ブログトップ

つれづれ

2017年 12月 13日 ( 1 )

12月二回目稽古

29年12月13日 水曜日 晴れ エアコン入れて20.5℃ 外は凄い寒いみたいです。

昨夜の健太は良く起きて騒ぐしクシュンクシュンしている。窓側は寒いので段ボールで囲い、小さい毛布を入れて、外にはヒーターを入れているのですが寒かったのか。途中でヒーターの温度を上げる。クシュンの回数は減ったが良く起きている。毛布を入れると破いていたが「是に寝るんだよ」言い聞かせるとその上に寝ている。分かって居るのかどうかは疑問ですが・・・朝になって取り出さないと悪戯で破いてしまう。確か3枚の毛布を破いている。今のは百金で買ったので小さい。若が買って来た大判のがあるが今の状態を維持できれば、それを入れてやっても良いかなと思う。

昨日の稽古は約12時間の間に生徒は3人。朝、家を出るのは7時半頃。始発駅で乗り換えて座って寝ながら行く。教室迄は約一時間の移動時間。掃除して床を整える。湯を沸して釜に入れると炭を熾す。早くて10時頃に生徒が来る。生徒が準備するのを見ている。そして12時頃まで稽古。昼食とり本を読みながら昼寝。いつもは次の生徒が2時頃に来る。当日休み連絡3人。前日1人。他には長期お休み等。昨日は4時半まで誰も来なかった。仕方ない・・来年の秋に予定の茶会の道具組を思案。で、その生徒が帰った後は1時間空いて、その間に夕食。夜稽古の一人が来る。全員終わって片付け。鍵を掛けたのは7時半頃だった。其の後、移動で約一時間。サラリーマンの帰宅時間で混んでいる。始発を待っても良いが、ずっと立って居る。駅に着いて健太と若が改札で待っていた。健太はこれぞとばかり尻尾を振って、駆けて来て飛びつく。疲れが取れる時間。

まぁね、月謝を戴いているので文句は言えないが、私の修行?⇐ここまで言えるか?稽古時代は余程の事が無い限り休まなかったし、師匠のお宅には殆ど同じ時間に伺っていた。茶道と言うのはそういうものだと思っていた。それで、水屋でおにぎりとか簡単に夕食をとり、点前の準備をした事でした。帰りは簀の子まで全部片づけて、時計が無かったので、終わったら11時と言う事もあり、夜時間の稽古で5人位になると、帰ったら12時と言う事がありました。今は夜稽古予定者が3人で一人は長期お休み。生徒が遅く来ると帰宅時間が10時と言う事もあります。生徒からお客だけでと言われる事もあるが、でも、折角来てくれたのだから点前をして貰う。
私は仕事も会社の中で、時間調整が出来たからですが、稽古の日は残業しないとか、来客はその日のコンタクトを避けるとかしてきた。長い事習慣にしていたので、周りもそのように思ったみたいでシメシメです。

師匠もちょっとぐらい体調不良でも休まれなかった。20年以上通って、一度だけ、具合悪いから代わってと言われた。その後、手術で入院されその間はお休みになった。
「痛いとか痒いとか言うと回りが心配するでしょうからそういう事は言いません」何があっても顔に出さない。流石に陸軍大将のお嬢様。戦前の人は強いです。それも茶道と言う事に叶っているのだと思う。修行と思えばの事ですね。もう一つ加えると、会社経営のご主人が肝臓癌の末期。病気の事は一切他言無用だった。経営に影響が出るからとの事だった。葬儀の時、火葬場で言われた事が印象に残る。「もうすぐ焼きあがるから、急いで精進落としの膳を整える様に連絡して」との事だった。悲しみの最中と思うのに凄いなぁと思った。多分、全部終わってお一人の時に涙していたのだとは思うが。

かなり脱線しました。昨日の様子です。
b0197486_09031392.jpg
大亀老師「和」と水仙
b0197486_09043685.jpg
好い匂いです。利休の気分?
b0197486_09053332.jpg
唐物点前が希望でした。ジーンズで唐物?・・これから仕事に行くし、良い事にしています。着物着てなんて言われたら稽古出来ないと思います。
b0197486_09080737.jpg
丹波の蝋燭手茶入を持って行ったら、これで濃茶をとの事でした。
来週で今年の稽古納。クリスマスの道具を何点か持参した。なので蝋燭手です。森本透谷造。透谷に師事されていた陶春さんは亡くなりましたね。
b0197486_09130808.jpg
主菓子は「初雪」
b0197486_09134925.jpg
流し点を希望でした。

おまけの写真
b0197486_09145038.jpg
昨日の夕食・・夕食は時間が無いので教室で食べる。朝、買って来るとコンビニしか開いて無いので・・・初めての「どん兵衛」体験でしたが美味しいですね。
おにぎりはもう一個。インスタント麺は殆ど食べないが寒い季節悪く無いですね。どん兵衛でミニがあるとは知らなかった。
昼は弁当持参でインスタント味噌汁。偶に外で食べて夜に弁当の時も。


by higashinuma | 2017-12-13 09:20 | 茶道 | Comments(7)

茶道をとおして日々の流れをつづる