ブログトップ

つれづれ

<   2013年 08月 ( 30 )   > この月の画像一覧

怖い話

8月31日 土曜日 晴

風は強いですが熱風が吹いています。どこか熱帯で聞いたことがあります。「熱いから窓を閉めて」という・・・
昨日、今日はそれを思い出す暑さです。我が家現在32℃。勿論、今はエアコン入れた部屋にいますが。

この暑さの中、少し涼しくしてさし上げましょう!
b0197486_15292539.jpg

実は教室で撮った写真、特に床の間を撮るとこういうのが写り込みます。
薄の葉先に人の顔!顎が葉先に着いている
感じです。

矢向の土曜日教室は酷かったです。無数に写っていました。ここにアップしていたのはそれらを全部トリミングしていました。

どうです?背筋が寒くなってはいませんか?
怖いですね~つい稲川 淳二の口調になりつつありますが・・・・・・。

やっぱり気になって調べたんですよ
それはね「オ―プ(玉響)」と言って心霊現象・・・・・と言いたい処ですが、そうすると稽古に来る生徒が居無くなりますね・・・・

何のことは無い、デジカメのフラッシュで埃が反射して映る現象だそうです。
因みに、今月アップの花火の写真にもありますが、あれは雨です。

土曜日に稽古していた方はご存知ですが・・・
矢向の教室は茶室の上が体育館でバスケの人がドンドンやっていたでしょう。それに畳を拭くと、最初の頃は泥んこ状態だったでしょう。
そういう事。
安心して下さい!

口直し
b0197486_1547686.jpg

昨日の一時頃?
道を折れた途端にぐぁ!っと飛びこんできた「猿滑り」これは少し進んでから撮ったので、感動が今一。
ここに咲いている事は知っていましたが、暑さと眩しい陽射しに思わず眩暈しそうでした。

別の道路は両側が猿滑りの街路樹ですが、色々な色の花を咲かせています。
ここは「猿滑り」の別名「百日紅」と言うようにこの色だけ咲いています。
水上勉の小説の中に出て来るお寺の庭に咲く花の色です。

・・・・道路がカーブしていますが、カーブの辺り右側は墓場
です。
by higashinuma | 2013-08-31 15:29 | 所感 | Comments(2)

陽射し

8月30日 金曜日 晴ですがベールを被っている

例年の事ながら・・・陽射しがだいぶ部屋の奥まで入るようになりました。太陽が東から南へ移動しているんですね。彼岸頃には一番奥まで陽射しが届くようになります。
九月のひんやりした朝には嬉しいのですが、今日は戴けません。暑い~・・・・でも28.5℃だったんですよ。
昨日とほぼ同じ気温ながら、蒸し暑さでこんなにも体感温度が違うのですね。

昨日のブログはあの子に不評を買いました。
私は全くブランドに興味が無いのです。毎日の日記のつもりだからゴメンね。
後で読み返した時、あんな事やこんな事が思い出されて良いでしょ。過去があって今がある。
人間良くしたもので、過去の嫌な記憶はどんどん忘れ去る。良い思い出だけが積み重なっているのです。
で、ないと新しい事が入る隙がないからね。
私は良く、自分の顔は自分で作ると言います。
その人がどんな人生を歩いて来たかは、歳をとって顔に現れるんじゃないでしょうか。

夜になってやや気温が下がってから鉢に水を遣る。ふと気が付いたら「鐘叩き」「蟋蟀」等が鳴かなくなった。
先ず、葉先からたっぷり水をかけ、ついで鉢が溢れる位土の部分に水を遣る。
植木でも日中のホテリがあるので、そのまま土に水を遣ると、温水が根を痛めると聞いたからだ。

この前、園芸屋さんで「河原撫子」を買った時に、是は土手なんかに咲く種類だから、水はそんなに遣らなくて良いよと言われた。確かに。今頃から秋明菊等は葉がしっかりして伸びている筈なのに、多分水を遣り過ぎて根腐れしたようだ。あまり環境を考えて無かった。
先の鉢は「椿」で水辺を好む木ですが、でも、遣り過ぎは禁物・・・・朝には乾いているけれど。
「鐘叩き」「蟋蟀」達は何処へ行ったのだろう?水を遣り過ぎて殺してしまった?

この頃あの子が良く食事を作ってくれる
b0197486_8591019.jpg

茄子のオイスター炒め
b0197486_8593664.jpg

プルコギ

プルコギは韓国の家庭料理で家庭に因って色々な作り方があるらしい。
38度線の見学の時は日本の「すき焼き」と同じ味付けだった。
美味しそうな「ししとう」を買ったので、一緒に炒めたらと言う事で、出来たのはこの二品。

昨日は晩酌に今年の「梅酒」の試飲。少し角があるけれど美味しく出来ていました。
by higashinuma | 2013-08-30 09:05 | 所感 | Comments(0)

見せかけ?

8月29日 木曜日 曇り 我が家28.7℃
熱帯夜は25℃以上でしたか?28℃でも涼しく感じるんですね。
昨日はあの子の付き添い(そういう歳じゃ無いんですが)で午後から出かけ。
昼は寿司屋の昼定食・・握り、巻物、アナゴ一尾、味噌碗と茶碗蒸し。新宿のいつも行く回転寿司が良かったんですが、あいつに押し切られた感じ。中華のゴテゴテは食べたく無かった。

で、都心に出て用が済んだら、もうすぐ17時。夕食食べて帰っても良かったけれど、「デパ地下で天麩羅買ってそうめん食べたい」も却下される。
伊勢丹地下で何かと物色・・・「弁当でも良いよ」の声に即反応。
内心「やった~!」何かと面倒な事は嫌いだからね。

最初から伊勢丹に入るの~?と乗り気じゃ無かったあいつの事。
好きな弁当買って、上に上がってみる?
拒否拒絶!

ここから二人の会話
「ユニクロのシャツでうろうろしないで帰ろ。恥ずかしいよ」
「・・・・ユニクロで何が悪い?」
「あの人はビトン、あの人はコーチシャネルみんなブランド下げている。ブランド服着てる」
※コーチと言って無いとクレーム・・彼の話だと「コーチは安物だ」との事??
「ブランド着ないと伊勢丹入れないの?」
「店員は見ているよ」
どうも店員が客層の値踏みをしていると言う。
まぁね、帰りの電車が混むのも嫌だから、地下からそのまま出たけれど、駅まで歩きながら、ずっとこの会話の続き。

その前に
何で新宿3丁目で降りたか・・・私はこの後に紀伊国屋に寄りたかったので、丸の内線で新宿駅に行って戻るより良いと思っただけの事。小田急デパートでも、京王デパートでも良かったのです。
伊勢丹寄るからの次に、「嫌だったら高島屋でも良いよ、裏に紀伊国屋あるから」
「もっと嫌だ!」
理由は先に述べた通り

私がユニクロのポロシャツ着ているのが気に入らないらしい。
高島屋だってフロア一つをユニクロが占めてるじゃん!
そんなお大尽じゃあるまいし、アルマーニの服着ないとデパートに入れないのか・・・・

昔、私の嫌いな者として、風呂の無いアパートに住んで高級車に乗って銭湯行く人。
でも、今はこういう雰囲気なんですね。
身なりの綺麗な人の家に行ったら欠けた湯呑でお茶を出された事も。
こういうのメッチャ駄目なんです!

ビトンのパック欲しがるけれど、どう見ても持ってる本人にそぐわない人って居るでしょう。
馬子にも衣装って言う人が・・・・でもね、馬子にも衣装から入るようなんです。
昔はそうして中身も出来てくるとか言われてましたし、襤褸ばかり着ていると中身までそういう風になるとも言われていた。
けれど、私にはどうしてもその考えについて行かれない。
どちらかと言うと太田道灌の「山吹の花は咲けども実の(蓑)一つだに無き・・・」タイプに惹かれるのです。
武野紹鷗の藁屋に金馬の精神なんですよ。金馬も無いけれど、せめて精神的には。
・・・今時の若者には無理な話だろうか・・・・

ホテルマンは客の靴を見ていると良く言います。どんなブランド服着ていても踵のすり減った靴ではお里が知れてる。それも言えてますが・・・。

さて、弁当売場ぐるりと一巡。2千円の鰻弁当を横目に足早に通り過ぎて(笑)あいつが最初に是と言った店に戻る。
b0197486_9453100.jpg

私は名古屋味噌カツ弁当。
b0197486_95351.jpg

あの子は?肉が載っているのが食べたかったらしい。

実はこの店の煮物が美味しいんですよ。教室の近くにあるショッピングモールの中にも店があり、其処は惣菜も売っていて、昼はワンコイン弁当があり、煮物とお稲荷とか良く食べています。魚類が付くと700円かな。
美味しい味噌カツでした。

レタスとトマトに浅蜊の味噌汁はあの子が作ってくれた。
本当はレタスと浅蜊のスープを作ろうと思っていたが・・・でも、味噌汁も上手になりました。
by higashinuma | 2013-08-29 09:09 | 食事 | Comments(0)

少しずつ

8月28日 水曜日 晴 青空が見えている 我が家気温28.5℃
昨日は一昨日の夜の雨で街の景色は秋でした。スッキリした青空と澄んでひんやりした空気。
このまま秋空が続いて欲しいと誰もが願った事でしょう。

先週、10時から稽古の生徒を待たせたので、久しぶりに(宗家の初心者教室)に行く時間帯に出かけた。通勤帯は混雑しているが、始発があるので、多少空いていると思ったけれど、飛んでも無い!始発電車は20分位停車しているので、座れない。途中から混み始め、乗り換え駅と大手電機会社のある駅以外は殆ど下りる人が居ない。電気会社のある駅でうまく座る事が出来た。まぁ、立って居ても乗ってる時間は30分なんですが、荷物を持って混みあう電車に立っているのは辛い。

花を持っての移動は、前に紹介したように箱に入れて持って行く。何故早く気がつかなかったのだろうと、みんなに教えてやりたいぐらい(笑)多分、知っている人はお笑いでしょう。
それでも、薄など葉の長いものは無理なので、新聞に包んで持って行くが、こういうのが、混雑している電車や駅構内では、扱いに気を配るし、きっと迷惑をかけている事と思う。

9時に教室に着いて、掃除からしっかり余裕を持って出来た。やはり自分として気持ち良い。

b0197486_9522331.jpg

b0197486_9524317.jpg

上の写真の花と下の写真の花は微妙に違います。
上の写真は朝9時半頃の写真で、下の写真は夜の9時半頃の写真です。
夜稽古の始まる頃に萎れて来たので入れ変えたものです。
槿(むくげ)は一日花なので、夜には凋んでしまいますが、中にはこのように元気に咲いているものがあります。同じ木からの枝なので、どうしてかは分かりません。昨日、取って来て、朝咲いた枝ですが、微妙に咲き方が違っていた事は確かです。
「これは宗旦槿ですか?」と聞かれました。宗旦槿は花びらが真っ白ですが、是は薄い色が付いています。
凄いなぁ!筆記試験の効果かこういう言葉が出て来ることが嬉しいです。
お茶を始めて、色々な花の名前を覚えたし、草木に注意が行くようになりましたと言われる。

図録(淡交社版茶花図鑑)で宗旦槿としているのは、咲き方が風車のようになっていたと思うが、本当に槿の咲き方は同じ木でも、千差万別で区別がつかないのが正直なところです。
縞薄と合せましたが、薄の葉が少し多いようにも思われます。

午前中の留学生は写真撮る余裕無し。
b0197486_1194650.jpg

盆略点前をして戴き、留学生がお客。交代で留学生にお茶を点てて貰い、こちらがお客。
留学生の点てるお茶も日に日に上達しています。

b0197486_1110977.jpg

「紫野」と「松風」京都と熊本の組み合わせ。
※夜稽古はお菓子は別です。人数が多いので、同じ種類が足りない事も。悪しからず。

割り稽古をして疲れて来たのでお茶タイムに
丁度、この時間に午後の生徒が来られたので、点前を見て貰いました。
b0197486_11111629.jpg

こちらの留学生は一年経っているので、スラスラ出来ます。
その後は回り点で歩く練習とお茶を点てる。
b0197486_1016407.jpg

b0197486_1017992.jpg

せっかくなので顔も見せましょう(笑)
b0197486_1018121.jpg

韓流スターなみ!彼女募集中です。小母様方も歓迎します(笑)
b0197486_10172638.jpg


夜は来客があり、みなさん緊張。ド忘れや飛んでも無い手が出てきます。
b0197486_1021458.jpg

丸卓で薄茶点希望。来週は角棚で薄茶点希望らしい。
b0197486_10222753.jpg

唐物希望
b0197486_10242892.jpg

写真忘れた・・・で、最後の挨拶を撮ったら頭を下げていたので、再チャレンジで大笑い!

あとの方写真忘れてゴメンナサイ

b0197486_102697.jpg

主菓子の「桔梗」こういう盛り方も有り(我が家の坊ちゃまに頼んだら・・・)

8月13日に茶道の紹介をして2度目の稽古、文化も習慣も違う彼らですが、真剣に取り組んでくれて、少しずつお茶の世界に慣れてきています。
漢字圏である事と彼らが日本のアニメで日本の事を多く知っている事が強みでもあります。
例えばお菓子の「桔梗」は「犬夜叉」に出て来るよとか・・・・そのような接点からでも興味を持ってくれればありがたい。
by higashinuma | 2013-08-28 10:59 | 茶道 | Comments(0)

単衣

8月26日 月曜日 晴 涼しい 朝の我が家27.2℃ 涼しいより寒くて目が覚めた。
普通、27℃だと暑い筈ですが35℃とか続いていましたからね。
バンコクから山岳地帯のチェンマイに飛んだ感じでしょうか。
2日3日バンコクで過ごしてチェンマイに飛んでも涼しいと言うほど涼しい感じは無いけれど、高温が長く続いて、昨日の28、29℃から涼しいと感じている。
今週で8月も終わりですから、せめて29℃止まりを願う。
例年だと10月でも暑いですからね。

9月22日?に青年部の茶会があり、生徒が何を着るか迷っている。当然、暦の上からは単衣になるけれど、こう暑くては未だ未だ薄物を着たいであろう。
しかし、22日にもなって薄物はやはり可笑しいと思う。が、6月の初めころに薄物を着ている人も居た。
最近(昔からある生地かどうか知らない)は盛夏に着る物でも透けない生地がある。
もし、その時に暑かったら、それを着せようと思っている。
長襦袢等は盛夏の物で良いと思うがどうであろうか。

今年の「杜鵑(ほととぎす)」は開花が遅れているみたいですが、薄は穂を出している。
b0197486_7371990.jpg

35℃の日でしたが、ホッと息をついだ。
一度見かけるとそこここで見つける。
これは深大寺境内の虚子の碑の前
「遠山に日の当たりたる枯野かな」
この地で詠んだ句かは分からないけれど、と言うかこの地は盆地になっているので、遠山は見えない。盆地を抜ければ多摩川の川崎側丘陵やその向こうには富士山、大山、丹沢が見える。今は住宅街で想像もつかないがその昔は武蔵野台地で薄の原だった事でしょう。

今、困るのは茶花
茶花として育てている訳ではないので、唯一槿(むくげ)が頼りですが、それもだいぶ色褪せている。それに芙蓉も綺麗に咲いてはいるけれど、水揚げが難しく、夕方には凋むので茶会等では良いかも知れないが、夜までの稽古日には向かない。
昼顔も良いけれど同じく夕方には凋む。夕顔は未だ咲かないし、時計草や水引草、るこうそう、風船葛等街路樹の手入れでみんな引き抜かれてしまった。
なんと風情の無い事よと思うが、彼らには彼らの街路樹を整えると言う仕事があるので仕方無い。
けれど、そのような草類は生命力が強く、茶花として無理でも、だいぶ伸びてきているのが嬉しい。

明日は多分、槿と縞薄かなとイメージしている。
by higashinuma | 2013-08-26 07:53 | 街の景色 | Comments(2)

花火

8月25日 日曜日 小雨 我が家9時現在28.6℃ さほど蒸し暑くも無い

昨夜は調布市の花火大会。第31回調布市花火大会 〜スポーツ祭東京2013開催記念〜
多摩川土手に観に行く。今回はあの子の大学時代からの友達とその彼の友達も来ると言う。
ビールとつまみ。それにあの子が得意になった「だだちゃ豆」を茹でていた。

6時45分から7時45分の開催で、指定席は未だ多少ある模様。3万円席(4人席)一席残りを筆頭に数千円の席等がちらほら残っているようでした。
至近で観られるのはそりゃあ素晴らしいでしょうが、この街の人達は大方、土手の河原に集まる。
去年の様子から5時半には家を出る。
b0197486_9243452.jpg

前の傘は日除け。テントも張ってあったので、昼から来ていた様子でした。
b0197486_9242288.jpg

で、もうこんな感じで、場所取りも多く、夕飯を食べているグループやバーべキユウグループも居る。
上の灯りは露天商。結構店が出ています。
たこ焼き買いたい・・・並んで並んで・・・15分待ちなんて事も。
去年と同じような処に旨い具合に席が取れた。
b0197486_9271654.jpg

開始寸前の混み様
びっしり埋まっている。雨がポツポツ。
b0197486_9282479.jpg

前の席のグループは家族、親戚、知人一同に会しての感じ。
左は多摩川の護岸でこの辺りは急流になっている。

b0197486_9304936.jpg

b0197486_931781.jpg

b0197486_1083499.jpg

最後の1枚はネットで戴きました。
花火をデジカメで撮るのは難しい。
タイミングが合わないし、夜景では手ぶれもある。
頻繁に上がるから良いものの、シャッターが切れたら何も写って無かったと言う事も。
その点、携帯やスマホでの方が撮りやすいように思った。

途中で雨。それも水溜りが出来るほどに。隅田川の花火大会のようになって欲しく無い!
やりますねぇ!調布!雨にも負けず上がり続けました。9000発!
傘を持って行ったから良かったけれど・・・・。

浴衣の人も多かった・・・どうしている事でしょう・・・そう言えば、メイン会場では浴衣の着付けもやっているようでした。

小晴になったり、降りだしたりでしたが、最後までしっかり見物。帰る時は上がりました。

帰りも大変!何しろ土手に出る道がそうそうある訳ではありませんので、事故が起きないのが不思議なくらい。
その後は知り合いの中華店で会食。この流れが多いのか、いつもに増して繁盛している。
女将さん「花火何か行かれない」「でも、こんなに客が来たら花火より良いでしょ」「そうだね」とにっこり!

昔は我が家の玄関先で良く見えましたが、隣にマンションが出来てそれも駄目になりました。
距離的には土手も変らないが、気の所為か我が家から観る方がスケールが大きく感じられ、音響もマンションが振動するような迫力でした。玄関前にテーブルを出して、お中元のビールとかで宴会したのが懐かしい。
by higashinuma | 2013-08-25 09:50 | 所感 | Comments(0)

何を食べる?

8月24日 土曜日 曇り 今朝7時の我が家の気温28.5℃
寝ていて寒いなぁと思ってエアコン27℃設定を止めた。
外気が下がるとエアコンの室温でも肌で寒いと感じる。

今日は調布市の花火大会が予定されているけれど、大丈夫なら良いのですが。
あの子の友達と一緒に見に行って、一緒に夕飯のつもり。

さて、毎日の食事は本当に困る・・・・楽しみな半面ですが・・・・
例えば、宇宙食(未だ未経験ですが)のようにとか、もっと極端には薬のようにとか・・要するに生命を維持できれば良いのですから簡単には行かないのだろうか?

話飛んで「何故、みんな(ねぐら)と言う物を持って、自分は自分の処に帰るのだろう?そして、自分の食事を取って、自分の布団に寝る。
全く何も決まっていないで、誰でも何処でも、食べられたり、寝られたりしたら余程自由なのに・・・・
そんな風に考えた事は有りませんか?

青テント村の住民ですら、自分の物と他人の物を区別している。
運命共同体なんて絶対に言葉上の事ですね。本当はサラサラ考えて無い。

遠い昔の狩猟民族の血が、それらを思い起こさせるのだろうか?

昨夜は久しぶりに魚メイン
b0197486_9594168.jpg

鮭の西京味噌焼き
銀鱈もあったけれど、鮭二切れで銀鱈一切れの値段。躊躇って鮭になった(笑)

b0197486_1025033.jpg

鶏と茄子の炒め物
箸がすすむ。

b0197486_1034640.jpg

エバラ浅漬けの素は超便利ですが、漬けた物を買った方がもっと便利(笑)
白瓜、胡瓜、人参に大葉がほんの少し香る。

トマトサラダ

食事は粗末にしないのが基本。
旬の物を戴く。色数を多くする。五味を大事に・・・・一応考えてはいるんですよ。

前に読んだ本に「食事は全て死骸を食べている」とあった。そんな風に考えてみた事が無かったので、ちょっとショックだった。でも、確かなんですね。
今回は鮭の死骸の焼物と鶏の死体を刻んだ物。野菜もしかり。生命体を絶って食べている。
まぁね、学者の論文なので、このような見方になるんだろうけれど、それじゃ食事ってつまらないものになる。

有り難く命を戴く「戴きます」とは良く言ったものです。キリスト教徒の食前に祈りを捧げるのも、このような意味があるのだろう。パンはキリストの肉で葡萄酒は血としている事からも、もっと分かりやすい。

何を食べる?
生きた豚を見ていて、今日はこれを食べるぞとか、庭を走る鶏を見ながらこいつが美味しそうだとは、かの国や嘗ての日本もそうだったと思う。日本でも未だ、魚が水槽で泳いでいるのを「これ」とか「あれ」とか言っている処もある。輪廻転生と言うが、明日は我が身と言う事もあろう。

そうそう簡単に決められないのは無理も無い事と思われる。
by higashinuma | 2013-08-24 10:25 | 食事 | Comments(0)

言う事聞かない

8月23日 金曜日 曇り かなり湿度が高い
バンコクの雨季の朝はこんな感じですね。それで陽が差して夕方から雷雨のパターン。
あの熱帯の雰囲気です。

昨日、午後から常連さんの集まる喫茶店に行った。常連言っても何か趣味の会とかでは無く、ただ親爺から爺の範囲が駄弁るのですが、これが結構私には街の情報源になっている。偶に婆が入りますが。

現役の時は家・駅・会社の往復で、街にどんな店があって、どんな人が住んでなんて、全く無関心にならざるを得なかったが、ここに来て珈琲啜っているうちに、あの駅の処に安くて旨い寿司屋が出来たとか、こんなちっちゃい街にディスコがある事や、凄い著名人が住んでいる事などを知った。
そんな一人が珈琲タイムでやって来た。以前、一度何処かで見かけたが、アメリカ出身の黒人歌手。二人で色々と雑談をして、流暢な日本語、来日30年と言う。「プールに行ったら温泉だったよ」とか「芋洗い状態」などさらさら出て来る。近く、娘と公演するからと案内状を戴いた。娘さんは在米なので、スカイブで音合わせをしているとか面白い話だった。
b0197486_9433582.jpg

テレビコマーシャルにも出演しています!一瞬だったので^^;

夕方、銭湯に行ったら、ここでも白人に会った。偶に外人を見かけるがこの人は初めて。特別、話す事も無い。その後スーパーに寄ったらここでも外人に会う。
恐らくアジア系の人なら毎日多く会っていると思う。タイ料理の店の知人や中華料理店の知人、この前サムゲタンを戴いた韓国人、近くの都営団地の中国人等々。
今日は欧米人と黒人に三人も出会った事がかなり珍しい。

最近はあの子が良く夕飯を作ってくれる。
夏休み中で家でゴロゴロされるのはアウトドア派の私には気が滅入るし、連れ出そうとか、一人で出かけるのも気が重い。こんな中で唯一有り難い。

水曜日、留学生の茶道稽古のヘルプに出ていたので、夕飯は作ってくれた。
b0197486_1041653.jpg

冷やし坦々麺
写真撮る?と、さっさと焼豚や煮卵を載せてくれた。卵は半分切れば見栄えが良いのに、そこは漢(おとこ)の料理。
手際は良いのです。大学院の時に近所のラーメン屋でバイトしてましたからね。
b0197486_1094319.jpg

ラトゥユ
他の料理に合わないので、明日食べる事に。
私の作るのを見ていて覚えたらしい。

同じものを飽きるまで食べたいと言うのが証明されました(笑)
つい最近食べている内容ばかり。

b0197486_10124890.jpg

切干大根の煮物
是は手伝いに行った先生の手作り
定番の食材に定番の味付けですが、私はこういう物が食べたい。
あの子は一口箸を付けたのみ。

パソコンが調子悪い。
朝、8時頃書いたのに全部消えてしまった。
マウスも今一。キーボードの左下側には手を載せるので、その時にパソコンボディの何かが押えられるのかポインタがズレて、見ていないととんでも無いところに字を書いて居たりする。

葉故、可後、華氏等々・・・(はこ、かご、はなし)の入力で変換が出来ない。
箱に入れる、可後の花池、話に加わる・・・(はこにいれる、かごのはないけ、はなしにくわわる)
何べん入れてもこんな状態。
私は富士通のパソコンが好きです。
by higashinuma | 2013-08-23 08:00 | 食事 | Comments(2)

飽きるまで

8月22日 木曜日 曇り 涼しい

昨日は水曜日に留学生の茶道稽古をお願いした先生のヘルプ
今年は火曜日に5人と水曜日に確定3人未定2人(来週返答)の稽古申し込みがあった。

その内の2人は大学院進学の為に再来日。一人は日本の大学に入学の為に来日しているので、近郊の大学、大学院へ各々入学が決まれば卒業までは稽古を続けると言っている。

去年は再来日で広島大学へ入学したので、残念でしたが、こうして1年間の茶道教室の教え子が又来てくれること、そして裏千家の茶道を学ぶことは些細な事ですが、互いの国を理解する事に少しでも貢献出来ているかと思うと嬉しい限りである。

話変り我が家の坊ちゃまは食が面白い。「僕は好きな物を飽きるまで食べたい」
で、作る料理もこの一言で毎回変り映えしない。
彼の作った月曜日の夕食から
b0197486_912267.jpg

空芯菜炒め・・・この頃メキメキ上達。色も艶も美味しそうでしょう。唐辛子は入れない。

b0197486_915420.jpg

ゴーヤと鰻の炒め物
・・・前回ネットで作り方を見たと言って豆腐を入れていたが、豆腐抜きで生姜を入れて貰う。

b0197486_93462.jpg

叩き胡瓜の即席漬物
・・・久しぶりに登場。胡瓜を叩いて炒め、ラー油、醤油等調味料に入れる。

b0197486_943860.jpg

サムゲタン
・・・在日韓国人の方に一鍋戴いて、これは少し食べてから、写真と言う事になった。
鶏と朝鮮ニンジンたっぷり。他に色々入っている。
旅行疲れで、元気付けに作ったらしい。

他には
枝豆は「だだちゃ豆」があると買ってくるようで、ネットで茹で方を見たらしい。
それに玉蜀黍。是は皮を全部剥かずにホイルで包み、オープンで焼く。

私が教えた作り方もあるけれど、自分なりに調べたりで、どれも美味しく出来ていました。

後は、流しを綺麗に使う事。ゴミ処理をキチンとする事。食べた後の片付け、皿等は洗ってくれますが籠に立てるのが雑なため、後で困る。
以上宜しくお願いします。
by higashinuma | 2013-08-22 09:14 | 食事 | Comments(2)

新たな

8月21日 水曜日 薄曇り 雷雨予報

昨日は火曜日稽古で、男子留学生が10時から稽古予定。午前稽古は初心者教室以来。
電車の中で先ずお菓子屋から電話。教室には10時に着くとメールで返信。

教室の廊下に学生が所在無さげに待って居る。
いけないなぁ!10時稽古なんだから少なくとも10時に着くのは自分として許せない。
聞くと板橋の方に寮があると言う。川崎まで1時間はかかる?ゴメンナサイ!
同時刻にもう一人いらした。手伝って下さる気持ちで来てくれたので有り難い。

「掃除は?」「割稽古で歩く練習とかだし、汚れも無いようです」
「お湯沸かしましょうか?」「後でお茶時間に沸かしましょう」
結局手抜き。ですが、軸を掛けて、花を入れてくれますか」

留学生は言葉から指導しなければならない。
「ハーフパンツは足が痛くなるから、来週は長いパンツを持って来て、履き替えなさい」
「靴下は?履き替えた?来週から綺麗な靴下持ってくるように」
先週説明したのに理解して居なかった。全部紙に書いて振り仮名付けて説明する。
・・・・何処まで分かっているかの見極めが難しい・・・

短冊の「滝」は少し寂しいのでこの軸にした。
b0197486_8413359.jpg


b0197486_8414516.jpg

手伝って戴いて良かった。巻緒は勝手付の方にしますよ、軸の高さは、等々普段拝見しているだけでは気づかない点が見えて来る。
花はガラスの灯台型に「アンデスの乙女、猿滑り」
黄色がアンデスの乙女ですが正確な名前は忘れました。ねむの木の種類で夜は葉が閉じます。熱帯地方に多くあるレインボウツリーの仲間。
他に槿や杜鵑(ほととぎす)を用意してあったが、この取り合わせが良かった。

b0197486_8471329.jpg

留学生は自服にして貰った。写真撮る余裕無し。
彼が帰った後に盆略点前の稽古。午後稽古ではこの点前になる。
一年ぶりですが結構覚えておられます。

b0197486_8493643.jpg

去年勉強しただけあって流石です。
午後は男子一名と女子三名ですが、やはり写真撮っている余裕無し。
歩く練習、襖の開閉、棗と茶杓の清め方。午後は比較的日本語が分かるので、指導しやすい。

b0197486_8522635.jpg

少し早く来られた生徒に盆略点前を
b0197486_853618.jpg

9月の青年部茶会で点前をするらしいので、希望で
b0197486_8535726.jpg

先週、洗い茶巾と流し点を勘違いされて、今日は流し点を希望
私が細かい処を忘れている・・・・来週から希望があったら前もって連絡下さいと言う事に
b0197486_85618100.jpg

夜稽古の生徒は資格も上がってきているので、全員例えば四ケ伝の稽古と言われても、濃茶を四杯も五杯も戴けないと言う事で、ローテーションでと伝えてあった。
今週はこちらが「唐物」と言う事らしい。
主菓子は「しぶき」
葛の茶巾絞りで中に白餡を入れて戴いた。美味しいけれど、食べにくいのでやや不評かな。
b0197486_8595627.jpg

b0197486_901131.jpg

今年最後の洗い茶巾でとの事
もう大丈夫ですね。

「僕の写真は?」「お点前して無いでしょう!」
あの子は午後から色々手伝ってくれました。

家に着いたら久しぶりに24時。
伺うのが20時頃の連絡が2名・・・・色々と仕事の都合もあるでしょうが、火曜日は茶道稽古と分かって居れば調整して戴くとありがたいです。

干菓子は到来物様々。写真無し。

※鏡柄杓と言いますが、私は柄杓を構えると言います。実際、鏡として映るでしょうか?それを言っていたら、妙に角度を下手に構えている生徒がいます。鏡に映らないからと言われたと言う。
言い替えて「宮本武蔵が柄杓を構えていたら、空きが無く、賊が打ち込めなかったと言う」故事を話しました。小学生の頃に剣道をしていたと言う生徒は直ぐに綺麗な構えが出来ました。
私は剣道の事は分かりませんが上段の構えと言うのでしょうか。やはり真剣を構える姿が良いと思います。

因みに風炉の柄杓は風炉の上では弓道の扱いです。「引き柄杓」で矢をつがえ弦を引く姿。それを止める「止め柄杓」(昔は置き柄杓と言っていた?あれ?今がそう言う?←今は「置き柄杓です」)それから矢を放つ「切り柄杓」です。
そのようにみると武道の精神が多いに取り入れられている事に気づくでしょう。
従って私は「構え柄杓」「止め柄杓」が宜しいかと・・・・宗家に怒られるかな(笑)

※点前も所作も細部は結構変りますが、温故知新が一番と思います。何故そうなのかを知っている方が豊かに思われます。

毎年、新しい留学生が稽古する事で、私も含めて社中が新鮮な心構えになるのがありがたい。
今日、水曜日は6人留学生が来る予定。他の先生に預けたので、ヘルプに行く予定です。
by higashinuma | 2013-08-21 09:15 | 茶道 | Comments(0)

茶道をとおして日々の流れをつづる