新年最初から

29年1月4日 水曜日 晴れ 20.3℃ 富士山は薄く見えている

今朝は6時に健太の甘え鳴きに起こされる。鳴くと言うより遠吠えの感じで、多分、近所迷惑だろうなと思う。31日晨朝より出かけたので、健太は30日からショップが預かってくれた。健太はここのショップの店長が好きみたいです。人にも犬にもすごく優しい。どうしたらあんなになれるのだろう?未だ若いのに穏やかな顔をしている。尤も動物を扱うにはあの優しさが無かったら務まらないのだろう。
そして、昨日の夕方迎えに行った。健太は顔を見た途端に激昂!下車駅で歩かせるが、半ば駆け足で我が家にまっしぐら。自分の家と分かっている。

さて、31日は4時に家を出る。タクシーは捕まらないので、羽田行きのバス停まで歩く。20分はかからないし、スーツケース大小2個も中身は殆ど空なので苦にならない。定刻4時30分出発。そして、バスの中で爆睡。羽田空港の案内に起きた感じ。フライトは7時10分の北京行き。定刻通り出発。甥の娘の結婚式に行った時より少し早い。この時間でも満席です(この時は5時のバス)
b0197486_842348.jpg

7時10分の羽田・・滑走路に移動が始まった。
b0197486_845324.jpg

東京上空
b0197486_8455038.jpg

7時39分富士山が見え始めた
b0197486_846435.jpg

b0197486_8474372.jpg

8時20分頃朝食
どちらが私の食事?下の写真です。海鮮ソース焼きそばの感じでした。もう一方はオムレツ。
b0197486_953180.jpg

北京到着。現地時間9時55分・・サテライト移動中
空気が悪いと聞いていたが・・・今日は未だ良い方とか
b0197486_971484.jpg

残念ながらバスでの移動でした。

本当に書きたいことはここから
AIR CHINAは北京を中心にしているのに、サテライトに入れないのか?
何故これを書くか・・乗り継ぎ便の便宜を図っているらしく、乗り換えの時間の無いエコノミー客を到着近くなると、空いているビジネスクラス席に移動させていた。しかし、バスでの移動はバスが満席になるまで発車しないので、意味がない。VIPでは無いから、個人客をターミナルまで特別移動はしない。客室乗務員の親切が無駄になっている。
・・・帰国した時にテレビのインタビュー(youは何しに日本へ)かと思ったら違っていた。すぐ側に居たので聞いて居たら、インタビューされた人は、乗り継ぎ便が遅れたのと手続きに長蛇の列のために搭乗口に2分遅れて、搭乗出来なかったと言っていた。
・・で、バスからターミナルに入ってまたまた大変・・・トランジットは普通、搭乗前にパスポートチェックをしますが、中国では乗り換えの搭乗口に入るにも、パスポートチェックがあります。そして、そこを通過して、もう一度パスポートチェックとセキュリティーチェック(羽田より厳しいかも)で、漸くトランジットの搭乗口に向います。厳しいのは良い事ですが、無駄なような気もします。
それに、ここに来るまで遠くて凄く時間が要る。

もう一件はバンコクでの事。バンコクも北京に変わらず巨大なターミナルです。
搭乗口は空港ショップの並ぶガードを抜けて、例えば搭乗口が25Eだとすると、待合場所までそこの入り口を通り、3階から2階に降りるのですが、エスカレータやエレベータが無く、スロープか階段を降ります。スーツケースを引いて長いスロープを降り辿り剥くと、パスポートと搭乗券のチェックがあり、貴方の飛行機は未だ早いから3階で待ちなさいと追い返される。すごすごとスーツケースを引っ張って3階に戻る事になる。私が行ってから5分もしない内に10人は戻されていた。何故、3階から2階に降りる入り口でチェックしないのか!
b0197486_9341094.jpg

3階には椅子も少なく、待っている人達は通路に座っている。

空港職員の横柄な態度とこの状況は許せない!昔から改善されていない。この搭乗口は客室乗務員やパイロットも通さない。今回の帰国便は1時間以上遅れたが、ギリギリの時間にならないと開けないので、上と合わせて意味のない空港の仕事と私は思うのですが、誰も何も言わないのは何故か。言わなければ改善も出来ない。上に書いた客の2分遅れて搭乗出来なかった事の一つの要因でもある。(個人の状況で遅れたのは仕方ないと思うけれど)
日本ではどうなのだろうか?
つづく

by higashinuma | 2017-01-04 08:48 | 所感 | Comments(0)