ブログトップ

つれづれ

カテゴリ:街の景色( 62 )

映画の街

28年3月11日 金曜日 曇り 21.3℃ エアコン入れている 寒い日となりました
今日は東日本震災と原発事故の日。朝から復興状況等震災の報道。
仕事の関係で毎月「いわき」迄出張していたが、震災の5年前?からは行っていない。会社関係は無事だったと聞いた。震災前には常磐ハワイや湯本温泉にも出かけ常磐炭鉱、恐竜館?、雨情関係の施設など見学している。
常磐ハワイのフラガールは品質管理の全国大会で入賞している事からとても興味があった。只のショウと言えばそれまでだが、その洗練された見事なショウのために、例えば踊る道具のバトンやボールを隣とぶつけたり、落としたりしないように徹底的に管理されているのだった。
炭鉱が不況になり、街の復興で立ち上がった常磐ハワイの物語、映画「フラガール」は何度観ても感動する。震災後も早く復活したのを祝いたい。

映画と言えば、今の住む街は「映画のまち調布」東洋のハリウッドと言われていたと言う。
近くには角川大映撮影所、日活撮影所がある。そしてもっと近い処に「白組」がある。最初この「白組」なるものは何だろうと思っていた。何となく「ヤーさん」の施設のような気がしないでも無く胡散臭かった。ある時の情報でここが山崎貴監督の拠点で話題の映画を沢山発表している処と知ったのは引っ越して一年も後の事でした。
9日から調布映画祭が始まり、これに併せて「白組山崎貴監督展」が始まり、昨日観に行った。
ポスター以外は写真可
b0197486_8363546.jpg

会場入り口看板
そして山崎監督等身大の写真
b0197486_8381198.jpg

この説明の中に面白い記事と言うか凄いなぁと思う記事があった。
仕事は遅刻厳禁で遅刻した者はスタッフに御馳走する決めがあって、本人も一分遅刻して、近くの有名な「鰻屋竹の屋」で十数万円ご馳走した事があると書いてあった。
b0197486_90334.jpg

白組外観。車の右上に看板。スタッフが上のベランダでタバコ吸ったりおしゃべりしている姿が見える。そして例の鰻屋
b0197486_8442564.jpg

中はと言っても未だ入ったことが無いが、全部個室のようです。石原裕次郎等も食べに行っていたらしい。石原プロも近い。白組とは斜向かい。
今回の展示で「白組」が何をしているかが解って、胡散臭さが解消された( ´艸`)
b0197486_8484243.jpg

b0197486_849194.jpg

三丁目の夕日ALWAYSのジオラマ
b0197486_850944.jpg

b0197486_8502950.jpg

b0197486_850454.jpg

ドラえもん
b0197486_912027.jpg

のびたの家
b0197486_915051.jpg

のびたの部屋
他に映画作品は「宇宙戦艦ヤマト」「永遠の0」「寄生獣」等

街の散策から
b0197486_94736.jpg

b0197486_942529.jpg

b0197486_944190.jpg

そして角川大映
b0197486_95147.jpg

正面の大魔神が迫力
日活は前記事で載せている

※調布映画祭での上映3月11日~13日30本?の上映
 白組山崎貴監督展 3月9日~21日
by higashinuma | 2016-03-11 08:50 | 街の景色 | Comments(0)

イルミネーション

27年11月26日 木曜日 雨午後は晴れる予報 18.8℃ この冬一番の寒さ(我が家比)

原節子さんが亡くなっていた。私の世代では無いですが、映画では何度か観ている。
同じ町に住んでいたという事で・・私が知った時には鎌倉に越していた。確かその土地の売却で資産番付のトップクラスになっていた事から興味を惹いた。そして早い引退で、その後はマスコミに一切顔を出さなかったと言う。
山口百恵も早い引退ですが、ご主人やお子さんはメディアに出ているので自ずと時にその名前は出る。
私は原節子と聞くとオードリー・ヘプバーンを思う。
勿論、国を超え時を超えたカリスマ女優と言うオードリー・ヘプバーンと比べるつもりはさらさらない。彼女は晩年には皺々のお婆ちゃんでも社会活動でマスコミに出ておられた。「ローマの休日」や「マイフェアレディ」の美しい姿とは到底想像の及ばないお顔であったが、それはそれで美しさを秘めていた。
原節子は永遠の美女とか言われますが、若く美しい姿のまま自分を閉ざしてしまった。それもある一種のカリスマなのかも知れない。鎌倉に越された定かな理由は分からないが、多分、鎌倉の方が巷に顔を晒さらす事が無かったのだろうかと思う。
人それぞれだから、どちらが良いかは分からないが、もし、私だったらオードリー・ヘプバーンの道を取るだろう。

※昨日のブログタイトルは「ご銘」でしたが、それを書くのを忘れていました。これから追記します。

今日のタイトルはイルミネーション。実は若が誕生日のお祝いをしてくれた外食の後に、ちょっと遠回りして話題のイルミネーションを観に行った。
初めはカレッタ汐留のアジュール(青)
b0197486_8194417.jpg

b0197486_819591.jpg

b0197486_8201562.jpg

青がテーマなので青色が美しい。大音量の音楽に合わせて色が変化する。
地下道を通っていきなりこの画面に出会うのは感動的です。
そしてここから帰りの電車の通り道でミッドタウンに寄った。
b0197486_8232630.jpg

b0197486_8234365.jpg

ミッドタウンの中のツリー・・芸術的?大人のムード?「不思議に綺麗」
b0197486_8304985.jpg

b0197486_831518.jpg

建物の奥にあるので解り難い場所「スターライトガーデン2015」
コスモスを想う設定です。ヴィジョンドームは地球?
カレッタも良かったが、よりテーマ性があるこちらが良いと思った。
b0197486_834544.jpg

b0197486_8351283.jpg

b0197486_8354452.jpg

ミッドタウン周囲のイルミネーション(色が変わる)とガーデンに行く途中に見える東京タワー
東京タワーは照明が明るくなった?我が家からも綺麗に見える。
この時間は多分10頃ですが、明日が休日と言う事もあり人が一杯。えぇ~こんな時間にバーガー食べている!結構居るんです。寒いのに、この街路灯の下で一人でバーガー食ってる女子も居る!
暫く夜の街に出ていなかったので社会勉強にもなった夜でした。

イルミネーションでの思い出は丸の内ルミナリエ。
丁度点灯開始時間に行ったので、一瞬にしての別世界は忘れがたい。
by higashinuma | 2015-11-26 07:41 | 街の景色 | Comments(0)

誕生日

27年11月23日 月曜日 曇り 20.3℃ つい先ほどから暖房入れる

昨日は誕生日でした。若が夕食に招待してくれました!

朝から今年最後の研究会で、来年度の会費支払いとか教室の事もあったので、出かけた。
科目は初炭所望と茶かぶきの式、午後は真の行。業躰は良く存じ上げている先生。
可も不可もなくと言ったところ。終わって、青年部の活動の一つで生徒が活躍の場へ、来週の短歌の勉強会の資料を届けに出向く。一年間青年部で指導してきた子供たちの呈茶を戴く。未就学程のちっちゃい子が、お菓子を運んだりお茶を運んだりとても可愛い。点前は三人並んで盆略点前。子供たちの両親も多く参加している。

一旦、帰宅して一緒に夕飯へ出かけた。青山に出るのも久しぶり。日が良かったのか結婚式に出たと言う晴れ着や留袖の人が多い。(友引でした)

この店はワインの種類が多くお好みワインを飲み放題。
b0197486_8422033.jpg

自分で選んで自分で注ぐ。
料理はイタ飯?スペイン料理?
b0197486_857519.jpg

ワインとカルパッチョ
最初はロゼが無難
次は白ワイン
b0197486_8434224.jpg

前菜盛り合わせ(本日のタパス盛り合わせ)
b0197486_844271.jpg

サラダ・・白菜と塩昆布のさっぱりサラダ・・店の売りみたいです
b0197486_8521913.jpg

アヒージョは牡蠣とホタテのガリシア風・・・右上は店の名刺・・やっぱスペインかな?
b0197486_8532279.jpg

フォカッチャ食べ放題とチーズフォンディユー風
赤ワインに替えたところでタイミングが良く
b0197486_9176.jpg

牛股肉のロースト
b0197486_925189.jpg

締めは蟹のペペロンチーノ・・シェフお任せ本日のパスタ
コースにデザートは含まれない(他のコース料理もパスタで締めでした)

途中で店内は満席位でしたが、殆どが女子でした。男子は我らの他2人。
ワインバーに足しげく通う30歳位の女子数人居て頼もしい。
生ビール、カクテル、ソフトドリンク飲み放題

昼もやっている店なので教室のみんなに図って新年会も良いかなと思った事でした。

その後はライトアップを観に行く。是は改めて
若よありがとう!

※昨日の「紅葉」に写真アップしました。
by higashinuma | 2015-11-23 08:47 | 街の景色 | Comments(0)

ビール

27年11月8日 日曜日 雨 22.2℃ 寒い
昨日は若が大手酒造会社の工場見学を申し込んでいて、市場も近いことから、市場で昼飯食ってからと言う事で出かけた。
自転車事故で怪我して以来なので2年ぶり位の市場です。今回は帰りに友達と会うとの事で電車で行く。

市場は土曜日もやっていて活気がある。そして安い!例えば大きくて見事なリンゴ7個?で千円とか。
街で買えば1個250円位かな。酒造会社では生ものは持ち込めないので、仕方なく昼食のみ。
昔は鮮魚の例えばマグロを山盛りにした丼等が安く美味しいので評判だった(テレビ取材もあった)店はとっくに引退して、今は食事処に数店並ぶが昔ほどの活気は無いようです。それでも、私のお気に入りの店があって、自分はそこでマグロ丼セットを食べる。若はラーメン屋の方へ。ここらの店はどこも10人も入ればいっぱいになる小さい店です。自分の入る店も家族でやっていて、今日は親父と多分息子の嫁の二人だった。少し早いので息子は後から来るのかも。昨日はいなかったが、息子さんの料理の手際のよいのが見ていて楽しいのだ。この日は親父さんが「塩辛食べる?」と手作りを出してくれた。朝作ったらしい。旨い!柚子の香りが良い。
自分も新しい烏賊を買った時は作る事がある。腸に塩をまぶして一晩置いて、翌日、烏賊にまぶす。
簡単は簡単だけれど、塩加減とか微妙に旨さが違う。市販だと烏賊の皮を剥いてない事もあるが、丁寧に皮を剥く。ああ、今日はこの話じゃ無かった。

大手酒造会社の武蔵野工場はビールを作っている。
b0197486_8552816.jpg

説明と工場見学、そして試飲で約90分。大凡各30分。やはり、試飲がみんな楽しみ。
来訪記念写真
b0197486_8564058.jpg


b0197486_857933.jpg

煮沸釜
b0197486_858958.jpg

麦汁釜
b0197486_8585112.jpg

樽の中を通って次の工程見学
b0197486_923630.jpg

濾過器を通して缶詰後の発酵を止める
b0197486_90276.jpg

缶詰・・奥の黄色の電気が付いている方は稼働している
b0197486_911860.jpg

箱詰めへ

一回に60人程度?若の話ではなかなか予約が取れないと言っていたが、毎回大勢が来ている様子。
なんたってただ酒!試飲は三種類のビールをコップ一杯。つまり3杯は出るのですが、何度もお代わりしている人も居たし、飲み残して居る人も居る。自分も一杯半位で若にやった。おつまみ付き。
b0197486_8545674.jpg

色づき始めた会社の樹木を赤い顔で眺めながら帰った。
b0197486_8541737.jpg

今の場所に引っ越す前に、この会社の近くの物件も見に行っていたので、あそこ買っていたら、毎週行くかもなんて笑った事でした。

夜は若の友達と家飲み会
鶏の茸クリームソースとハンバーグを作る。ハンバーグは暖かい物をと思って、具を焼くだけにして暫くほって置いたら、残念な結果に・・・つまり、柔らかくてまとまり難い。でも味は抜群です!
何故、柔らかくなったか・・・ソースもケチャップも全部混ぜ込んでいるからです。
冷蔵庫に入れるかすぐ焼く事ですね・・勉強になりました。
by higashinuma | 2015-11-08 08:37 | 街の景色 | Comments(0)

すすきの開花

27年8月28日 金曜日 曇り 26.5℃ 少し寒いので夏用のパーカーを羽織っている。

最近運動不足でデブリ気味なので、昨日は陽射しもほどほどであり、深大寺に歩いて行った。
何度か歩いていますが案外近いのです。それに我が家からだと程々に坂道が二か所もあって散歩にはうってつけです。
街路樹に咲く「さるすべり」は色々の色があり、私は緋色の濃いのが好きですが、水上勉の「雁の寺」?小浜のお寺に咲く「さるすべり」はどんな色だったかなと一節を思い出していた。はっきりとは思いだせないが他の小説のような気もするし、小浜では無かったような気もする。
深大寺の境内は、木曜日はお休みの処も多く、お昼頃なのにいつものような賑わいはない。
b0197486_835572.jpg

調布と姉妹都市の木島平の米と立て看板
もうこんなに稲穂が垂れている。
b0197486_852939.jpg

「すすき」の花が咲いている。糸すすきよりは広いが葉が幾分細いすすきで茶花に欲しいなぁと思う。
b0197486_87336.jpg

こちらは縞すすき
お参りを済ませた頃に正午の鐘が響き渡る
b0197486_884331.jpg

若いお坊さんが鐘を撞く。作務衣では無く「つなぎ」を着ているが袈裟(折五条?)を掛けている。

帰りも歩いても良かったけれど、そこは自分に甘くバスに乗って帰った。
今日は足の裏が多少痛いが心地よい痛さだ。靴がウォーキング用になって無い。
涼しくなってメタボ対策も活動を始めないと・・・・・

帰ってからニュースを聞いていたら(テレビを付けてパソコンを前にして、大かたは聞いている)横浜の「すすき」の開花宣言を放送していた。去年より26日早いらしい。
深大寺も咲いていた。新暦仲秋の名月は27日だったかな?月見の頃には枯れ尾花(すすきの別名)も免れない。
by higashinuma | 2015-08-28 07:39 | 街の景色 | Comments(0)

薔薇

27年5月12日 火曜日 曇り23.3℃ですが蒸し暑い 夜は大雨予報

今日の稽古は日中は何とかなりそうですが、夜は早く帰りたい気分。
いつだったか、稽古日に、関東地方の台風予報で宗家から無理をしないようにの電話があった。しかし、この日は曇りだったが全く何事も無く、雨の一滴も無かった。台風が関東沖を通過したのだった。

今は薔薇が見ごろを迎えています。庭に彩りよく植えこまれたお宅の前では暫し立ち止まる人もいます。それに引き換え我が家の鉢植えは、一番咲を切って、丈を詰めたが、何となく元気が無い。今日は風が強いので家の中に入れているが、構いすぎだろうか。

日曜日は神代植物公園に薔薇を見に行った。
今、温室を改修中でその部分は壁を造って囲ってある。なので、解放感は今一ですが、それでも広い薔薇園は薔薇の香りと彩豊かな花に、賑わいを見せていた。どこから人が湧いてくるのかと思う位。
写真は後でアップしますが、薔薇コンサートの日に行き当たり、公演の「xuxu(しゅしゅ)」の方が、観客へどちらから来られたかの問いに、案外地元より都内から来ている人が多かった。
日帰りの行楽地としては深大寺参りや蕎麦、植物園とそれに広大な緑地は魅力あります。

薔薇も見頃を迎えていました。
b0197486_7342728.jpg

b0197486_7344640.jpg

b0197486_735441.jpg

b0197486_7352328.jpg

b0197486_7354830.jpg

キリが無いので是くらいで
b0197486_7362167.jpg

b0197486_736411.jpg

b0197486_7365780.jpg

薔薇のソフトクリームも美味しかった。凄い行列でしたが・・・・
b0197486_7375015.jpg

b0197486_7381451.jpg

アカペラグループで活躍のxuxu(しゅしゅ)
素晴らしい歌声です。スキャットとオリジナルアレンジに暫し魅了された事でした。
パートは「八木節」等の日本民謡から「2001年宇宙の旅~ジュピター」等幅広い。
薔薇園も良かったが、コンサートも満喫でした。
b0197486_7455021.jpg

音響の人も息ぴったり。
by higashinuma | 2015-05-12 07:46 | 街の景色 | Comments(0)

千年藤

27年4月26日 日曜日 晴 22.3℃ 窓を開けているのにこの室温は悪くない。
晴れていても、もう富士山を見られる日は数少ないだろう。

街のFM放送局で出している情報誌に神社の千年藤が載っていた。
若の提案で見に行く事にした。
京王線に「国領」と言う駅が有り、この神社も国領神社。来歴や謂われは知らないが、この辺りは多分、律令制が出来た頃の地名では無いかと思われる。府中には国分寺(中央線の駅とは違う場所)があり、調布も万葉時代からの名前のようで、狛江は更に古いように思われる。

b0197486_743475.jpg

神社の藤の説明
神社の本殿の説明等は難しい。省略
b0197486_764013.jpg

b0197486_77181.jpg

b0197486_773341.jpg

b0197486_775730.jpg

立て看板の後ろは藤の大木(蔓?)
近所でも藤は咲いていますが、花の色がくすんで居る。一番下の写真はお気に入り・・・どのモードで撮ったかは忘れた。

関東では足利フラワーパークの藤が有名ですが行った事は無い。
私の思い出の藤は、琵琶湖(大津)から信楽に抜ける道の自然の藤波。日本舞踊「藤娘」の発祥もこの辺りです。丁度、五月連休を利用しての窯場巡りでした。丹波、膳所、信楽等々茶道の師匠と弟子の3人で思い出深い。
藤娘の舞踊が出来たのは大津絵からの発想と言われますが、大木に絡んでその生命力は大木を枯らす程ですが、花を見る限りでは娘を想像するに余る。藤の花に心魅かれるのはそのような処だろうか。

それから奈良、春日大社の藤。ここはこの国領神社より規模は小さいが地面に届くような長さの花房です。
確か上海万博の帰りに一人で奈良を回ったと思う。若は学校が始まるので先に帰った。

桜の茶碗は出しそびれたが、今は薩摩焼(島津お庭焼)の藤の絵の茶碗で稽古している。
それも、今月あと一日使用して終わり、次は来月から菖蒲の絵の茶碗が出番を待っている。

久しぶりに花の良い香りに浸った事でした。
by higashinuma | 2015-04-26 07:08 | 街の景色 | Comments(0)

27年4月7日 火曜日 曇り時々雨  寒い予報ですが今は20.8℃ 体感温度も意外と暖かい

昨日は近所の桜を楽しんだ。
前にも書いたけれど、桜と一括りすると、真夏の八月頃は知らないがほぼ一年中咲いています。
昨日も終わりかなと思ったが、結構未だ未だ大丈夫らしく、風に散るのではなく、はらはら散る花びらは興趣があります。
b0197486_7494887.jpg

日活撮影所前の遊歩道
昔、この辺りは民家も無く田圃と雑木林で、俗に「蝮が原」と呼ばれていたとか(情報誌182ch69号)確かに私が知人の紹介で撮影所に来た昭和50年頃?もこんなに綺麗な道路は無く、放置された死体が発見された時もありました。
今は狛江に抜ける土手沿いの道路も整備され、民家も多い。片やグランド等のスポーツ施設なので、夜の一人歩きは避けた方が無難と言うもの。
で、まぁ、昼間はこの道路は彫刻のある歩道(正確には知らないが名前が付いている)で四季を問わず楽しめる。何点かピックアップ
b0197486_814697.jpg


私のお気に入りは
b0197486_825953.jpg

今にも飛び立ちそうなカブトムシに乗った少年(題は違う?)
b0197486_834331.jpg

多分題は違うと思うが私が付けた題は「思う」

突然送信になって次の書き込みが消えた!続きはまた
by higashinuma | 2015-04-07 08:04 | 街の景色 | Comments(0)

特撮

27年3月9日 月曜日 曇り?小雨? エアコン無しで18.3℃そろそろ入れないと寒いです。

昨夜は映画祭の中の一作品を観に行った。「永遠の0」テレビ版は向井理でしたが、こちらは岡田准一主演。
4時半からの上映で、3時半には既に200人位並んでいた。4時少し前に開場で外まで長蛇の列。
多くは爺婆ですが若い人も多い。上映の時には最大定員1307人の席が満席。
結局一時間並んだ事になるが、通路側の端、まぁまぁの席を選ぶことが出来て良かった。
待っている間、DVD借りれば良いから帰ろうかなと思ったり、何で並ばせるの?とか・・・結構なお歳の方もいらしたので、早く会場に入れれば良いのに・・・・「会場の準備が出来ましたので・・」と放送があった。こういう会場で、何の準備があるのだろう?完全入れ替え制で前の上映は確か2時間も前に終わっているのに・・・。

隣の席に来た50歳位の女性。普通は「スミマセン」と言うのに無言で通ろうとした。荷物を置いてトイレに行くようだがやはり無言で通る。帰って来て、私の足を超える時に足にぶつかった。「痛い!」それでも何も言わない。「人の前通るのにスミマセン位言ったら!」言ってやりましたよ。そしたら小声で「スミマセン」と言った。
若い子も通るがみんな「スミマセン」とか「ゴメン」とか言っている。他の席の人もみんな声をかけて通る。そんな若くも無いのにこの人はどういう人なんだろう・・・でも、隣だからこの辺りで。

映画の内容には触れないが、とても良い作品だった。待っていて良かったと思った。因みにテレビの方は観て居ない。特攻で送り出す教官や上等兵は檄を飛ばして最終的には生き残った結果、悔いた晩年を過ごしたと聞く。私なりにそれを痛みに感じたかどうかを訴えているように思った。若くして特攻で亡くなった実話。
調布飛行場からも特攻で飛んでいた事も知った。飛行場隣接の現在は国際基督教大学や富士重工等があるが、もとは中島飛行機として特攻機等を造っていたようです。
大凡70年前にこの地で何があったか等を知る私の映画祭でした。

別の会場では特撮の展示。「永遠の0」で使用された、衣装や特攻機の展示等もあり興味深い。
b0197486_962083.jpg

b0197486_963943.jpg

何処の街?
b0197486_97620.jpg

特撮のミニチュアでした。照明ライトで大きさ比較

口直し
b0197486_98257.jpg

洋菓子のような和菓子
限定販売だそうで、神奈川では横浜そごうだけ販売?
モンブランそのもの・・・金箔が載っていますが、フィルムを掛けて包装するためフィルムにくっついて所々とれています。モンブラン好きの私は美味しかったですが。
9個分の切り目が入って二切れで丁度良い大きさかな。鎌倉五郎製「小波」 840円モンブラン好きにはお薦めです。
家にこんな皿があったんだ・・・これを食べるのに皿を探していて出てきた。
by higashinuma | 2015-03-09 08:18 | 街の景色 | Comments(0)

春を探しに Ⅳ

27年2月20日 金曜日 晴 

昨日は麗かと書いて、外に出て、風が強くちょっと「麗か」とは違うなと思ったが、歩いているうち、此の風は北風では無い事に気が付いた。暖かい。雲も田舎で見た頃の雪解けの頃の雲が浮いている。

ずっと撮りたかった日活の煙突を撮りに行った。
その前、早朝でも無いか・・・7時半過ぎにマッサージの予約に出掛け、多摩川の畔で撮影隊に出会った。昨日の雨の水溜りに薄氷が張っている朝はやっぱり寒い。
多摩川では時々撮影がある。丁度、撮影の最中では通行止めになる事もある。見学者が立ち止まるからだ。
今回も大がかりだったから、ドラマの撮影かも知れない。
日活が未だ元気だった頃に比べかなり減ってはいるものの・・・・前の家にも撮影隊が入った事があり、ずっと長い事通っている理容院には藤原紀香が衣装替えで借りに来たと言っていた。
私もマジに撮影は見ていないのでどんな俳優が来ているかは殆ど知らないが、丁度、土手の真ん中で撮影があって渡邊えりに会った事がある。

日活は学園があり、芸能関係の授業もある。学園祭では舞台上演もあり、観に行ったことがある。
昔は入り口に居酒屋があって、マスターが撮影所を案内してくれたりした。暫くその店はあったが、今は規模を縮小(正確に言えば規模の縮小より敷地がかなり減った)、コマーシャル撮影などをしていると聞いた。学園では撮影も指導しているので、土手に出て撮影実習している事もある。

b0197486_935565.jpg

日活の煙突と撮影所の「かまぼこ」屋根。昔はもっとあったと思う。
写真には無いが右手には新社屋と入り口がある。入り口はほぼ中央でしたが、今は入口より右側は三井不動産のマンション建設中です。つまり手放したと言う事。
吉永小百合や浜田光男の青春が詰まっている(勿論私も)この煙突も何れと思うと寂しさがある。

家に一番近いのは角川大映撮影所がある。
同じ街に二つの撮影所とそれにまつわる企業もあり、映画の街としている。
何でも数年後は京王電鉄で多摩地域最大のシネマコンプレックス建設計画があるとの事。
来月は映画祭もあり、無料で観たい作品が何本かある。

青空と春の雲に立つ煙突そしてかまぼこ屋根は残して欲しいと願う。
by higashinuma | 2015-02-20 09:16 | 街の景色 | Comments(0)

茶道をとおして日々の流れをつづる