ブログトップ

つれづれ

カテゴリ:茶道( 665 )

筆記試験

29年8月20日 日曜日 曇り 27.2℃ 涼しくて良いけれど

昨日は夕方から見る間に黒雲が空を覆い、突風と雷雨。健太は多分初体験。部屋中を明るくするような閃光。稲光に追いかけるように雷鳴。健太はびっくりして飛び上がっていた。「健太大丈夫だよ」なでなでして昂奮を鎮める。私も久しぶりの雷で、ちょっとビビる程でした。(ちびるでは無いです!)読売ランドのどこかに落ちたのかと思った。
多摩川の水面が白波を立てている。電車は一時、鉄橋の上で止っていた。
若が夕方から出かけて、途中で電話かけて来た「僕の部屋窓閉めて」その時点では南の空は未だ明るかったので気が付かなかった。電話の後すぐ窓を閉めに立った。北の窓と東の窓は真っ黒な雲で覆われていて、あわやと言う寸前だった。
昨日は二子玉川の花火大会で大変だった様子がニュースに出ていた。その後もずっと遠雷は続いていた。「健太散歩は行かないから」と言う事で、廊下でボール投げで遊ぶ。あいつは舌だしてヘロヘロになるまで駆け回って遊んでいた。まぁ十分でしょう。ソファから床まで1m以上は飛ぶ。ジャンプも結構飛びあがる。今が一番元気の盛りだからね。サークルにうんち大量。踏んでいないので、直ぐ片付いた。
b0197486_8215925.jpg

写真では良く見えないが・・・・

教室では夏恒例の茶道筆記試験を行っている。
まだ、何人か終えていないのですが、今年は難しかったのか?50問で今のところ最高点は70点に達していない。点前ばかりが茶道ではないといつも言っているのですが・・・「一休の軸ですよ」模写ですが表装までもが忠実に再現されている。軸の見どころなど説明しているのに聞いてない。本物は美術館に行って見て貰う事にして、目の前で勉強できるので複写でも良いと思っている。美術館にしてもお寺さんにしても、本物は倉庫にあって複写の物を出して居る場合が多い。希少な美術品であればそれも仕方ない。なので猶更の事です。
花も結構無理しているのです。準備の中で何よりも花は一番大変です。見て無い、聞いてない、覚えないでは何のためにやっている・・大半は自己満足かぁ・・溜息。

まぁ、一人が点前だけでは駄目なんですね。今度その面も頑張りますと言ってくれたのが救いです。

私としては誰が何点取ったからどうのこうのではなく、指導方法が至らない事を補う試験です。
茶道検定試験も何人か受けている様子ですが、今は熱が冷めているか今年は話が無い。
3級なんかは寝てても出来るよ!挑戦して欲しい。分からない事は稽古の日に補えばよい。
点前だけに捉われない事。奥伝以外は教本もある。基本をしっかり身につければどうにかなる。

どうしてもお茶をやっていますとなると外見の着物の事等に目が行きます。それはそれでその人の事なので何も言いませんが、高い月謝を支払っているのですから遊びに道楽にならないで欲しい。
試験の内容は全員終わった時点で再度書き込み予定。

b0197486_8415339.jpg

若をナメナメ・・どちらもご機嫌
b0197486_8424722.jpg

健太は満足・・若も満足
by higashinuma | 2017-08-20 08:45 | 茶道 | Comments(0)

行之行

29年8月16日 水曜日 雨 27.2℃ 

今朝も涼しくて暗いのでわりと良く寝られたと思うが朝が早い。健太は昨夜は10時前に眠っていた。起こすのもかわいそうだからそっとしておいた。今朝は4時過ぎに起きて一人遊びしている。で、5時半頃に床を掻いてガサガサ音を立てる。最初は片手で掻くが起きないと両手で掻く。相当酷い音が立つが暫くは無視。近所迷惑だろうなと思う。暫くして掻くのを止めてクンクン甘え鳴く。「しゃあないなぁ」口には出さないけれど・・・雨降っているし散歩は行かれないし・・廊下でボール遊びする。健太の喜びようが違う。ボール咥えて走って来るのが可愛い。未だ子犬だなぁと思って眺めている。幸せのひととき・・眠いのも「しゃあないなぁ」は忘れている。30分は遊んだろうか?サークルに入れて健太トイレの掃除。その後は私の朝食。そして健太のご飯。暫くしたら小雨になったので、散歩に連れて行く。
この子は家でもうんちはするけれど、やはり我慢していたのか二度も続けてうんち。いつもより多い。
健太は健太で気を遣っているのか。サークルの中でしても怒らないのですが。
雨の道路は其処此処水溜まりが出来ていて、健太は飲み出したりする。目を付けて飲まないようにはしているが、二口三口は舐めている。都会の道路は何があるか分からないので飲まないように注意している。口にするのは大概の物は自分から吐き出すようになった。やはり大人になったのだ。ティッシュ等は飲み込んだりするが、ビニールのような物は吐き出している。瞬間に取り上げるが間に合わない時もある。次に吐き出すのを待つしかないし、おやつを遣るか別に気を引いて吐いた瞬間に取り上げる。ビニールの類は多分、100%飲み込まない。
最近はペットボトルの噛み潰し仕事に飽きてきたようで、見向きもしない。仕事をする健太は良い子だったのに(笑)

昨日の稽古は午後1時から4時と決めてあった。移動時間も空いていると思った電車が混んでいて寝られない。あと15分程と言う処で座れたが目を瞑っても眠れなかった。今日は「行之行」を稽古すると決めて、点前手順を思い出しながら追っていたが、お茶を練る辺りでいつも挫折。
b0197486_8453178.jpg

先週に続いての軸。
b0197486_8461277.jpg

白槿も用意したが開花が今一で底紅槿を曽呂利花入に入れた。
「宗旦槿ですか」と言われた
「どうして?」
「白に紅だから」
「分からない」と答えた。本当の宗旦槿を私は知らない。多くはこの方のように白の底紅を見ると宗旦槿と言っているようです。でも、槿の種類はかなり多い。
底紅と言っても「宗旦」もあれば「日の丸」もある。宗旦はやや小ぶりと訊くが、盛りを過ぎて咲く今頃は樹勢が衰えて花が小さくなる。
ピクチャーに宗旦と日の丸を入れたが見つからないので別の機会に取り上げたいと思う。
さて、今日の稽古に一時に集まったのは三人。早く来られた方が準備とかなかなか出来ないので、今日は早く伺いましたと言う。殊勝な事です。竹台子の組み方や据え方はみんな来てからにしますから先ずは台子の水拭きをお願いしますと言う事で雑巾を渡して固く絞って拭いて貰う。
奥伝の稽古はどうしても時間がかかるので、三人揃ったところで花月札を引いて貰い、点前と客役を決める。台子の柱の事、八卦盆の事等々説明する事は多い。
お菓子は何種類ですか?四ケ伝からどうぞ・・「三種類です」では「行之行は」・・・・
今日は正式には用意していないので、戴いたお菓子と色々混ぜて五種類にしました。
下の写真は他の処で戴いた五種の菓子です。
b0197486_950436.jpg

右下は椎茸の甘辛煮、左は蒟蒻。中心は金柑の甘煮ですか・・・
b0197486_1044929.jpg

今回のお菓子
「盛り方はどうしますか」「正式な場合は白薯蕷饅頭を中心にして右下に木の物(果物・・水菓子)あとは彩りよく棹物、練り切り、金団等を盛ります。今回は適当で」
で、盛付したものを見てガッカリ・・「丸前角向うは」何の事やら分かってないようです。それまで適当とは、本当に適当だ(笑)「盛る時は器の綴じ目を合わせて、自分が客だと思って盛りますよ」
黒文字は有ったのですが、赤杉楊枝は見つからないので、黒文字だけにしました。
b0197486_10233794.jpg

b0197486_10122617.jpg

何年ぶりとか言ってましたが、結構覚えておられ、所々の注意で済みました。天目台はもう少し奥へやらないと茶入れが膝前に入りません。
一時間程かかりました。残りの時間は薄茶でもどうぞと言う事で竹台子の薄茶点前にうつりました。
b0197486_1026312.jpg

落ち着いて良い点前でした。
行之行の点前始まるまで、自主的に席入りの稽古をしていました。道具の前に扇子を置く位置は×
四畳半なのに通り抜けて行く×
拝見で出ましたね・・・「天目は」「前田家伝来の灰被ぎでございます」までは良かったけれど「お台は(お代は)」すかさず「三千円です」天目台の応えも難しいですね・・「天目に沿ってまいりました」とか「八代宗哲でございます」とか何で八代かは分かりませんが・・語呂が良いのでしょうね。稽古だから「尼崎台」でも良いけれど本歌を知っての事ですね。

義政の頃は曜変天目が第一でしたが、時代が変わると灰被ぎ(はいかつぎ)天目が第一になりますね。
天目にご銘はありますかとの質問がありました。私の知る範囲では天目で銘は殆ど聞かない。強いて言うなら「稲葉天目」でしょうか。徳川将軍家から稲葉家に下賜された静嘉堂所蔵の曜変天目です。
茶碗で銘があるのは利休以後の朝鮮系の茶碗からでしょうか?と言うのは利休時代になると書院茶から離れ殆ど使われていないのた゜と思います。
by higashinuma | 2017-08-16 08:47 | 茶道 | Comments(0)

8月8日の稽古

29年8月10日 木曜日 曇り時々雨 27.8℃ 昨日が暑かったのでかなり涼しい

昨日は窓を全開しても暑く、出かけたのですが、健太のためにエアコンをいれっばなしにした。こういう日が何日あるのだろう。火曜日に若が帰ったら熱中症みたいだったと言われた。火曜日は一日留守にして、水も殆ど飲んでいない感じだった。が、若が散歩に連れて行ってうんちもオシッコも出ていたと言うから先ずは安心。食欲もある。

今朝の健太は昨日と同じ4時に起きていた。そしてやはり5時半頃には起きろ起きろのガリガリバッタンが始まった。うるさいなぁと思いながら45分迄無視。

昨夜は若が飲み会になったの連絡。健太の誕生日と自分であれだけ言ってたのに。ケーキが無いならささ身買って食べさせると言ったら「じゃ、自分たちは棒棒鶏にして」とまで言ったのを忘れて、朝は別々ご飯と言って出かけた。是だから困るのだ。
健太にはいつもより餌を減らして、ささ身と胡瓜を混ぜて与える。すごく喜んであっという間だった。今朝も残りをやるが、テーブルに用意した物をひっくり返して餌より早く食べてしまった。

さて、8月8日の稽古ですが、午前稽古の人が体調悪いとかで急にお休み。その日は運悪く通勤電車で終点まで立ちっぱなしで足が痛かった。もう少し早く出れば、始発駅で乗り換えも出来るが、僅かの時間差で満席になってしまう。なので、最近は座るのをあきらめて混雑する電車に立って乗る。これが辛いのなら止めれば良いのだ。

b0197486_8384268.jpg

b0197486_839236.jpg

前日が台風予報だったので、その前の日に槿の蕾を採って来た。
軸が「六字名号」なので白槿が欲しかった。
染筆は大亀老師。仏表具と思ったが本紙と中回しの間に裂が無いので茶掛表具でした。
b0197486_845281.jpg

先週に続いて「大圓草」奥伝は続けては稽古しないが、今日の生徒は二人。まぁ良いでしょう。
b0197486_8471049.jpg

「台天目」の稽古
当日休み3名。他は前もって連絡がありました。
b0197486_8484497.jpg

お菓子は白薯蕷饅頭。他に寒氷の撫子を作って持って見えました。それに合わせて氷菓を。
・・もうすぐお盆、原爆の日、終戦記念日、知人や兄の新盆等々。
気持ちの上でこのような室礼にしたが・・
来週は午後から4時頃まで奥伝の予定。
by higashinuma | 2017-08-10 08:41 | 茶道 | Comments(0)

8月一週目稽古

29年8月2日 水曜日 曇り 26.8℃ 湿度が高いので気温のわりには背中に汗

今朝は5時半にガリガリバッタンで健太に起こされた。悪い事をしているのは自覚しているのか、起きるとゴメンナサイポーズしている。横になるとまたすぐガリガリ床を掻いて口で持ち上げようとする。ABS樹脂なので、口に入るのが心配で仕方なく起きる。再びゴメンナサイをしている。時々欠伸しながら・・だったら寝てろ!・・イライラする。けど、相手は獣。しょうがないので毛布を肩にかけて健太の側の椅子にかけていた。そうするとおとなしく良い子ポーズにしていたり、おもちゃで遊んでいる。
もう全くやってられない!・・若が少し早めに起きて来て散歩に連れ出す。

昨日は朝から奥伝の特別稽古に出かけ帰ったらもう5時だった。夏の暑い盛りに業躰の奥伝稽古・・修行ですけど、来ている生徒を見ているとため息が出る。お茶の先生と言う見方をしてはならないけれど、どうしてもそのような感覚で見てしまう。気楽に行けるところの感覚なのだ。暇だから、折角の着物を着る機会だから等々・・師匠がやめて、他に師事していないので、奥伝の稽古はなかなかチャンスが無い。はるか昔に稽古しただけで心もとないので反面仕方なく出かけている。口伝というのは厄介な事です。それも一二科目ではない。ぶつくさ言うのはやめよう。

6月7月と御所籠と茶箱の点前をしたので、8月は引き締めて奥伝稽古と言ってある。
b0197486_9115596.jpg

b0197486_912125.jpg

槿と縞芒を有馬籠に
槿は昨夜8時過ぎに採って来た。同じような蕾を二本。芒は近所の理容院でいつでもどうぞ採って下さいと言われているが、いざとなるとなかなか手が出せない。
朝、槿が咲いたが一本は写真のように大きな花(いつも咲いている位の大きさ)もう一本は是より二回りも小さい花を咲かせた。一応、二本を箱に入れて動かないように固定して持って行く。芒は風に当たると直ぐ痛むので新聞に包んで持って行く。花を持っての移動は大変です。ましてや通勤地獄の電車の中。立って居ると足も痛くなって、坐りたいけれどついてなかった。そんな大変なら引退したらと頭の中で呟く自分が居る。

b0197486_920378.jpg

大円之草を稽古・・・本来なら無地一つ紋・・稽古だから自分も会社の帰りで稽古していたので、服装には捉われない。こだわっていたら進まない。
b0197486_923039.jpg

小一時間かけて何とか形になりました。・・今日の事は道具の準備だけ覚えれば良いですから。
b0197486_9242534.jpg

お菓子は縁高に入れようと思ったが、稽古で三種類しか用意していないため、一種類は持ち帰りで食べたいものを載せて貰う。
b0197486_9263052.jpg

午前中は曇り空だったが午後から雷雨が激しかった。けれど着物で来られた。豪雨で電車が止まって遅くなりましたとの事。唐物も台天目も稽古しているのに・・丁寧にやり直ししながら見ていたら一時間半~二時間かかってしまった。
b0197486_9425216.jpg

お客の方も疲れてしまい、今日は平点前で・・洗い茶巾を稽古する。茶巾の入れ方反対です。茶杓忘れていますよ・・・「どこかが違うから言ってごらん」と客の生徒に言う。「建水が唐銅で無いと水の音が出ない」・・「その前に」・・考えている様子。勿論、本人も気が付いていない。
「帛紗を付けてないでしょう」
実際問題洗い茶巾で建水の上で茶巾を絞って音がするような建水は余程上等の物でないと出ないと思います。例えば砂張とか・・因みに響同(ひびくどう)と書いて(さはり)と読みます。
業躰も唐銅の建水と言われますが私は絞っての音が響くほど良い音は聞いた事が無い。せいぜい茶碗に滴らした雫の涼し気な視覚と零れ落ちる水滴が立てる水音がご馳走と思う。それも雑巾絞りでは興ざめですが。

感覚を養うと言う事はとても難しい。持っている感覚が違っていたら、こうだと言っても違うと思っていたら教えられない。
奥伝稽古の軸は「體中玄」だった。このような境地にはまだまだ遠い・・

写真撮れなかった方ゴメンナサイ
お休み多し

今やらねばならない事
暑中見舞いの返事、御機嫌伺の贈り物、新盆のお供えを送る・・・イライライライライライラ・・
昨日も地震があったらしい。夜中も結構揺れた。そして今朝も・・心配しても背負うがないけれど、せめて出かける時には常備薬を数日分携帯するとか心しよう。
by higashinuma | 2017-08-02 10:09 | 茶道 | Comments(0)

7月最後の稽古

29年7月26日 水曜日 曇り朝は雨が降った。予報は雨 28.6℃ 蒸し暑い

こういう時にエアコン入れると体調崩すんだけど蒸し暑さは我慢できないですね。サウナとも蒸し風呂とも違うジメジメ気持ち悪くなる。少しの間だけエアコン入れる。

健太は昨夜私が就寝する時9時50分頃に、呼んでもつっついても起きなかった。餌用の皿を叩いて起こす。が、その後は大変な事に・・・寝なくなってしまった。多分、私は10時半には眠りに就いたが、健太はロープ引っ張ったり、ボール投げたり寝ようとしない。無理矢理起こされた事に反発しているようにも思える。眠りのサイクルが合ってしまうのか、私が浅い眠りになると健太は起きている音がして、
灯を点けると完全に起きて、こちらを見ている。私は寝不足状態になってしまった。しかし、明け方、トイレに立つ時も鳴くことは無く、朝にガサガサやクンクン鳴く事も無く目覚めると座ってじっと見ていた。やっぱりいつもの通りが良い。健太を無理やり起こすのは止めよう。

7月の最後の稽古もお休みが多かった。
b0197486_8341831.jpg

b0197486_834409.jpg

花は中心より右回りに「縞葦、女郎花、小海老草、槿、朝鮮嫁菜」有馬籠に入れた。鵜籠が良い感じがするけれど、持って行って無い。
b0197486_8373771.jpg

降り出しは総礼の後すぐ取り込むのですが、今日のこの時間は一対一なので・・それに、この中は空です。
一応、月点前は卒業にしましょう。
b0197486_8394560.jpg

お菓子は京都取り寄せの水羊羹よりやや固めの羊羹の下に白小豆が散らしてある物。
b0197486_8431980.jpg

この点前がお気に入りのようです。

他に写真撮っているが、写っていない。何故?
せっかく取り寄せたお菓子もこのところ全部一箱ずつ残っている。今日はお菓子食べ放題と思っていたが忘れた。来週は8月でお菓子屋に頼んでいるが、来週でも忘れないように食べ放題に。と言うか、奥伝稽古で消化しよう。

※軸の「拈華微笑」はどういうことですか?答えられたのは一人だけ。
まさしくこの軸の通りかも知れない( ´艸`)
今、恒例の筆記試験をしています。花、お菓子、道具、歴史、点前などに分けて問題を作っていますが、歴史的な内容が今一。例えば高瀬川ゆかりの宗匠は(三択)等。稽古中に結構話をしている筈なのですが。例えば円能斎が京都に戻り新妻八重と知り合う事等は大河ドラマにも出ていました。裏千家の初釜「花びら餅」の出来た謂れ等は知っておいて損は無いでしょうし、広がりが出来ると思われます。大河ドラマと言えば後水尾天皇の后は東福門院ですが、徳川秀忠と浅井長政の末娘との娘です。宗旦は献茶をして爪紅台子を好まれたり、縁がある。人と人とのつながりを見て行くと色々な事が分かります。
花もそうですが、例えば自分の家から駅に行くまでの間でも良い。何処に何が咲いているか等興味を持って覚えて欲しいと思う。珍しい花だけが茶花では無いです。

追加写真
b0197486_7485088.jpg

拝見に出すところ・・掛子は持って回す
b0197486_7491850.jpg

拝見後箱は建水の在った処に
b0197486_750364.jpg

拝見に出すところ・・箱は畳付で回す
by higashinuma | 2017-07-26 09:16 | 茶道 | Comments(0)

お茶の先生

29年7月19日 水曜日 晴れ 27.9℃ 気温は低いけれど巣瀬が無いので暑い
昨日今日と健太には4時前に起こされる。どうしちゃったの?それから起床の5時半までは眠るような眠れないようなイライラ時間。健太は昨日も若と犬広場に行って仲良しの犬と遊んだらしい。なのに?この頃はずっとエアコン入れて寝ているし、餌もおやつも水も十分足りていると思うけれど。

月点前は三回目。
b0197486_8205980.jpg

b0197486_8213121.jpg

b0197486_8215312.jpg


芭蕉の奥の細道から
「涼風やほの三日月の羽黒山」桃青
芭蕉の書は端正で好きな書のひとつ
曽呂利花入に槿・・曽呂利盆は持って行って無いので
・・・花を持って行って花入れを何にするか迷う。
b0197486_8253149.jpg

一回目は道具の名前と扱いを覚える事。準備が出来るようにする。
二回目、三回目は点前手順を覚える。
来週は仕上げで・・後は来年の茶会を待つ。

b0197486_8291892.jpg

b0197486_8294195.jpg

b0197486_830196.jpg

b0197486_8302026.jpg


b0197486_8305835.jpg

干菓子は上の写真の浴衣の生徒の手作り・・・美味しく出来ていました
日曜日の茶会のために作った物です。
b0197486_8321422.jpg

主菓子は京都から取り寄せた「葛焼き」冷やして本葛の食感を楽しみました。

お休み多かった・・毎回、お菓子も何にするか気にかけて取り寄せたりしていますが、お休みが多いと馬鹿々々しく思う事もあり、「いけないなぁ」と自省。

月点前は来週迄。八月は気合を入れて奥伝稽古・・・となるか挫折となるか( ´艸`)

※「お茶の先生」のイメージはどのようなものでしょうか?
和服でいつもきりっとして・・違うなぁ・・ツンとしている・・違うなあ・・では家元は・・う~ん・・
日曜日の茶会の準備で土曜日に伺ったら、受付?管理人?の人が余りに横柄な態度で接する。で、遅れてきた主催者と主役が私に「先生」と声掛けしていたら、態度が一変して丁重になりました。
翌日はこの家の持ち主でとても教養のある方とお見受けしました。

茶会の日に暇な時間に水屋で話をしていたら、客が水屋に来て一緒にお喋りする。生徒に「彼方の先生は」と訊かれて、こちらですと言った途端「あらゴメンナサイ、溜口聞いたりして」と言われました。私は水屋に徹するつもりで、着物は持って行ったが、チノパンとポロシャツで通しました。
他人からみたら、恐らく普段もお茶の先生とは見えないでしょう。
特に小母さん「お茶の先生」の独特の雰囲気、他人を見おろしたような雰囲気は鳥肌が立つ。
お茶をやっているからと偉くもなんともない筈なのに・・・ただ少し先を勉強しているからの事。知らない事も多くある。ちょっと齧ったからと知ったかぶりをするのも虫唾が走る。
「お茶の先生」って?・・研鑽を積むしかなさそうです。
by higashinuma | 2017-07-19 08:38 | 茶道 | Comments(0)

茶会

29年7月17日 月曜日 曇り 29.3℃ 蒸し暑くエアコン入れたばかり

健太はこの時間寝ている。今朝は5時過ぎるまでおとなしかった。と言うか、私が目覚めたのがその時間。ガサガサしたり、一人でボール遊びをしたりしている様子。45分頃に起きると良い子ポーズで尻尾振っている。

昨日も暑かった!11時少し過ぎに茶会会場のある駅に着く。約束は12時。結構名前の知られた団子坂なのに空いている喫茶店は・・無い・・少しウロウロして探す。団子坂下と反対方向に・・つまり駅を出てすぐ右に大きなチェーン店の喫茶店があり、思わず入る。オアシスですよ・・
で、15分前位に会場に向かう。少し早いが・・手伝いの一人が門の処で待っている。主催者の車は着いているので、中に入る。始まるまで一時間半。道具の箱出し、水屋の準備・・あれこれ指図して案外順調に事が進む。そのうち、もう一人の手伝いと、今日の主役が現れる。
準備が済んで一休みのお昼ごはん。主役の方がおにぎりと煮物などを持って来られる。案じた飲み物は無し・・冷たいお茶が欲しい・・みんなの分5本のペットを持って行こうと思ったのですが、嫌味になるのではと思い止めました⇐失敗。差し入れで持って行けばよかった。

b0197486_9305676.jpg

床の間があったらしいですが、他人に貸して改造されたと言ってました。仮床にする。下座床になります。
b0197486_9324528.jpg

女郎花、白花擬宝珠、秋海棠
b0197486_9335521.jpg

隠元の書で来日して2年目の初秋に書かれたようです。

道具は主催者のご主人が趣味で収集された物との事です。李朝の茶碗とか古い骨董の道具でした。
干菓子は主役の手作りの撫子と観世水・・美味しく出来ていました。
私は着物を持って行ったが、水屋に徹するつもりでしたので、着ていません。

お客は殆ど欧米人で(日本人も)思ったより少ない人数でした。3時少し過ぎて片付け。4時半頃からお茶(主役が持って来られた珈琲)をご馳走になる。

水屋の事とか、体験している筈なのに出来ていない。教える良いきっかけになったと思います。ずっと小言を言われ続けて気の毒でしたが、身について貰えたらと思います。

帰宅したら若が夕飯を作って健太の散歩に出ていました。凄い雲が出ていて今にも降りそう。走って帰ってきたと汗だくだく。

前に家に三代続いたら〇〇家伝来になると話したら、今回持って来た道具が〇〇家伝来ですと言う。段ボール箱に入れた物・・・伝来と言ってもお稽古道具は言わないでしょうに。せいぜい円能斎位の花押の道具が三代続けば・・
by higashinuma | 2017-07-17 09:52 | 茶道 | Comments(0)

月点前 Ⅱ

29年7月12日 水曜日 晴れ 29.0℃ 富士山は雲隠れ 暑い!

健太には4時に起こされる。この時点では無視・・夕べも就寝が遅くなり多分11時頃に眠りに就く。この時間もいつも寝る健太は起きていた。一日留守にして帰るとこれぞとばかり尻尾振って迎えてくれる。若が早番で帰宅も早いので、犬広場まで行ったと言っていたし、其処で近所の健太と仲良しの犬と久しぶりに会って一緒に帰って来たと言っていたので、あれやこれやで昂奮していたのかも。だったら朝もゆっくり起きれば良いものを・・・・そして5時半頃、例によって床を掻いたり齧ったりしている。
仕方なく起きると健太はゴメンナサイポーズ。こいつ悪い事していると分かって居る。かまわず、齧り防止の柑橘系のスプレーをかける。健太は毛布に顔を隠して転げている。ちょっと可哀そうだが、この仕種がとても面白い。そして暫くはおとなしかった。私も眠るような眠れないような状態。6時前には起きる。カーテンを開けるのを尻尾を振ってじっと見ている。可愛い顔して見ているのです。


今日は月点前二回目。七月は暦の上では秋は新暦なのでピンと来ない。七月が秋だと一月は年賀状に新春と書く意味が見えてくる。
b0197486_845108.jpg

b0197486_8453341.jpg

アップ(拡大)すると哀れな槿・・
月曜日の夜に朝咲く底紅の槿の蕾を採って来ていた。朝、咲いたのですが形が悪い。蕾の隣に閉じた花が残っていて、それに当たって歪んで咲いたのです。写真のは朝、健太の散歩で若が採ってきた。なんとも殊勝な事よ。それで、念のためにこれと若しかしたら咲くかもしれない蕾の三本を箱にテープで止めて持って行った。槿の花弁は薄く傷みやすいので、ぶつからないように箱に入れて持って行く。けれど、電車は通勤地獄帯。男の人は案外大丈夫ですが、女の人は花を入れて持っている袋を蹴ったりする・・故意では無いとは分かって居るが・・教室で箱を開いた時には哀れな姿に。
私も眼鏡を掛けないと見えないから、まっ良いかと言う・・(´;ω;`)

先週に続いて月点前二週目
b0197486_8542796.jpg

教本を見て来られた様子・・所作中に次第に手が上がって来る・・
火箸が無いのは、家から持って行って無いのと、香箸が先週確かに入れた箱に入って無かった。おまけに紛失中の聞香炉の灰押さえが入っていた・・・共用と言うのは時にこんな事態に・・・
なので、香を焚くのは所作だけで
b0197486_858436.jpg

稽古を終えて学校に行くとの事で時間が無くなり、拝見無しで
b0197486_8593847.jpg

b0197486_8595898.jpg

b0197486_902489.jpg


お菓子は
b0197486_91240.jpg

お土産の砂糖掛け梅干しと蓮羊羹・・偶然健康食品ぽくなりましたがこの時期はこういうものが良いでしょう。キンキンに冷やしています。

写真撮れなかった方ゴメンナサイ

生徒の一人が次の日曜日に呈茶をするらしい。で、社中から私とあと二人で応援に行きますが、気合が入りすぎているようです。自分とは何者かをわきまえないと出たがり屋の嫌な人になります。お茶の人って顔に出さないからくれぐれもご用心。まぁ、今回はお茶を知らない人達みたいで、逆にこれがお茶と思われるのが怖い。それでも、こういう経験を積んで人が出来てくるのでしょう。⇐偉そうなことを言ってますが・・
by higashinuma | 2017-07-12 08:35 | 茶道 | Comments(0)

月点前

29年7月5日 水曜日 曇りから晴れ 27.9℃ わりと綺麗に富士山が見えています

今朝の健太は4時から煩かった。何とか5時半頃までは我慢する。クンクン鳴きから本鳴き?犬独特の「ワン」ワン鳴きを時間あけて何度か。近所迷惑だけれど、これで起きると、鳴けばかまってくれると学習するのが怖いので無視。お隣さんご免なさい。
で、6時に散歩に行った後、飼育係は掃除です。出かける前、甘えん坊の悪戯うんち。久しぶりの事です。あれ!水が空。もしかして水が欲しくて鳴いていた?
ペットボトル一本に毎朝水を満たして、歯磨き用の薬剤を混ぜてサークルに取り付けてある。が、こんなことは健太が来てから初めての事。ゴメンね健太。
多分、冷房入れてるから喉が渇くんだね。今日から気を付けよう。健太は8月生まれだけれど、家に連れて来たのは11月の終わりころ。だから、この家で夏を迎えるのは初めての事。窓を開けて置けば案外涼しいので、日中に冷房入れる事は余りないが、この数日は夜も湿度が高くて眠り難い。この夏三日連続で冷房の中で寝ています。健太も慣れてくれるでしょう。

未だ梅雨も明けていないのに、稽古は茶箱で「月点前」に入りました。
7月は暦では秋になるので良いでしょう・・七草の桔梗や萩も咲きだしています。野菊も咲いています。
b0197486_929336.jpg

b0197486_9292884.jpg

藪茗荷を青磁の尊器に
この花は私の好きな一種です。唐金に一本入れても様になります。葉が大きいので普通に入れると浮き上がってきますので、それなりの工夫が要ります。

最初に点前の人は写真忘れました
b0197486_9323772.jpg

道具が仕覆に入っている点前は先月に色紙点で稽古したので、比較的楽です
b0197486_934513.jpg

皆さん点前中に次第に手が上がって来るようです( ´艸`)
b0197486_9355346.jpg

b0197486_936212.jpg


主菓子は
b0197486_9365073.jpg

島根彩雲堂の「満天」羊羹の上に青の透き通った生地。雲が流れて金箔の星が見えています。
棹物をカットするのは難しい・・最初、四等分と言ったが、大きすぎで5等分にして貰ったが、それでも大きい。6等分でも充分大丈夫。食べ甲斐がありますが、比較的あっさりしているし、喉越しも良く美味しく戴きました。因みにこの一切れ、いつもの練切より100円ちょっと高い!美味しいし喜んでもらえたので良いか( ´艸`)

おまけ
b0197486_9481531.jpg

健太の散歩で月曜日夜若に頼んで、採ってきた来たが火曜日朝は咲いて居なかった。帰宅後、咲いているのを見て「なんで使わなかったの」
来週位にもう一度・・ヤブカンゾウも咲いているし・・どうするか

昨日は夜稽古が休みで、久しぶりに早く帰られた。教室を出る時は降って無かったが、途中、電車の中から傘さしている人が見えて、乗換駅(一旦外に出て乗り換える)では結構降っていた。若に傘持って迎え来てとメールしたが見ていなかった。仕方なく濡れて帰りました。今時は温かいのでと言うか暑いので風邪ひく事も無い。
by higashinuma | 2017-07-05 09:54 | 茶道 | Comments(0)

色紙点 最終

29年6月28日 水曜日 雨&曇り 26.3℃ 蒸し暑い

今朝の健太はおとなしかった。それでも一度4時に目覚める。健太も寝返りして又寝ている様子。それから5時20分頃に目覚めて、歩いている音。40分頃にクンクン甘えて声を出す。4時、5時起きに馴らされて私はこの時間帯は眠るでもなく起きるでも無いので、うつうつしていると気が滅入るため5時45分には起きる。健太は良い子ポーズにしてじっと見ている。思わず可愛い!になる。健太は是を分かって居るのかもしれない。

さて、色紙点は一か月限定の点前にして、昨日で終る事にした。覚えても覚えなくても、来年には(次回は)日々是好日です。
b0197486_823589.jpg

b0197486_83246.jpg

花が多すぎ・・・口の広い末広籠や鵜籠等があれば良いのだけれど、未だ持って行って無い。
中心から右回り「檜扇水仙・・一般に見かける物より赤が濃い・・擬宝珠、菊芋、墨田の花火、槿、河原撫子、半夏生」有馬籠 菊芋は土手に行くと是よりも倍くらい大きい花を付けます。今回のは栽培種で「菊芋擬き」です。

b0197486_8162962.jpg

拝見を終えて片づける手順・・こまごましたのが好きだそうです。
b0197486_818739.jpg

点前が長いので痺れますね
b0197486_8185643.jpg

点前最後まで体が持つかどうか・・恐ろしい事を言われますが・・病み上がりです
b0197486_8201761.jpg

スミマセン零すと古帛紗が濡れるので・・安心のためにビニールを敷いて貰いました。
お茶会の時もこうしようかな・・本格的に思っています( ´艸`)
鉄瓶のお湯が少ないと零れるとか色々意見がありました。研究の余地はありそうです。来月は茶箱に戻る予定で、鉄瓶の湯量と零れる割合をチェックしたいと思う。多分、鉄瓶の造りの問題があると思う。自宅から持って行くのは重いしなぁ・・・
b0197486_825443.jpg

教本で予習してきたらしい・・それにしては

※見ていて、あぁだこうだいうのは楽なのです。やってみると出来ない。だから、人の点前にあれこれ言わない事です。私も気が付かなかったりするが、今言っても仕方ないと思う事もあるのです。例えば、茶碗を拭く時の問題があれば、それをクリアしてから別の事を直してあげるとか。お互いに聖徳太子じゃあるまいし・・・
研究会でも業躰は出来る人には細かくご指導があるように思います。「あれ、間違っていたけど言わなかったよね」休憩時間良く耳にします。良く言うのは難しいが、悪く言うのは簡単です。

主菓子は少し早いけれど今月の稽古は終わるので「水無月」を用意しました。
b0197486_830279.jpg

干菓子は煎り大豆に蜜をかけたもの。写真無し・・・美味しいけれど抹茶よりほうじ茶に合いそう。

b0197486_832318.jpg

拝見道具を返したところ。もう少し広げても良かった。ハイ、これでおしまい。

写真撮れなかった人ゴメンナサイ
by higashinuma | 2017-06-28 08:06 | 茶道 | Comments(0)

茶道をとおして日々の流れをつづる