ブログトップ

つれづれ

深大寺

29年2月27日 月曜日 曇り 21.9℃ 富士山は見えるが・・

昨日は市の観光協会主催で街の良さをアッピールして欲しい?みたいなイベントに参加した。日本人は6人、外国人が9人。深大寺をメインにお寺の観光散策、深大寺蕎麦賞味、門前の店で陶器に絵付け。一山向うの天然温泉「ゆかり」入浴。味の素スタジアムと武蔵野の森のオリンピック会場を、運転手さんの計らいで調布飛行場をバスで巡る内容でした。
深大寺は前の家からも今の家からも自転車で行かれる距離で、初詣は歩いても行っていた。けれど、歴史となると殆ど分かってなく、今回はガイドが説明してくれたので、歴史的価値の再発見が出来た。
東京では浅草寺が628年創建の東京都で最も古い寺とされますが、戦火で焼失し、現在の本堂は鉄筋コンクリート造りですが、約1300年の歴史と伝える深大寺は江戸時代の火災で本堂は大正時代の建造物、元禄8年(1695)創建の山門と常香楼が焼け残ったとの事です。ガイドによると常香楼の本堂側に当時の火災の焦げ跡が見られます。こういうことは、今回初めて知りました。
b0197486_936246.jpg

紅白梅が青空と古刹の山門に映える
山門と同じ茅葺屋根の庫裏・・建物の保存のために火は絶やさない?
b0197486_9413845.jpg

b0197486_942348.jpg

時の鐘
建物にはどこにも象と獅子の彫り物
b0197486_9434386.jpg

どういう意味があるのだろう?
b0197486_944209.jpg

鐘を突く回数を数えています・・境内にある無患子の実だそうです。
教わって良く見れば、確かにお坊さんは鐘をついては、一個ずつずらして数えていました。

其の後蕎麦屋に移動。もっと沢山撮ったと思ったが、残念ながら写真が無かった。
b0197486_9543542.jpg

絵付け体験で・・健太はもっとイケメンです??
b0197486_1001410.jpg


b0197486_10371223.jpg

マラウイと言う国は知っていますか?
参加した一人・・教員研修で来日。
東京→バンコク→ケニヤ(ナイロビ)→マラウイ・・ケニア航空の運航で19時間のフライト
友好的な方でした。調べてみると、とても良い国のようです。

深大寺は「国分寺はけ」の延長にあり、緑豊かな丘陵に囲まれた静かな盆地のような処に在り、都内とは思えないような場所です。境内の蕎麦屋も含めて素朴な雰囲気が売りでしょうか。
裏手も都立神代植物園や広大な公園があり、一日楽しめます。近年は中国人(台湾)が多く見えている。私のお勧めは深大寺と植物園を楽しんで温泉に浸り、直ぐ近くの野川を散策、最後に市場で地産の野菜売り場で買い物。因みに、深大寺境内の蕎麦も良いですが、市場の一画にある蕎麦屋(立ち食い蕎麦の雰囲気)も美味しいです。桜の季節は野川の散歩もお勧め。
by higashinuma | 2017-02-27 09:07 | 所感 | Comments(0)

茶道をとおして日々の流れをつづる