収集癖

28年11月11日 金曜日 雨のち曇り予報 18.1℃
11が並ぶ今日は中国では「独身の日」とかで、安売りがとの事でニュースになっていた。
日本でも10項目にも及ぶ「〇〇の日」。もし、自分だったら何の日にするだろう・・・
大きなものでは灯台の日、自衛隊の日などがあり、朝の報道ではNailの日となっていた。

この日を歴史で見ると1963年に千円札が聖徳太子から伊藤博文に変更され、1984年は新札が3種発行され一万円札は福沢諭吉、五千円札新渡戸稲造、千円札夏目漱石が発券された。今は野口英世。
数か月前に何処かの店で支払いの千円札に夏目漱石が混じっていたらしく、是は取っておいた方が良いですよと返してくれた。

収集癖と言うのは、このような札やコインを集める事です。他には記念切手も。記念切手は買ったりしますが、コインの記念品は買ってはいない。自販機で、お釣りで出てくるのも結構あります。
切手は季節に合わせて使っていた。或る時、大手会社の事務の方からの手紙で、いつも季節の切手を貼って戴いてと言う様な一筆があった。見ている人は見ているんだなと嬉しかった。

コインは貯金箱と言う様な立派な物でなく、珈琲の空き瓶などに、お釣りを貯めていたが、多くなったので、是使っていいよと言ったら、あれよあれよのあっという間だった。
・・・昔、小銭が体を一周する程貯まると不幸になると聞いていた。それは、葬儀の時に、玄関から棺を出して野辺送り(火葬場に出す)の時にお坊さんがお経をあげながら、棺を回し(霊が戻らないように)シンバル?を鳴らし、お寺に飾ってあるような大きな蓮の、造花の花や葉に小銭を乗せて、撒くのでした。近所の人が大勢集まってそれを拾うのです。あぁ、そのために貯めてはならないのかと思ったりした事でした。

五百円玉は発行以来、ピカピカのその年に出された物だけ一枚ずつ取ってある。ずっと見ていると、合金の比率なのか、ずっと輝いている物とそうでない物がある。私はマニアと言う訳では無いので細かな事は分からないが、発行年に因っては銀が多かったとか言われて、その年のは高価だとか言われているようです。他の小銭は消費税の関係で今は殆ど温もっている時が無い。

切手は中学生位から集めているかなぁ?「見返り美人」等は相当な値段らしい。是も、マニアでは無く、使うのが目的なので、絵柄の綺麗な物とかしか買わない。
一方、戴いた手紙に貼ってあった綺麗な切手も切り取って集めている。是は価値があるのだろうか?
海外に行くと使用済切手が小袋に入れて売られていたりするが。

手紙、はがきも捨てられない。が、引っ越しの時に思い切って処分した。捨てられない物も勿論ある。それで、最近、困ったことが起きた。ある方の住所、電話番号が分からなくなったのだ。
パソコンに住所録を入れ、windows10に変更して開けなくなった事が第一の原因ですが、他に年賀状の最新版も取って在り、住所録代わりに使っていた。けれど、その方は名前しか書いて無かった。
前に取っていたのは電話番号や区画整理で番地が代わり、その年賀状に書き込んでいた。どうもそれは捨ててしまったようだ。どうしても、知りたかったが、共通の知人に聞く事も憚られ、すぐ隣の有名な建物の名前を書いて、「その隣」と書いたら、届いたようで、電話を戴いた。

断捨離も分かるけれど、こういう事も有り得るのです。此の前、美空ひばりが戴いた物は丁寧に保管していたという番組を観て(後半数分しかみていないが)、何でも捨てたがる人の気持ちが知れない。

我が家飯から
b0197486_916978.jpg

ブロッコリーとベーコン炒め・・シャンタン味で旨いです
b0197486_9164132.jpg

担々麺・・定番・・麺も鍋に入れれば良いのですが、伸びてしまうのでつけ麺で戴きます。
野菜がたっぷりとれる。

by higashinuma | 2016-11-11 07:53 | 所感 | Comments(0)