<   2014年 01月 ( 21 )   > この月の画像一覧

久しぶりの映画館

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

by higashinuma | 2014-01-31 13:18 | 映画

スパリゾートハワイアンズ

26年1月30日 木曜日 曇りお昼頃から雨予報

スパリゾートハワイアンズは昔は常磐ハワイと言っていた。
映画「フラガール」で一躍有名になりましたが、昔は炭坑町であったのを見事に変身させました。
私も映画館でテレビでと、都合3度も観ました。
この辺りの事はネットでどうぞ・・・

会社勤務時代にはこの近くの「いわき市平」まで、毎月一度は出張していましたが、ついに一度もここには行けずに終わりました。
去年、生徒が家族と一緒に行って「良かったよ」の連発で、その念い(おもい)は募るばかりでした。
そして、今年、初釜が終わって、チケット買ってあると言われ嬉しい反面、勝手に決めてあった事に怒る!
確か、一万円で往復送迎バスと一泊朝食込みホテル代のような気がしました。

新宿からの送迎バスで約3時間程かかり、ここに到着。途中、2回ドライブイン休憩。
平日ながら若いグループや爺婆グループで満席でした。
・・・・新宿の他、横浜とか各地から送迎バスが出ています。
上に書いたように、電車出張していた事で、ここの会社に勤務する社員の結婚式に招待され、一度は式場の送迎バスに乗った事があるが、こんなに時間がかかるとは思いもしなかった。

お昼少し過ぎた頃に着いて、チェックインは未だ出来ないとの事。とりあえずリゾートでの昼食。
しっかりリゾート値段です(笑)
ホテルは新旧二つの建物で我らは旧館。部屋の窓からは冬山の眺め。多分ボタ山が数十年経て植林等で緑の多い山になったのかと思われた。

ウォーターパークで泳ぐには無料のようですが、スラダーとかは有料のようです。
とりあえず、大浴場。水着着用の大浴場もあるが、日本人なら浴場と言えば当然「裸」でしょう。
確かに大浴場・・・温泉ですがあまりそれを感じさせないし、ここが常磐ハワイである感じは無い。

楽しみは夕食ですがビュッフェに行く。う~ん・・・・「お勧めは?と聞く」と鳥の唐揚げを指差して「是かな」。
内容は想像してみて下さい(笑)
因みにポリネシアン料理は経験からするとバーべキュウ以外は私は苦手かも。なので、ここにハワイの料理が殆ど無いのは正解と思う。ただ、ビールは置いてあったので、それを頼む。

そして、もう一つの楽しみはメインの「フラショー」
生徒が言っていたように指定席を取る。3時頃に指定席(8百円席)を取るが、前の席(千円席)は既に満席でした。
指定席はワンドリンク付きで千円席はフラガールとの記念撮影が出来る。
あの子は無料席で良いと。
b0197486_954615.jpg

夜のショウは写真が良く撮れていません。フラッシュ禁止とか色々制約があるのです。
どれも素晴らしい!

フラガールがQC活動で全国大会の賞を取った事はご存じでしたか?
単なるショウと侮ってはいけません!映画の中で人前で裸で尻を振って」と母親が激怒する場面がありましたね。でも、踊り子のあの努力が感動を呼ぶのです。

翌日はホテルの送迎バスで湯本に行きました。やはり「いわき」に行きながら一度も下りた事の無い駅です。
この時期は正月休みも終わり、閑静な温泉町の様子です。
b0197486_919263.jpg

b0197486_9193864.jpg

b0197486_9195047.jpg

駅前通りに音楽の像が並ぶ
野口雨情が大正時代にこの地に4年間?住んで居た事からか?

常磐線で通ると大きな井戸掘り機が見えていて、前から気になっていた。
ここは「ほ・る・る」と言って炭坑の展示館のものだった。
一階は恐竜の展示で迫力があり、かなり見応えがある。
b0197486_9361099.jpg

b0197486_9353280.jpg

二階からはエレベータで坑道に下りる雰囲気を味わいながら、実際の炭鉱の様子が展示されている。
ここも初めて見るにはお勧めです。
炭坑夫と言う位で、男の仕事と思っていた。女は選炭。しかし、女も上半身裸で坑道に入っているのです。
盆踊りで有名な「常磐炭坑節」はここが発祥ですね。
参考に・・あの踊りは「掘って掘って、担いで、トロッコ押して、チョチョンガチョイ」ここを見学して成程なぁと思いました。

ホテルに戻り昼食
b0197486_942445.jpg

b0197486_9425618.jpg

値段の割にねぇ~。はっきり言います!美味しければ値段は妥当と思います。
一応ホテルですから従業員も、(気取って)います。食べていて普通はにっこりするところですが、ずっと文句タラタラ。
バスで自宅からおにぎり持って来ていた多分リピーターが居ました。
b0197486_9465138.jpg

b0197486_946253.jpg

これは昼のショウ。夜より15分ほど短いですが、食事での不機嫌が直ります(笑)
帰りのバス時間までに良い時間です。
多分、これを見て、帰ったら又、来たい気分になるかも。

総合評価・・・一度は体験を。湯本の「ほ・る・る」はお勧め。

by higashinuma | 2014-01-30 08:26 | 旅行 | Comments(0)

大炉

26年1月29日 水曜日 晴

事故で心配下さった皆様ありがとうございました。昨日も無事に稽古出来ました。

さて、2月11日の大炉の茶会の為に今日からは炉を開けて稽古しました。
自分で炉を開けて良いのですが、顔を立てて先輩講師にお願いしてあった。
因みに稽古場の釜は菊桐の紋が鋳込まれた政所釜(高台寺建立の秀吉正妻北の政所から)。この釜は姥口です。当然ですが、五徳の高さもこの釜に合わせていました。
しかし、私が使いたい釜は野馬釜(政所釜と口の大きさはやや小さい位です)。なので五徳の高さが違います。・・・本来、五徳は使う釜に合わせて高さを決めるのです。
でも、教室は日替わりで使いますので、ここで高さを替えると翌日使う方に迷惑になりますので、柄杓の置き方は違いますが、お客様にその事を説明して姥口釜と同じ扱いにする事にしました。

b0197486_854989.jpg

大炉は下座床になるため花入れはいつもと逆に置きます。
b0197486_86555.jpg

全体の様子
b0197486_872437.jpg

逆勝手で稽古していたので、場所が変わっただけなのに手が思うように動きません。
でも、コマ送りではキチンとしていますから、自信もって下さい。
留学生も大炉の稽古をしました。
b0197486_8101793.jpg

棗の手、指はくっつけて!
b0197486_8104972.jpg

柄杓の持ち方だいぶ良くなりました。
b0197486_8114559.jpg

写真のタイミングが変ですね。踊っているみたい。
こちらも場所が変わったので・・・・と言うか客側の話に気を取られて・・・
茶会では亭主と客の会話ですから、点前がそれに気を取られて失念するようでは困るのです。
b0197486_8144574.jpg

もう、本番大丈夫でしょう。
b0197486_81539100.jpg

「越の雪」口溶けが良く美味しいです。
b0197486_816536.jpg

寒牡丹
今日は濃茶点前が無いので、自由にお茶を点てて戴きました。昼間はいつもこうしてお喋りタイムがありますが、夜は初めてかな?

写真撮れなかった方、ゴメンナサイ

by higashinuma | 2014-01-29 08:18 | 茶道 | Comments(2)

小籠包

26年1月27日 月曜日 晴 昨夜から凄く寒くなりましたね。

上海でガイドブックに載る有名な小籠包は豫園と言う庭園の入り口、豫園商場がいつも賑わいを見せています。
あの、ジュワーっと熱い汁はどうして出てくるのでしょう?

本格的に作る時は帆立とか旨味具材を鳥皮と一緒に煮混んで「にこごり」を作り、それを小籠包の餡に混ぜるようです。ですから、蒸すまでの時間が勝負。
この前食べた店でも、従業員が懸命になって包んでいました。
餡は肉だけの物、海老を混ぜた物、蟹を混ぜた物等があり、お昼頃には肉だけの一番安いものは売り切れでした(笑)

今日みたいな寒い時は熱々の小籠包美味しいです!
日本ではそんなにメジャーではないので、冷凍された物を注文に応じて蒸しているみたいです。

一緒に食べた海苔スープは簡単で美味しいです。
チキンコンソメを沸かせて海苔を千切って入れ、卵を掻き玉汁を作る要領で出来上がり。葱を刻んで入れたりします。
今回食べたのは、薄焼き卵を小さな短冊に切って入れたものでした。

我が家で夕飯に汁物が欲しくて試しに作ったのですが、中国にあるとは思いもしなかった。
我が家では韓国海苔しか使っていないのですが、浅草海苔でも同じに出来ると思います。
海苔は中国語で「紫菜(ジーツァイ)」なので紫菜湯になります。
簡単で美味しいのでお客様料理の一品にも如何でしょうか?

※韓国の「若布」も美味しいです。乾燥若布をお土産で戴いたのですが、海の香りが素晴らしいです。

※教室のホームページも更新しましたが、間違いもあります。前田宗哲で開けます。
 管理者に依頼しないとアップ出来ないので、とっても煩わしい。本音を言えば、管理者は教室から離れてい るので、其々の講師が自由にアップ出来るようにして欲しい。けどね、自分しか出来ないと言う自負がある  以上それは無理かも。
 

by higashinuma | 2014-01-27 08:00 | 食事 | Comments(0)

上海で小籠包

26年1月26日 日曜日 晴
連日の寒い朝に比べて今日は比較的暖かい。
昨日夜から目の辺りの内出血で所謂「あおたん」状態になってきて、今朝は殴られた後のように腫れている。
MRI検査で異常無かったし、昨日先生は傷は塞がっているから洗って良いと言った。
手の打撲も昨日は腫れが引いて来ていたのに、今朝は又、腫れている。
痛みも無いし、普通にしていますので、心配しないで下さい。
昔、体育館でスポーツ中に足の筋を切った時は一週間以上内出血のままだったので、それ位はかかるのだろう。この時は運が良く看護師さんが来ていて、救急処置をしてくれた。

病院には色々な人が人が来ていますね。成形外科にマスクしている中年の小母さんが来ていて、その人と看護師の話を何気に聞いていたら、顔を正面から殴られた様子だった。

さて、長引いた年末年始の続きは今日で終わりにしようと思う。
1月4日の上海は息が白く見えるほどの寒さだった。
心配したPM2.5は大丈夫そうです。上海は晴れていても薄曇り状態のような記憶しかない。例えば冬のパリみたいな何となく「どんより」とした空で朝が遅く夜が早いようなところがあるようです。冬の上海は初めて。

あの子が小籠包の美味しい店に連れてゆくと言う。
南京路歩行者天国から何処をどのように歩いたか分からないが、あの子の頭の中には入っている様子。
でも、ガイドブック忘れて出て来たからうろ覚え見たいです。
上海はバンドと言う地域に近くなって歴史的建造物が多く残っています。バンドは租界。戦争の遺物。
b0197486_82573.jpg

表通りから路地に入ると
b0197486_835882.jpg

砂糖きびと柘榴のジュース売りです。
サンパウロに行って以来の砂糖きび絞り機!懐かしい。
確かこの辺りだったのに・・・・一人道を聞いて・・・・通りは合っていた。もう少し先に行くだけだった。
家で何が何処にあるかも分からない人が、ガイドブックを記憶しているなんて凄い!

b0197486_88226.jpg

店のレジの後ろにメニューの掲示板があり、殆どのメニューが外されて今は是しか無いと言う表示だ。
注文後に籠に並べて蒸したてを運んでくる。客席は少ないので、知らない同士でも席を詰めて座る。
美味しい!最初、そんなに食べられないと思ったが、意外とイケる。
海苔のスープ・・・このスープ前にブログに乗せたと思うが、韓国海苔(味付けの無い大版海苔)を沢山戴いて何気に作ったものと同じだった。
店は行列が絶えない
b0197486_815754.jpg

店内の厨房は忙しそうに小籠包を作っている。見事な手さばき。
ジューシーなのはどうして?
b0197486_8171274.jpg


あの子が言うには道路を挟んだ向うの焼小籠包の店も評判だと言う。
b0197486_8183564.jpg

未だ食べられるからこちらも試そうと言う事で
b0197486_8352763.jpg

やや大きいが、こちらも軽くイケる。
b0197486_83789.jpg

b0197486_8373120.jpg

台湾から来ている人達と合席だった
b0197486_8465171.jpg

片言の中国語でコミュニケーション。こういうの大好きです。
b0197486_8393437.jpg

こちらの店内は先程の店の倍ぐらい広いし、村の食堂から町の食堂に来たと言う感じかな。
b0197486_8405953.jpg

綺麗に焼けています。
カリっとした食感の後にジュワーと汁が出る。先程の店より大きくてもっちりしているので食べ応えがある。

※写真と書き込みが一部(後半)合っていませんが、スル―で宜しくです。
 上海の街も沢山撮っていますが、今回の旅行はこんな処で〆ます。

by higashinuma | 2014-01-26 08:43 | 旅行 | Comments(0)

事故った!

26年1月25日 土曜日 晴

昨日は良い天気で暖かい予報。久しぶりに府中の市場に行った。我が家からは多摩川土手を凡そ一時間のサイクリングです。買物を済ませ、美味しい店で昼食を取って帰り路・・・・素直に土手を帰れば良かったのに、気になる場所があって帰り路なので、土手のサイクリング道路を外れて寄り路をした。

そして、その場所を確認して、いつも通る道から再び土手に上がろうとした。土手は高くなっているので、坂道を登ったが、前にお歳の爺。ベルを鳴らしたけれど、気がつかない様子。それで左側が通れそうなので、追い越しをしたらその人が寄って来て、自転車の何処かが絡んで、外れなかった。止まるに止まれなく、外れた瞬間に私は土手下の車道に滑って行った事で、大きく転落してしまった。
この瞬間、人生の終わりを感じていた。何しろ車道は車が多く、道路が狭いので、間違いなく轢かれてしまう。

こういうのは運ですね。軽トラックの箱(良く弁当屋が使っているような)が通過中で後輪の箱辺りにぶつかって、路上に落下した。運転手は直ぐ止まって、大丈夫ですかと声をかけてきました。
頭からの出血は分かっているし、意識も大丈夫でした。
後続の車も車間距離を空けて止まってくれたので、車に轢かれる事は無かったし、引きずられもしなかった。
これがダンプだったら巻き込まれていた。

私は仰向けに倒れたまま、声を掛けてくれた人に「救急車呼んで下さいと」と頼んだ。
数人が寄って来て、救急車呼んだ?とか警察は?とか言っている。
救急車を呼んでくれたのは多分運転手。場所が分からない様子で周りに聞いている。
ヘルメットを付けた叔父さんが、止血をしてくれ、首に枕のようなものを入れてくれた。
コンクリートの上は寒いし、しかも土手の陰で日が当らない。

救急車は中々来なかった。そして消防車が来てくれて、その場で応急処置をしてくれた。首に固定を付けたがこれが何とも煩わしい。
多分、30~40分は待ったか救急車が来た。
その間道路に寝たままなので、寒くて、毛布を掛けてくれたけれど、手足が凍るようだった。
その所為か膝の上がつって痛い。私の判断では筋肉痛が冷やされて痙攣している←後で医者に聞いてもそうだったようです。
そして搬送先を聞いているが、症状とか全部話して後に、忙しいからとか手術中とか言って、四軒位断られた。その探す時間も10分以上はかかっていた。
最終的に府中の病院が決まり、乗っていて遠いです。帰り路を心配しました。

一番近い大学病院は先ず受け入れない・・・是で救急車は4回目(恥ずかしいが)いずれも断られた。
搬送先では凄く親切に的確に対応してくれました。

最近、救急を受け入れずに、搬送先の処置が悪く亡くなって賠償裁判を起こしたニュースがありましたね。

あれは凄く分かります。症状を全部言って何科と何科にかかる事を伝え、其々に了解を取っている。是って変です!救急の原因を言って受け入れて、初期診断の後に必要な科で見て貰うのが、緊急時の対応では無いでしょうか。

今日は再診外来で傷は塞がっているので、お風呂も頭を洗うのも大丈夫ですとの事でした。
頭に切り傷の損傷はありますが、大事ないのでご安心ください。

携帯を忘れて出て、あの子の連絡先が分からず、看護師さんに仕事先に連絡して貰い、伝言をお願いしました。個人情報なので、携帯の番号は教えられないと言われたそうです。確かに。
で、暫くしてあの子から連絡が入り、来なくて良いと言いましたが、病院に来てくれました。
でも、顔を見て安心したことでした。

火曜日の稽古日は午前中はお休みしますが、午後からはいつも通りです。宜しくお願いします。

by higashinuma | 2014-01-25 08:08 | 所感 | Comments(0)

美味しかった!

26年1月24日 金曜日 晴
今日は暖かい予報・・・久しぶりに市場に行こうかな・・・・

自分で作った物は美味しいに決まっている!そんなものかなぁ~
歳をとるにつれて子供の頃に食べていた料理が食べたくなります。

昔、神戸出身の奥さんが秋田出身のご主人から櫛形に切った茄子の味噌汁が食べたいと言われて、どういう物か分からなかったと言う話を聞いた事がある。
本当かどうかは知らないが、神戸の奥さんは茄子を横に切る事しか知らなかったらしい。ご主人は縦に切った茄子が食べたかったようです。

それに東京出身の奥さんが栃木出身のご主人の家で酸っぱくなりかけた白菜漬に唐辛子と醤油をたっぷり掛けたお茶受けを出されて食べられなかった話も聞いた。

地方色と言うか色々な料理があり、若い間は物珍しく食べた物でも、お袋の味と言うか懐かしい味が何気に食べたくなる時がある。今は地方の食材も余程の物で無い限り手に入りますので、思い出して作ってみたりする。
先日、福島県いわき市に旅行して「八重の桜」でも料理していた「まめぶ」料理のセットを買ってきた。
同じく「あまちゃん」でも「まめぶ」料理があったが、内容が全く違います。
時間がある時に試してみたいと思っている。

私はお袋の味を知らない。母は当時流行っていた結核で、体調の良い時は家に居たけれど、私が知っている限り殆ど病院でした。なので、母の実母、祖母のもとで育ちました。
祖母は料理教室で習った自家製のマヨネーズや家で採れた焼林檎等を作るような人でしたので、今思えば当時としては探究心の人だったと思います。「ごちそうさん」のような。

今は納豆汁やとろろ汁が食べたい!夏には茄子と大葉の味噌炒めが食べたい!
そんな物簡単でしょうと言われそうですが、そうは行かないです。味の素(出汁の素)を入れるのとは違うのです。

b0197486_757742.jpg

ほうれん草と焼豚の炒め
b0197486_7572181.jpg

人参の卵とじ。風邪をひいた時に良く食べます。人参一本を大目の味噌で煮込み卵でとじて鰹節をふる。
b0197486_8185999.jpg

キッシュ或いはスペイン風卵焼
ほうれん草の下は椎茸と牡蠣

b0197486_8255527.jpg

蛸のサラダ
蛸、ブロッコリースプラウト、ミニトマトを梅酢ソース
b0197486_8272158.jpg

ほうれん草と椎茸のソティー

あ!これ一日分では無いです(笑)風邪ひき状況の人が居ますので、免疫アップ料理を作っています。
それと
b0197486_8293221.jpg

茶道教室の生徒手造り。戴き物のクッキー
食べた後で残りをパチリ・・・・・美味しいです。益々磨きがかかってきました。
泉屋クッキーの後を追うか←意味の分からない方は泉屋クッキーを検索「昭和生まれだ、文句あっか」がお勧め。

※写真だと皿の大きさが分かりませんね。
  透明の耐熱皿が一番大きく25㎝位、ピンクは約12㎝位です。

by higashinuma | 2014-01-24 07:49 | 食事 | Comments(0)

上海へ

26年1月23日 木曜日 晴

一月の残りも一週間ばかりとなりましたが、旅行の続きをもう少し・・と言うか後二日分書き残している。
「他人の写真見てもねぇ~」と言う声が聞こえていますが、これは私の日記なので・・

3日の夕方中国東方航空便で上海に向かう。この後の便で約5時間?空港に滞在すればそのまま帰国出来るのですが、例えば韓国インジョン空港のような設備が無いとかなり辛いものがある。なので、上海で一泊する事にしたのだ。

b0197486_8254110.jpg

バンコクの国際航空スワンナブームでANAのパンダ便発見!

b0197486_828437.jpg

バンコクから上海便での機内食
4時間位のフライトですが美味しい夕食でした。
何かと口コミが悪かったのですが、ロゴマークを前に戻したあの航空会社より、ずっと良いと思いました。
パンがひっくり返っているのはご愛敬。

上海へは23時30分頃到着?一路タクシーでホテルに向かう。
リニアで行っても結局その駅からはタクシーになるので、空港からタクシーで向かった。ホテルまで一時間弱?。リニアは上海万博の時に乗っている。
上海は予想通り寒い!
インターコンチネンタルホテル浦東
b0197486_8333949.jpg

b0197486_8335888.jpg

b0197486_8342674.jpg

浴槽とシャワー室は別。サニタリーが使いやすい・・・・何処のホテルもそうなんですが、トイレも一緒なのは皆さんはどう思われますか?ゆっくり湯に浸る習慣の無い欧米人の仕様ですよね。

4日は小籠包の昼食と言う事であの子が連れて行ってくれました。
上海は三度目ですが、街に出ると方向イメージが狂う。
最初の訪問は立ち入り禁止地域、写真禁止地区等々色々な規制があった時代です。
黄浦江の畔でアイスキャンディ日本円1円で10本買えた時代が懐かしい。

地下鉄で人民広場に出る
b0197486_853896.jpg

b0197486_8544253.jpg

南京路歩行者天国をブラブラ
b0197486_855648.jpg

この歩行者天国は結構長い道なので、有料バスもある。
b0197486_9329100.jpg


バンドの方向へ歩いています。暫くはお上りさんです。

続く

by higashinuma | 2014-01-23 08:41 | 旅行 | Comments(0)

逆勝手

26年1月22日 水曜日 晴
 
バンコクで非常事態宣言されましたね。外務省からは渡航禁止では無いようですが、気になります。
昨日は帰りに予報通りの雨。私は置き傘がありますが、少し前に帰られた生徒は大丈夫だったか気がかりです。寒い時期なので、雨にぬれて風邪をひいたら大変です。
傘は教室に何本か置いてあるので、遠慮なしに言って下さい。

b0197486_8535966.jpg

b0197486_8541610.jpg

軸は今月は「寿」で
毎度の事ですが、蘇州寒山寺性空和尚の染筆で「まくり(表装無し)」で買ってきました。
表装は今は亡き知人が表装を趣味にしておられその方のものです。
手前味噌(こう言う場合も言うかどうか)ですが、気に入っている一軸です。
花は「有楽椿と木瓜」を備前旅枕に入れました。

午前生徒が遅刻して来られ、その後真台子と皆具を寄贈として届けて来られた方が居られ、稽古途中で運び入れて貰ったので、実際の点前は15分位です。
慣れてきましたので、そんなに直す事も無く進んでいます。
b0197486_922256.jpg


午後はこの方から
2月11日の大炉の茶会の稽古です。
b0197486_925634.jpg

若い子は手指が綺麗だからと気にしておられます。けど、蔭から「歳をとったらその魅力を発揮しましょう」と声がかかりました。点前も綺麗になりましたので、自信を持って下さい。

b0197486_962574.jpg

大炉の稽古なので、蓋置は縁内5目に取りこんでいます。

午後の留学生は菓子付花月です。
b0197486_972487.jpg

彼女は大炉の茶会で点前予定なので、着物で稽古しています。
稽古を始めて二年目。期待の新人としてデビューなるか!

b0197486_994392.jpg

彼は一年の留学なので、帰国して一年大学で学び卒業して再来日予定、お茶を続けると言ってますが・・・。
b0197486_9104882.jpg

キチンと指導すれば綺麗な点前をされますが、ちょっと我流になりやすいかな。先生の問題ですね。
b0197486_9121948.jpg

写真を撮りますよと言った時位はキチンとして欲しい(笑)

b0197486_9133180.jpg

茶会では友人とか家族を連れて来られるとの事。
蔭から「お母さんの前で点前間違えたらどうする」私「間違えたら間違えても大丈夫。私はそんな風に教えて無いと言うから」・・・・凄いプレッシャーにもめげずに頑張っています。(笑)

冗談ともかく、学校の試験だってパーフェクトの時もあれば、一生懸命やっても調子の悪い時は出来ないですよ。だから、間違えても大丈夫です。客はその時の態度を見ているのであって、一生懸命さが伝わればなんら問題ありませんよ。
b0197486_9213918.jpg

電車の中で教本を読まれていたとか。スラスラ出来ました。

写真撮って無い方ゴメンナサイ

干菓子は
b0197486_9232738.jpg

末富の「おちょぼ」と「正月麩焼煎餅」を羽子板に。おちょぼのおひねりが羽のように見えます。

主菓子は「未開紅」
写真を撮り忘れ、定番のお菓子なのでネットで戴きました
b0197486_9301046.jpg

花がいまだ開かない梅のつぼみを言います。
「未開紅」と言う品名の梅があるそうで、蕾は紅色で花が開くと白なのだそうです。
小豆餡が定番ですが、この事を考えたら白小豆餡も見た目が綺麗だろうなぁと思った事でした。

お菓子を見て直ぐに「未開紅」と言われた生徒が居ました。茶道検定試験で勉強しましたとの事。こういう事でも私は嬉しくなるのです。点前が出来れば良いと言うものでも有りません。

茶道はこういう和菓子でも季節とか趣向に合わせて使います。道具もしかり。それらも茶道の魅力の一つですね。

by higashinuma | 2014-01-22 09:25 | 茶道 | Comments(2)

動物園

26年1月20日 月曜日 曇り予報ですが雲の間から強烈な陽射しがある。

今日は「大寒」この数日寒いですね。

バンコクの二日目・・・結構毎年のように行っていると、主な観光地は勿論、ローカルな処など行き尽くしている←ちょっと言い過ぎですが・・・なので、今日どうする?・・・(それならバンコクに行く事も無いのに)・・・でもね、パリ島とかも行ってますが、やっぱり肌が合うと言うか、しっくりくるのはバンコクなんですね。ホテルで本を読んでいる贅沢もたまには良いではないですか。

と言う事で、免税店に行きました。行ったら絶対買いたくなるのに、流行を見たいとか、価格調査とかお題目唱えてどうしても行きたいらしい。私は全く興味無いから何処かで待って居るから・・・と言いつつ結局半ば強制されている。疲れる~!

買物終わって、ここキングパワーの最寄り駅のローカルデパート?の地下のフードコートで昼食。
屋台よりは良いですが・・・全く庶民の街の地元の人しか来ない場所です。
b0197486_15141010.jpg

b0197486_15143418.jpg

私のは上の写真
「バーミーナム」汁麺で何も入れない汁でそのまま食べるのが好きなんですが、この店ではそういう人は居ないのか「牛の血」を入れてしまった。普通はそれが一般的なんです。
下はあの子の分で何かは不明。
マンゴーともち米は砂糖が掛けてあって、いわばおやつですが、ご飯としても美味しいです。それと豆や蓮の実の入った氷。この二つはあの子の好物。

私の麺に入っているモヤシとガパオ(ハーブ)は取り放題
b0197486_15212621.jpg

で、普通は唐辛子、ナンプラー、砂糖で好みに味付けします。唐辛子を入れたら砂糖を入れますね。
b0197486_1522467.jpg


米麺で汁は鶏ガラで薄い塩味があるので、私はそれで食べるのが好きなんです。
家では米麺か素麺にナンプラーと酢を入れて食べます。暑い時は食がすすむ。これにツナとパクチ―を入れたら最高のご馳走です。

まぁねこんな汚い処でと思われがちですが、意外と清潔なんです。
b0197486_1527652.jpg

箸とかスプーンは洗ってあり、ここに立ててあるので自由に取りますが、熱湯ポットがあり、煮沸します。

中国旅行で最初の茶で容器や箸を洗っていますが、それよりは機能的で衛生的と思います。
是だけ食べて幾らと思います?確か全部で300円だったかな?

その後はここから近い旧国会議事堂へ行きました。が、今日は正月二日目でお休み。で、残念、隣の動物園に行った次第です。
b0197486_15323639.jpg

開館日はお勧めです。
b0197486_1533159.jpg

動物園に入るのは初めてです。
広い池があり、それを囲うように色々な動物が居ます。
キリン、縞馬、ペンギン、初めて見る珍しい猿、チンパンヂー、虎、ライオン等々
そして池の畔のベンチで休んで居た時に現れたのがこいつ!
ギャー!なんて叫びませんよ。少し遠くからやって来たので驚きません。体長1mかな?危害は無いので3匹は池にいました。

動物園は結構広くて、何処でもあるようなトレ―ラー?が15バーツ?で乗せてくれるほか、レンタサイクルもありました。休日なので、タイ人の子供連れが多い。

b0197486_1549124.jpg

フラミンゴみたいな鳥はネットの中ですが、こんな鳥が空を飛んでいます。
他にも珍しい鳥が飛んでいて、多分餌と木々が多いので、集まるものと思われます。

夕飯は中華街に
ガイドブックにも載っているローカルな海鮮中華の店でとても混んで居ます。
恐らく日本では消防法に触れる建物。正直に万一の場合は助からないであろう処です。

今回は僕が選ぶからと言う事で
b0197486_15573845.jpg

フカヒレスープ・・美味しい
b0197486_15575926.jpg

蟹と春雨の蒸物・・海老バージョンもあり好物
b0197486_1558273.jpg

トムヤムクン・・海鮮
b0197486_1559799.jpg

炒飯・・普通に美味しい

結局・・・・なんです。

1月3日は午前中上海に移動
b0197486_1632076.jpg

朝7時のホテルの窓から
b0197486_1641779.jpg

ロビーの一画にブランコ
b0197486_164263.jpg

エレベータの中は大型モニターにサイケな動画

お洒落なホテルなんですが
2日の夜もダニ被害。今度は左腕がやられました。
ホテルに言った方が良いかどうか迷ったけれどそのままチェックアウトしました。

※帰国後、家でも右足をダニにやられました。刺された跡が全く違い、種類の違うダニのようで、こちらは凄く痒い。翌々日病院へ行きました。塗り薬とかゆみ止め飲薬を処方され、20日現在、ダニに因るかゆみは止まっていますが、跡が消えないです。
冬場は居ない筈ですが、10日間も密閉された部屋ですから寒くとも(冬場は陽が隅々まで届く)生存しているのでしょうか。撒布と掃除機で何とか落ち着きました。

by higashinuma | 2014-01-20 08:11 | 旅行 | Comments(0)