来客

28年10月8日 土曜日 雨 26.6℃ 昨夜は久しぶりに窓を閉めて寝た。涼しいより寒い。

小雨なのか、早朝より河川敷のサッカー場では練習している人達の鮮やかな色がうごめいて掛け声や歓声が上がる。ここは味スタを拠点とするFC東京の練習場かな?勿論、空いている時は誰でも練習できるし、花火大会の見学席をはじめイベント会場になったりする。
それに近くのテニスコートも早朝よりボールを打つ軽やかな音が響いている。
これらを聞いて、見ているのは楽しい。

昨夜は上海から来客二人が夕食に来た。国慶節で多くの中国人が来日し、彼らもその人達。
手抜きな我が家飯ですが、小一時間程かけて作る。
b0197486_856476.jpg

ハンバーグが良いとの若のリクエスト。白菜サラダ、花咲蟹、鮪アボカド、筑前煮、海老刺身
食卓は賑やかになった。アボカドは本当は潰して山葵醤油と混ぜるのですが、そのまま食べても美味しいので、調度食べごろをカットして鮪の上に載せる。それに薩摩芋ご飯。
飲むよりどちらかと言うと食べる人達。本当はスープを作りたかったが、その時点では来たので、若は要らないと言う。ご飯に汁物が欲しいと思ったが。

実は来客は今年、花火見学も含めて何組か来ている。嫌いじゃないし、喜んで食べてくれるのは嬉しい。しかし、皿とか出すのが結構面倒。食器棚は普段使う物が場所を占めていて、大皿などは箱に入れたまま収納している。中国人は人に因っても違うと思うが概ね、家庭に伺っても、皿とかは全くこだわらない。取り皿などもそこらにある物を何でも使う様だ。
和食器は五人揃えが基本なので、取り皿だけは15人分は揃っている。盛り皿は未だ、前の家にもあって、主に懐石で使いたい皿類ですが、今回はハンバーグ皿がいつものより一回り大きいので、メインが小さく見える。いつもの皿が4枚は在ったのに二枚見つからない。洋皿は半端な数で売られている。二枚ずつセットを二組買ったと思う。
ハンバーグは今や和食ですが、はて?何に盛り付けたら等と迷う。
世界遺産に選ばれた和食には、カレーライスやハンバーグも含まれているらしい。昔から食べられてきた家庭料理も含めての文化遺産と言う。
白菜サラダの皿は私が初めて作陶した信楽焼。茶道師匠と弟子仲間の三人で信楽、膳所、丹波と旅行した時の思いでの品。中国人は白菜は生では食べないが、美味しそうに食べてくれた。

結構、雨が本降りになってきたが、サッカーの練習は続いている。

※ハンバーグは基本フライパンで焼くが、四個同時はぎりぎり一杯。焼け具合が心配で割ってみたら中が赤かったため、ラップしてレンジで一皿ずつ過熱した。で、ラップを剥した瞬時にソースが皿いっぱいに散って、御覧の通り。まっ良いかでそのまま。ソースがさらさらに出来たが美味しかった。

by higashinuma | 2016-10-08 08:54 | 所感 | Comments(0)