ブログトップ

つれづれ

秋の日

28年10月21日 金曜日 薄曇り 25.0℃ 

10月も後半に入り、「秋」と言う感じが強くなりました。林檎も「ふじ」はスーパーでも心なし安くなり嬉しい事です。梨が洋梨に変わり、柿が市場を占めています。この辺りの柿畑はもう少し待ってと言う感じかな。芒は銀に靡き、コスモスが乱れ咲き。
残念なのは今年未だ土手で関東嫁菜(野菊)を見ていない事。そして、昨日あたりは土手草刈りが始まった。いつも咲いている場所に見つからない。茶花で好きな花なのですが・・・・先日、川向こうの丘陵地を歩いたのですが、こちらにも見当たらなかった。この丘陵地はハイキングコースのように整備されて、街の喧騒も聞こえず、久々に山を歩いたと言う気分。足が大丈夫だったら未だ未だ歩きたい気分でした。もう少ししたら別のコースも歩きたいと思う。

途中、随分長い事ご無沙汰の知人の家を訪ねるが、雨戸を閉ざしてあったりで、玄関ベルを押す勇気が無かった。ご夫妻でかなりのご高齢。近所の人でも出てくれば聞いてみるのに。
もう一人のお家は空き家になっていた。こちらは未だお若い方で、昔、夫婦別れる等と言っていたからそうしたのかも知れない。
近くの大寺も懐かしい。ご住職を存じ上げていて、千家等の茶では無く、何だか名前の聞いた事の無い家元と名乗る方が指導されていて、お茶会に招かれた事がある。外からは分からないが、方丈や茶室等は素晴らしい庭園と共に公開されていないのが惜しまれる。当時のご住職は系列の更に大寺に移られて久しい。

多分、この地に良く足を運んだのは30年(2年前位にお寺までは行った)も昔だと思う。人も変われば風景も変わる。秋は人を想う季節でもあるようです。

気分転換の我が家飯
b0197486_974041.jpg

若の朝食・・自分で整えていた・・目玉焼きは両面焼きで無いと食べない
白いのはヨーグルト。普通サラダと目玉焼きは同じ皿、フルーツはフルーツだけにするのに
でも、腹に入ったら同じですね。ティーカップは珈琲用です。紅茶用も同じシリーズ絵柄が同じ。まぁ、是もどちらでも良いですが( ´艸`)
by higashinuma | 2016-10-21 09:11 | 所感 | Comments(0)

茶道をとおして日々の流れをつづる