ブログトップ

つれづれ

2017年 11月 26日 ( 1 )

調布

29年11月26日 日曜日 晴れ 20.1℃ 

今朝の健太は6時過ぎて私が起きるまで静かだった。と言うか、何時か見ていないがガサガサやって煩いので「健太」と呼び掛けておとなしくなった。昨日の夜、コンサートの帰りに駅を降りて帰り道をちょっと行ったら、健太が若に連れられ迎えに来ていた。飛びついたり一はしゃぎして帰る途中に焼き鳥の串を咥えたので、抑え込んで取り出したら半分は飲み込んでいた。この時間では病院もやっていないし、暫く様子を見る事にした。その前に他の犬がうんちで焼き鳥の串一本出てきたと聞いていたからだ。
そして、昨日午後の散歩で健太のうんちに串が二本(取り上げた残りの半分を半分にした長さ)が出て来た。ヤッター!これで心配の種が消えた。

駅近くに焼鳥屋があって、食べ歩きの爺を何人も見ているし、ポイしているのです。ここはしょっちゅう爺婆が道路を掃除しているが、タイミングが悪かったのだ。そして昨日の散歩の家近くにも道端の串を見つけた。健太が拾う前に気が付いた。明るい時はこうして何とかなる。
健太の散歩に行くようになって、道路(河川敷も含めて)のゴミが思ったより多い事に気が付いた。植え込みにペットボトルを差し込んであったり、この頃はマスクが多い。
人間である限り止むを得ないのか・・ある人曰く、ゴミが無ければ爺婆の掃除が要らなくなって彼らの仕事が無くなる・・こういう考えもあるのかと驚いた事でした。
ゴミが無いのを売りにしているシンガポールも良くみればそこかしこゴミは落ちている。ガムは空港で没収と聞いたが、街で噛んでいる人も居る。確かに公衆道徳の無いかの大国とは比較できない程の綺麗だけれど・・・

さて、調布には「たづくり」と言う市のコミュニティビルがある。大ホールを抱え、図書館なども併設。最初、何で「たづくり」と思っていたが、調布は昔、「たづくり」と呼んでいた。万葉集の
  多摩川にさらす手(た)づくりさらさらに 何ぞこの児のここだ愛(かな)しき 
から「たづくり」手作りの意味との事。因みにこの歌碑は調布と堺の辺りの隣町狛江にある。
駅からは20分程歩けば多摩川に出るし、同じ京王線の相模原線もこの駅から高尾山行きと分かれる。相模原線の次の駅京王多摩川駅からは徒歩5分程で多摩川に出ます。
10月に京王線の地下化になった跡地に商業施設や映画館がオープンした。
調布は元々映画産業が盛んで、前にも書いたが日活、大映の撮影所や近年は白組も活躍して、映画産業に係る会社も多いようです。それで、京王多摩川の駅(日活も大映・白組もこの駅を利用)近くに記念碑があり、有名俳優の名前がずらりと書かれている。
そのため映画の街調布として売り出している。
b0197486_08264949.jpg
画像は悪いが調布駅の表示です。映画のフィルムです。至る所にこういうのがあり、駅エントランス壁も階段も映画に因んだ造りになっている。
悪い気持ちはしない。

多摩川は基本は多摩川だが、此処より下流は玉川とも言われる。東急線の二子玉川等が昔の名前を採用している。
玉川は六つ玉川があり、其々の地に合わせた和歌や版画が残る。
 紀伊の国 高野の玉川
 近江の国 萩の名所玉川
 陸奥の国 千鳥の玉川
 摂津の国 壔の玉川
 山城の国 井出の玉川
 武蔵野国 調布玉川
版画は和歌に合わせて作画していると思われる
調布の玉川「たつくりや さらす垣根の朝露を つらぬきとめぬ 玉川の里」定家

狛江や調布では鮎が足に触れる程獲れていたと言う。川から手掴みしている版画も残る。そしてこの辺りは江戸からのちょっとした行楽の場所だったようで、鮎や川魚料理を出す料亭もあったと言う。近年まで確かにありました。今も川が綺麗になり鮎が上っているようです。前に知人から「冷蔵庫にいっぱい入っているから持って行く?」と言われたが「玉川の鮎ねぇ」とは言わなかったが丁重に断った事でした。
それにこの辺りは農家が殆どで今も地元産野菜が多く売られています。それを大八車を牛に引かせて街まで売りに行き、帰りは屎尿を樽に入れて持ち帰り畑の肥料としたと聞いた。日活撮影所が出来た頃も未だ水田とか残っていたようです。もともと映画のフィルム処理に綺麗な水が大量に必要な事からこの地が選ばれたようです。その名残?でそんなに遠くはない府中にサントリービール工場があり、見学に行き試飲を何度もしている。ここも多摩川土手から見える場所です。

私の処もリビングから多摩川が眺められて、水があるだけで癒されます。多分、興味はあるが実践が伴わない風水としては絶好の場所と思います。
b0197486_17141152.jpg
健太は我が家に来てもうすぐ一年。店で売られていた頃・・ハートがお気に入りでしたが「猿顔じゃん」
b0197486_17185637.jpeg
今はスヌーピーになりました


by higashinuma | 2017-11-26 08:34 | 所感 | Comments(2)

茶道をとおして日々の流れをつづる