ブログトップ

つれづれ

健太 29年10月19日

29年10月19日 木曜日 雨 21.4℃ 暗い寒い12月中旬とか・・健太に5時半はいつもの通り。サークルから出して貰いたく悪戯うんち。リードを付けて出し、清掃係の仕事を始める。健太はおとなしくない。若の部屋のドアを開けようとする「遊んでやってよ」若に預けて、掃除の続き。そして朝食準備。毎日飽きずに食パンにとろけるチーズを載せて焼く。一食でとろけるチーズ一枚だけど、毎日食べて害は無いのだろうか気になる。最近は少し高めのブドウパンを使っている。裏面少し焼いて、表面にチーズを載せて焼く。もっちりカリっという感じが美味しい。果物は夜のうちに切ってある。私はネスカフェエクセラ珈琲に牛乳を入れて、若はフォーションのアールグレイ。一人分で一杯飲んだら捨ててしまうので、湯を少し多めに入れて、食後に私も飲んでいる。
朝の忙しい一連の仕事が済んで、今は「トゥー・ラブ・ユー・モァ」葉加瀬太郎のヴァイオリンを聞いている。次は歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」の間奏曲。この曲を初めて聞いたのは中国映画「太陽の少年」?だったように思う。

健太は良く悪戯をする。ビーグルの特徴かもしれない。そして追いかけられるのが好きです。
昨日は久しぶりに晴れた日で4時頃から散歩に出かけた。玄関を出て右か左かどちらか健太が行きたい方に決める。昨日は速攻右に走った。こちらは広場で仲良しとじゃれる方向。時間もあるので仕方ない行くか!良く分かって居るので私を引っ張りながらどんどん歩く。偶に走ったり。28日に花火大会があるので、準備が着々と進んでいる。
広場はもう、三分の一にテーブルが並んで居る。ここは特等席の場所。至近距離で花火が上がる。広場には未だ犬友は来ていない。広場を一周して「帰ろう」後ろを振り返るけれど案外素直に帰る。少し遠回りして家に近い処で首からリードが抜けてしまった。健太は「あれっ」と言う感じで立ち止まる。リードを縮めたりしているうちに駆けだしたらやばいので、抱きかかえて帰る。あと少しで着くところで、最近引っ越してきた一軒先の子犬を抱えた小母さんに出会う「重いでしょう?」「リードが抜けて」
すぐ玄関ドアなのに健太が暴れ出して、下ろすしか仕方なかった。健太はいきなり走り出して道路に飛び出し、その小母さんの犬とじゃれている。小母さんは抱えても健太が飛びつくので健太を蹴っていた。私も健太を押さえようとするが興奮しまくりで抑えられない「お座りとかできないの」「興奮しているから駄目だよ」健太が飛びつくごとに小母さんが向きを変えるので私はなかなか健太を押さえきれず、あっという間に電柱にしこたま頭を打ってしまった「痛い!」小母さんは健太を追い払うので懸命になっている。一瞬の事で倒れそうだったが兎に角健太を捕まえなければ・・・「玄関入ってくれる」ドアを閉めれば掴まる。玄関に入って貰い、健太も入ったのを見て、小母さんに直ぐ出て貰う。生憎、上から降りてきた人が自動ドアを開けて出てきた。健太は上手く自動ドアからエレベータホールに入った。でも、興奮して走り回っている。リードを振り上げて「打つよ」と言って追いかける。漸くリードを取りつけてエレベータに乗る。頭は痛いし健太は落ち着かないし泣きたい気分。何とかして家に入る。
抱きかかえて、足を拭いてやる。この時は案外落ち着いておとなしい「健太ああいうことしちゃダメでしょう」聞いているのかどうかは分からないけれど、子犬に戻って甘えている様子。いつかはこのまま眠るのかなと思ったくらいおとなしい。健太の温もりが伝わって来る。
鏡で見ると額に血が滲んでいた。左額は事故で縫った傷後、右は健太アクシデントの傷。又、勲章を貰った。
それにしても小母さんの態度が気に入らない。自分の犬を守るのも大事だけれど協力すると言う発想が全くないし、傷で血が出ていたのに何も言わない。まぁ、いざとなったらそんなものでしょう。
b0197486_08491467.jpg
テーブルの中心くらいまでの物は取られてしまう。ジャンプ力が凄い。120㎝位の高さに置いた物を取ってしまう。テーブルの下の白い紙は健太のトイレシート。脚上げオシッコなのでこのように敷いている。因みに外でのうんちも片脚上げです。草の深く茂った処にするので、オシッコしているように見えるし、取れないのでこの場合はそのままの方が多いかも。勿論、取れる時は片づけていますよ!
b0197486_08514867.jpg
若のポケットを点検中
b0197486_08570864.jpg
若とチュしたり、ナメナメが好きです。因みに私はこういうのが嫌いなのでさせません。でも、犬の愛情の表現のようです。
b0197486_08594830.jpg
この
この眼が可愛い
b0197486_09093474.jpg
「何処行くの。僕も行きたい」
b0197486_09103711.jpg
悪い事をして怒られた時のゴメンナサイポーズ・・可笑しくて可愛い・・最近は「僕悪いことしてないもん」←反抗期。余程の事が無いとこのポーズはしません。
悪い事と良い事が区別できるように、半端な向き合い方はしません・・・若はこれが甘いので彼の言う事は聞かない。
二人で怒ったら健太可哀そうだと言う。でも、それは人間の子供に言う事であって犬には通用しない。と、思う。




Commented by きよ at 2017-10-19 13:33 x
こんにちは 昨日は大変でしたね。傷や痛みが早く良くなられますようにと思います。
でも、健太君が自動ドアなどで怪我なく良かったです。また子犬の小母さんも健太君に飛びつかれて転んだりせず良かったです。
この方はまだあまり犬に慣れていないのかもしれませんね。
私の犬はベルト式の首輪にリードを付けて散歩しますが、何度か上手く抜けられた経験があります。
いつも裏庭に繋いでいますが、家の中に入るのが好きなので私が?先に入ってしまうと、追いかけて入るのでジャーキーを口に加えて鼻先に座り敵が食いついたらすかさず首輪を付ける…。でもこれが散歩の行き掛けだと作戦はまた違いますが(笑)
犬は4才くらいの子供の知恵があると言います。二人で叱るのではなく、悪いことは同じとわからせるのはhigashinuma 様に賛成です。
失礼しました。
Commented by higashinuma at 2017-10-20 08:23
コメントありがとうございます。戸建ての家良いですね。
若は希望していますが、家の管理を果たして自分で出来るかどうか。
ビーグルは声が高いのでマンション住まいでは凄く気になる。
でも、鳴いた時に構うと鳴けば〇〇して貰えると覚えられるのが、もっと厄介。
当然ですがご近所には気を遣います。
Commented by きよ at 2017-10-20 11:03 x
おはようございます。 お返事ありがとうございます。私の家は戸建と言えば聞こえが良いですが、田舎の普通の家です。higashinuma 様のペットと住めるマンションは羨ましいです。健太君も、もう少ししたら落ち着いてきますよ。レインコート着せるのは大変です、わかります。私の犬は天気に関係なく散歩絶対です( ´△`) これまで帰ってからごしごし拭いていましたが、やっぱりきちんと乾かないし下毛まで濡れるとなかなか乾きません。で、もう高齢なのでレインコート着せるようにしました。拭くところが足下だけになり楽になりました。健太君は家の中で遊んでもらえるし、晴れたら外に行けるので十分と思います。それでもレインコート訓練されるなら、室内でコートを付けて遊んだり、リードを付けて外に連れ出したり慣れさせると良いと思います。これを着ると楽しい事があると覚えると思いますよ。失礼しました。
by higashinuma | 2017-10-19 09:15 | 所感 | Comments(3)

茶道をとおして日々の流れをつづる