2017年 06月 03日 ( 1 )

色紙点

29年6月3日 土曜日 晴れから曇り 25.1℃ 朝は富士山が綺麗でした

b0197486_10151761.jpg

此の前、沼津の茶会で富士山が見える民家を前に知人が「毎朝富士山が見えるって良いね」と言った。「我が家は毎日見ているよ」ただ、沼津や御殿場と違い、目の前にどか~んと聳える富士山とは比べようも無い。確かに真近に雄姿を見られたなら癒されるだろうなぁと思う。

今朝は目が覚めたら5時近かった。いつもは4時とか4時半に健太の起きる気配がするので、この時間まで静かだと「ん?健太大丈夫?」少し気になる。そろっとトイレに行く。健太は未だ寝ているので、今日は鳴かない。そして5時過ぎてガサガサゴソゴソが始まる。「健太うるさいよ」と言うと少しは静かになるが、再び始まる。これは私が起きるまで続く。「しゃあないなぁ」頭の片隅が未だ眠っている。
で、6時に若を起こして散歩に連れ出して貰う。書けば簡単ですが、散歩に出るまでが又大変。首輪を掛けるのを嫌がって、押さえる手をするりと逃れ、一目散に走りだす。若の部屋に行って、今日は靴下を咥えて走り回る。追いかけられるのが好きなのだ。靴下を取り上げると別の物を咥えて走り回る。今日は休みだから良いけれど、朝は忙しいのでイラつく。玄関まで追いつめて「打つぞ!」漸く咥えている物を自分から離す。

朝の一段落がついて、若は二度寝。私は前の家に御所籠を取りに出かけた。色紙点には古帛紗が四枚要るがあったかどうか確認したかったし、来週は午前稽古が無いので、御所籠を持って行ける。通勤帯の電車に乗らなくても良いため多少荷物があっても大丈夫だからだ。

色紙点に使う御所籠は雅です。古帛紗を色紙に見立ててこのような名前があるのでしょう。
この点前の解説に依ると円能斎が御所で使われていた御用箱を愛用していたのを淡々斎が御所籠として点前を考えられたとの事です。
全部、セットで揃っていたので早速来週から稽古をしたいと思います。
写真は稽古の記録としてにアップします。

我が家飯から
b0197486_1123178.jpg

茄子のオイスター炒め
b0197486_113828.jpg

ポークピカタ
b0197486_1134157.jpg

此の前美味しかったので再現・・韮のレンヂ時間間違えてパサパサ・・電子レンヂはどうも苦手・・さっと湯掻く事にします。
b0197486_1154187.jpg

一切れ残った鰔の煮つけの汁が勿体ないのでジャガイモを煮る・・鰈も牛蒡も美味しく出来ました。此の前は煮る時間が短かかったのです。汁は煮詰まって来て益々美味しくなっている。多分、これで鰻焼いたら美味しいだろうなぁと思いながら洗い流した事でした。

b0197486_11112640.jpg

昨日の夕方・・風があったので綺麗に撮れました

by higashinuma | 2017-06-03 11:08 | 茶道 | Comments(0)