ブログトップ

つれづれ

<   2012年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

土曜日教室

3月31日土曜日。昨日午後から凄い風。
昨日の夕方の風はふとプーケットの夕方の風を思っていました。
毎日、海風が凄いんですよ。
一晩中吹き荒れて、簾が窓を打つ音に睡眠を妨げられ・・・近所迷惑でしたが、簾を巻きに起きなかった。
この前の事件から早朝4時になると目が覚めて、漸く簾を巻き上げる。こんな暗い中は人は誰も通らない。信号の変わるのは何となく不気味。簾の一枚は片側が外れて裏返っていた。これも直す。
それから少し眠りについて7時起床。

9時頃から雨が降る予報ですが全く降る気配無し。それでもこの風に降られたらたまらないので、早めに家を出る。
駅中の喫茶店で昼近くまで中国語訳の残りをやっつける。あっという間に時間が過ぎる。

昼頃から雨が降り出したが、大したことは無いけれど風が相変わらず凄い。
教室に着いて畳拭きから始める。坊ちゃまは休みなので、彼の仕事のお湯を沸かす。
生徒が見えた。「畳拭きましょうか?」「済んだから良いよ」
「拭きたかったなぁ。やった事無いし」「次から宜しく」
よしよし少しは本物になってきたかな。

b0197486_20532055.jpg

花はこの生徒に入れて戴いた。
花入を三個出して、「どれでも良いのに入れてみたら」最初は「え~」なんて言っていたが鶴首を選んだ。唐銅なので真の花でも問題なし。見事に決まる。
日向水木と白椿の名前は不明。因みに葉は三枚付いていますが二枚は虫喰いで彼女はそれが良いと。

今日の点前は隅切濃茶。六畳にして仮床に花を置く。
b0197486_2102647.jpg

雪柳と岩根絞りを青磁尊器に

今日の生徒は向切濃茶点前の客として研究会に出場なので、客の所作は隅切も同じ。
上がる、下がるが分かっているようなので、足の歩幅だけの問題かな。茶室に依って畳の大きさが違うので、戸惑うようです。裏千家では一畳四歩が基本。
b0197486_218040.jpg

正客をお願いするも、点前の方に不都合が生じた時のピンチヒッター。
b0197486_21102125.jpg

お詰の役。

b0197486_21111139.jpg

花見が近くなってきましたので・・・
栗餡、漉餡、粒餡の三色で順に食べてとてもマッチングと言うか口当たりが良い。
しっかりした餅で食べがいがある。茶席菓子としてはボリュームがあり過ぎですが、美味しいので菓子茶事なんかには向くかも。
b0197486_21152851.jpg

箱のものは川端道喜の「おいとぼい」流石に名店の味。口どけも良く茶菓子向きですが、逆にもう少し大きくても。

「おいとぼい」は「いとぼい」に「お」をつけた御所言葉で(可愛い)の意味。御所に餅を納める川端道喜ならではのご銘。
似た言葉で「おちょぼ」は花柳界の言葉で(舞妓などの可愛い)の意味です。

御所言葉は長い間庶民とは閉ざされた中で使われてきたため、今の世俗のように言葉の変遷が少ないようで源氏物語の世界を今にみるようです。
例えば「おかべ」は(豆腐)、「おすすり」(善哉)、「そもじ」(蕎麦)全く想像がつきません。

さて、「おかちん」は何でしょうか?ヒントは上の写真。
by higashinuma | 2012-03-31 21:17 | 茶道 | Comments(2)

散歩 2

3月30日金曜日
坊ちゃまは今週ずっと旅行。なので・・・○○○
と言う訳にゆかず、月曜日の中国語会話のために中国語を訳しています --;

で、午後、旅行先から電話が来る「寝てるの~」電話のある処までは最初の呼び出し音から早くても4回は鳴る位。狭い家なのに・・。いつもこういう時は在宅を確認しているか、あいつが閑している。でも、今は旅行先だから何かあったのかと心配になる。が、この第一声!

午後になって酷い風!
午前中に買物に出たついでに明日の花を調達。
ついでに椿の写真を撮ってくる。
どれも名前が不明。明日の茶花とは違います。
b0197486_17204430.jpg

b0197486_1721149.jpg

b0197486_17212094.jpg

何れも大木。

☆今月は後2日ですが、今月最高で86件のアクセスがありました。
 コメントを書いて戴けたら嬉しいのですが。宜しくお願いします。
by higashinuma | 2012-03-30 17:04 | 所感 | Comments(0)

散歩

3月29日木曜日とても暖かい陽射しです。
夜にブログを書いた分は、送信せずにネットを開いて(花の名前の漢字を調べようとしていた)全部消えた。こういうのは操作ミスに過ぎないが凄いショック。

帯状疱疹の経過再診で治りが早いと医師も薬は要らない診断。内心嬉しい。
大病院では予約診療で土曜日は担当医。今まで男の医師に診てもらっていた。女医は何人か診て貰った事があるが、誰も態度が高飛車で嫌な感じだった。
この男子の医者は若いがとても親切で話を良く聞いてくれた。しかし、実家が開業医で自身も新しく開業したとの事で辞めた。暫く、色々な先生に診てもらったが、帯状疱疹でこの女医が担当した。
サバサバしていて高慢な態度は無く、話しやすいし、何となく気が合う。

この二、三日に散歩で撮ったものより
どれもみんな思い出のある花です。
b0197486_943827.jpg

山茱萸(さんしゅゆ)
先日の茶会の茶室前の門の正面に山茱萸の大きな木が花をつけていた。坊ちゃまはこの花と椿をと言ったが、定番のこの取り合わせは、やはり避けて良かった。
b0197486_8162782.jpg

辛夷(こぶし)
山里にこの花が咲き始めると桜が咲いたより、春がきたなぁと思う。
夜にこの花を見ると天上の神様の祝宴に捧げているような気持ちになります。
b0197486_8193331.jpg

ミモザ
高校の先輩の新婚の家に遊びに行ったのは4月。ミモザのサラダを出してくれた。大鉢に春キャベツ、ツナを載せ一番上は卵の裏漉。あたかもこの花が咲いたようであった。
先輩は若くして亡くなった。
b0197486_8232260.jpg

連翹(れんぎょう)
翹は訓読みで「あげる」「つまだてる」「すぐれる」と読むとある。鳥の尾羽がすっと持ちあがった様子の意味があるようで、この花を見ていると容易に想像できる。
剪定し過ぎて哀れな花の付方となった。
b0197486_8314880.jpg

家の周りには造園業や農家の畑が残る。上の写真の山茱萸に並び農家の畑に咲いている。これだけ見ていると長閑な風景ですが。
b0197486_8345495.jpg

諸葛菜
紫大根とも呼ばれているようですが、諸葛孔明が兵の野菜不足にこの菜を広めたとされ、このように呼ぶと聞きましたが、違う種類のようです。
b0197486_849428.jpg

雪柳
これは街路樹の根方に植え込まれたものです。
多摩川の土手の下には(調布辺り)刈り込まない物があり、春風に揺れるのは風情があります。
どんな花に添えても調和がとれ、また紅葉したものも綺麗なので重宝します。
b0197486_8532116.jpg

木瓜
棘がありますが、椿とも合います。
b0197486_8541670.jpg

馬酔木
「早起きは三文の得」の話からの馬酔木は興味深い。奈良東大寺付近の家では鹿避けに多く植えられていると聞きましたが。白花と紅花があります。
by higashinuma | 2012-03-29 22:33 | 所感 | Comments(0)

散歩

3月28日水曜日は夕方から寒くなって急な雨。午前中に随分久しぶりに歩きました。
茶会の道具もお礼の手紙を書くのも全部放って。

調布と狛江の団地がある根川沿いは桜の名所。
開花すれば桜のトンネルが続きます。
調布側の木が何本か開き初めていて写真撮ったんですけどボケていましたので載せられません。
他には白木蓮や雪柳、れんぎょう、ミモザ等々花が咲いています。

今日は駅までの道をちょっとだけ遠回りしてみました。
あけび、土佐水木も花をつけています。
b0197486_18355298.jpg

b0197486_182551100.jpg

乙女椿 下は別木
b0197486_18264318.jpg

b0197486_18272062.jpg

光源氏 上とは別の木ですが上のように咲いたら種類が分かりにくくなります。
b0197486_18281468.jpg

紅唐子
b0197486_1829344.jpg

黒椿 崑崙?
b0197486_18294746.jpg

岩根絞り
b0197486_18465131.jpg

卜伴
以下不明
b0197486_18303839.jpg

紅乙女?
b0197486_18335246.jpg

b0197486_18343515.jpg

熊谷?
b0197486_2215984.jpg

有楽

今回は白い椿は花が茶変色しかかっているものばかりで撮っていません。
春山茶花椿と言う品種があるようで、未だ咲いているのと言う山茶花ではないようです。
未だ咲いている桜。去年の11月頃から咲いています。敬翁桜
b0197486_18415732.jpg

江戸彼岸桜ですが茶会で使った木は別です
b0197486_18432552.jpg

by higashinuma | 2012-03-29 18:32 | 所感 | Comments(0)

失敗談

昨日、稽古をしながら、茶会での反省点や良かった点を話した。
大失態の私の荷物忘れは大きかったが、どうにかこうにか茶会は出来た。

拝見に出す時に棗と茶杓を同時に持って回って、どうしようかなと思った。
茶筅とおしを忘れた。
棗と茶筅を逆に置いた。
茶巾を水指に置いた。
「どうぞ拝見して下さい」と言うのはおかしいと言いながら、つい口に出た。
虫明焼を聞かれて静岡辺りと応えてしまった。岡山なんですが・・・。

お稽古を積んだベテランでもちょっとした失敗はありますので、未だ未だ一年目の人や半年の人は失敗して、覚えて行くのです。

みんな前向きで良かったです。
by higashinuma | 2012-03-28 21:19 | 茶道 | Comments(0)

昼ご飯

火曜日は一日稽古なので(正確には午後から夜)昼ご飯は教室で食べたり、外で食べますが、夕ご飯は昼稽古に続けて、生徒が居る時は休憩を取らないので教室でとるしかない。
それで夕ご飯は殆どサンドイッチを食べる。駅に大きなパン屋があって美味しくて便利。好物のツナサンドと卵サンド等が詰め合わさっている。

それで昼ご飯は教室で食べる時は同じサンドイッチの時もあるが、大かたは弁当かおにぎり。
b0197486_20483444.jpg

外で食べる時の定食。これに食べ放題ご飯とみそ汁、漬物が付く。700円しないんですよ!
右上は枝豆コロッケとキャベツ。真ん中は鯖の焼いた物に大根おろし、左は南瓜の鶏そぼろ餡。
右下は冷ややっこに生姜おろしと鰹節、中は東坡肉と青菜にからし添え、じゃが芋サラダとレタス。
みそ汁は若布。
この定食位が良い。ご飯お替りはした事がないが、量も栄養バランスもとれていると思われる。
昼も夜も営業している。こういう店があって欲しい。

今日は散歩に行って大手スーパーで弁当を買い、そこで食べた。
b0197486_20551882.jpg

ハンバーグとオムレツ。500円。半分くらい迄は美味しく食べたけれど・・・。多分もう買わない。
これでブロッコリーとミニトマト二個位載っていれば、買っても良いかな・・・。

今日の昼のように暖かい日は公園で食べるのも美味しいだろう。

上の写真の食事と下の写真の食事は200円差程度。上はしかも店でお茶も水もサービスされる。
高い美味しいは当たり前だと思うが、安い美味しいは良い店です。
by higashinuma | 2012-03-28 20:56 | 所感 | Comments(0)

逮捕連行

3月27日早朝4時頃マンションの屋上に足音がするので、目覚めて警察に通報。
この4、5日前も上がっている足音がして通報したが警察が来る前に帰ったようです。

ここの屋上は立ち入るようには出来ていない。エレベータや給水設備の保全のために階段は付いているが施錠してあり、かなり高く柵をしてあるので上がれない筈なんですが・・
毎年、どういう訳か屋上で酒盛りしていた形跡があったり。
別に上がったからと言ってどうこう無いのですが、去年、外装工事の足場を外した数日後、ベランダに人が居るのでびっくり!この時は外装工事の監督で顔見知り。簾を掛ける釘を付けるのをお願いしてあったのです。しかし、足場が無くて、急にベランダに侵入しているのには驚きました。
我が家は十階最上階なのです。
泥棒に入られたニュースを耳にしますが、とび職の人はいとも簡単に侵入が出来るのです。とび職を否定したりはしていません。もし、そのような事が簡単に出来る人ならと言う例です。誤解無く。

十階は九階よりベランダ分が引っこんだ造りなので十階から真下を見ても怖い事はありませんが通路側から真下を見るのは高度恐怖症で無くとも怖いです。

それで、通報後10分位?で警官が5人位上がって来ました。
前回の例があって上に人が居なかったら嘘を付いた事になります。
警官の一人が柵を登って屋上に行きました。反応が無い。もう一人登ってゆきました。
で、若い男の子3人を連れてきました。
柵を降りる時に警官の一人が転倒。物干し場でしたから・・・でも痛そう。
b0197486_17144048.jpg

この柵から登っていった。
柵の向こうは十階から地面まで何も無い。怖~!
そういえば少年の声で「超こえ~」なんて聞こえていた。

警官が声をかけている。
「何してた?」「星を見ていました」
顔を見て高校生の星座観察とかだったら許してやろうと一瞬思った。
16歳前後で高校にも行ってないらしい。
一人はおとなしそうな子ですが二人はロングの茶髪、もう一人はピアスをしている。
見るからに悪がき風。

泥棒も怖いけれど、万一落ちて死んだなんて事になったら最悪です。
隣は若い女性姉妹ですから何かあっても困る。

前はおしっこをしているらしく、何で我が家だけ雨降ってる?
上で喋る声も聞こえてきます。若い女の子が「人生終わりだし・・・」

通報者の住所、氏名、生年月日も調書を取られる。
「なんで?通報したのが悪いみたいですね」「決まりですから」
複雑。その後、一睡も出来なかった。

「礼儀も知らないようだからこってり絞って、少年鑑別所に連れて行き、その後は親を読んで引き渡すがそれで良いですか?」
俺に聞く事じゃないだろ!
その後暫くして現場検証。マンションの管理組合の役員も一緒だった。一人ずつ連れてきて確認するらしい。
ロン毛の子が警察官に言われて「どうも済みませんでした」と頭を下げた。
捕まった時に見た顔より、もっと少年らしい顔になっていた。
あの子達の将来に汚点を付けてしまった。罪悪の分別が出来る子達になってくれたら良いのだが。
by higashinuma | 2012-03-28 17:18 | 所感 | Comments(0)

向切

3月27日火曜日
今日は留学生三人は春休みで皆さん旅行とか。お休み。
火災に遭われた方もお休み。
ご結婚でハワイ挙式の生徒もお休み。
しっかり聞いて無かったから、こんなにお休みとは・・・・。

茶会が終わって、次は研究会出場のための稽古です。
b0197486_162843.jpg

薄縁をカットして簡易に座を造りました。
仮床はもう一つ奥の畳に置くのが定位置。
五徳は替えて無いので炭手前は省略。

b0197486_1653033.jpg

備前耳付花入に椿一種。昭和の曙椿?

b0197486_1611210.jpg

「柳は緑花は紅」多摩川を渡る車中から河原の柳の淡い緑色が綺麗でした。
花は備前旅枕に「酒中花椿とくこの若葉」酒中花椿と言いましたがどうも違うようです。
b0197486_1624446.jpg

b0197486_16143564.jpg

こちらは図鑑から
椿は種類が多い上、咲き方も一定しない場合があり、名前付の苗木を買ってこないと難しい。

桜餅の差し入れもあり、休みが多かったので、お菓子のバイキング状態になりました。
b0197486_162684.jpg

桜上用
b0197486_16271558.jpg

桜どらやき
こちらのお菓子は茶会で始める前に社中みんなに一服さしあげてからと思って用意した物。
皮のブツブツは桜の葉が練り込んであり、中には求肥が入って美味しいが大きい。
茶会は朝早く出て来られるので、朝食抜きの方も居られるでしょうし、落ち着いて昼を食べる事も出来ないので、今までの茶会では餡パンを用意したりしていた。
他に干菓子も二種。

稽古を終了後に炉辺(炉端みたいで和みます)に寄って自由にお茶を点ててお菓子バイキングを楽しみました。
因みに留学生が稽古を終わった後は殆ど毎回こうしてお話会をしています。
この方がお茶会らしいです(笑)
by higashinuma | 2012-03-28 16:02 | 茶道 | Comments(0)

余ったお菓子

茶会で持って行くのを忘れたお菓子は大量にある。
国際交流と言う事でベトナムで買った「蓮の実の甘煮」と「椰子飴」。飴の方は二十個位が一パックされているので、お返しにそのまま使う。問題は蓮の実。

今日、某デパートで散々迷った結果(一時間はうろうろ物色・・怪しい奴と睨まれたようで店員が何気について来る・・迷うのは品物と価格)新進作家の陶器のカップに詰めて差し上げる事にした。
b0197486_22215477.jpg

上記のように怪しい雰囲気が漂っているので、帰ろうとしたら下りエスカレータの横に春色の何とかと言うグループ展が開かれていて、まあまあの物に出会った。
ひと口ビール用でも、お茶を飲んでも、花を入れてもと言う感じだ。

店員にお菓子を入れて贈るのだと言ったところ、とても親切でこの店員は久しぶりに、人間に出会えた感じだった。思わず「ありがとう!又、買いにきます」と。

買物しても頓珍漢な店員が多すぎる。この前に老舗の有名店で買物したが、要領を得ない。人に依りけりですが、教育がなっていない。
多くの店では品物を見ていると、「何何でございます。どうぞご覧ください。」商品は書いてあるし見ているんだから余計な事は言わなくて良いのに・・・ブツブツ
お手に取ってご覧くださいなら納得出来ますがね。
昔、意地悪婆さんの漫画があって大好きだった。ただ相手を苛めているのでは無いところが良い。粛清しているのだ。してやられたと相手が困った顔が痛快だった。
意地悪爺さんが居ても良いかなと思うようになった。

デパートの中でもそうですが、相手をおもんぱかる心が無くなって来ているようだ。
対面で歩いて来ても避けようとしない。道路の真ん中で喋りまくっている。携帯見ながら混雑の場所の真ん中を歩いている。酷い人は漫画を読みながら歩いている。相手が避けてくれると思っているのかどうか。
常識と言う言葉は既に死語。
こんな中で生活しているとストレスが溜まる(帯状疱疹もそうかなぁ(笑))

写真は蓮の実を詰めて包装しているところです。
下のブルーの色は店員に依ると作家さんが色が吸い込まれるので発色し難いと言われていたようです。綺麗なブルーで中も着色がある。手作業なのか全部違う趣。

帰りの電車で年長さんを連れたママさんが三人載ってきた。座席は並びで二席。スーツを着た若い男の子が私の隣の一席空いている処に移って三席空けてくれたが、ママさん達は一言の礼も無く、年長さんを並んで座らせた。この子達が大きくなってもきっと席は空けないし、お礼も言わないだろう。

余ったお菓子。生徒の慰労に使いましょう。
by higashinuma | 2012-03-26 22:34 | 茶道 | Comments(0)

茶会当日

3月24日土曜日。愈々茶会当日となった。
「朝は8時にタクシー呼んで出かけるよ」と言ってあったので、坊ちゃまはシャワーを使うために比較的早く起きてきた。滑り出しは順調。
昨日の予報はもう晴れている(曇り)の予定が小雨。
家を出るのが10分位遅れた。タクシーは5分で来ると言う。荷物が多いので、玄関前ながらエレベーターに積み込むのが結構手間取る。1階に出てタクシーは未だ来ていない。雨が降っているので道路に荷物が出せない。あの子が道路に出てタクシー来ているよと言う。いつもの停車場所より随分後ろに停車しているので、ピロティからは見えなかったのだ。前に出て貰って荷物を積み込む。
エレベーターと車の間を何回か往復しているが、運転手は知らんぷりです。こういう態度は凄く腹が立つ!せめて外に出て(傘が無くとも良い位の小雨なのです)載せた荷物を整理とか手伝ってくれたら良いのに・・・ここのタクシーは何もしないし、漸く最近は行く先を告げると複唱するようになった程度。いらいら絶頂でいざ出発。車が動いて間もなく傘を積んでいない事に気がついた。が、時間が気になるのでそのまま。エレベーター前に置き去り。
途中で携帯も忘れた事に気づく。
この運転手はいつもと違い遠回りする。なんてこっちゃ!

どうにかこうにかギリギリセーフで到着。生徒も荷物を運んでいる間に到着。まずまず。
出だし快調と思いきや、あっ!お菓子の袋が無い!まっいいか、一種類はあるし。お茶は何処ですか?あぁ~お菓子の袋に入っている・・・パニック・・・近くにお住まいの先生に聞いたら沢山あると言う。坊ちゃま一緒に行って取ってきて!・・・「先生、水指に水を入れたいんですけど」
パニック再び!風呂敷包み?風呂敷包み?無い!・・・事務所に電話してお借りする事に。

茶杓の竹筒を荘る帛紗も無い。坊ちゃま用の新しい帛紗も無い。
荘る帛紗は古帛紗にした。坊ちゃま用はお稽古で使っているのに・・・不服そう!

どうにかこうにかギリギリセーフで客を迎える事が出来ました。
b0197486_814890.jpg

掛物は淡々斎和歌「楽しけれまことの道を踏み分けて月雪花の友となりつつ」
短冊掛けは今は亡き知人がご自身の着物で造ってくれた流水紋。
お客様が気づかれて流水を誉めて下さった。すかさず「春の水でございます」
花は「江戸彼岸桜」昨日の状態が良かったけれど今日は満開。
「花入は雪月花と言う事でお酒が入れば尚良いかと一升瓶でございます。暫くお酒(おちゃけ)でお楽しみ下さいませ」
客「床に桜の影が写り夜桜のようでございます。ひと足早い花見をさせて戴きました」
「香合は?」「掛物の月雪花に合せて花鳥風月の鳥を使わせて戴きました」
「こちらはヘレンドでブダペストの街をぶらぶらして見つけた物で、ヘレンド職人が造られたようで、オリジナルではありませんが、裏にヘレンド印がございます」

お点前は・・・・う~ん、かなり緊張の方も。茶筅が水指前にある!この前向切点前を[見ていた]ので混乱したのだろう!
拝見に出すのに茶杓と棗同時に持って客付に回ってこられたのにはびっくりでした。仕方無く茶杓を出して、棗は清めずそのままお出ししました。
その他例(他のお点前の方)茶巾が水指の蓋の上に、あれ~!濃茶じゃないよ~
ゴメンネ。大丈夫だと思って、後ろでご飯食べていた僅かの時間でした(深く反省)
初めてはみんなこんなものです。
役割はローテーションで組んでいたのに枠を外れて頑張っておられた方も。貴方出番と違うでしょ!

でもね、手伝って下さった方と社中のベテラン以外は全員初めてなのです。坊ちゃまは経験があっても、あの大きな茶会(今回の三倍位の規模)では半東で茶碗の取り次ぎだけだったし、青年部の茶会もみていますが、今回は全員に機会を与えるため、ローテーションで頑張って戴いた。

途中から凄い雨。外は4月の陽気との予報は全く外れて寒い!
案内係の方大変でしたね。席札は次の席分だけ配って下さいと厳重に言っていたのに、守られなかったようで、やっぱり札をもって何時入れるの客が水屋の方に来られました。理由は色々あっても混乱の元なので、どうしたら良いかはみんなで相談しましょう。

スナップから
b0197486_8432313.jpg

正客は青年部でご活躍。とてもお茶がお好きなようです。次客はこの方の先生。
b0197486_844722.jpg

正客は青年部OB
b0197486_8444599.jpg

こちらの正客の先生は九十歳。とても達者であやかりたい!九月に隣の広間で席を持たれます。
全員撮る時間が無かったのでごめんなさい(ペコリ)
最後に集合写真
b0197486_846374.jpg


因みに忘れた荷物は一日前のブログ写真で左の紙袋と右の濃紫の風呂敷包み。
帰ったらエレベータ前に揃えて置いてありました。

反省点の多い茶会でしたが、良い勉強になった一日でした。

今日はお礼の手紙を書いて、道具整理(広げて乾燥)、布巾、雑巾の洗濯等々。
一番の悩みは取り出した道具がキチンと元に位置に戻らない事。これは不思議な事ですが・・・。

次回からは研究会出場の稽古。頑張らねば。

みなさんお疲れ様でした。初めてでは上出来でしたよ。荷物忘れた私以外は!            
by higashinuma | 2012-03-25 08:36 | 茶道 | Comments(3)

茶道をとおして日々の流れをつづる