いとこ煮

28年12月23日 金曜日 晴れ 20.6℃ エアコン無しで朝から暖かい。しかも窓開けて

今朝は6時半まで寝られた。カーテンを開けたりしていても健太は騒ぐだけで構って欲しい吠えは無かった。が、昨日は少しでも離れると構って欲しく吠える。こういう時は無視。午前中は雨で外に出られないので、廊下で駆けっこ。随分はしゃいでいた。フローリングは健太には滑るので、足には良くないらしいが。
我が家に来てそろそろ3週間。来た頃と比べて随分大きくなった。身長も体重も増えて、テーブルの上の物を立ち伸びして見ている。30㎝位なら飛び乗るし、50㎝位の高さなら飛び降りている。
若も三連休ですが、いつものように起きて、健太に餌をやって散歩に連れ出した。あいつの為にも良かったとは思う。

b0197486_838226.jpg

アロエの花も悪くない。
b0197486_8391423.jpg

今朝の7時半頃
b0197486_84017.jpg

上と同じ頃の時間。今はとてもクッキリと綺麗です。

冬至の日は南瓜と柚子が定番。何しろ風邪をひかないと言う昔からの言い伝え。この日、スーパーには南瓜と柚子が山積みでした。私が良く行くスーパー(クレジットカードがこの店系列・・銀行の関係か)では南瓜はメキシコ産と北海道産が並べられている。皮側はメキシコ産が緑で綺麗ですが、北海道産は白っぽく汚い感じ。前は逆だったような気がする。値段はかなり違う。産地偽装と言う訳ではないが、他にも挽肉で和牛とオーストラリア牛が見た目区別つかない。値段も違う。合挽肉は三ランクに値段が付いている。国産とあっても値段が違う???並べている店員に聞いたが、答えがうやむや。少なくとも私には何のことか分からなかった。そうすると、どうしても高い物を買う。
美味しいと思ったのは市場の量り売り。少し遠いし、パック入りでないと量の検討が付かない。

さて、南瓜に戻り、子供の頃は冬至は祖母(母が居なかったので専ら祖母がご飯を作っていた)が大釜に従兄弟煮を焚いた。小豆、南瓜、糯米を焚いて砂糖を入れ半潰し状態にする。夕飯はこれがご飯でした。子供の頃は甘いので美味しかった。今は祖母から三代目。未だ作っているのだろうか。

と言う事で冬至の我が家飯は、東京風に?
b0197486_920745.jpg

甘く炊いた南瓜に茹で小豆・・結局デザートで食べる事に
b0197486_9212252.jpg

ロールキャベツの茸ソース・・・ロールキャベツのキャベツの筋が切れないのは許せない・・店でもナイフとフォークで切るとぐしゃぐしゃになるのが、この料理の嫌いなところ
・・美味しく出来てますよ!

by higashinuma | 2016-12-23 09:25 | 所感 | Comments(0)