ブログトップ

つれづれ

クレーマー

29年1月26日 木曜日 晴れ 19.5℃ 寒いですね 富士山は雄姿を見せてくれる

明日は旧正月で中国の方の家から招かれている。中国の大晦日は沢山の餃子を作って家族が揃って新年を迎える。昔は餃子にコインや指輪を入れて、コインが当たった人は金持ちになれるとか占ったらしいが、勿論、それらは洗って綺麗な物を入れるが、今は衛生上や安全上の理由で飴を入れると聞いた。

つい最近、ちょっとした家具を買って、若の反対にあい、返品する事になった。有名なネットショップの販売ですが、メーカー直売で、そのネットショップは場貸しの形態です。私はそのネットショップから買いたい商品を検索、選択して、ワゴンに載せ会計をした。
しかし、返品はメーカー直売なので、そのネットショップでは取り合ってくれなかった。メーカーでは返品理由が個人的理由では引き取らない旨、カタログに書いてあると返事が来た。
ネットショップの一覧から選んだので、カタログなんかは見ていない。
どうしたものかと、消費者相談に連絡してみた。その人はネットショップの商品の詳細にメーカー名があり、そこをクリックするとメーカーホームページになって、返品出来ない旨が書いてあると言う。商法上は明記されている事になるらしい。メーカーと相談してみたらとの事でした。
メーカーと話して、結果的には送料、手数料等を差し引いて今回限りで引き取ってくれる事になった。購入品は総額1万円未満なので、捨てても良いと思ったが、まぁ納得の範疇です。
でも、買う時は若に説明したのに、聞いて無いの一点張り。「言った聞いて無い」は馬鹿々々しい。結果的にこういうのは「聞いて無い」「知らない」「忘れた」の勝ち(@_@)豊洲問題の前都知事みたいです。証拠を取っておきましょう・・家族でも・・これは税務署にきつく言われた。親子でも借用書、返金した受領書は書きなさいと。

つい最近、テレビでパソコン修理に数万円取られたと言う詐欺まがいの商売をしている事が取り上げられていた。

以前はカタログ販売で買った衣料が気に入らず、返品した事があったが、その時はクーリングオフ期間を過ぎていたけれど、返品送料は自分持ちで、気持ちよく引き取ってくれた。流石に大手と思った次第です。

昨日、御嶽山の噴火で犠牲になった家族が長野県等を相手に訴訟を起こした報道があった。
自然災害で誰も想定していなかった事に対してまで訴訟を起こすことにちょっと疑問を持った。裁判でどういう結論が出るか知りたいと思った。

中国の新年は爆竹と花火から始まるが、今は公害問題で禁止されている。けれども、地方では恐らく緩和と言うかそんなに厳しくは無いだろう。そしてそれらは市街地で行われていた。バンコクもそうですが、繁華街でも花火が上げられる。私はバンコクを流れる川の中で上げられる花火を至近距離で船で見た。花火のゴミ?が飛んでくるし、火花も飛んでくる。日本ではありえない。でも、楽しいし感動です。

日本では安全上の問題で絶対に規制される事間違いなし。近所のクレームもあるだろう。

昔、アメリカで実際に起こった問題で、猫を洗って電子レンヂで乾燥し、猫が死んだ事件は、電子レンヂに猫を入れてはならないと書いて無かった事でレンヂメーカーの賠償となったらしい。アメリカの国民性らしい訴訟問題ですが、これを機に日本のメーカーも神経を使うようになった事は確かです。

常識と言う言葉は死語になってしまったが、人間が本来持っている性(さが)は忘れてはならないと思う。
電子レンヂに猫はどう考えても常識はずれです。
私は返品したメーカーに対して、ネットショップで開いた商品画像に私的都合での返品不可(又はカタログを必ず確認の事)を書き込むように提案した事でした。
口に出せないで泣き寝入りする人も多いと思うが、お互いの事なので、言うべきは言ってお互いが納得できるなら、それが良い世の中と言うものではなかろうか。

今朝はと言うか深夜4時前に電話で起こされた。取ったら切れた。知らない番号だった。電話の音で健太も起きたが又寝てくれたが、私は眠れなかった。こんな時間だと生家で何かあったかと心配になる。で、6時起床。健太に絶句!トイレにキャリアバックを載せて、サークルの中にうんち。それも踏んでいる。兎に角、手足を拭いてやった。若が散歩に連れ出して、動物園の飼育係り。畜生だからねそれは怒っても無理。キャリアは彼の遊び道具みたいになって、聞いていた、暗い処で眠るは最初から無かった。今日からはキャリアを外に出した。

b0197486_8472869.jpg

こんな可愛かった
b0197486_8475943.jpg

今は・・でもやんちゃな子犬・・ドッグランではしゃぎ過ぎでみんなに嫌われた時の顔・・学習中?
b0197486_848412.jpg

スリッパを取るのが好きです。このポーズ可愛い・・そして横目で見ているのです
b0197486_8494634.jpg

若に抱かれている・・・3分も持たない・・今、4か月半可愛く育てるには可愛がる事ですね。
by higashinuma | 2017-01-26 08:50 | 所感 | Comments(0)

茶道をとおして日々の流れをつづる