ブログトップ

つれづれ

思い出す事

29年5月26日 金曜日 雨 25.5℃ 朝からの雨は落ち着くけれど今一スッキリしない

今朝の健太はおとなしかったと言うか、雨の静かな朝で私が目覚めた時はもうすぐ5時だった。それからしばらくして、健太はボール遊びをしているらしくドタンバタンが始まり、少ししてクンクンが始まる。今朝もワン鳴き一回。例えば遊んでいるボールがソファの下に入って取れない時とか鳴く鳴き方。
起きようかどうか迷ったが結局は睡魔にウトウト。そんな感じで6時ちょっと前に起きる。
雨で散歩に出られないのでサークルから出してボール遊び。廊下を走る走る。この姿は可愛い。

昨日は涼しかったので昼散歩に連れ出した。家の近くに来て、宅配しているお姉さんに会う。遠くから見つけて挨拶する。健太も見つけて尻尾振る。お姉さんが座ってお出でをするので、どうしようか迷ったがリードを離した。健太は少し走って立ち止まり振り返る。「良いよ」と言うとお姉さんめがけて突進。可愛がってもらった。「久しぶりだね。具合悪かったの?」「暑くて昼は散歩して無かった」
仕事で忙しいと思うのに結構遊んでもらった。健太の飛びつきは半端ない。いつもはお姉さん一人なのに今日はお兄さんも一緒だった。お姉さんが呼んだので、お兄さんも手を止めて健太に構ってくれる。

駅前を通って帰るのだが、健太は暫く動こうとしない。通る人を見つめて構ってくれないかなぁと言う顔をしている。今日の散歩は漬物屋の小父さんの処を素通りしたので、可愛がって貰ったのはこの二人だけ。家の前まで来て物足りなさそう。帰りたくないとぐずる。

今朝の健太
b0197486_85176.jpg

興味津々の顔
b0197486_864077.jpg

若が容器にペーストを塗っていたのです
b0197486_874829.jpg

容器の中にレバーペーストを塗ってドックフードを張りつける・・留守番用のおもちゃですが、あっという間に食べてしまう。

今の朝ドラは奥茨城の農村から集団就職した女の子の話。
実は偶にしか観ていないがラジオのように聞いている。方言が面白い。所々私の田舎の方言のような処もある。それに、東京オリンピックの少し後になるが、私が働いていた会社は福島県浜通り辺りからの女の子が集団就職し、女子寮に住んで、やはりコンベアで数十人が組み立て仕事をしていた。方言は丸出し。ドラマの奥茨城の方言のアクセントと似ている。なので、時々思い出している。同じ地方から出て来て、寮に入るし、都心からは離れている店も少ない工場地帯であれば、田舎丸出しでも全然可笑しくない環境だった。東京に出て来て、目黒の方に住んでいた私にとっては、その場所も会社の様子も驚きの連続であった・・その会社は営業と総務、経理は都心だったが、技術系や生産ラインは都心から外れていた。
会社の食堂での昼食に丼ぶりてんこ盛りにご飯を食べる子も何人か居て、それもドラマで出ていて可笑しかった。その頃は私もアパートで休日には良くその子達が遊びに来ていた。そして、帰る時は綺麗に片づけてくれる。いつも洗ってくれる子は決まっていて、どういう訳か必ずと言って皿や碗が割れていた。
こういう若い子達が多いと会社も活気があり「洗練された」「キャリア」等と言う言葉には程遠いが、これも時代なんだなと今、ドラマを聴き、観ながら思う。

べつの話ですが、茶道教室に中国からの留学生が来ていて、中国の地方出身の子が(ちょっと見栄えの悪い子)アルバイトを始めて、話に依ると男の人が大部分の職場らしい。数か月でバッチリメイクでスカートは短くなり、履くものは踵がどんどん高くなった。或る時、学校の旅行でその子が他の子にメイクしてやっていたと大笑いした事でした。噂によると彼氏が出来たと言う。変貌ぶりに驚いた事でした。

我が家飯から
b0197486_95882.jpg

鰯の生姜煮・・市販
b0197486_954650.jpg

トマトサラダ・・初めて作ったが美味しい
b0197486_963917.jpg

即席漬
b0197486_971349.jpg

金山寺味噌漬け
b0197486_974634.jpg

野菜スープ
by higashinuma | 2017-05-26 08:12 | 所感 | Comments(0)

茶道をとおして日々の流れをつづる