ブログトップ

つれづれ

カテゴリ:所感( 982 )

年末雑感

29年12月16日 土曜日 薄曇り 19.6℃ 寒い日が続いています。昨日は出かけるのに健太のためやはりエアコンを入れて置いた。設定は18℃。帰宅して散歩に連れて行くが、リードを持っている手が冷たいし、鼻の頭が寒い。予報に因ると冬はいつもより寒いとか。
若が仕事で帰りは食べて帰ると言っていたので、夕飯の準備は無し。ところが、6時頃になって、家に帰るからの電話。「何にもないよ。じゃ、外で飲み会だ」と言う訳で、駅待ち合わせで、数日前にチラシが入っていた所に行く。数か月前に駅前の新築マンションの一階に出来た店だ。飲んで食って二人で5千円しなかった。健太の飯未だだからと8時頃に帰る。で、10時就寝。最初に目が覚めたのは12時少し前。もう朝?時計見てな~んだ。眠りに就く。こんな感じで3、4回目覚める。偶々健太と同じに目覚めて朝?と思ったら4時だった。もうこの時は腕回しのストレッチやっていた。時計見て「何やってんだ」と又、眠りに就く。次に起きたのは5時45分。本格的にストレッチを始める。健太も起きて毛布を破く音。すぐに取り出す。そんなこんなで新しい朝が始まる。今は食卓に座っていると東の窓の中心に太陽が来ている。一年で随分太陽が動く・・地球の自転ですがね。我が家から見て、富士山の右側に沈んだ太陽が今はずっと左側に来ている。冬至に向かいどんどん日が短くなる。
昨日は健太の散歩でトイプードルを連れた男の人と出会った。健太は興味津々で近づく。「遊んでも大丈夫ですか?」「うちの子は大丈夫です」「怖がらない?」「慣れるから大丈夫」。で、大概こういう小さい犬は怖いので健太に吠えるけれど、この子は健太の匂い嗅ぎに怒らないし、されるまま「暫くするとうちの子が嗅ぎだすから」だいぶ慣れて来てその子が今度は匂いを嗅いでいる。
暫く遊ばせて、小学生の女の子が3人通りすがりで健太に構う。もう、だいぶ日が落ちてきて寒い。帰り道も一緒だったので、トイプードルと健太はじゃれながら帰るが、その男の人が言うように「うちの子は走って付いてくるよ」と先に走り出したが、健太とじゃれて走ろうとしなかった。その間何匹かの小型犬に遭うが、健太は興味を示しても飼い主が無理矢理引っ張って行く・・・犬は飼い主と仲良ければ良いんだよ・・前に言われたその言葉は耳に離れないが、本当にそれで良いのだろうかと私は思う。
その子と道を分かれて、今度は公園の入り口。中はイルミネーションがチカチカしている。健太はその入り口まで引っ張って行きじっと見ている。園の前で片づけしているお姉さんに「もうすぐドッグランが始まるからね」と今度はその人とじゃれる。ここの関係者か男の人も構ってくれる「前にビーグル飼っていたけど、毛が抜けるので外に出したよ」と言う。確かに毛が抜ける。で、家の近くに行ったら、若い男の人、多分20代前半かな?の片付け仕事をじっと見ている。「この子人間が好きなの?」「人も好きだし、犬も好きだし、猫も好きだよ」イケメンの方にじゃれている。もう一人が「お前は人にはもてないが犬にはもてるんだ」「そんな事ないでしょう。イケメンだし彼女いっぱいいるでしょう」「いないっす。俺それ言われただけで生きて行ける」家で小型犬を飼っているとの事だった。
健太、今日は良かったね。いっぱい可愛がって貰えたね。
是だよ!みんなにフレンドリーが一番だと私は思う。

昨日は初釜の注文した福引の茶碗などを取りに行った。京都に注文分はすでに届いている。ついでにお菓子屋にまわり「花びら餅」を注文する。
宗家の初釜で福引が当たる確率はどれくらいなのだろう?私は一点豪華主義では無い。なので、内容はピンキリだけれど出席者全員が何かしら当たるように用意する。
それと、全員分の手帳と年賀扇、干支の酒杯。初釜というか社中の年中行事は当番を二人決めて、全部計画して貰う。道具とか相談があれば持ち出しを準備する。今年は未だ何の連絡も来ていない。お勤めの人はそんな余裕が無いのだろうか。最悪、クリスマスまでは待つとしよう。クリスマス過ぎには私も旅行が待っている。
道具の出し入れと、量によってはタクシーでは載せられないので車の手配も居る。(茶会の道具は赤帽にお世話になるが早めの予約が要る)

b0197486_09150306.jpg
健太7ヶ月
b0197486_09165469.jpeg
一歳3か月・・深大寺で・・落ち葉を踏んでカサカサ音が楽しいみたいです
b0197486_09212647.jpg
こんな感じで遊ばせれば良いのに・・・

by higashinuma | 2017-12-16 09:22 | 所感 | Comments(0)

29年12月15日 金曜日 曇り 20.3℃ 陽ざしが無いので寒いため、6時少し前に起きてヒーターを切っていたが、7時くらいにエアコン入れた。これから歯医者に行くけれど健太どうしようかな?猫を飼っていた人は会社に行く時もエアコン入れっぱなしと言っていたが、犬は寒くて平気だろうか?外で飼っている訳では無いし。寝る時は毛布を入れてヒーター入れているけれど、朝起きると毛布は破くので取り出している。でも、今日は寒いしなぁ・・・

さて、日本に住んで良いと思うのは水道の水が飲めること。私の処は蛇口に浄化装置が付いていて、飲み水、煮炊きは浄化しています。同じ、都内でも水系が違い、前の家とそんなに離れていないのに、水系が違い、水が美味しかった。多摩川上流の水と地下水を混ぜていると聞いた事がある。引っ越しして、水の違いが良く分かった。今はもう慣れて(笑)
私が行った事のある海外では水道から水が飲めると言うところは無かった。結構、方々に行ったと思うのに。中国は広い。北は北京ですが、南はシャングリア迄行きました。シャングリアや桂林も水が豊富。他の地に比べて綺麗な川と思うが水は飲めないです。杭州はお茶の産地、岩茶の武夷山も岩から水が沁み出すが水は飲めないと言うか飲まない。オーストリア辺りも水が綺麗ですけど、ミネラルウォーターを買う。日本の水の有難さがいつもは忘れていると思う。
ちょっと脱線ですが、多摩川も随分浄化されて、昔は今住む辺りで鮎が足に当たると言われていたそうで、江戸時代後期の版画にもその情景がある。今も随分鮎が昇って来るようになったらしい。
ついでに、桂林は漓江下りが観光の目玉ですが、昼食も船でとります。けれど、食器は川の水で洗っていた。見なきゃよかった・・水牛も水浴びしている。すっぽんのスープも多分川の水。火を通しているから大丈夫と思うしかない。

私は良く水を飲む。多分、今の時期でもペットボトル一本は飲んでいると思う。夜中にトイレに行って寝る前に冷蔵庫の冷たい水を一口。これは海外に行っても同じ。朝晩の薬を飲む時。そして、ご飯の時。でも、バンコクとか暑い処ではそんなに飲んでいない気がする。それはとても不思議ですが、喫茶店で珈琲を飲むからではないかと思うし、水よりも「菊のジュース」みたいな清涼飲料を飲むからかもしれない。寝る前や夜に水を飲むとトイレに行きたくなると言われるが、私の中では脳梗塞みたいな方が心配で・・深刻ではないし、それで医師に飲めと言われた訳でも無いが本能的に飲んでいる気がする。習慣と言うのもある。
海外ではホテルにサービスの水が置いてあり、冷蔵庫の水は輸入系のミネラルウォーターで有料。なので、サービスボトルを冷蔵庫に入れるか、コンビニで買った物を冷蔵庫の物と入れ替えたりする。ホテルは高いですからね。

この前、国内線に乗る時に、早朝便で空港で朝食を取り、其の時買ったお茶がペットに半分くらい残っていた。セキュリティで没収されると思ったが、何か知らないチェック(放射線計量みたいなハンドタイプの機器を当てる)を入れて返してくれた。これは助かります。国際線でもそうなのかは分からないが、嫌な思いをしないで済む。国際線に乗ると間もなくペットの水の支給がある会社もある。これも助かる。何でもエコノミー症候群対策のようです。最近聞いた話だと珈琲等の機内サービスの飲料(市販容器からそのまま次ぐのは別として)は細菌が多いと言っていた。水タンクの洗浄があまりされていないらしい。と言う事を聞くと新幹線の水は大丈夫だろうかとか気になる。
中国では列車内で熱湯のサービスは自由です。熱湯だから大丈夫と思う。それで、飯時はカップ麺を食べる人が多いし、茶葉も持ち込みでその湯を注いで飲んでいる。それで機内の珈琲も一応熱湯で入れているから大丈夫ではないかと思うが、それを聞いた後では飲む気に慣れない。機内での食事は楽しみだが今度からはペットの水を貰うようにしようと思う・・ところが、ペットでくれるのは未だ良いが、カップに次いで配られるのもある。やはり、此の前の国内線のように自分で持ち込めたら良い。

我が家飯
b0197486_14365884.jpg
高野豆腐煮物・・若の注文で久しぶりに作る・・今の高野豆腐は戻さずに煮るのです。
b0197486_14383048.jpg
大根葉とジャコの炒り煮・・自分としては此の前のおかか煮の方が
b0197486_14400273.jpg
鯵の塩焼き・・刺身用で買った。写真は頭が逆ですね・・・美味しかった。大根おろしは別皿。
鯵切包丁が紛失したため、売り場でぜいごと腹を取って貰うが・・・何だこれは?ぜいご?久々に若も美味しい言ってた。
b0197486_14432108.jpg
風呂吹き大根と鶏味噌・・鶏の方が多かったし、八丁味噌でやればよかったと写真の時に反省・・・美味しいんですよ(笑)

by higashinuma | 2017-12-15 08:25 | 所感 | Comments(0)

年賀状

29年12月14日 木曜日 晴れ 19.0℃ 手が冷たいが背中が暖かいのでエアコンも入れていない。
b0197486_16465761.jpg
今朝の富士山

年賀状の投函が12月15日明日から2018年1月7日迄の間は52円でその期間以外は年賀状に52円の印刷があっても10円不足となるらしい。
ネット社会になり郵便事業が大幅に減ったための止む無い10円値上げと聞いたが、若い人たちは年賀もネットで交わしているから、時代の流れとして仕方ないのだろう。

毎年戴く年賀状は住所録として何十年分保管していたが、引っ越しの時に思い入れのある物以外は全部処分した。住所録はパソコンにも入れてあったと言う安心感もあった。ところがWindows10に変えて従来のWord、Excelが使えなくなり、住所が分からないため、やむなく戴いた方だけに差し出す結果となった。仕事関係の人達等、半分義理で年賀交換はもういいかなとも思った。つまり、ある方に言われた「歳を取ったら義理を欠け、転ぶな、風邪ひくな」の方針です。けれども、やはり戴いた方には出さないと悪いなと思い未だに続いている。

私の年賀状は何十年と歌会始お題と干支の写真を入れている。干支の前はお題に関連した写真かイラストでした。版画にしたり、プリントゴッコだったりでしたが近年はパソコン画像を印刷している。茶道の師匠は毛筆。或る年に裏は毛筆、宛名はペンで書いたら、酷く皮肉られた。何百枚の年賀状を短期間に毛筆と言う訳にはゆかないのです。どちらかと言うとある書道会で毛筆よりペン字の手本を書いたりしていました。まぁ、その後は師匠でもみんなと同じように印刷を差し出しました。師匠のご母堂は90歳を過ぎてもペン(万年筆)でしたが、手書きの年賀状を戴きました。師匠もその年になり、差出人に名前しか書かない年賀状を戴いています。実は困るのです。電話番号が無かったりして住所録にはならないのです。
雅号がある方には雅号で差し出すのが礼に叶っていると思うが、封書を師匠に茶名で差し出したら郵便局から返送されました。いつもは届いているのに住所が違う?番地は?全て正しい。で、その管轄の郵便局に問い合わせしたら、「そういう名前の方は住んでおられません」との返事。「そんな事は無い、数日前にお会いしています。茶名でずっと差し出していました」若い配達員は郵便受けを見て書いて無いので居ないと思ったらしい。
作歌さんでもペンネームで届きますし、現に私も宗家からは茶名で配達されます。こういうような事も若い人には伝わって居ないのだなと寂しい思いをした事でした。

今年の年賀状に高齢になられた方から年賀状はこれにて上りとしますの連絡が二人?から届いた。どうしたものか?喪中でも喪中側からは出せないですが、知らずに差し出す分には(欠礼連絡がある前に)仕方ないと聞く。返信不要みたいな形で出そうかとも思う。正月に一枚も届かないのは寂しい。去年の正月は兄が亡くなったのでそうでした。寒中見舞いを頂いたけれどそれはそれでやはり違う。

来年は戌歳。健太と若の写真を入れて早速年賀状を作る。裏面は印刷済。表面はこれからですが20日頃までは出したいと思う。

我が家飯
b0197486_16523001.jpg
豚ロースの玉葱炒め・・生姜焼きより美味しいと思うし、何より生姜焼きより油跳ねが少ない
b0197486_16552390.jpg
大根葉の炒め物・・しらす干し買って無かったのでおかかと胡麻醤油味・・・美味しいです。多分ご飯に混ぜておにぎりも良いかも
b0197486_16572398.jpg
蕪の葉を漬けました・・浅漬けの素良いかも
b0197486_17012886.jpg
豆苗の大蒜炒め・・・最近良く行くようになった北京ダックの店のコース料理の一品・・味は同じようだが炒めすぎる・・あちらは火力が違いますからね。
b0197486_17040033.jpg
南瓜、薩摩芋、人参の蒸野菜・・・この前私の誕生日祝いで若がご馳走してくれた汐留電通の「なだ万47」でも蒸し野菜があって若がずっと食べたがっていたが延び延びになっていた。蒸し器を出すのは面倒なので、フライパンで蒸しています。フライパン底に布巾を敷いて皿を置き、蒸し器の台を載せて具を並べて、水を注ぎ蓋をして加熱。簡単早い・・結果旨い(笑)このまま食卓出しても、見た目も悪く無いでしょう。


by higashinuma | 2017-12-14 09:00 | 所感 | Comments(0)

久しぶりの深大寺

29年12月11日 月曜日 晴れ 20.0℃ 富士山は薄く見えている 朝6時少し前にヒーターを消してそのままですが、この室温がある。

昨日は久しぶりに深大寺に行った。目的は健太をドッグランに連れて行くです。
深大寺はしょっちゅう行っていた。前の家の方がやや遠いのに、川沿いのサイクリング道路で行けるので気晴らしに行くにはもってこいです。それに何かとお参りに行っていた。今のところからは温泉には良く行くけれど、一山越えるのがね・・申し訳ないなぁと思いながら。
若の受験の時、海外旅行に行く後先、嫌な事があった時等々。でも、お祈りするのは「世界平和」「みんなが元気で幸せに過ごせますように」
最近の神社事件である人が「家内安全を祈っていたのに」歴史ある神社ですから多くの方がお参りしていた事だろうに。神様も仏様も個人の祈りに一々応えていたら身がもたないでしょう(笑)なので、全体を祈ったら何とかなるかなぁなんて。
こういうと天皇陛下みたいですね。天皇は正月早々から国民の平和を祈っておられるのです。新年宮中行事。なので、天変地異があると、私が至らなかったとお見舞いされるのです。新天皇はこういうような気概はどうなのだろうか。多分、違う意味で捉えておられるのではと思われる。

早や昼を取り、駅まで健太を歩かせて、其処からバスに乗る。勿論、ケージに入れて。家に居る時からケージを出して来たら何処かに行くのかと尻尾を振っている。移動中にドッグランの登録証を忘れた事に気が付いた。まぁ、お寺の辺りを散歩すれば良いね。
深大寺はいつも賑わっている。ケージを持って歩いている人は居ない。此の前は家から歩いて行ったのに。大きい犬が歩けないのだ。近所の子犬も歩いて行くと言っていた。
帰りは少し疲れたのか、若に抱っこされていたが、一歳と3ヶ月。歩かせても十分大丈夫だと思う。
お寺にお参りして、裏に上がる。紅葉が丁度見頃のもある。路肩や木立の中は落ち葉が積もっていて、健太はカサカサ音を立てて、ここを歩くのが楽しいようです。神代植物園の囲いの側を通り裏の公園に行く。ここは自由広場で犬も大丈夫です。多くの犬が来ているし、子供連れの家族も多い。凧揚げもやっている。健太は初めて見る凧に興味津々。私がベンチで待っていると、兎を連れて来た爺が居たらしい。健太が追いかけていたよ。落ち葉のカサカサといい、兎も健太の狩猟本能を呼び戻したのだろうか。
二時間位遊んで帰った。少し、昼寝して若が健太を洗う。この子お風呂が好きみたいでおとなしくしているようだ。その後が大変。バスタオルを広げて健太を載せると一人で寝転がってスリスリするが、拭ききれないので全体を包んで拭いてやる。が、おとなしくはない。はしゃいで走り回ってはバスタオルに寝転がる。
私のシャンプーは椿を使うが健太はその何倍も高い天然成分のシャンプーとリンス。

こうして日曜日は終わってしまう。写真は若のスマホのみ

我が家飯
昼に戴いたラーメンは若の手作り
b0197486_09362166.jpg
博多ラーメンですが・・・ちょっと違うかなぁ・・美味しかった。下に木耳が入っていた。
夕飯は
b0197486_09385926.jpg
牛肉の白菜蒸・・・水を入れずに蒸煮・・鍋一杯の白菜に牛肉載せてとろ火で煮る・・手間なしで美味しいです!
b0197486_09414943.jpg
海老のエスニック風・・香菜好きにはたまらない!

by higashinuma | 2017-12-11 09:45 | 所感 | Comments(0)

ピザ

29年12月10日 日曜日 晴れ 19.2℃ 6時に起床してつい先ほどまでエアコンは付けてなかったが今入れたばかり。

昨日の夕飯は若の希望もあり、久しぶりに宅配ピザにした。ショッパイイメージが強く、余り好きでは無かったが、昔のショッパサは結構薄れていた。
b0197486_08005934.jpg
4種類の味・・同じだと飽きるのでピザ屋もあの手この手で客を呼ぶ。2枚買って1枚サービスもそうですね。ホームパーティなどでは良いでしょうね。まぁ、見た目華やかになるし。
そう言えばイタ飯最近行って無い。前の家のある駅の近くに親しくしていたイタ飯屋があり、若の誕生日は其処で食べていた。前菜、メインの肉か魚、パン、ピザ、パスタ、デザートそれにワインでも取ると結構なお値段。そうそうは行かれない。値段に依って前菜の種類が3種類だったり5種類だったりする。実はこの前菜が好きなのです。パンも自家製でオリーヴオイルで美味しい。ピザはまぁまぁかな。この店のパスタも好きです。勿論、コース料理ばかりではなく、ピザだけパスタだけも頼める。
他にこの街にはピザとパスタを売りにしているチェーン店もあるが、こちらは昼でも行ったらヤンママたちのたまり場。ピザもパスタも今一。

今まで食べたピザではトルコピザが美味しかった。これは私一人の旅行です。直径15センチほどで薄くカリッと焼いたラム肉のピザが美味しくてお代わりも出来た。大きな釜で焼き立てを提供してくれる。この旅行でのトルコの料理は全てヒットだったので、若を連れて行った。何この不味い料理は!先の旅行とは雲泥の差だった。ピザは冷たくてラムの臭みがあり、鱒の焼物はこれはメダカですかと言う按配。
本場イタリアはどうなんだろう?旅費が高いので躊躇している。大学の美術の先生とイタリア各地のイコン(キリスト教の宗教画)を観る旅行の計画があったが教授の病気で立ち消えになった。多分、ピザやパスタを堪能できただろうと思うと、美術もさることながら残念な事でした。

ピザに合うスープと思ったがエスニック風の茸スープを作った。
b0197486_08391180.jpg
これ美味しい。ナンプラーが少なかったので塩胡椒入れたら、胡椒が効きすぎたが味は悪くないしピザとも合う。タイで流行るかなぁ・・・茸は2種類
b0197486_08414317.jpg

美味しいピザ食べたい!・・正月が楽しみ・・バンコクでイタ飯食べた事ないので・・・と言うのも、マニラで食べた韓国焼肉が超旨かったので異国でその国と違った料理はどんなだろう?と興味がある。
バンコクにも回転寿司があるが、面白いです。香港で食べた回転寿司も面白かったが、寿司と言うイメージが違いもっと面白いです。内容は行ってのお楽しみ。

by higashinuma | 2017-12-10 08:52 | 所感 | Comments(0)

健太29年12月9日

29年12月9日 土曜日 晴れ 18.9℃ 手足が冷たい。

昨日は疲れて9時半頃に就寝。若は11時過ぎに帰って来た。健太が起きて少しばかり煩い。健太はもう少し早い時間だと鳴きだすが、この時間だと鳴かないが動き回る。その後も2時間おきぐらいに起こされる。
今朝、散歩から帰った若が路面が凍結していると言っていた。流石に冷える訳だ。
何時ものように朝食。バナナ、林檎、葡萄パンにチーズのせて焼き、自分は珈琲、若は紅茶、それとヨーグルト。洋梨を昨日、里から送ってきたので、若が前に買って来た冷蔵庫の残り一個を剥く。休日の朝ののんびりした朝食は安らぎのひととき。後、20日程でホテルの朝食になる。一日の中で一番好きな時間かも。可哀そうだけど健太の世話も無い。あの子、この時間は私の食べている後ろに後ろ向きに座る。ちらっと見るとあの子も振り向いて目を見ている。見ていると感じ取るんだね。夕食や昼食の時はふて寝しているが可愛い奴だ。

我が家のカレンダーは何十年と毎年、京都の社寺風景がメインです。例の(前に書いた)お茶屋のもので、8千円以上買い物すると商品と一緒に送ってくれる。このカレンダー縦長の日めくりで、日にち部分が広いので予定を書き込むのに便利ですし、京都の社寺の写真がとにかく綺麗です。水野勝彦のものだったが、来年は中田昭の撮影のようです。他に健太関連でもカレンダーを戴いているが、どれも今一かな。子犬、子猫の写真が載っている。こういうのって人様に差し上げるのは趣味性があって難しい。

健太は動物でも人間でも誰とも仲良くしたいようです。昨日の午後散歩ではいつもの警備のお兄さん。犬好きのようで、健太の小さい時からかまってくれていた。街で通りすがりで遭った爺はずっと後をつけて来る。⇐何だか怪しい奴みたいで、途中で追い越して貰った。散歩爺?。銀行の前で女子社員二人がポスターの張替えをしていた。健太は珍しそうにじ~と見ていると、気が付いたその人が「可愛い」と言ってなでなでしてくれた。もう一人もやって来てかまってくれる。健太はその人のスカートの中に首を差し込んでいる。でも、犬が好きなのか嫌がりもせずかまってくれた。「健太仕事中だから邪魔だよ」
散歩していると健太が近寄ると怒って吠える犬も居る。飼い主が引っ張って行ったり、健太がしつこいと健太を蹴ったりする。健太はますます昂奮して吠えたりする。私も懸命に引き離す。散歩で犬が見えたら曲がれる道があれば健太を牽制して対抗しないようにしているが、相手はかまわず引いて来る。遊ぶ事が出来ない犬なら、見えているなら方向変えれば良いのにと思うのに、わざわざ健太に近づいてくる。一体どういうつもりなんだろう。大方は怖がりの犬みたいです。
犬を飼っているある人に言われた。「犬同士は遊ばなくて良いんだよ。飼い主に懐いて居れば。うちなんかその躾で凄いお金かけている。去勢していない男の犬同士は喧嘩するよ」
どうなんだろう?最近、犬の拾い食いで街にゴミが多いと言う報道で出ていた犬の一匹⇐あっ!あの子テレビ出ている・・わりと近所の人・・・は男の子で去勢していないビションフリーゼ?健太はその子と初めて会った時から良く遊ぶ。そうすると飼い主同士も仲良く出来る。誰でも仲良く出来るのが一番だと思うのですが。
近所に越してきた小母さんもシュナウザーを連れて来た。その子は健太に吠えて遊ばない。散歩時間が少しでもずれるとその子とばったり。一度、喧嘩しそうになってその小母さんに蹴られた覚えがあるのか健太は吠えまくる。その犬の匂いがするのだろう。エントランスを入ると裏から出て行ったと思うその犬の匂いでか、居ないのに吠える。ビーグルは声が大きいので迷惑をかけていると思う。
こちらが思っているほど相手は関知していないようです。
ラブラドールで「うちの子は犬と遊ばないんだよ」と言う。でも、健太が寄って行ってじゃれると、いつの間にかそのラブラドールも遊ぶようになった。

健太!来年は戌歳だから年賀状のモデルだよ。
・・一応、写真は選んだが、もう一匹のお犬様がこの写真嫌だとか文句言っている(笑)
b0197486_10020752.jpg
日向で寝る健太
b0197486_10040139.jpg
遊び疲れた?ロープを手で押さえている
b0197486_10055019.jpg
夕食後のひととき若と遊ぶ
b0197486_10070286.jpg
普通に立ち上がるとこんな感じです。テーブルの中央に置いても飛び上がって取ってしまう
b0197486_10085831.jpg
遊んで欲しいな
b0197486_10094535.jpg
話しかけると首を傾げて懸命に聞き取ろうとする
b0197486_10110622.jpg
ストレッチナウ・・私も起きる時は真似しています(笑)肩凝りに良いみたいです。
誰が教えた訳でも無いのに・・・


by higashinuma | 2017-12-09 10:13 | 所感 | Comments(0)

疲れた~

29年12月8日 金曜日 曇り午後4時頃から雨 今18時20分。健太の散歩で汗ばんでいますがエアコンを入れる位手足が冷える。

今朝も健太に度々起こされる。睡眠が浅い部分に同期して健太が起きるので目が覚める。昨日は11時まえには爆睡。で、最初に目覚めたのは12時半頃。其の後、3度位起こされ朝は4時半でした。でも、早いしウトウトして・・「健太煩いよ!」で少し収まり5時半起床。

雨予報なのでバスで病院へ行く。近くのバス停に行く間にバスは行ってしまった。でも、この時間帯は4~5分間隔。でも、目の前で行くのが見えると落胆は隠せない。歩くより待つ方が良いので暫く待つ。大型マンションが出来て、結構若い人が乗っているようになった。で、駅の終点に着く前に次に乗るバス停が見えている。違う会社のバスが止まっていて、乗り換えで歩く間にそれも出てしまった。が、予約時間にはまだまだ早いし、そのバスの次に来る別の会社のバスは案外早く来ると思って移動している間にバスが来た。割と順調でこのまま行ければ7時半前には着く。
あっ!診察券忘れた・・・予約表を持っているので仮の診察券を作って貰う。殆どが診察券と言うカード一枚で管理されているので無いと、病院では不便なのだ。カバンを変えるとこういう事が偶にある。この病院と前の家が近いので帰りに掛軸を取りに行こうと思っていたが、その鍵も診察券のバックの中だ。残念。

8時から受付と説明がある。私は今回で3回目で最初の検査からは6年ぶり。まず始めは下剤を1ℓ飲む。コップ一杯に注ぎ15分位かけて飲むが味が馴染まないので辛い。前回は腸が中々綺麗にならず一番最後だった。検査の予約の時看護師さんが食事の事を言ってくれた。この時間まで管理されていて前回は大変だったねと言われたのがうれしいような。戴いたパンフにも書いてあるが、前日、朝から食事制限すると良いと言われた。それで、今回は昨日の朝は普通に戴いたが、昼は饂飩(出先の店で)、夜も饂飩(かきたま)にした。処方された下剤を飲んで就寝。効果抜群!病院の検査前の下剤を1ℓ飲む前に綺麗になった。まるで水道水。今回は一番早く終わり、一番早く検査を受けられた。ほぼ一時間の検査。点滴で睡眠導入剤と痛み止めを入れ、間もなく眠ったようだ。
終って睡眠導入剤が効いているので、話は聞こえているがほぼ眠った状態で一時間ベットに横たわる。この下剤は水分不足になるとの事で水分の点滴に変わっていた。
時計はもうすぐ2時だった。帰りに待合室が見え、8時に一緒にスタートした人が未だ待っていた。あれから6時間以上も経っている。前回の私より酷い。思い出して可哀そうになった。昨日の昼から饂飩食べて正解。

朝から何も食べず、おまけに下剤を飲まされて、お腹は空っぽ。偶に絶食でも良いかなとは思うけれど、まるで元気が出ない。
お昼は病院のレストランでミックスサンドと珈琲。和食なら食べて良いと言われたが、ここには和食らしい和食は無いし、近所にも思いつかない。うどん屋はあるが・・二食も続けて食べているし・・このミックスサンド変なの?ハムとチーズのサンドとトマト、キュウリのサンド。それでミックスサンド・・・ここにコンビニがあるのでここで買って食べられたらと思ったが、何処で食べる?外は寒いし・・以前、コーヒースタンドを置いた時に、自由に座れるテーブルがあったのですが、片づけられている。待合室(廊下の椅子)で食べるのも何だしなぁ・・・普通、ミックスと言うとスクランブルエッグのサンド、ツナサンド、野菜サンド、ハム・チーズサンド等彩りよく並んだものがミックスと思っていたが残念でした。他に卵と何かのサンドはあるが、ほんのひとつまみなので、食事と言うより小腹養い、むしやしないの程度。疲れた~

夜は若が飲み会で居ないのでお一人様飯・・・はて何を食べようか・・迷った結果、京樽にした。
b0197486_20024709.jpg
たれが美味しかったので、昨晩と同じ饂飩、京樽、蕪の葉一夜漬け・・・普通に食べられることの何と美味しい事か・・本当は寿司が食べたかったが、刺身は消化が悪いからと看護師にくぎを刺された。これを食べながら、海苔は消化悪い、蕪の葉は繊維質等々・・本当に食べたい物食べれば良かった(笑)
今はとても眠い・・・目の下に隈が出来ていた。





by higashinuma | 2017-12-08 20:11 | 所感 | Comments(4)

29年12月7日 木曜日 晴れですが雲が多く日差しが閉ざされて寒い 19.6℃ 
b0197486_08020740.jpg
この写真は昨日の7時頃。今日は雲に覆われています。
4時頃から健太に時々起こされる。
明日は8時に大腸検査のために病院の予約がある。今日から食事制限があり、はて?何を食べようかと朝から迷っている。朝食はいつも通りに戴く。
大腸の内視鏡検査は過去2度行っている。3年毎に検査と言う事でもう3年過ぎている。早いと言う実感はない。兄弟2人が大腸癌が主原因で亡くなったので、検査しましょうとの医師の判断。私的には全く兆候などは無いが、あった時には手遅れらしい。入院して同胞に迷惑をかけるよりは検査で、万一の早期発見しておいた方が良い。

直ぐ上の兄は在ブラジルで亡くなった。元気なころ父は遊びに行っているし、私もその後に遊びに行った。私が行った当時でも旅費が相当な額だったが、偶々サンパウロ市の観光事業で半額負担で行く事が出来、夕食会の招待もあった。このツアーの企画に参加し、兄と一緒にイグアスの滝にも一泊旅行で行った事も思い出の一つ。一度、数か月帰国もしている。奥さんを亡くし、サンパウロの家は長女に渡して、後妻とサンパウロから郊外の静かな土地に家を建てて暮らしているが、大腸癌の手術をしたとの手紙があった。サンパウロのような内陸部は昼夜の寒暖差が厳しい。腹が冷えないように、特殊な腹巻を送ってやったりしたが、或る時、兄の友人から亡くなったとの知らせがあった。兄弟の中でも、一番短いお付き合いでしたが一番仲良くして貰った気がする。
もう一人は生家の近くの街に住んでいる。私の高校通学の時、冬季は下宿していた。或る時、家風呂が壊れて、銭湯に行ったが、その銭湯は映画「おくりびと」に登場する銭湯だった。今は撮影村に移転したと聞いた。最後に会ったのは生家に帰って、一緒に昼飯食いに行くと約束があったが、風邪をひいたからと中止になった。抗癌剤の影響で皮膚が痛々しかったのが忘れられない。其の後、一年位で去年亡くなった。
もしかすると祖母も癌だったのではないかと言う疑いがある。40年50年前の医療はどうだったのか?良く腹が痛いと言っていた。或る時、父が大きな緋鯉を釣って来た。持ち帰ったそれを見て、祟りで腹が痛いと言い、その緋鯉はお寺の池に放たれた事があった。今の医療だと原因が分かったと思うがどうだったのだろう。そのためか、3人に一人は癌と言う。医療の発展に依るものでしょう。当時のと言うか祖母は偉丈夫中の偉丈夫で痛いとかは滅多に口に出さない人だった。私の母、祖母の一人娘を早くに亡くし、家事から農作業迄頑張っていた。
そんな事もあり、やはり早期発見早期治療が望ましいのだ。

話が暗くなりました。
この前、バスに乗っての事。バス停で乗客が降りる時、運転手が「右から自転車が来ていますから気を付けて下さい」と言った。降りる人も「ありがとうございます」と言って降りた。たったこれだけの事ですが、初めての事で、ほのぼのとした気分になった。是ですよ!気遣いはそんなに大げさな事では無い

11月末の写真ですが、外苑前の銀杏を観に行った・・わざわざ行ったのではなく通りがかりで立ち寄った。
b0197486_08523306.jpg
b0197486_08553347.jpg
未だ少し早いかなとも思ったが銀杏祭りで賑わっていた。上は道路の中央で絵画館が見える。下は歩道部分。道場さんの店もこの近く。混んでいた。
b0197486_08580214.jpg
絵画館に続く道からほど近い処の国立競技場は工事が進んでいる。

by higashinuma | 2017-12-07 09:03 | 所感 | Comments(2)

紅葉

29年12月4日 月曜日 晴れ 20.5℃ 快晴で富士山も綺麗に見えている。多分、外は相当冷えているようだ。

b0197486_08553187.jpg
今朝7時の富士山

健太の散歩から帰ると足ふき役ですが、露で湿っている。これも季節を感じます。先ず、目やにを拭いて口の周りを拭く。次に手を拭く。そして足。この間数分ではあるけれど、若に抱っこされておとなしい。案外心休まるひとときかもしれない。けれど、夕方の散歩の後は私がこれを一人でやっている。健太を抱えて椅子に座り、同じことをしている。なので、朝の忙しい時間だと「一人で出来ないの!」時に怒る事もある。夕方の時は健太はもっとおとなしい。撫でているといつまでも気持ちよさそうに抱かれている。ぬくもりが伝わり癒される。若に言わせると散歩で疲れているからだよと言う。

散歩で街の色々な処を歩くようになり、山茶花や椿の咲く場所、紅葉の綺麗に色づいた場所とかが楽しみです。
里紅葉が綺麗です。そして草紅葉も始まっている。
この前、研究会での呈茶のお菓子は練り切りで「通天」でした。これも定番のお菓子です。名前は東福寺の通天橋の紅葉からとられている。葉が三枚なのが決まり。綺麗なお菓子だった。私は桜は堪能したが紅葉の京都は行った事が無い・・高台寺のライトアップに覚えがあるので、あるかもしれないが所謂紅葉狩りと言うのがはっきりしない・・若は東福寺の紅葉や醍醐寺等に行っている筈です。でも、名所の華やかさより紅葉は例えば三千院の坂道や嵯峨野の緑の中に一本二本色づいたのがのがあるのが良い。
b0197486_08314796.jpg
写真は箱根美術館の紅葉で11月20日頃の紅葉です。ここも関東では有名です。
b0197486_08334503.jpg
是は神代植物園の楓園の紅葉です。
b0197486_08344292.jpg
近くのお寺の紅葉・・・庭に大きな池があり、その池を舟で渡り茶室に入ると言う・・何十年前?淡交社の「なごみ」に載ったお寺です。ここの住職のお召し物の誂えと偶々同じ呉服屋で私も誂えていたと言うので変な親しみを感じている。

紅葉は坂道に似合う。深大寺の紅葉や実篤邸の紅葉も坂道にあるのが綺麗です。今年は未だ写真撮る程の余裕で見ていない。
満天星躑躅も錦木も漸く真っ赤になりました。11月からの茶道関係では「隋菜」の紅葉が使われていました。葉の姿や枝ぶりが錦木よりも良いので使いやすいのだろう。万作や土佐水木はこれからでしょう。明日の稽古は何にするか・・・・

先日、生徒に「花は足で生ける」はどういうことですかの質問があった。今の時代は茶会でもあれば富士山麓まで花を採りに行く人もおられますが、私は多摩川や街を広範囲に花を探している。つまりそういう事。昔は今よりもっと自然が多かったのでしょう。事実、多分、十年前位は多摩川土手に河原撫子が咲いていたし、吾亦紅や釣り鐘人参も容易に見つけられた。今は外来種がはびこっているし、趣味のある人は根こそぎ採って行くので、古来の日本種は消えている。私は採ったのが分からない位一本二本戴きますが。

by higashinuma | 2017-12-04 08:53 | 所感 | Comments(15)

芋煮

29年12月3日 日曜日 晴れ 20.1℃ エアコンもヒーターも入れていない 富士山は7時頃赤富士が見られたが頂上付近に雲が何段も重なっていた。外は寒い。

昨夜は洋画を観ながら10時過ぎて眠いなぁと思ったが若が観ているので黙っていた。ところが10時を30分過ぎて眠いから寝ると私のベッドへ横になった・・・ここんところずっと私のベッドを使っている。私はベッドが嫌いで、と言うか背骨が悪いので、病院の固いベッド状態の床に寝ているためテレビを観ていられると終わるまで待つ事になる。自分勝手な行動に怒る。あやつは何で怒られているか分かって居ない。いつも、健太に5時頃に起こされて眠りもままならず、6時には散歩で、いつも10時には床に就いていたが明日は休みだし若の好きにさせようとしたのが間違いだった。眠くて寝るのが何が悪いと言うのが言い分。昼寝だってしていたし・・・私もイライラが納まらなかった。昼寝は寝不足の埋め合わせ。明日のために昼寝している訳じゃ無い。彼は自分のベッドに移動していった。

今朝の健太は5時半頃目覚めて動いている。前のように鳴く事は無いがガサゴソ煩い。でも、トイレに起きて又寝ると落ち着いて寝ている様子。でも、夜中に何回か起きて、多分寝返りするのに一度起きて体を震わせている様子(濡れた時とかとる行動)がある。それも静かな時は結構大きな音です。私の眠りが浅い時にそれをやられると目覚めてしまう。50分頃にストレッチを始め6時過ぎていた。着替えて寝具をたたみ、カーテンを開けると健太のうんちが見えた。サークルから出してうんちの掃除。健太は甘えて絡みつく。可愛いけどうざい。暫くして若が起きて来て散歩に連れて行く。帰って来て朝食。又、自分の部屋に籠っている。多分二度寝。自分は性格上、二度寝は無理。

昨日は時間があったので「鴨川食堂」を読んだ。短編と言えば短編でストーリーが完結するので読みやすいし、料理が色々出て来るのも楽しみです。今回は「芋煮」だった。
先日もテレビで芋煮を紹介していたが、同じ山形でも内陸(山形市や米沢市辺りの県央部)と庄内(鶴岡市や酒田市等日本海側)とは味付けなどがまるで違うが、9月に生家(庄内)に行った時は子供の頃食べていた味と変わっていた気がする。
ストーリーは大学時代の友達と月山に登り霧で視界が閉ざされ、あわや遭難と言う時に古民家の婆様が芋煮を食べさせて救ってくれたが、後日、訪ねても何も無かったので調べて欲しいと京都の鴨川食堂(食の探偵所を兼ねる)へやって来たのだった。調査の結果、稲荷が助けたと言う事らしい・・世の中に科学で解明できない事があると言う事。

この中に出て来る苦労助稲荷は天童市に実在しているのです。
b0197486_09160977.jpg
著者 柏井壽 作家の頭の中ってどんな構造なのだろう?こんな辺鄙な田舎町の事を題材に良くストーリーに出来るとまたまた感動した事でした。
碑を読みたい方はネットで検索・・

我が家飯から
b0197486_09240004.jpg
蒟蒻の煮つけ・・若がダイエットしたいとリクエスト
b0197486_09245007.jpg
南瓜と揚げの味噌炊き
b0197486_09253430.jpg
里芋と棒鱈の煮もの・・京都丸山の平野屋の芋棒が大好きです。京芋(海老芋)が未だ売られていないので、里芋で煮て見ました。美味しいけれどやはり京芋には負ける・・・と言うか現地で戴く雰囲気と言う物がね・・但し、棒鱈を煮るのは半端ない時間が要るので、北海道物産展で煮た物を買い、芋が煮えた時点で混ぜる。
他に野菜サラダ

by higashinuma | 2017-12-03 09:31 | 所感 | Comments(0)

茶道をとおして日々の流れをつづる