ブログトップ

つれづれ

バレエ

29年10月16日 月曜日 雨 22.4℃ 月曜日の朝がこんなだと気が滅入る。

健太は5時半に起きて毛布を破く音が聞こえるので、毛布を取り出す。その後は起きろ起きろと煩い。実は5時ちょっと前に起きてトイレに行った時も起きている様子だった。鳴かれたら嫌だなと思ったが大丈夫でした。そして水を飲んで寝る。45分頃からストレッチし、6時頃に起きる。健太は悪戯うんちをしているので、リードを着けて掃除を始めるが健太が落ち着かないので若を起こす。健太は若のベットに上がるのが好きですね。「何で僕のベット」と言うが小さい頃から健太のテリトリーにしてしまったのだから仕方ないでしょう。因みに私のベットには怒られるから昂奮して上がる事もあるが、若のベットみたいに遊び場とは思っていない。
雨の日は家の中で遊ぶしかないので可哀そうに思う。昨夜は少し降っていたが散歩に行ってもらった。未だ、暫くは雨が続く予報。健太のストレスにならないように気を付けねば。健太が寝る前に毛布を入れてやるが「破くんじゃないよ。この上に寝るんだよ」と言う。するとおとなしく毛布の上に丸まって寝ているのです。最初、若は信じなかった「まさか」でも、現状をみて「良い子だね。ちゃんと聞くんだ」「朝起きると破き始めるけどね」

14日土曜日は私鉄の音楽祭「華麗なるバレエ音楽 名曲セレクション」に行く。東京オペラシティ コンサートホールはこの私鉄の駅が地下にあり、我が家からは一本でそのまま行けるのでとても便利です。美術展などをやっていて、前から行きたいところだったが初めて行く。引っ越し前だと違う私鉄なのでターミナル駅から歩く事になると言う事もあるが、コンサートで行きたいと思うのが無かったと言う方が正しい。教室の生徒がオーケストラでバイオリンをやっているので、墨田ホール(トリフォニーホール)等コンサートは他に行っていた。余談ですがどちらのホールも20周年記念コンサートをやってます。
b0197486_08024889.jpeg
ホール内は撮影禁止のためネットで戴く
今回はバレエ音楽と言う事で、ダンサーも来られて何曲かはバレエが実演されました。東京フィルハーモニー交響楽団。指揮は曽我大介。
曲は良く知っている白鳥の湖から「情景」と「四羽の白鳥の踊り」胡桃割り人形から「あし笛の踊り」「花のワルツ」等々
バレエダンサーはバレエスクールの小学生6人と男女1名。男女で踊るのはパ・ド・ドゥ。久しぶりに見たバレエですが楽しめました。「白鳥の湖」の踊りは無かったが何十年前に観たのでしょう(笑)実演も舞台上演の映画化も観ています。若がチャイコフスキーを聞きに行きたいと言っていた。
チャイコフスキーの出現の前と後ではバレエの公演も変わったと言っていました。バレエがあって音楽がある。つまり音楽に合わせて踊るのではなく、踊りに合わせて音楽がある。ベースの旋律は同じながら静かだったり激しかったりするのだそうです・・・訳が分からないですね(笑)

ニューイヤーコンサートはウィンナー・ワルツ・オーケストラ演奏でダンサーとオペラ歌手が来日公演があるようです。チラシを見てシェーンブルン宮殿でのコンサートを思い出していました。テレビでもオーストリアの選挙の報道があり、ウィーンよ再びなんて夢を描いています。ウィンナーシュニッツェル食べたい事もある(笑)

このコンサートに行く前に新宿で昼飯。駅構内でのイベントで箱根の綺麗どころの公演があった。私は観たかったのに若に拒否された。そう言いながらしっかり自分は写真撮っていた。
b0197486_08353956.jpg
こいつの気まぐれには付いて行かれへん!次の公演はコンサートの時間(´;ω;`)
b0197486_09113554.jpg
この写真は去年の公演をネットで戴いた・・・箱根の宣伝と思ったが(それもあるでしょう)新宿芸術祭?の一環のようです。
我が家飯から
b0197486_08384427.jpg
ぶりの味噌漬け・・初めて見るのでお試しで・・他にも色々3パック千円・・美味しかったので買えばよかった
b0197486_08404834.jpg
すき焼き風

by higashinuma | 2017-10-16 08:42 | 所感 | Comments(0)

茶道をとおして日々の流れをつづる