カテゴリ:旅行( 199 )

フライト

29年3月23日 木曜日 薄曇り 18.7℃ エアコン入れようか迷う

健太は5時半にはクンクン鳴いたりガサゴソとサークルの中で騒いでいる。最近はトイレのカバーを外して中のシートを取り出し、散らかしているので気になるが、6時までは我慢して起きない。この頃は私もリビングで寝たりするので、起きてカーテンを開けたりすると、おとなしくお座りしたり、良い子ポーズ(伏せ)をしている。
昨日、昼散歩に連れ出して、土手には撮影の人達が大勢来ていた。終わったらしく片付けをしていたが、下の離れた所から健太をじっと見ていて「可愛いね」と言ってくれた人が居た。「ありがとう」「前にビーグル飼っていたよ」「良かったら撫でてやって」その人は上がって来て撫でてくれた。もう一人寄って来て「可愛いね」と撫でてくれる。健太は大喜び(尻尾の振り方が凄い)で飛びつく。もう一度お礼を言って散歩の続き。昨日はこの二人だけが可愛がってくれた。

若の散歩コースは細かな虫が飛んでいるので、私は土手から住宅街に入る。結構歩いていると思う。
で、昨日、健太はエレベータに乗ったら、ゴロンと横になった。「健太具合悪いの?」ビビりました。どうしたんだろう?家の階に着いたらむっくり起きていつも通り。心配したよ。
帰ってサークル入れてもいつもと同じようにしているので安心した。歩き疲れた?若は抱っこしてやるけれど、9キロになった健太を抱っこは散歩から帰って、玄関を入って足を拭くまでの間だけ。

実は火曜日の夜に若の使っていたホカロンを食いちぎって、中身を少し口に入れた様子。どうしようと気にしていた。水曜日は近くの動物病院は休み。様子を見て、元気だし食欲もあるし、暫く様子を見る事にした。火曜日の夜中は凄い水を飲んでいる。そして、水曜日の朝のうんちは、散歩に行った若が真っ黒で少し緩かったよと言う。胃から血が出ている?ずっと心配だった。
昨日の昼散歩もいつも通り。帰って来て、うんちは少し黒いのも出たが、通常に戻っていた。
漸く安心!

さて、テレビを観ていて、ある番組(何だったか忘れた)お年寄りが、海外旅行に行きたかったとこぼしていた。
私は子供の頃、1959年から始まったTBS系『兼高かおる世界の旅』をとても楽しみに観ていました。これは30年間続いたそうです。何歳頃から観たのかは記憶が無いが、見た事の無い世界へ憧れたものでした。
私の一番最初の海外旅行は、ある洋画のサークルに所属していて、その時の会の企画で、ロンドン・パリを巡る旅行でした。パリ在住のこの会の先輩会員のアバルトに伺って、おにぎりを戴いた事等が蘇る。その後はサンパウロの兄に会いに行った。兄と一緒にイグアスの滝も見学。そして、中国周遊。いつの間にかタイに嵌って、殆ど毎年行っている。バンコクからアンコールワットに飛んで、世界三大仏教遺跡を巡る。ラオスはメコンを渡って小一時間程見学しただけですが、インドシナ半島は全部行った。日本国内旅行に3日位行くなら海外旅行5日間の方が安かったりする。それもあるし、歳を取ったら国内旅行と思うし、何より万一動けなくなったら、思い出の引き出しを開けて楽しめばよいと考えての事。

テレビで観たそのお年寄りの一言が響いた事でした。
数か国語を話す兼高かおるの世界の旅にはとても及ばないがフライトと言う言葉やジェットストリームのナレーションと音楽には惹きつけられるのです。

気分転換我が家飯
b0197486_973736.jpg

春菊をどのように食べようか迷いチヂミを作ってみた・・春菊と桜海老の相性も抜群
b0197486_9115723.jpg

卵とトマト炒め物・・ミントの葉は使い道に(´;ω;`)・・是は一度アップ済
b0197486_9153032.jpg

若の好きなポトフ
b0197486_9143745.jpg

14日の稽古の花・・ボケとクリスマスローズ
23日未だ見頃です

by higashinuma | 2017-03-23 08:43 | 旅行 | Comments(0)

どうしよう 2

29年1月8日 日曜日 曇り後雨か雪情報 21.9℃ 
朝の健太は6時半起床で甘え吠え。まぁまぁ良い調子だ。昨夜は来客二名あって、若がタイ料理を作ってふるまう。1時間半位の食事の間健太はサークルの中でじっと見ているか横になって時々目をあける。何となく心が痛む。

昨日の続き
先ずは昼飯「マツコ」の家でラーメン食べよう~量は少ないが美味しいです。タイはどこも量が少ない気がする。それで、なんらかんら一日口にしている感じがある。
マツコは分かったらしく笑顔で迎えてくれた。布袋さんのような顔が良い。日本のマツコもこの位愛嬌があればと思う。
b0197486_9465122.jpg

目の周りの黒いのは化粧で塗っている。
店は満席だったが、奥の方に案内してと多分言ったらしく、タイ人だけが案内されるような奥の部屋に通された。マツコの口利きなのか店員も丁寧な応対だった。
b0197486_9492244.jpg

私の物は鶏ガラスープに米麺が入った基本のラーメン・・これに唐辛子、砂糖、ナンプラー等を入れて好みの味にするが、私はこのままが好きです。
水上マーケットの舟で調理する人達
b0197486_95256100.jpg

そして食べるのは川に張り出した椅子とテーブル
b0197486_9535071.jpg

そして去年、好評だった薔薇のお菓子を買う。船に乗ってお寺巡りをしたいらしい。このツアーの中には動物園のようなお寺があって、お寺を巡りたいと言うのは口実はみえみえ。
で、舟に乗る。ここは蛍観賞の観光地でもあり、都合5回位は来ている。ただ、蛍観賞は帰りのバスが無くなるので現地観光ツアーに参加するしかない。最近はここにホテルを取る人も多いようです。水上マーケットは夕方からにぎわい始めるので、蛍を観賞し、早朝は托鉢を見ると言う事らしい。静かな環境で癒されると聞いた。
で、お寺巡りの舟はタイ人ばかり。この運河とメークロン川?の辺りは異常と言う位お寺が多い。それらをお参りするのです。ふっと思えばタイ人は黒服を着ている。喪は開けている筈なのに、それだけ国王を慕って居ると言う事か。前国王の写真は生前も多く見られたが、新国王の写真は一枚しか見なかった。
b0197486_9543793.jpg


そして、お寺を巡っているうちにバンコクに帰る予約したバスの時間が迫る。発着場にもう帰るのかと思ったらもう一軒お寺に寄るらしい。事情を話したら、帰船する舟を探して乗せてくれた。これがもうイライラする程鈍い。あと15分でバスの時間!下船して混雑する中を駆け足。「済みません通してください」とかき分けて走る走る。
b0197486_9553046.jpg

バス停5分前着。係りはバスに電話してくれて「5分遅れる」との事。「10分遅れる」から結局は30分待ってバスが来る。タイ時間だからとは思うが・・・で、今度の運転手はまるでやる気が無い。運転しながらスマホ見ている。電話をかける。車は大渋滞。それで、無駄に車間距離を空けて、割り込み車を入れている。見ていてイライラ。結局、バンコクは2時間半要して到着した。
b0197486_9555958.jpg

で、バスターミナルに行くと思っていたら、最初の到着地で降りる客が多く、若は終点と思ったらしい。「ここで降りてどうするの?」場所は勿論??・・仕方なくタクシーでホテルまで帰る。ここはどうもドンムアン空港に近い処らしい。バスターミナルも近いので、多分もう少し乗ればBTSの乗り場も近い筈。200B程かかった。でも、運転手はmeterで走ってくれたが、30代位の人で信号で止まるとスマホでゲームやっている。バンコクの信号は停車時間の表示がでる。まぁちゃんとしているし良しとしよう。
実の事を言うと、今日は帰国する日で、若の予定では中華街のいつもの大混雑の店で夕飯を食べたかったみたい。でも、フライトは25時なので23時まではゆかねばならない。仕方なくホテル近くの大晦日に食べた蟹カレーの店スリウォン通りソンブーンへ行く。
食後はホテルへ預けた荷物を取って、タクシーで空港へ向かう。ベルボーイ?がタクシーを止めてくれる。ホテルの中からボーイが出て来てタクシーにスーツケースを載せてくれる。どちらにチップ上げれば良いの?どちらもやれば良いのだけれど、チップの小銭が無い。載せてくれた人に上げれば・・とは言ったけれど、この人タクシーが来たら出てきた人。タクシー止めてくれた人は優しそうだし、親切。タクシーの中で悪かったかなぁとずっと気になっていた。

空港のチェックインは長蛇の列だった。そして白人夫婦が割り込みを企んでいた。ので、私は入れないように気を払っていたので、私の後ろに入って来た。前に並んでいる人は嫌な顔をしながら何も言わない。こう言ったら失礼極まりないが、中国人が多く並んでいるのに、彼らはまじめに並んでいる。白人の方が態度が悪いと前に聞いた事があるが、目のあたりにして納得。夫の方は気が引けているようでしたが、妻?多分が顎で夫の押すカートを列に入れるように指示している。それにしてもこの人の顔はどうしたらこんな顔になると言う位キツイ。間に入られた女性の顔は東洋人で、後で夫らしき西洋人が来るが、割り込まれた事を告げている。注意しようと思ったが、私の後ろだし、触らぬ神に祟りなしで過ごした。が、気持ち悪い。

その後は最初に書いた通りの空港での何で・・に続く。空港が巨大化すると歩く距離も半端ない。空港だけで一万歩は超えている感じです。

帰りの飛行機は1時間以上遅れて現地発2時眠い!
で、一時間後
b0197486_957275.jpg

是は朝食?
若は寝ていて要らないと言う・・・チャーハンは半分も食べなかったが、どうも是が胃を悪くした感じです。
b0197486_9592196.jpg

北京に着いた。
中国国際航空の到着が遅れたので、この系列のその後の便も軒並み遅れて出発のようでした。
羽田便は全日空と共同便
b0197486_1015612.jpg

b0197486_1021580.jpg

是も朝食です。多分?
上はオムレツで私の分、下はお粥で若の分。どちらも美味しかった。
12時半頃に到着予定が一時間遅れた。羽田は乗りたいバスが満席で一時間待ち。その間にラーメンを食べる。
帰ったら健太を迎えに行く約束。顔を見た途端、激昂。遅くなってごめんね。

明日は初釜
留学生は来ない(費用の事で色々と面倒)のと長期病欠があって去年より一人少ない。当番は頑張ってくれているが、私自身が今一気合が入らない。それでも、やる事はやった。道具は帰国後に整えた。今朝は福引を作ったり、着物出したり、お菓子屋に確認メール。多分完璧・・と思う。

by higashinuma | 2017-01-08 10:12 | 旅行 | Comments(0)

どうしよう

29年1月7日 土曜日 晴れ 21.1℃ 寒いけれど風もなさそうで案外穏やかな朝です

健太は6時に騒ぎ始める・・若は私が5時にトイレに行って健太が騒いだと言ったが、この時は何もなかった。5時半頃に健太が起きた気配がした。構って欲しい吠えが始まる前に私が起きて、サークルより出した。と言うのはトイレに大量のうんち。けれど、踏んだ様子もあり、リードを付けてサークルの回りだけで遊ばせた。健太の遊びも飽きてきて、頻り若の部屋の方を見る。若はなかなか起きて来ない。仕方なく起こしに行った。起こされて怒っているが「犬を飼うと言う事はこういうことだ!」
散歩に連れ出した後にリビングの掃除、サークルの掃除、トイレの掃除、そして健太毛布を洗って、餌の用意をする。リビングは二度拭き。終わった頃に帰って来た。
b0197486_845953.jpg
 
最近はこんな感じで寝ている。前は腹は見せずに丸くなって寝ていたが、今はすっかりリラックス状態。お尻の処にキャリアがあるが、健太は自由に動かしている。毛布の下にはヒーターがあり、寒い場合はこの上で寝ている。僕もこの家の一員と思っているようだ。まぁ、そうではあるけれど。

帰って来て、健太の手足を塗れナプキンで拭いてサークルに入れ、餌をやって、漸く自分たちの朝食が始まる。健太が先でも後でも、自分たちが食べている間はじっと座って見ている。良い子だ。

さて、バンコク3日目はアンパワーに行きたいと言う。このところ、現地旅行会社は使わず、自分たちで行っているので、行き方は分かっていた。が、いつものミニバス乗り場は閉鎖移転の貼紙があり、廃墟状態だった。何人か聞いて、昨日行った市場の方からバスが出ている事が分かった。ここには巨大なバスターミナルがあるのは知っていた。けれどBTS駅からはかなり遠かった記憶がある。イサーン(東北地方)に古い都(ピマイ遺跡)を見学の帰りにガイドと一緒にここに帰って、バスターミナルから駅まではタクシーで送って貰った気がする。

BTS駅(モーチット)に着いてバス乗り場はこっちと書いてあったと若が言う。歩く歩く歩く・・・広大な公園に沿って歩く・・未だ~・・何人か聞いても分からない・・そして公園の入り口のガードマン?公安?の人が教えてくれた。反対車線からバスに乗って行く。バスの番号も書いてくれた。
で、そのバスに乗る。全然反対方向じゃん・・とは言わなかったが、結構長く乗って、バスターミナルに着いた。ここで、再度「アンパワー行き」を訊く。けれど、直接は行かないらしい。途中のメークロン市場(線路市場)で乗り換えるらしい。
ミニバス(ロットゥー)は満席にならないと発車しない。待つ事30分位かなぁ?で、乗客はタイ人ばかり。この運転手は凄い。自動車道でレースでもやっているかのようだ。見ていると怖いです。この道路は観光客が多い。メークロン市場、アンパワー水上市場、ダムヌンサドゥアク水上市場に向かう。観光ポイントが他にもある。バンコクから約1時間半と言うのは通常の時間。正月休みで混んでいる。その間をスイスイと抜けて行く。それでも2時間近く乗っただろうか。一応、乗り合いバスなので、途中で乗る人も降りる人も居る。余りに時間がかかるので、本当に大丈夫だろうかと不安になる。
やがて塩田地帯に入り、小さな町に着く。ここはメークロン市場。主に農産物、海産物の食料品です。ここは三度目ですが、はて?線路市場は何処だっけ?普通の巨大な市場の他に、線路は通路で線路のギリギリまで商品が並び、テントを張っています。そして電車が来るとあっと言う間に片づけられ電車が通過します。これが面白くて観光客が大勢訪れます。
b0197486_913103.jpg

「うど」のような物発見
b0197486_914076.jpg

海も近く魚介も豊富です
「この先行く?」「せっかく来たんだし、時間もあるし」と言う事で、トクトクに乗るかと聞いてみると、凄いぼったくり料金300B!そんな訳ないじゃん。此処迄でも50B。で、聞いてみたらミニバスが丁度待っていた。慌てて乗り込む。多分ここから15分位かな。大渋滞です。着きました~。えっ!料金は?・・そういえばバンコクのバスターミナルでアンパワー迄と言って支払っている。

by higashinuma | 2017-01-07 09:43 | 旅行 | Comments(0)

懐かしい場所

29年1月6日 金曜日 薄曇りの晴れ 20.4℃ 富士山も見えている
今朝は凄い寒い日です。健太は昨日も今日も6時過ぎまでおとなしい。15分過ぎて我慢の限界か構って欲しいコール。良い子だ!留守の間に少し大人になった感じです。

さてバンコクでの元旦はいつもよりは全く正月らしくない。街の飾りも自粛ムード。ただ、今日の午前中まで主要な交通機関BTSは無料でした。是は有難い。
ホテルの朝食は大好きです。写真は無いですが、南国フルーツ7,8種類とか私は是だけで満足。パン、ジャム、野菜サラダ、ヨーグルト、珈琲・・今回は日本人も多い。
「何処行く?」「川から見える塔のお寺」「ワットアルンだね」
b0197486_755010.jpg

昨夜は気が付かなかったが、若が「川が見えるよ」と言う。
b0197486_7561041.jpg

今からここに向うのです。
b0197486_7572567.jpg

チャオプラヤーエキスプレスは快適です。この辺りは5つ星ホテルが並ぶ。
BTSと連結のこのボート乗り場はテロの爆発事件があったが、そんな面影はまるでなく、綺麗になって「えっと?どこが王宮方面?」で案内に聞くと30B(タイ通貨)でチケットを買えと言う。そんな筈はない!10Bもしない筈。で良く見て、タイ人が多く並ぶ列に並ぶ。
その高い方は外人向けのツーリストエキスプレスです。船の中でのガイドやパンフがあるようです。
ワットアルン(暁の寺)は以前は渡し船に乗って対岸に行くのでしたが、今回はそのまま対岸に着きました。大勢の人が乗っているのに、あのガシャガシャ音を立てて乗船料を集金する小母さんは誰が払ってないか分かるようです。〇国人らしいペアーの女性が払おうとしたら男の方が止めていた。けれど小母さんはこの二人は払ってないと分かって居たようで要求していた。この男のセコイ態度は許しがたいし、〇国人としての誇りも無いのだろうか。
b0197486_8112898.jpg

首を左に折って見て下さい。主塔は修復中
私がここに来たのは何年振り?何回目?若を初めて連れて来た時は未だ、大蛇を首に巻いて写真撮る人が居た。大混雑の大勢の後ろについて行って、いきなり大蛇と出くわした時の驚きは言い表しがたい。多分、不評を買って追い出されたのでしょう。いくら金儲けでもこういうのはいけません!

b0197486_816595.jpg

b0197486_8162423.jpg

中心の塔を囲んで四方にも塔があり、こちらは修復済なのでしょう。綺麗な姿を見せています。

その後はチャトチャック市場に向かう。BTS12時5分前。無料チケットを配布しています。こういうのは凄いなぁと思う。日本で言うなら駅の係員が改札前に立って無料チケットを配るのです。他には自動販売機(チケットは全て自動販売機のみ)で行く先ボタンを押すと無料でチケットを得られる。日本でも電車事故で無料乗車券を配る時があるが、大概一か所で長蛇の列。タイ人を見習いたい。
BTS途中駅の至近に出来た?バンコク一番の高さらしいビル
b0197486_8242849.jpg

見る方向でデザインが面白い。上層階はホテル?
b0197486_8253743.jpg

ココナッツアイスクリーム・・若は目が無い( ´艸`)
b0197486_8263224.jpg

市場で観た面白い物・・バイクの前の人形!・・何処にもこういう人はいますね・・
健太に破かれそうになったタイシルクソファカバーを二枚300Bも値切る事が出来た!
その他ゲットして帰りです。
b0197486_8274970.jpg

BTSの中・・是はドアですが、車中全て日本のコマーシャルでした。左下に姫路城と英語表記

若はホテルへ帰り道の屋台でマンゴーと糯米に砂糖とココナッツミルクをかけたタイフード「カオニャオ・マムアン」を買う。私は屋台で火を通さない物は食べない。で、夕飯要らないと言う。仕方ない(´;ω;`)「やよい軒」で一人で夕食。若は目の前でお茶飲んでいる。「茶碗蒸し食べていいよ」
b0197486_8324126.jpg

鯖の煮つけと海老、南瓜、玉葱天婦羅、茶碗蒸しで確か180B(600円程度)
BTS主要駅(繁華街)に隣接のビル地下。ここは「やよい軒」「一風堂」等日本食レストランが多い。
ラーメンチェーン店「一風堂」は初めて。前はここも有名な日本食の店でした。
因みに「やよい軒」の客はタイ人が殆ど。

※写真をアップすると横のままになるのは?

by higashinuma | 2017-01-06 08:40 | 旅行 | Comments(0)

新緑

28年5月13日 金曜日 晴れ 富士山は見えない 24.8℃ 
朝出かける時の約束で12時に神代植物公園前で待ち合わせした。この時は自転車で行くことにしていたが、出先から帰る時に遅れたため、バス三台乗り継いで行った。12時3分前だった。バスは見事に爺婆の大群(失礼)天気は良いし・・植物園の薔薇は見頃らしい・・・実は待ち合わせ相手もついではついでなんです。植物園近くに用があって自転車で出かけて、帰りに待ち合わせと言う事。

植物園前では入園者の行列が出来ている。こんなことも珍しい。先ず、昼食べる椅子を探そうと言う事にして、薔薇園を通り過ぎたが、何処も満席・・丁度、昼刻だからね。それに暑いから木陰は食事していなくとも空かない。漸く、一人座る婆様の隣に相席して弁当を食べる。
何回か来ているし、こう暑くて人が多いと薔薇なんかどうでも良くなる。スマホで写真撮る相手に「日陰で待っているから」と、途中で撤退。熱中症になる前に帰ろう!

タイトルは「新緑」
昨日の高尾山も凄い人でした。
家の辺りは新緑と言うより、夏木立ですが、山の緑は良いですね。
b0197486_15502195.jpg

ケーブルカーで
b0197486_15521630.jpg

高尾山薬王院大本堂
写真がSDカードに入らずカメラ本体に入っているので取り出すのが面倒。
何故かは不明。
スカイツリーもばっちり見えていたんですよ!
とりあえずこの記事はここで終わり。

「目には青葉山杜鵑初鰹」
目には青葉 山ほととぎす 初鰹」とは、江戸中期の俳人・山口素堂(1642~1716)の作。
季語が三つもあって良いのかなぁと思うのですが、ず~と、ず~と人々の口にされてきました。
鎌倉辺りは初鰹が上がったらしいですね。少し前に八百善の鰹の叩きが放映されましたが、私が知っていた(料理学校で習った・・一般的な作り方)ものとは全く違う作り方で、確かに叩いていました。そして和辛子で戴くのでした。八百善と言えば江戸時代享保年間からの老舗。現在は鎌倉に店を構えておられます。
ちょっともじって私の句
「孟宗汁鶯鳴くや目に嫩葉(わかば)」
この嫩葉は若葉より早い葉の表現と捉えています。梅に鶯は未だ鳴きませんが、今の季節ほれぼれとします。私の田舎では、孟宗汁と言えば厚揚げと孟宗の酒粕煮です。藤沢周平の生家の方が有名だそうで、彼の原作ドラマの中でも食べられているようです。

鰹は料理教室で丸一匹を料理した事があります。当然、叩きで料理し、骨のすき身は流し汁で戴きました。その後、一緒に学んだ事のある生徒で来ていた「おっちゃん」が家で一匹買って、捌く時に包丁の背と刃を間違えて刃を上にして上からたたいてしまい、大怪我をしたと言う笑うに笑えない話がありました。

by higashinuma | 2016-05-13 08:49 | 旅行 | Comments(0)

日光 3

28年5月12日 木曜日 すっきりした晴れ! 25.3℃ もうすぐ9時だけれどもう夏日
b0197486_905535.jpg

今朝の富士・・起きた7時頃には雲が殆ど無かった。そしてシャッターを切ったが撮れて無かった(´;ω;`)
余りに天気が良いので、高尾山に行くことにした。若は初めてですが、私は何十年ぶり。高尾から陣馬を超えて美女谷まで歩いた事がある。美女谷温泉には入ることなく帰ったが、ここで一泊も悪くないと思った。何しろ名前が良い!

今日は日光の続きでした。
b0197486_1643942.jpg

b0197486_16434357.jpg

左手にも細く流れる滝(写真が横向きでした)
b0197486_16444322.jpg

これは右手ですが、岩の間から水が滴る
・・・前に来た時は右も左も余裕無く華厳の滝だけ観ていた気がする。
こんなに水が流れていただろうか?
b0197486_16463198.jpg

展望台のすぐ左を流れる滝・・左から右に流れ落ちる・・真上からの写真なので変ですね。

いろは坂はカーブ毎に「いろは」が書いてあるのも初めて見たような気がした。
b0197486_16505846.jpg

中禅寺湖・・立木観音がある方向・・一度も拝観した事が無く行きたかったが・・・
b0197486_16522293.jpg

山桜と男体山

ホテルの庭で見つけた花は「蝮草」とコメントを戴いたので、同じ天南星仲間の「雪持草」を5月2日に箱根で撮っていたのでアップしました。
b0197486_1656397.jpg

雪持は雪餅みたいで美味しそうです。「雪餅」も「雪持」もどちらも書くみたいです。
他には「武蔵鐙(むさしあぶみ)」「浦島草」等は茶花で見た事がある。

by higashinuma | 2016-05-12 09:01 | 旅行 | Comments(0)

日光 2

28年5月10日 火曜日 曇り雨予報 24.5℃ 蒸し暑く梅雨期のような気候です

今日は稽古を二日も休んで初風炉の一回目。何となく気分が乗らないが頑張ろう。

日光の二日目は華厳の滝です。若は戦場ヶ原に行きたいと言っていたが、バスチケットの二日券を買う時点で却下。ホテルからは遠いし、客人の行動をみているととても無理。水芭蕉等も未だ一か月は早いでしょう。
朝食後、ホテルの庭を散策したいと言う客人の希望を入れて一時間程庭を歩く。散策コースは歩きやすいように手入れしてあるが、ちょっとした山歩きの感じです。
今は山躑躅と新緑、それに鶯が良く鳴いています。爽やか~な気分ですが・・・
b0197486_8445089.jpg

b0197486_8452387.jpg

b0197486_8455857.jpg

こんな花も咲いている。「人吉天南星」?蝮草(緑色)かと思ったが縞模様が無く紫色です。
でも人吉天南星は阿蘇地方となっている?
ここは湿地帯では無い。秋に長野辺りに行った時、熊笹の間に真っ赤な実が付いているのを見たことがある。分かる方、教えてください。
写真をホテルの人に見せて聞いたが、分からなかった。聞いた人が分からず、奥に行って他の人にも聞いたようでしたが・・・ただ、毒がある事は知っていた。

かきかけ・・・木曜日に続けます。

by higashinuma | 2016-05-10 08:40 | 旅行 | Comments(2)

熊本の思い出

28年5月9日 月曜日 曇り午後雨予報 24.5℃ 蒸し暑い

客人が昨日帰国して、漸く日常を取り戻した感じです。難問は未だ続く・・・が、気を取り直して。
熊本も地震が続いて大変ですね。
九州を旅行したのは忘れるくらい昔の事。会社の人とその友達、確か4人位で行った記憶。一緒に行くけれど、列車、宿以外は自由行動と言う条件だった。
何故なら、趣味がまるで違っていた。例えばある美術館に行った時、私は見学希望だったが、他の人は興味なし。外で待っているから見て来てと言う。観ている私も時間が気になりゆっくり出来ない。
それで、翌日、熊本では早朝一人で出かけた。目的は細川三斎好み仰松軒を見学する事。細川家の菩提寺がある泰勝寺(現・立田自然公園内)で市外にあるのでタクシーで行った。
見学時間が早かったので、雨戸を嵌めた茶室を外から見ていると、管理の方が出て来られ、どうぞ中に入ってご覧くださいと、すぐさま雨戸を外して、柵の中まで入れて下さった。
b0197486_9125565.jpg

写真はネットで戴きました
今回の地震で気になっていたが、幸い壁が多少罅が入った程度で済んでいる様子。先ずは安堵した事でした。

水前寺公園(成趣園)の古今伝授の間も気になる処です。情報では水前寺公園の水が枯欠して、古今伝授の間も被害を受けている様子です。
古今伝授の間とは、桂宮智仁親王の書院を兼ねた茶室で、ここで細川幽斎公が桂宮智仁親王に「古今和歌集の解説の奥儀」を伝授された歴史があり、明治初年に細川家に譲られ大正元年に京都御所から水前寺公園正面の現在の地に復元されたものです。

ここでの思い出と言うか記念に買った蓋置は細川家の九曜の紋入りで小代焼?は私のお気に入りの一つ。ある時の研究会で使用したところ業躰が気に入られたらしく何処の焼物か質問されました。他に茶碗も購入しているが、こちらは多分使った事が無い。

熊本は「からし蓮根」が有名ですが、馬刺しも有名。聞いた話ですが、熊本から全国に馬肉を発送しているらしい。そんなにメジャーでは無いにしろ今度の地震でどうなった事か・・
地震が治まり、早い復旧を祈るばかりです。

by higashinuma | 2016-05-09 09:13 | 旅行 | Comments(2)

日光

28年5月8日 日曜日 晴れ 24.8℃ 午後からは薄曇りになりました。

今日は客人の帰国。朝6時起きで羽田に送りに行く。国際便も羽田だと超楽チン。リムジンバスで1時間で行ける。今日は連休最後の日曜日で、国際便ターミナル下車の客は我ら一行と欧米系の外国人一人だった。羽田も比較的空いている。
御多分に漏れず爆買いで、満足して帰った事でしょう。
昼前に帰宅し、ソファベッド等を移動して昼食、昼寝。肩の荷が下りた感じです。

さて、日光は前も書いたように8年ぶりかなぁ?
東照宮も華厳の滝も全く変わらずと言うのが良かったと言えば良かったし、物足りないと言えばそんな感じもする。
どの神社仏閣もお祈り、或いはお払いの後に物売りをする事。家康400年記念の〇〇、鳴龍の鈴、400年記念は黄金の鈴等々、今年だけ販売の謳い文句を神職が述べているのが可笑しい。来年になったら又、別の売り込みをするのでしょう。

写真の売り込みも凄い。貴方のカメラで無料で撮ってあげますよ!の売り込みで、確かに持って行ったカメラで撮ってはくれるが、別にプロのカメラでしっかり撮られていて、一枚千円で売る。仕上がりはこちらが断然綺麗なので、多くの人が買っている。まぁ、要らなかったら買わないで良いのだから「詐欺」には当たらない。すれすれの線の新たな手口とも思う。恐らく良い場所を選んでいるので神社の奉納も多いのでしょう。

東照宮はうらぶれた感じを受けました。前に見た神馬の姿は無く、厩の上の猿の彫刻も色が剥げたりしてしている。今後、順に修復されるのでしょう。
客人が面白い事を言う。かの地でも「大奥」が放映されているらしく、ここは大奥の殿様の墓ですかと言う。なるほど、そういう見方もあったのです。分かりやすくて良い( ´艸`)

b0197486_1459347.jpg

三猿
b0197486_1502287.jpg

想像の象
b0197486_1571057.jpg

眠り猫
以上、日光彫刻三点セット( ´艸`)

陽明門は修復中で、門の側面の壁に描かれた絵を観たかった。
b0197486_159451.jpg

桐油彩画
※宝暦の修理(1749〜1753)に際して、それまであった牡丹唐草の絵を、狩野祐清が描き直したもので、描かれた図柄は、東が岩笹梅と錦花鳥、西が大和松岩笹と巣籠鶴であると記録されています。
・・・・東照宮報より
寛政の修理(1796~1798)でこの絵画は牡丹の彫刻羽目板で覆われたとあります。
実に215年ぶりに羽目板を外して記録の通りに絵が現れた。
写真は西側です。

その後、200段を昇って家康公の御墓を参拝した事でした。結構きつい。下で待っている人二人。勿論私は行きましたよ!階段途中に「人生には苦労が付き物」と言うような張り紙が笑える。確かここも400年記念公開かな?そういえば大猷院に家康公の御位牌が公開されていました。
b0197486_1533647.jpg

奥宮でもこの通り「叶う鈴」販売
b0197486_1534845.jpg

御墓
b0197486_15345019.jpg

唐門上の彫刻
※舜帝朝見しゅんていちょうけんの儀ぎ」の彫刻は,正月元日に,舜帝がたくさんの役人達やくにんたちから新年のあいさつを受けている場面ばめんを表したものです。
舜帝は堯帝ぎょうていの没後ぼつご,禅譲ぜんじょう(真に能力のあるものに政権を譲ゆずること)によって政権についた人物です。中国では,堯帝,舜帝の二代が最もっともよく国が治おさまった理想りそうの時代といわれています。彫刻の舜帝の顔をよく見てください。家康公と似にていませんか。これは,下絵を描いた絵師が舜帝と家康公を似せて描いたと思われます。そこからこの彫刻は,家康公こそが舜帝に比ひすべき帝王ていおうであり,徳川幕府が目指すべき政権は舜帝の治世ちせいである,との考えを表しているものと解釈かいしゃくできます。
現在の平成の年号はこの舜帝が残した「内平外成」の言葉からとったものです。内平外成とは「内平うちたいららかに外成そとなる」といって,舜帝が優秀ゆうしゅうな人材じんざいを登用とうようして政治に力を入れた結果,国がよく治おさまったことを言います。・・・ネットよりコピー

つづく

by higashinuma | 2016-05-08 14:56 | 旅行 | Comments(0)

国営ひたち海浜公園

28年4月23日 土曜日 曇り 今にも降りそうな空 22.3℃ 窓開けている
熊本の地震はずっと続いて、雨による被害も重なり、他人ごととは言えない状況です。と、言っても何もできないですが、せいぜい、我が身の時に何をすべきか考える位。非常持ち出しや水の用意はあるがいざという時には多分、役立たない気もする。徒歩で帰れない場合を考えて、やや遠くに出かける時は薬や薬手帳を持って出かける。小さな懐中電灯と小さな笛もカバンに入れている。

さて、国営ひたち海浜公園のネモフィラの続きはチューリップ園です。この間の移動は自転車が快適。
海風を感じて、新緑の中爽快です!
途中に
b0197486_8521154.jpg

ポピー?この花はもう終わりかけていました。
公園の手入れをしている10人位が草取りなどしていて、維持するのに大変なんだなぁと思いました。
ネモフィラも花が終わると「ひまわり」や「コキア」に植え替えているようです。
b0197486_8561226.jpg

黄緑色の桜「鬱金(うこん)」
他にも八重桜が見事でした。
b0197486_90266.jpg

b0197486_905840.jpg

b0197486_913191.jpg

b0197486_915935.jpg

b0197486_923088.jpg
b0197486_93163.jpg

b0197486_932957.jpg

b0197486_94389.jpg

b0197486_95027.jpg

b0197486_953017.jpg

チューリップの見本市みたいな感じです。

もうすぐ、薔薇、ポピー、リナリアのガーデンが見頃。
少し、遠いですが又行きたいと思う。
常磐線沿線では蓮の栽培もあり、車窓から蓮の花も楽しめます。

by higashinuma | 2016-04-23 08:57 | 旅行 | Comments(0)