ブログトップ

つれづれ

2017年 06月 12日 ( 1 )

銀ブラ

29年6月12日 月曜日 曇り 25.5℃ 梅雨期独特の天気

健太は5時に起きてガサガサを始める。眠いのでそのまま。

が、数日前、サークルの床をガサガサやって、喰いちぎった。多分、これはABS樹脂。大きな塊は取ったが、小さいのは食べてしまい飲み込んだ様子。取ろうとすると飲み込むので「打(ぶ)つぞ!」と手を上げると吐き出す。この時はあっという間の出来事だった。厚さが3㎜位あるこの樹脂を噛み千切るのは凄い。其の後、うんちも食欲も大丈夫なので一応安心はしているけれど心配は心配。

なので、仕方なく5時半に起きて、噛んだところにビターアップル(噛んじゃ駄目の液体スプレー)をかける。スプレーなので健太は是を嗅いで、毛布に何度も鼻をこすりつけている。見ていては可笑しいが・・・。それで、トイレに行くと甘えて鳴きだした。あ~ぁ未だ5時半なのに・・近所迷惑。少しおとなしくなったので横になるが眠れない⇐眠れなくて死んだ人は居ない(本当?)と思うとイライラが少しは楽になる。6時に若が起きて来て「5時頃トイレ行ったでしょう」咎める口調。「だから何!」言いたいことは分かって居るが、健太に起こされている身にもなってよ。そのついでに行っただけだよと言いたい。

昨日は早くから研究会に出かけた。9時には着いたが見学者が結構来ている。見えにくい場所に座っても仕方ないので10時に開始でも早く行って場所取りをする。事務方に用もあるし。
業躰は何代も続くお茶の家の先生で未だお若い方。ず~とお話されたが、何となく物足りない。要は何を目的に出席しているかの問題だと思う。業躰自身も自分の生徒に指導するのと違い、言い難いような感じです。
私もそうですが、余り分かってない生徒には細かい事を言っても仕方ないので、是だけは直さないとと思うところだけ言うようにしている。少しずつと言う事です。逆に出来る人には細かい処まで指導している。が、依怙贔屓していると言われた事もある。まぁ、誰でも自分は出来ると思っているのだから、そういうことは気にしない。それで、写真を載せるようにした事も確かです。写真でも分かってくれる人は分かる。本当はビデオで撮って見せれば納得するのだろう。
午後の奥伝の点前の方は実に良く出来ていた。他の支部では午前中に奥伝の科目らしい。昼を食べてどうしても眠くなる。目をこすり必死に見ていたが・・業躰の対面側に座っていた事もある。

研究会が終わった後、若との約束で、晩飯は銀座でとなっていたので、そのまま向かう。約束時間に一時間早かったので、待ち合わせ場所の有楽町の辺りで喫茶店を探す。流石銀座・・珈琲一杯の価格がね・・それに混んでいて席が無い。仕方なく、線路下のチェーン店に入る。ここもほぼ満席で、運よく一席空いていた。アイスコーヒーとケーキで600円まぁ普通。兎に角、涼しい処で座りたかった。次に入って来る客は満席で断られていた。何処にもあるチェーン店で満席。しかも、どの席も狭く落ち着かないが、坐れただけ息抜きが出来る。少しして、待ち合わせ場所に移動。若が来る。
一緒に銀ブラ・・「銀ブラ」って過去の言葉?今時使っている人いるだろうか?・・・凄い人出です。G-SIXで暫く見学(買い物目的は無い)話題の処で、こちらも混んでいる。風間弥生のデコレーションが見たかった。
b0197486_9324448.jpg

彼女は何故水玉にこだわるのだろう?
ここに行く前に通りの人達がカメラを向けている場所があった。
b0197486_9432340.jpg

b0197486_9313959.jpg

この猫は縫いぐるみ?
一時間程して帰りも通るが未だこのまま・・・けど、少しだけ動いている。大人の背丈より高いこんな狭い場所なので誰かが載せたとしか思えない。面白いが可哀そう。
健太も載せてみる?

G-SIXで
b0197486_9412690.jpg

b0197486_942492.jpg

盆栽展は良い企画と思う。130万円だったかな?蔦屋書店での企画

ホコ天で可愛そうな犬・・コマーシャルで出ていた犬?二頭に鬘まで付けて悪趣味と思う
b0197486_9442987.jpg

b0197486_9481229.jpg

ショーウィンドウで・・若が欲しそうにしている。買って良いよ・・働いて稼いだらね・・
b0197486_9485828.jpg

晩飯の店・・いつも食べていたコースと違うメニューでした

全部若にゴチになりました・・ありがとうございました。美味しかった!

帰りは混んでいる京王線で、多分アジア系の若い女性が席を譲ってくれました。
こちらもありがとう。日本人の若い人は知らんぷりしている。・・別に座らなくて良かったけれど素直に座らせて戴きました。貴女が歳を取ったら絶対に誰かが席を譲ってくれますよと念じて・・私がそうだったように。
by higashinuma | 2017-06-12 09:26 | 所感 | Comments(0)

茶道をとおして日々の流れをつづる