197486_813209.jpg

西湖の空いっぱいに広がった鱗雲。
初めての西湖での光景です。
西湖は様々な舞台に登場しますので、その名前は案外誰でも知っているし、私もあこがれの地の一つでした。何度か書いているので、今更に恥ずかしいのですが、大海の茶入に大亀老師に銘を西湖と付けて戴きました。ご老師は蓋の裏に亀と朱書きして下さいました。
ある時の研究会で是を使ったら業躰が「西湖の水を一息に飲む」と言う禅語のお話をされた事でした。実はこれは「一口吸盡西江水」で西湖ではありません。この「西江」は大河と言う意味のようです。が、敢えて言うなら、西湖に通じても、詩文の意味には変わる事がないと思います。
因みに私の書いた是に関してのブログは全部「西湖」です。
この話は利休にも関連して、深いので別の機会に。
西湖は龍井茶で有名。陸羽の像が建つ広大な茶畑も思い出されます。
※地震雲と言うのがあるそうで、鱗雲と似ているそうですが、未だ解明されてはいないようです。知ったかぶりで書くと鱗雲は高く、地震雲は低い。地震雲は光を通さない。鱗雲は太陽が透けています。等々良く観れば区別がつくらしいですが・・・
by higashinuma | 2016-10-07 07:59 | 所感 | Comments(0)

茶道をとおして日々の流れをつづる