ブログトップ

つれづれ

ピーカン

29年11月21日 火曜日 晴れ 19.2℃ 
「ピーカンだ!」ゲレンデで朝を迎えた時、朝起きた時、今日のような青空を見てそう叫んだものでした。やるぞ~と言う元気の元ですね。

yahoo知恵袋から・・・
【年代】 昭和時代〜 【種類】 業界用語
ピーカンの解説
ピーカンとは快晴のことで、もともと映画業界が撮影時に使っていた言葉である。ピーカンの語源は快晴の空がタバコのピース缶の色に似ていたという説、快晴の日はカメラのピント合わせが多少曖昧でも完全に合うことから『ピントが完全』を略したとする説、単純に太陽の光が「ピーンと届いてカンカン照り」を略したという説など様々だが正確なことはわかっていない。

それにしても平成の子供たちは知っているだろうか。
今朝の健太が起きたのは6時過ぎていた。と言うか私が目を覚ましたのがこの時間。昨夜は若が帰ったのは9時半過ぎていた。仕事が忙しいらしい。夕飯を遅くとるのは体に障るので食べて帰るように言った事もある。風呂を使って寝たのは11時過ぎていた。一時間遅く寝ると言う事はその分一時間遅れて目覚めると言う事か・・・
今日は教室で色々イベントがあるらしい。私の処は行事を当番に任せている。二人で初釜から始まる一年間の行事を仕切るのだ。茶会があれば私は道具組と持ち出しだけ。そうする事でお茶がどういうものか分かってもらえるのではと思っての事。出来れば普段の稽古も花やお菓子の手配をして貰えたらと思うが・・そこまでやったら先生要らないじゃんと言われそう。なので、今日はお昼まで行けばよいのでブログを書く時間が出来た。

今、朝ドラ「わろてんか」が面白い。で、茶道教室の運営と重ねて見ていると、つくづく生徒集めが下手だと思ったりして。知人には何十人もの生徒を抱えている人が居る。ある先生曰く「あの先生は商売だから」と皮肉る。確かに。著名人に近づき、教室に呼び込んで、それを出しに生徒を集める。イベントも派手・・・けれど、その方の茶会は人集め主義で、例えば弟子の着付けなどに気を遣っていないので、男子が馬乗り袴を着けて片方にだけ足を通していたり、帯がほどけてお引きずりになっていても、お運びで出て来る。誰も何も言わないのだろうか?と言う前に先生は始まる前にチェックしないのだろうか?それでも、席主として道具の説明をしている。良く「この茶碗は誰それから戴いた」とか著名人の名前を出す。本当かもしれないが、如何にもで空々しい。
色々性格の違いがあるので一概には言えないが、少なくとも私とは真逆のようだ。
私の処も大勢抱える先生が居るけれど、お姉さんが亡くなって、その生徒を引き継いだとかある。どちらかと言うと私は教室全体(各先生)に生徒が増えれば良いと思っているが、他の人達はそうでも無い。何だか内輪だけでイベントをするので、外部への広がりが無い。宗家から募集のチラシを戴いているが、教室に置きっぱなしです。街のイベントで配れば良いのに(例えば市民祭りで3日間呈茶や他にも)言わないと誰もやろうとはしない。私は当事者(淡交会の役員)をやめたので、しゃしゃり出る事はしない。
市の施設にチラシを置かせて貰うとかしないのだろうか。
それに教室のホームページもあるのに一向に更新されない。私は行事で写真を掲載している。ホームページ見てと生徒の申し込みがある。
弟子が多ければ良いと言う物でも無いし、私は茶道関係と生活費は全く別にしているので、惚けない程度で頑張ろうと思っている。私の師匠は一回指導するのに5人までと言ってそれ以上は時間帯を分けておられた。多分、その薫陶を受けているのだと思う。休みが多いのであと、5~6人は増えたら良いなぁと思うが。芸能人でも入門したら一気に増えるだろうなぁ(笑)

b0197486_08521148.jpg
19日の夕富士・・太陽が富士山の左に移りました。ダイヤモンド富士が撮りたかった。
我が家飯から
b0197486_08593998.jpg
もやしと揚げのおばんざい風
b0197486_09004920.jpg
キムチ炒め
b0197486_09013851.jpg
おでん・・スーパーに自分で煮るタイプが無く、煮てある物を買うがショッパイ
b0197486_09031993.jpg
いちご煮の炊き込みご飯・・大葉を散らすらしいが無いのでパクチーを載せたけれど旨い!いちご煮が癖のある味なのでパクチーで美味しいです。
b0197486_09052844.jpg
この缶で2合の米・・「つや姫」を食べていますが、いつもカップ2の米でカップ3の水柔らかく美味しいですが、この缶で水3ではやや固めの炊きあがりでした。
沢山戴いた缶詰ですが、一個缶千円以上もするのです。


by higashinuma | 2017-11-21 09:10 | 所感 | Comments(0)

茶道をとおして日々の流れをつづる