ブログトップ

つれづれ

犬と猫

28年11月29日 火曜日 曇り 22.6℃ エアコン入れている
火曜日ですが5週目の為稽古はお休みです。何だか久しぶりに家に居る感じ。火曜日に五週目があるのは今年は年に4か月だけ?久しぶりの筈です。
さて、我が家に家族が増える事は此の前書いた。ビーグル犬が今週末にやってきます。ケージ或いはサークルは設置済。今、一日の時々にこのサークルを見て、何かにつけてどうするんだろうと不思議な感覚に居る。実際問題、生家では犬も猫も飼っていた。が、私が世話をしたことは無い。犬は外で飼っていたし、残飯を食べさせていたように思うし、猫は家に入れていたが市販餌だった。外にも出ていて家に入る時は玄関で鳴いて家の人に知らせ、足を拭いて貰っていた。この猫は賢い。夏場などは縁側から上がる事もあるが、足を拭かないと上がれないと知っていた。
今、生家には犬は居ないが、野良猫が数匹来て、残飯を貰っている。これらは家に入れない。毛並みが良く、家猫でも好いのになぁと見ていたが、餌をやる人以外は懐かないみたいです。

私はどちらかと言うと、猫の方が好きですが、犬も嫌いでは無い。近くの犬広場(勝手にそう呼んでいる)河川敷があって、飼い犬を連れて多くが散歩に来ている。近寄ると尻尾を振って懐いて来る。嫌いな人には寄らないと言うから、彼らも私が嫌いじゃない事を知っているのだろう。
飛びついたり、甘噛みされるのは好きでは無い。しつけが大事だけれど果たしてどうなるだろう。
そういう点では猫は良い。

いつも行く伊豆の温泉に行った時、海岸へ散歩して、野良猫が10匹近く寄って来たことがあった。周りの人達はびっくりしていたが、私も悪い気はしなかった。餌は何も持っていなかったので、ただ撫でてやるだけなのに。多分、打ち上げられた小魚を食べたりして、餌をやる人はいないのだろう。なので、寄って来たのだと思う。瀬戸内海に猫島と呼ばれる島があるとテレビで観た。正式な島の名前があるのに世界でも有名なほど猫が多いらしい。猫は野良でもやたらに「うんち」等はしないようです。その点、犬は世話が必要です。

熱帯魚に餌をやるのは大凡、朝7時。餌袋を持つとグッピーは寄って来る。死んだラミノーズテトラは寄ってこないが、ラミノーズテトラが居なくなって、ネオンテトラは寄ってくるようになった。
それでも、若の出かける時間で餌時間が狂ってしまったり、忘れて昼頃になったりする。
犬ではそうはゆかないだろう。彼らは声を出す。近所に迷惑はかけられない。私が早く生活リズムを確定する事が肝要だ。

犬自体も商品ケージから環境の違う家庭に入るのだから、それなりのストレスがあるだろう。トイレは慣れているようでしたが、環境が変わればどうなるか分からない。それらも含めて私のストレスが増えるのだ。可愛いだけで飼ってはならないと若には言い聞かせているのだが。

「キャットニップ」と言う漫画を描いている作家がいる。野良猫も飼い猫も面倒見て、それらに起こる日常を漫画にしていて、何となくほのぼのとして、好きな漫画だ。面倒みると言う事はこういうことだと教えられもする。もう一人、これはエッセーですが、飼い猫との生活を書いている。「一人と一匹」こちらも肩が凝らずに読めるが、猫を飼う事の大変さを語るがそれが喜びのようだ。未だ犬との生活を書いたものは読んだことが無い。

果たしてどうなる事か・・・

我が家飯
b0197486_9292517.jpg

蕪とベーコンのイタリア風・・簡単美味しい
b0197486_9303052.jpg

法蓮草のオムレツ・・・今回は綺麗に出来ました
b0197486_949467.jpg

蒸料理・・野菜を敷いてバラ肉を載せ蒸す・・ポン酢で戴く・・簡単美味しい
これは一人分。テーブルで蒸しながらも良いかも
この日若は遅かったので、帰ったらあいつの分をと思っていたら、遅くなるから会社で弁当食べたメール。結果的に良かった。仕事は23時に終わったらしい。24時過ぎに帰宅。
b0197486_9533591.jpg

具沢山味噌汁・・この前の鮭鍋の残り
by higashinuma | 2016-11-29 09:54 | 所感 | Comments(0)

茶道をとおして日々の流れをつづる