ブログトップ

つれづれ

2017年 11月 29日 ( 1 )

11月最後の稽古

29年11月29日 水曜日 晴れ 22.4℃ 今は午後2時過ぎ。窓を開けているのに暖かい。

昨日の稽古は午前9時に教室に入り、帰りは午後8時15分。この間11時間。稽古したのは3人だけでした。昼食は外食で、郵便局等へ用があったので、全く自分の時間が無い訳でも無いし、空き時間は本を読んだりしていた。当日お休みの連絡4人。体調不良2名、仕事が2名。家に居ればなんらかんら出来るのに、教室への出先では時間がもったいない。・・やってらんない!それでも未だ大掃除の担当分があるので障子の桟を拭いたり・・・来週は本格的に掃除しよう。
まぁ、生徒は神様です。じっと我慢の子ですね。

b0197486_14144457.jpg
この雰囲気はお寺の書院みたいです
永平寺管主丹羽簾芳老師(号は老梅)の染筆で「佛心」
この軸は30年前?に初めて大寄せの茶会をさせて戴いた折に掛けた軸です。大名屋敷の広間のような広い座敷で、床も大きかったけれど収まっていた。
b0197486_14203602.jpg
花は白玉(実は初嵐)本白玉は葉が丸みを帯びる。ですが、流石に名花、葉が程よく蕾を囲っている。葉は五枚あります。
b0197486_14223538.jpg
台天目・・研究会で客役でしたので業躰の言われた事を良く聞いておられました。特別、ご注意は無かったので褒められた事とかです。
b0197486_14250129.jpg
虎屋のミニ羊羹6個載せています。お好みの味を取って戴くため箱入りごと
b0197486_14262703.jpg
午前の方がお休みなので時間が空き、薄茶もと言う事で
b0197486_14272156.jpg
乾燥するので包みのまま
b0197486_14283074.jpg
薄茶運び点前は全ての基本です。絵で言うと人体デッサンを見ているようなもので、いつも見慣れた人体だと描いた物に手が長いとか違う部分が容易に分かります。観たママを見たとおりに描くと往々にして手の長さが違う事がありますが、其処が技術で観た通りでは無く表現で変えます。それは茶道でいうゆとりとか応用になるのでしょうか
b0197486_14333592.jpg
ご希望があり濃茶点前を棚ありで・・・

知人の茶会から
b0197486_14581842.jpg
大橋茶寮の床柱に淡々斎の頭の跡があると言う席・・恐れ多くもこの場所に座らせて戴きました。灯のある処には淡々斎へのお供え(ご飯)が奉げられている。
棚は淡々斎好みの清和棚。伊部の水指が清々しい。




by higashinuma | 2017-11-29 14:43 | 茶道 | Comments(0)

茶道をとおして日々の流れをつづる