ブログトップ

つれづれ

カテゴリ:所感( 943 )

29年10月21日 土曜日 雨 20.3℃ 雨にけぶって対岸は幽谷深山と言った感じです。ただマンション建設かクレーンが無ければ。

かきかけ

by higashinuma | 2017-10-21 08:15 | 所感 | Comments(0)

花火

29年10月20日 金曜日 雨 21.0℃ 今はヒーター入れています。

この秋の長雨はとても憂鬱。健太も外に出られないのでストレスが溜まっていると思う。こんな時でも犬にレインコートを着せて散歩に出ている人を見かける。健太にも買った事は買ったのですが、着せようとすると物珍しく引っ張って破く。着せるどころでは無い。諦めて、もう少し年長になったらと思い、畳んで健太荷物の処に置いていたら、留守の時にそれらを動かして、サークルの中に落として噛み千切ってしまった。何にでも興味を示し、とにかく噛んで破く。まぁ、犬なんかは毛皮を着ているので濡れても大丈夫だよとは思うが、こう寒いと風邪をひかれたら大変です。サークルの中で伏せをしていてお腹が冷えるのか震えていた。毛布を入れてやるとその上に座っていた。何かあったかと思ったが、振えは止まった。そういうのを見ているとやはりこの時期に雨に濡れるのは躊躇われる。夜、寝る前に毛布を入れてやる「破くんじゃないよ。この上で寝るんだからね」この前から言い聞かせている。聞いているのかどうかは分からないが、その上で寝ている。でも、朝になると破く音がするので取り出すが、この時も咥えて持って行かれないようにするが案外素直で、容易に取り出せる。

来週土曜日は市の花火大会。天気は台風一過の後で多分大丈夫でしょう。10月に入って着々と準備が進んでいる。河川敷の草を刈って、河原の伸びた木を伐採。水辺に出られないように囲いを造ってある。先週は本部や救護、出店のテントまで張られていた。水曜日には招待客、指定席等の椅子やテーブルが並べてあった。ずっと雨なのに台風の予報もあるのにこんな早くからと思う。いつだったかは花火の終わった翌日、台風で河川敷に水が上がって、花火師達の重機が水没していたし、椅子やテーブルも水浸しだった。今度は多分大丈夫だと思うが・・・。以前もこの時期に花火があった。寒かった(笑)観客も毛布を被っている人も居た。大気が澄んで綺麗は綺麗ですが。引っ越しして我が家からは至近距離だし、家の中で見られるのでそれは良いのですが、やっぱり花火は夏が良い。
何故この季節に・・・私鉄が地下になり市のメイン駅前に大型ショップが二棟と映画館が出来たそのお祝いのような一環ですか。折しも2020年のオリンピック競技もこの市の施設でも競技が在り、開催まで1000日と言う節目のようです。
日活や角川大映の撮影所、石原プロや白組(我が家の前)、撮影所関連の企業が多い事から映画の街として映画館が出来た。開館して間もなく「僕のワンダフルライフ」を観たのは既に書いている。

日活撮影所は今は何をしているの?の感じですが、蒲鉾屋根や巨大な煙突は未だ面影を残す。昔、撮影所に時代劇の撮影をするようなセットの中に居酒屋があって、飲みに行くとマスターが撮影所を案内してくれた事があった。其の時にはもう映画は撮ってなく、コマーシャル撮影とかになっていたが、初めて見る撮影所に、吉永小百合や浜田光男がここに来ていたんだとワクワクした事でした。👈古いね!
大映はバス停の前なのでここを通ると時々大きく解放された部屋?(囲っていない)に出演者たちが弁当を食べていたり、休憩しているのが見える。多分彼らはエキストラだ。他に見学コースもあるようだが未だ入った事は無い。撮影所入り口には二体の大魔神像があり、クリスマスともなると赤いサンタ帽を被るのが可笑しい。
どちらも健太の散歩コース。それらの事は知らないで引っ越ししたが自分の住む街にこういうものがある事は悪くはない。

引っ越しして以来、花火の時はお茶の生徒や若の友達が来ていたが、今年は時期が時期で、誰も呼ばない、誰も来ない花火になりそうですが、若の仕事仲間が若しかしたら来るような様子。健太にとっては初体験になるが、さてどんなことになるだろう。私も来て貰いたいと思う。その方が真面目に掃除するし(笑)。けれど、夕食の時間が半端。打ち上げは5時半からの予定になっている。今までは夕飯食べながら、一杯やりながらだったけれど・・・昨日、市からのチラシが入っていた。「花火を観た後は市内で食事をしてから帰ろう」のキャッチフレーズ。そうかそういう手があったのか(笑)一本取られた感じです。でも、我が家に花火観に来た客はどうするの・・・・
やっぱり5時半からパーティか!去年はパエリアが好評だった・・・何を作ろうかなぁ・・持ち寄りにすれば少しは楽だけれど・・それもなぁ・・・

と言う訳で我が家飯
b0197486_09230673.jpg
青梗菜炒め・・「二束(4株)100円だったよ」若が買って来た・・「う~ん」溜息・・・青梗菜は調理が今一難しい。
b0197486_09254765.jpg
ロールキャベツ・・キャベツは健太も食べるのですが滅多に一球は買わない。これも若が買って来た。仕方ない・・美味しいけれど。今回はイタリアン風
b0197486_09300175.jpg
栗ご飯・・・日本酒と思ったが焼酎だった。それも奄美黒糖焼酎。コンビニは近いけれど買いに行くのも面倒。使っちゃえ・・と言う事でちょびっと入れる・・・
ヤッターこれは旨い!味付けは醤油、塩、黒糖焼酎でした。

by higashinuma | 2017-10-20 09:33 | 所感 | Comments(0)

健太 29年10月19日

29年10月19日 木曜日 雨 21.4℃ 暗い寒い12月中旬とか・・健太に5時半はいつもの通り。サークルから出して貰いたく悪戯うんち。リードを付けて出し、清掃係の仕事を始める。健太はおとなしくない。若の部屋のドアを開けようとする「遊んでやってよ」若に預けて、掃除の続き。そして朝食準備。毎日飽きずに食パンにとろけるチーズを載せて焼く。一食でとろけるチーズ一枚だけど、毎日食べて害は無いのだろうか気になる。最近は少し高めのブドウパンを使っている。裏面少し焼いて、表面にチーズを載せて焼く。もっちりカリっという感じが美味しい。果物は夜のうちに切ってある。私はネスカフェエクセラ珈琲に牛乳を入れて、若はフォーションのアールグレイ。一人分で一杯飲んだら捨ててしまうので、湯を少し多めに入れて、食後に私も飲んでいる。
朝の忙しい一連の仕事が済んで、今は「トゥー・ラブ・ユー・モァ」葉加瀬太郎のヴァイオリンを聞いている。次は歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」の間奏曲。この曲を初めて聞いたのは中国映画「太陽の少年」?だったように思う。

健太は良く悪戯をする。ビーグルの特徴かもしれない。そして追いかけられるのが好きです。
昨日は久しぶりに晴れた日で4時頃から散歩に出かけた。玄関を出て右か左かどちらか健太が行きたい方に決める。昨日は速攻右に走った。こちらは広場で仲良しとじゃれる方向。時間もあるので仕方ない行くか!良く分かって居るので私を引っ張りながらどんどん歩く。偶に走ったり。28日に花火大会があるので、準備が着々と進んでいる。
広場はもう、三分の一にテーブルが並んで居る。ここは特等席の場所。至近距離で花火が上がる。広場には未だ犬友は来ていない。広場を一周して「帰ろう」後ろを振り返るけれど案外素直に帰る。少し遠回りして家に近い処で首からリードが抜けてしまった。健太は「あれっ」と言う感じで立ち止まる。リードを縮めたりしているうちに駆けだしたらやばいので、抱きかかえて帰る。あと少しで着くところで、最近引っ越してきた一軒先の子犬を抱えた小母さんに出会う「重いでしょう?」「リードが抜けて」
すぐ玄関ドアなのに健太が暴れ出して、下ろすしか仕方なかった。健太はいきなり走り出して道路に飛び出し、その小母さんの犬とじゃれている。小母さんは抱えても健太が飛びつくので健太を蹴っていた。私も健太を押さえようとするが興奮しまくりで抑えられない「お座りとかできないの」「興奮しているから駄目だよ」健太が飛びつくごとに小母さんが向きを変えるので私はなかなか健太を押さえきれず、あっという間に電柱にしこたま頭を打ってしまった「痛い!」小母さんは健太を追い払うので懸命になっている。一瞬の事で倒れそうだったが兎に角健太を捕まえなければ・・・「玄関入ってくれる」ドアを閉めれば掴まる。玄関に入って貰い、健太も入ったのを見て、小母さんに直ぐ出て貰う。生憎、上から降りてきた人が自動ドアを開けて出てきた。健太は上手く自動ドアからエレベータホールに入った。でも、興奮して走り回っている。リードを振り上げて「打つよ」と言って追いかける。漸くリードを取りつけてエレベータに乗る。頭は痛いし健太は落ち着かないし泣きたい気分。何とかして家に入る。
抱きかかえて、足を拭いてやる。この時は案外落ち着いておとなしい「健太ああいうことしちゃダメでしょう」聞いているのかどうかは分からないけれど、子犬に戻って甘えている様子。いつかはこのまま眠るのかなと思ったくらいおとなしい。健太の温もりが伝わって来る。
鏡で見ると額に血が滲んでいた。左額は事故で縫った傷後、右は健太アクシデントの傷。又、勲章を貰った。
それにしても小母さんの態度が気に入らない。自分の犬を守るのも大事だけれど協力すると言う発想が全くないし、傷で血が出ていたのに何も言わない。まぁ、いざとなったらそんなものでしょう。
b0197486_08491467.jpg
テーブルの中心くらいまでの物は取られてしまう。ジャンプ力が凄い。120㎝位の高さに置いた物を取ってしまう。テーブルの下の白い紙は健太のトイレシート。脚上げオシッコなのでこのように敷いている。因みに外でのうんちも片脚上げです。草の深く茂った処にするので、オシッコしているように見えるし、取れないのでこの場合はそのままの方が多いかも。勿論、取れる時は片づけていますよ!
b0197486_08514867.jpg
若のポケットを点検中
b0197486_08570864.jpg
若とチュしたり、ナメナメが好きです。因みに私はこういうのが嫌いなのでさせません。でも、犬の愛情の表現のようです。
b0197486_08594830.jpg
この
この眼が可愛い
b0197486_09093474.jpg
「何処行くの。僕も行きたい」
b0197486_09103711.jpg
悪い事をして怒られた時のゴメンナサイポーズ・・可笑しくて可愛い・・最近は「僕悪いことしてないもん」←反抗期。余程の事が無いとこのポーズはしません。
悪い事と良い事が区別できるように、半端な向き合い方はしません・・・若はこれが甘いので彼の言う事は聞かない。
二人で怒ったら健太可哀そうだと言う。でも、それは人間の子供に言う事であって犬には通用しない。と、思う。




by higashinuma | 2017-10-19 09:15 | 所感 | Comments(3)

バレエ

29年10月16日 月曜日 雨 22.4℃ 月曜日の朝がこんなだと気が滅入る。

健太は5時半に起きて毛布を破く音が聞こえるので、毛布を取り出す。その後は起きろ起きろと煩い。実は5時ちょっと前に起きてトイレに行った時も起きている様子だった。鳴かれたら嫌だなと思ったが大丈夫でした。そして水を飲んで寝る。45分頃からストレッチし、6時頃に起きる。健太は悪戯うんちをしているので、リードを着けて掃除を始めるが健太が落ち着かないので若を起こす。健太は若のベットに上がるのが好きですね。「何で僕のベット」と言うが小さい頃から健太のテリトリーにしてしまったのだから仕方ないでしょう。因みに私のベットには怒られるから昂奮して上がる事もあるが、若のベットみたいに遊び場とは思っていない。
雨の日は家の中で遊ぶしかないので可哀そうに思う。昨夜は少し降っていたが散歩に行ってもらった。未だ、暫くは雨が続く予報。健太のストレスにならないように気を付けねば。健太が寝る前に毛布を入れてやるが「破くんじゃないよ。この上に寝るんだよ」と言う。するとおとなしく毛布の上に丸まって寝ているのです。最初、若は信じなかった「まさか」でも、現状をみて「良い子だね。ちゃんと聞くんだ」「朝起きると破き始めるけどね」

14日土曜日は私鉄の音楽祭「華麗なるバレエ音楽 名曲セレクション」に行く。東京オペラシティ コンサートホールはこの私鉄の駅が地下にあり、我が家からは一本でそのまま行けるのでとても便利です。美術展などをやっていて、前から行きたいところだったが初めて行く。引っ越し前だと違う私鉄なのでターミナル駅から歩く事になると言う事もあるが、コンサートで行きたいと思うのが無かったと言う方が正しい。教室の生徒がオーケストラでバイオリンをやっているので、墨田ホール(トリフォニーホール)等コンサートは他に行っていた。余談ですがどちらのホールも20周年記念コンサートをやってます。
b0197486_08024889.jpeg
ホール内は撮影禁止のためネットで戴く
今回はバレエ音楽と言う事で、ダンサーも来られて何曲かはバレエが実演されました。東京フィルハーモニー交響楽団。指揮は曽我大介。
曲は良く知っている白鳥の湖から「情景」と「四羽の白鳥の踊り」胡桃割り人形から「あし笛の踊り」「花のワルツ」等々
バレエダンサーはバレエスクールの小学生6人と男女1名。男女で踊るのはパ・ド・ドゥ。久しぶりに見たバレエですが楽しめました。「白鳥の湖」の踊りは無かったが何十年前に観たのでしょう(笑)実演も舞台上演の映画化も観ています。若がチャイコフスキーを聞きに行きたいと言っていた。
チャイコフスキーの出現の前と後ではバレエの公演も変わったと言っていました。バレエがあって音楽がある。つまり音楽に合わせて踊るのではなく、踊りに合わせて音楽がある。ベースの旋律は同じながら静かだったり激しかったりするのだそうです・・・訳が分からないですね(笑)

ニューイヤーコンサートはウィンナー・ワルツ・オーケストラ演奏でダンサーとオペラ歌手が来日公演があるようです。チラシを見てシェーンブルン宮殿でのコンサートを思い出していました。テレビでもオーストリアの選挙の報道があり、ウィーンよ再びなんて夢を描いています。ウィンナーシュニッツェル食べたい事もある(笑)

このコンサートに行く前に新宿で昼飯。駅構内でのイベントで箱根の綺麗どころの公演があった。私は観たかったのに若に拒否された。そう言いながらしっかり自分は写真撮っていた。
b0197486_08353956.jpg
こいつの気まぐれには付いて行かれへん!次の公演はコンサートの時間(´;ω;`)
b0197486_09113554.jpg
この写真は去年の公演をネットで戴いた・・・箱根の宣伝と思ったが(それもあるでしょう)新宿芸術祭?の一環のようです。
我が家飯から
b0197486_08384427.jpg
ぶりの味噌漬け・・初めて見るのでお試しで・・他にも色々3パック千円・・美味しかったので買えばよかった
b0197486_08404834.jpg
すき焼き風

by higashinuma | 2017-10-16 08:42 | 所感 | Comments(0)

生き物

29年10月14日 土曜日 曇り&雨 24.1℃ 体感は寒い 

10月の花に何を使っていたか過去のブログを見ていた。今、一匹のみ残る熱帯魚コリドラスは2年目になる事が分かった。真っ白で目が赤い。我が家ではお化けと呼んでいる。泳いでいる事は一日に一度?いつもじっとしている。そして目が少し飛び出て見ている時がある。動かないと言うのも長生きの選択肢かもしれない。今朝は水が少し冷たいのでヒーター入れる?と言ったが飼い主は反応が無い。熱しやすく冷めやすい!今は健太に夢中なのだ。本人が気付くまで放っておこうかと思うが生き物だし・・・

観葉植物もそろそろ家に入れた方が良いと思う。枯らすと怒るけれど手入れはしない・・是だって生き物なのに・・・嫌いじゃないので買うのはかまわないが「おはち」は全部こちらに回って来る。

最近は寝る前に健太に毛布を入れて遣る。昨日は入れて間もなく破こうとしていたので「是は寝るのに使うよ。破くのなら取り出すよ」と言いかけた。健太は其の上に丸まって眠った。そして朝、5時半頃に破いている音が聞こえたので起きて見に行くとゴメンナサイポーズ。毛布は朝に取り出している。
つい先ほどまで遊んで欲しいと騒いでいたが無視。ちょっと近所迷惑だが鳴いたらそうして貰えると学習するのが躾にならない。こういうのをキチンとしないと健太の小遣いさんになる。
困っているのはトイレに立つと鳴きだす。それも「どこ行ったの~。置いて行かないで~」と甘えているような鳴き声に聞こえる。夜中は起きるみたいだが鳴かないので未だ良いのだが・・どうしたものか・・未だ1歳と2か月。もう少し近所迷惑に甘んじようかと思う。
一軒先に最近小型犬を飼っている小母さんが引っ越して来た。ミニチュアシュナウザー?この子も鳴き声が聞こえるが健太よりは鳴いていない。多分、サークルには入れていないのだろう。犬には吠える様だ。下の家も飼っているようだが声は余り聞こえない。
この前、若が撮った写真が可笑しい。
健太は私のスリッパをとって遊んでいた。
b0197486_08060453.jpeg
寝っ転がってスリッパを抱えて齧っている・・・
私が行ったら
b0197486_08073812.jpeg
「ぎゃ!爺が来た」
並べてみると目の動きが可笑しい
b0197486_08090200.jpeg
怒られるのが分かって居るのだ。

褒める時はちゃんと可愛がって褒める。悪いことをしたら怒る。けじめをつけないと。
テレビを観ている時、健太はちっちゃい時のように今も私にくっついている。人語の犬はそう言う事が甘い。

by higashinuma | 2017-10-14 08:26 | 所感 | Comments(2)

健太 10月13日

29年10月13日 金曜日 雨 25.4℃ 外に出ると寒いですが案外丁度良いかも。 13日の金曜日キリストの受難日であまり喜ばれない日ですが、内視鏡(胃カメラ)検査の日を選んで一瞬「えっ!」となりました。私はどちらかと言えば仏教でキリスト教では有りませんが、その結果が雨の一日となったのかと思う事も。そのためバスを乗り継いで早めに病院へ行きました。検査そのものは毎年行っているので心配は無いですが、出かける前に注意事項なんか読んでいて偶発的死亡事故が最近五年間で13万人(131600人)に1人発生とあり、宝くじも当たらないのにどうしようなんてよぎる。雨でバス乗り継いでのため早めに家を出る。予約時間の45分も前に着いたが、一人手続きしている人が居た。今日は何人検査するかは分からないが、良かったと思った。そして検査技師も何人か居られますが去年の先生の様でした(覚えていない)。以前は静脈注射はしていなかったが、この近年は注射して貰っている。そして一昨年は検査が終わっても長く眠っていたので、去年は調整して貰った。ところが検査半ばまで醒めていて途中から眠りやはり長く寝ていた。その話をすると今回は注射し終わってすぐに眠ってしまい、多分終わって15分位は眠っていたと思う。寝覚めがすっきりして気分も良好。実は昨夜、指を蚊に刺され痒くて眠れなかったのもある。
で、午後は歯医者。予約前に麻酔すると言っていたが、今回は無しで、次回に麻酔するらしい。銀歯の保険にするか10万円の白い歯にするか・・・・

あぁそうだ。健太の話でした。
9日月曜日体育の日祭は「昭和記念公園」に連れて行くと言っていたが、ちょっと遠いし「深大寺にしたら」と言う事で若も納得し、深大寺迄歩く事にした。お寺は生後6か月頃にキャリアに入れてバスで連れて行ったが、覚えているかどうか。もう一歳と2か月。近所の友達ボストンテリアも歩いて行くと言っていたので、歩く。
お寺の裏には大きな神代公園があり、ドッグランもある。健太は疲れたどころか元気に走り回っている。2時間位ここで遊んだ。健太はどの犬ともフレンドリー。キャリアが無いので帰り道も歩く。人語を話す犬は不機嫌。こんなに歩いたのは初めてかも。帰宅後今日は2万4千歩歩いたと言っていた。
でも、帰宅後健太を洗ってやり良くやってました。私には不機嫌でしたが(笑)
b0197486_16523713.jpg
「健太君」呼んだとき
b0197486_16535087.jpg
でも、呼んだだけだとすぐ横を向く
b0197486_16543880.jpg
「なんだ、つまんないの」
b0197486_16551545.jpg
トルコで買った薔薇石?にそっくり
b0197486_16561785.jpg
食事の時は私の椅子の後ろに来て坐っている。彼を見ていると気が付いて上を向く「まだ(飯)終わんないの」
神代公園で
b0197486_16584816.jpg
「なぁに?」
b0197486_16593699.jpg
人や犬が多く来るのでキョロキョロ・・カッコイイでしょ・・お父さんのようにチャンピオン犬になれるかな・・

by higashinuma | 2017-10-13 17:02 | 所感 | Comments(4)

続いてのタイ

29年10月9日 月曜日 晴れ 24.5℃ 富士山は見えない

続いてのタイと言っても土曜と日曜に隣の公園でタイランドフェアがあって、昨日の昼食は其処で食べることにした。毎年あるようで去年も昼を食べる。
タイの定番パッタイ(焼きそば)、ラーメン(鶏だしの汁入り米麺)、ガパオライス、カオマンガイ、トムヤムクン全てワンコイン。若はトムヤムクン麺で私はラーメン(タイ語では麺の種類でよび方が違う)鶏出汁で薄い塩味があり、これに唐辛子、砂糖、ナンプラー等で自分で味をつける。私は何も入れない物が好きです。普通にタイ人が一食分の量でしたが足りないと言ってパッタイを二人で一個追加しました。パッタイはタイの調味料が無いとあの甘酸っぱい複雑な味は出ない。例えば椰子の砂糖とか。タイ料理全般に味は一口で言えないような複雑です。
タイ舞踊のショウがあり、秋薔薇も写真撮りたいからと少し早めに行く。すぐ隣なので10分もかからないが(笑)。入園料400円。昔はここは菖蒲園で和庭園だったらしい。そして茶室があり茶会もされていたとの事。現在は洋庭園になり、四季楽しめます。茶室は此の沿線の百草園に移築されています。茶室を借りるにはここの方が絶対的に条件が良いのに残念な事です。

先ずは薔薇から
b0197486_08261768.jpg
b0197486_08263641.jpg
b0197486_08265418.jpg
其々に良い名前がありますが・・・
浜茄子も咲いていた
b0197486_08274215.jpg
続いてタイ舞踊
b0197486_08282229.jpg
b0197486_08284175.jpg
b0197486_08290470.jpg
手首と指の反りは独特で、タイ人の多くは男女ともに柔らかい・・・バリとか東南アジアの身体特徴?
昼食は撮り忘れた
続いてタイの国技?ムエタイ
b0197486_08321675.jpg
試合前にタイ音楽に合わせてこのような踊りみたいな動作がある。神様に祈るのが目的でストレッチも兼ねているようです。この子達はジュニア
b0197486_08350688.jpg
キックも素晴らしい
b0197486_08363270.jpg
高校生クラス
b0197486_08371194.jpg
b0197486_08373480.jpg
b0197486_08375894.jpg
女子も
因みに審判以外は日本人です・・タイ舞踊はタイ人
其の外タイの古典楽器の演奏がありました。

公園のエントランスに咲く花
b0197486_08395123.jpg
夜はお一人様晩飯・・カオマンガイを買って帰りました
b0197486_08420309.jpg
美味しかった。他にはパンプキンサラダ
出店しているのはタイ人の店でちょっと遠くから来ていると聞きました。美味しかったので食べに行きたいと思ったのですが
知人のタイ人の店では「カオマンガイ」は出して居ない。理由は作りたてが一番美味しいからと言う。

イサーン(東北部)はもち米が主です。これに特製の舐め味噌を付けて食べるのも美味しいです。これを作ってくれたもう一人の知人は皇族方が食べに行く店で働いていて独立したが、やはり店が遠い。

by higashinuma | 2017-10-09 08:51 | 所感 | Comments(0)

タイ

29年10月8日 日曜日 今は曇り 24.5℃ この位の気温が良いかも
b0197486_08285683.jpg
我が家からの(私の部屋からの)朝5時半頃・・この写真は10月1日です。この中心辺り多摩川中州から花火の打ち上げがある。
b0197486_08323124.jpg
昨日の夕方5時半頃のリビングからの眺め・・不気味な空でした。この雲の広がる中心と言うか流れのもとは富士山の方向。この雲を見ると「杞憂」が分かる気がします。

Thailandには何年行ったのだろう?数えきれない位行ってますね。何でそんなに?
多分タイ語で「マイペンライ」の気分なのだろうか。
初めてのタイはチェンマイに飛んでそこからミニバスでスコータイ、アユタヤ、バンコクと南下するツアーだった。料理も口に合い、何よりタイ人の屈託ない明るさに魅了されたのだと思う。食の都と言われる広州は机と飛行機以外何でも食べると言うけれど、タイも似たようなところがある。昔は東北部イサーンは貧しい農家の人達とされていた。そのため何でも料理するようになったのだと思う。今では灌漑も進み事情が変わっているが、上手に料理されていた名残でイサーン料理はバンコクでも人気がある。
都内にレストランを経営する料理教室の先生の一人はメーホーソンの出身でどうしても行って見たかった。イサーン(ラオス側)では無いけれどミャンマー国境に近い町。川魚とかを丁寧に料理している。ここからは川を上って首長族の村にも行った。辺鄙なところでこんなところで事故があったらどうしようと言う感が免れない。この辺りではゴールデントライアングルにも行った。昔は阿片の産地で怖い処だったが観光化が進んで外資系のホテルもある。で、メコンを介してミャンマー、ラオスとの接点ですが、小さな川船に乗りラオスにも入国できた。これも実は観光コースに組み込まれている。
南の方はマレーシアの国境ですが、こちらはテロがあったり事件が多発している治安が悪い地域で行く事は無い。今のところプーケット辺りまでです。
b0197486_09511429.jpg
ピピ島・・デカプリオの「ザ・ビーチ」の撮影された入江
近所には多くはイサーン出身とかサムイ島から来ているタイ人が多くいる。この十何年間でタイ料理屋も随分増えた。
タイ人達に誘われて多摩川土手での昼食会に招かれた事がある。其々が持ち寄って車座になってご飯を食べる。彼らにとってはピクニックの雰囲気。料理も美味しかったが驚いたのはキャベツを丸ごと一個持って来て、手でちぎってむしゃむしゃ食べるのであった。私もそのようにして食べたが、初めての事で意外だった。多分、イサーンの方では農作業の昼食でこんな風に田圃の中で食べたのだろうと想像できた。私も子供の頃は稲刈りなどの時そんな雰囲気で食べていた・・キャベツ丸ごとは無かったけれど。

今は正月をバンコクで迎える事が多くなった。好きな海鮮料理を食べて・・でも、何年も行っていると何処に行く?・・
それでも年々進化している。最近はデザイナーズビルが林立している。あれ傾いているよと言うデザインのビルもある。
不満が無い訳でも無い。先ずタクシーのぼったくり。歩道の凸凹。あれは観光客にとってとても迷惑ですが、一向に改まらない。

昨日のテレビでも見たがバンコクは数年も前からの日本食ブームが未だ醒めない
b0197486_09233469.jpg
バンコクでも「おせち」が売られています。これは和食店のヤヨイ軒ですが、日本のヤヨイ軒と同じかどうかは分からない
b0197486_09543410.jpg
蟹カレー(ソンブーン)・・カウントダウンのディナークルーズに乗る事もあるので、大晦日か新年の夜には是。
b0197486_09270811.jpg
彼らは敬虔な仏教の信徒でもある
b0197486_09301452.jpg
信ずる仏像や偉大な僧侶に金箔を貼ってお参りする・・小学生

今月25日はプーミポン国王の葬儀がありますね。内乱を収め不況の時に私財を投げうつ等国民のために尽くされ、敬われた国王でした。


by higashinuma | 2017-10-08 09:37 | 所感 | Comments(2)

金木犀

29年10月7日 土曜日 雨 23.2℃ 霧雨で対岸が霞んで見える。こういう景色も悪くはない。

健太は5時半頃に起き出し45分頃まではおとなしかった。この15分貴重な時間で私は眠っていたようだ。暗いし、静かだし、大気が冷えているのも心地よい。もう少し安眠が欲しいけれど仕方ない。夜は多分11時頃に眠ったような気がする。床に付いたのもいつもより30分遅れた。それから読みかけの本を読んで終わるまで5~6頁(10枚程)読んだ。章が分かれていれば、その章で終るのですが区切りが付けられないとともに面白かった。

昨日も書いたけれど、健太の散歩で・・いつもは午後大凡4時頃に行きますが、雨が降りそうで2時頃に出かけた。いつもと違うコース。久しぶりに遊歩道に出る。金木犀が軽く匂う。この道は金木犀が10本程度並ぶ。が、未だ咲き始めなのでしょう。あの酔うような香りは無い。よく見ると蕾が葉の陰にびっしりついている。
良く水墨画の世界と例えられる桂林の桂は金木犀の事と現地へ行った時に聞いた。街全体が金木犀で覆われていると言っても過言では無いだろう。5月の連休に初めての中国旅行。北京、上海、桂林、広州、香港(この時は未だ英国領)。中国も目覚めたばかりと言うか、立ち入り禁止、写真禁止等々制限が多かったが思い出に残る旅だった。
桂林は桂花酒でも有名です。楊貴妃が食前酒として取り寄せていたと言う・・ダイエット効果があるそうです。私も嫌いでは無いです。あの小さな花を集めて酒を造る。一つ一つの花を見れば気の遠くなるような事ですが、神代植物公園の門前に大きな木があり花が終わると真っ黄色に木下を染める。ここの木も大きいですが、三嶋大社の境内の金木犀には驚かされる。天然記念物の指定を受けて樹齢1200年と言う。訪れたのは夏。今頃は8キロ先まで香ると言われたこの木が芳香を放っている頃だろう。

先の遊歩道から一枝失敬してきた。匂わない。今朝も匂わない。鼻の所為?・・未だ蕾だからでしょう。例年9月20日前後、彼岸の頃には匂っていたような気がしますがどうだろうか。金木犀にも何種類かあるようで、花の色の濃いのとか薄いのとか其々に名前で分類があるようです。銀木犀もありますしね。
b0197486_08144802.jpg
瓶が汚れていますが金木犀の蕾です。
「お母さんトイレの匂いがするよ」と小さい子が言ったとか・・・今は芳香剤として売られているが、昔はトイレの回りに植えられていたとか聞きます。

我が家飯から
b0197486_08292818.jpg
白菜うま煮・・豚バラと野菜ですが美味しかった・・海老とか入れたら八宝菜や中華丼にもなれる
b0197486_08300681.jpg
サラダ・・久しぶりの海藻入り
b0197486_08303541.jpg
坦々麺我が家風・・・合挽、浅利、青梗菜、もやし、葱(野菜は何でも)・・大蒜と生姜すりおろし、オイスターソース、豆板醤、塩胡椒・・つけ麺で戴きます
我が家では定番でカレーと同じくらい良く食べています

おやつの時間・・若が鎌倉山ラスクを戴いて来たので
b0197486_08380765.jpg
ポット、カップは置いてみただけ(笑)




by higashinuma | 2017-10-07 08:05 | 所感 | Comments(0)

金曜日

29年10月6日 金曜日 曇り 23.2℃ 寒いです 富士山は見えないが箱根辺りは薄く見えています

金曜日になると何故か「漸く」と言うか気持ちが楽です。健太は5時45分頃に起き出した。夏ごろの健太の早起き影響でずっと4時頃からうとうと状態(熟睡ではない)なので、健太が起きていれば気が付くと思うが、うとうと状態では自分が眠っている事は分からない。その証拠にこの頃二度も電車を乗り過ごしている。あと二駅で降りると意識しながら寝ている。未だ、目が覚めたら降りる駅で、降りると思った瞬時にドアが閉まったとか、一駅乗り越して目が覚めた位で済んでいる。若い時は終点まで行って折り返しての電車でも寝ていた経験がある。多分30分は寝過ごしている筈だから電車で1時間も寝ていたことになる。昨日はバスに乗っていて、いびきの音に振り向いたら、30歳位の太った男の人が背もたれに首を載せていびきをかいて眠っている。あぁはなりたくない!

健太は昨日久しぶりに原っぱで仲良し君とじゃれた。日が陰って来て「帰るよ」と言ってもみんな未だ遊んでいるので、健太だけ連れて帰るのもどうかと思って暫く待ったがそれでも帰りそうにない・・みんな夕飯の支度とかどうしているのだろう?健太は別れがたい様子だけれど素直について来る。土手を上って行った処で外人さんが連れた3匹と逢うが「こんにちは」は聞こえたが、咄嗟の事で気が付かなかった。薄暗いし良く見えないし、下から上がって行く途中。上からは良く見えていたと思う。通り過ぎて行ったので挨拶返さないで悪かったなぁと思った。

街であっても誰かが居る事は見えているが、顔が良く分からないで失礼していると思う。動物病院の先生が自転車で来て、どこか顔見知りのような気がするが良く分からずまじまじと見てしまった。相手(先生)もまじまじと見ている。いつもは白衣を着ているのに、この時は紫色のポロシャツ、そして眼鏡かけているのに掛けていない。動物病院へ入って行ったので気が付いたが後の祭り。健太を連れて行った時に「あの時は失礼しました」と言いたかったが、過去の事になってしまった。

「あそこに行ってたでしょう」と言われるより、そこで挨拶して欲しい。そういう風に言われると凄く嫌な気持ちになる。私も逆にそういう場合があるが、その場所で挨拶できなかったら後でそういう事は言わずに黙っている事にしている。

大きな美術展の招待券を戴きながら、行こうとしたら終わっていた。もう30年は券を戴いて欠かさず観に行っていた。秋の愉しみでもあった。この方とは台湾旅行で知り合い台湾のホテルで卓球をやった一晩がきっかけでした。私も美術展に出品していた時期がありそんな話から、招待券を戴くようになった。ご夫妻で洋画家の方達でした。他の旅行の時も画家の方がいらしたが、合う合わないは不思議です。この方とは旅行中も余り口を利かなかった。画家と知ったのはこの方と一緒に参加の方がその画家を「よいしょ」するので解った事でした。後で名前を調べると版画の方面では有名な方だったようです。
行かれなかったお詫びを書かなければと思いつつ数日経ってしまった。

金曜日は上にも書いたが気持ちで余裕があるので、通院日に当てる事が多い。来週は年恒例の内視鏡検査を予約している。前は夏の暑い時期だったので涼しくなってからとお願いしていた。ホリープはあるけれど良性と言われている。そして午後は歯科治療。来週って13日の金曜日だ!ゲンをかつぐことはしないが・・・キリスト教でも無いし(笑)そして、二週間後の金曜日はいつもの検診と合わせて結果を聞きに行く。先生はそろそろ大腸検査もと言っている。前の検査後もう3年過ぎたのだ。恐らく今年中の事だ。それも金曜日を選ぶと思う。病院のコンピュータにデータがしっかり入っていて、とても助かる。大病院はこういう処が良いが、大学病院なので、検診の時など予期せぬ学生の授業の一環に組み込まれる事もある。一応、この病院にかかると言う事はそれを事前に了承している形になっている。今は動じないが若い時は嫌な時もあった。
癌が二人に一人と言うけれど検査制度が上がり、今まで何が原因か明確でなかった事で癌が解明されていなかったのだと思う。勿論、食生活も変化している事も要因かもしれない。

口直しの我が家飯
・・昨夜は「鴨川食堂」柏井壽(ひさし)著を読み終えた。食堂経営しながら探偵社を運営している。ここの食堂の料理は読んでいて涎が垂れる。本当に京都にこういう食堂があれば良いと思う。
b0197486_08511081.jpg
回鍋肉・・甜面醤は使わず仙台味噌を使っている。此の方が美味しい気がします。
b0197486_08525905.jpg
ブロッコリー炒め
b0197486_08540810.jpg
トマトサラダと大根の漬物
b0197486_08551840.jpg
利休の懐石を見ていたら「ほろみそ」と言う物があった。何だろうと調べたら「法論味噌」でした。法論の時の栄養補給みたいで東大寺のお坊さんたちに食べられてきた味噌だそうで室町時代前からあるとの事。その一つの店から買う。ご飯に合うとても美味しい舐め味噌でした。若は嫌いみたいです。柚子風味も買ったので、これからの時期、風呂吹き大根に合うと思う。早速、今日の夕飯で試す予定。
紹鴎も今井宗及も奈良の出身なので交友のあった利休もこの味噌を知ったと言う事だろうか・・室町時代から奈良の行商が京都に売りに来ていたようです。

by higashinuma | 2017-10-06 09:01 | 所感 | Comments(0)

茶道をとおして日々の流れをつづる