ブログトップ

つれづれ

<   2014年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧

茶花

26年4月29日 曇り 3時頃からぽつりぽつり・・・濡れる程では無い

昨日は10時30分から稽古開始と告げていた。
この処朝早く起きているのですが、昨日は5時に起きた。ご飯は弁当と思って何も考えずに昼食分も炊いてあるが、前に書いたように、未だ中途半端に引っ越しているので、まな板が無い!フライパンが無い!・・・
で、調理と言えばガスオープンから電気オープンに替えて、焼く調理は是で行う。
せっかく早く起きたしと言う事で、鶏のオープン焼きと鰯明太、昨夜大量に作ったほうれん草のおひたしを弁当に詰めた。

教室には新しい家からのルート。1時間はかからないようです。(非常ベルが鳴って電車が急停車・・・何も無かったみたいです)それで15分位は停車したのですが、予定通りに着いた。
何となく小腹が空いて、お茶しようと思っていたら生徒が到着。開始時間を聞いたので、掃除とかあると思って早く来ましたと言う。良い心がけです!でも、ちょっと一服してからと言う事で、珈琲など飲んで、さあ、掃除するぞーと言うあたりから次々と見える。

最初は「且座」花、炭、香があるので最初の科目として最適かも。

写真は撮ってますが、後日この記事に追加します。
by higashinuma | 2014-04-30 11:05 | 茶道 | Comments(0)

引っ越し 2

26年4月29日 月曜日 薄曇り

昨日、第一回の引っ越し終了。引っ越し屋さんが午前9時に来た。全く手つかずでは無かったけれど、当日にならないと片付け出来ない物もある。
段取りの考えを伝えて、二つの本箱から本を出すのは置き場を作らないと出来ないので最後にして貰った。
愈々大棚(ピックなスライド本棚)を運ぶ時、裏板が剥がれていたり、埃が凄いので、新居持込みは拒否された。引っ越し屋の前で大喧嘩・・・・結局、譲って廃棄処分。予定外の引っ越し屋引きとりとなった。

本を読まない人にとって、本は図書館で借りる物と決めつけている。手元に無いと困る事もある。10年一度も見て無いとか言い張られても、そういうものでは無いと思うのです。大学教授じゃあるまいし!・・・
本を読まない人に言われたくない!

本と茶道具、着物等の引っ越しは第二回の引っ越しを予定している。
お茶の一番弟子で、後継と言いながらもこれも拒否反応を示している。
この前、お茶はやるけど、青年部は止めると宣言があった。理由は色々あります。性格だから仕方無い。

使用している回線が変わるためパソコンの接続も変わります。面倒なので、パソコンは未だ移動していない。
そのためブログは少し休憩に入ると思う。
by higashinuma | 2014-04-28 08:39 | 所感 | Comments(0)

すぐれ物

26年4月26日 晴

今朝早く目覚めて、昨日の洗濯物を取り入れるのを忘れた事を思い出した。
デスクライトが壊れて午後4時ごろから買いに出かけて、目当てのライトが在庫無しのため、別の量販店を回ったりして7時過ぎに帰り、再び荷造り。朝からの荷造りで疲れて、何もする気が無かった。

こういう時は「漫画」が良いですね・・・・・ビッグコミックには好きなジャンルが多い。
自分では買わないんですよ。ある処で貰って来るんですが意外と新しい。
「深夜食堂」「浮浪雲」「釣りバカ日誌」「黄昏遊星群」「ひよこ料理人」「フイチン再見」「どうらく息子」
どれも見飽きない。
「フイチン再見」は初めての女流漫画化上田とし子の伝記。

今日も荷造り再開です。とりあえず、捨てる電化製品と家具、持って行く家具は空にしないと。
途中で山にしてあった資料の崩れが起きて・・・・再びシュレッダー。
b0197486_785373.jpg

手回しで動くので、下に裂を敷かないと畳みが擦り切れる。
何かの景品で戴いたような気がします。
あっという間に可燃物ごみ袋大二個。今は足の踏み場も無い。

明日は第一弾引っ越しですが、月曜日からは新居での生活になるので、その準備をして、冷蔵庫の物を持って新居に行かねばならない。
家具が何点か届くので午後から夜までは待機。テレビは設置してあるので退屈しないが、「待機」は超苦手!

口直しと言うか口汚しと言うか
b0197486_7171422.jpg

一年振りか半年ぶりの「ゴーヤーチャンプルー」
b0197486_718074.jpg

サムゲタン
市販のサムゲタンはあの子が買って来た・・・韓国土産か?大韓航空使用で何処かに行っているので、インジョンで買った物か?
丸鶏一羽、本格的な作りで美味しかった。

写真では大きさが分かりませんが、上の皿が入る大きさの鍋です。
上の皿普段は二枚しか使っていませんが残り6枚出てきました@^@;
by higashinuma | 2014-04-26 07:05 | 所感 | Comments(0)

カレー

26年4月25日 金曜日 晴

昨日はほぼ一日引っ越し荷物梱包。外にも用があったので多分3時間位外出。
食器類3箱、衣類1箱、書類1箱詰めた。意外と時間がかかるのは書類(手紙類)住所のあるもの等はシュレッダーにかけていたが、手回しで疲れてきたし、だんだんと面倒になり、どうせ「燃やせるごみ」だからと言う訳で、普通の手紙類はごみ袋行きになった。
食器は普段使っている皿等は未だ使うため、食器棚にある物とか、戸棚の食器を箱詰めした。未だ半分以上残るけれど、廃棄処分の食器棚を空にすれば、5月6日の二度目の移動迄時間がある。
茶道具は全く手つかず。クローゼット中も全く手つかず・・・・・・

仕事の都合で引っ越し前後日も家に居ない人の事は考えない事にした。
居ると思うから、手伝わないと思うから「腹が立つ」のです。

気が付いたら6時半過ぎ。なので慌てて久々のカレーライスと生野菜
いつもブロック肉で作りますが、牛肉の美味しそうなバラ肉があったので、最初玉葱を炒めて、肉を入れて炒めていたら今日はこれで終わりとしたかった。牛肉玉葱炒めでもいいじゃん!でもその時点では人参もじゃが芋も切ってあったし、あとはルーを入れて煮れば良いだけ・・・・
カルダモンを潰してなんて事は多分10年はやっていない(笑)

(まかない)やっている人の話で、市販のルーはメーカーの違う物を二種類使うと美味しいよとの事で、いつも二種類は買ってある。今回は二種類のルーとレトルトも入れた。
美味しい!レトルト効果抜群でした。

食べながら、牛肉と鶏肉入れたの?・・・実はレトルトは鶏肉だった←骨付とは知らなかった(笑)
まぁね、旨けりゃ文句無いだろう!

カレーの写真は無し。カレー皿があと6枚出てきました。忘れた訳では無くて何処に仕舞い入れたか忘れていた。

今日の弁当
b0197486_7292428.jpg

ピーマンとウィンナ炒め、茹で卵、ミニトマトちょっと手抜きかな?
断って置きますが、このおかず入れ深いんです。ウィンナ沢山下に隠れています。

※皆さんは年賀状等をいつまで保管されますか?
 住所録はパソコンに入れてあるのですが、住所をみるときやっぱり、去年の年賀状見ますので捨てられない。何十年分ありますが、この際去年だけ残す事にしようかな・・・
それに父の手紙、師匠や作家さんからの等々は私にとってはお宝ですからね・・・・
by higashinuma | 2014-04-25 07:17 | 食事 | Comments(0)

乾物

26年4月24日 木曜日 晴

引っ越しの荷物をまとめるのは本腰を入れないと・・・と言うか二度に分けての引っ越しなので悲想感は無いが気持ちに余裕が無い。
昨日は粗大ごみに出す食器棚を空にする事に集中。その前に山積みの乾物を仕分け。
砂糖類は梅酒を作った残りの氷砂糖が何袋か半端に出て来たり、今は添付されないが、ヨーグルトに添付されていた砂糖、黒砂糖等々出て来る。豆類、ナッツ類、粉類・・・・干椎茸も中途半端に使い残り、春雨の使い残り等々。その他手が付かないままの食品がワサワサ出て来る。
今日の可燃物ごみは大袋二つと中袋一つ。

ごみ出しに行ったら下の部屋のご主人もごみ出しで来ていて、今日引っ越しますからと挨拶された。薄々聞いていたがまさか今日引っ越しとは。それも出身地の大阪に越されるらしい。
多分、我が家と同じくらい長く住まわれていたと思う。

小皿とかお猪口とか箱詰めしていると色々な思い出が甦る。
高山、丹波、熊本・・旅行先で集めた物←これらは懐石の預け徳利と一緒に出すお猪口。捨てられない!
捨てられない、捨てられない・・・・

この食器棚の奥からお宝が出て来た(忘れていた訳では無い)
b0197486_750571.jpg

これは瓶に詰めた十円玉。他に五百円玉、百円、五十円、五円、一円の瓶がある。百円は一度使って良いよと言ったらあっという間に空になったが旧百円玉の稲穂の物が未だあった。金額の大きい方は旧の物なのでこれは取って置いて、十円玉以下を銀行で両替して貰った。一度、通帳に入れて解約と言う事になるらしい。
・・・この銀行はある事業所からの指定の処で振込される以外は使っていないので通帳解約しに行ったもの。それと合せての解約です。このお宝は結構、五千円位になった。
※この瓶で幾らになっているかは教えられないのだそうです(銀行窓口)変ですね!


他に変な処
実は免許証もカードも印鑑も預かって、あいつの通帳の住所変更も依頼したが、本人が来て下さいと言う。
土日はやって無いでしょうと言ったら、住所変更届けの郵送書類を渡された。それは私が書いて出せばよいのです。これって矛盾してますよね。
私の証明書もあるので、窓口で変更した方が良いと思いますけど。
銀行はじめ公的機関で、このところ変だなぁと思う処が多いです。
言いましたよ「この銀行の決まりなら仕方無いです」
実は郵貯銀行はやってくれるのです。


口直し
火曜日の弁当
b0197486_805841.jpg

ゴーヤの肉詰、鰯の明太、ミニトマト
木曜日
b0197486_83317.jpg

銀鮭振り塩、菜の花和物、胡瓜とクラゲ、ブロッコリー胡麻、ミニトマト

口汚しになりました。
by higashinuma | 2014-04-24 07:23 | 食事 | Comments(0)

紫蘭

26年4月23日 水曜日 晴

この季節らしい爽やかな朝です。今日の夕方、国賓としてオバマ大統領が来日のため都心は警戒がのための規制が大変らしいですが、ここは至って平穏。
けど、朝から資源ごみの雑誌、新聞、段ボール等々10個以上のごみを出して、今は[へろへろ]状態です。あの子も出勤前に手伝ってくれましたが。

昨日の稽古は二人お休みが出て、一人は出先の帰りですといつもより1時間半早く来られたので、21時には教室を出る事が出来、心配した雨も我が家の方で小雨でしたが、傘もさす事無く帰る事が出来ました。

b0197486_7543317.jpg

b0197486_7544845.jpg

花は「紫蘭」花入は水瓶

紫蘭は中国も同じ名前らしく、漢方薬になるとか言ってました。
丁度、去年の今頃もこの花を使っています。

b0197486_804443.jpg

先週、稽古出来なかったので今日はトップバッターで
写真撮る度に後ろの方が入るので大笑いの後。
b0197486_821853.jpg

先週は僕撮られて無いよ!
お願いだから下向き(うなだれているとも)は治らないかな

b0197486_84390.jpg

美味しい濃茶でしたが少し濃過ぎかな
b0197486_84513.jpg

「麦手餅」もうすぐ「麦秋」ですね。麦の収穫の手を休めて、家で蓬餅を作ってみんなで畑で食べたおやつ。
素朴な味わいですが美味しいです。今日の為の特製。

b0197486_820214.jpg

もう一度「流し点」を希望で
研究会では祥瑞写しの染付水指を近江八景に見立てて使いましたが、早速、クレームがありました。
その水指は格が高いので運びの点前には使いませんとの陰の声が上がっていたらしい。
はっきり言って下さった方がおられ、そうですかありがとうとは言っておきました。

けれど、古い裏千家の教本では流し点で使っていますし、ご指導の業躰も何もおっしゃって無かったので私はそういう事も(趣向で)あると思うし、やはり裏千家の水指の扱い(詳細に書いてある)にもそのような事は一行だに書いて無いですので全く問題にしていません。
言いたい人はどんな事をしても悪く言いますしね。※に続く

b0197486_8391139.jpg

b0197486_830321.jpg

足指の骨折が治るまではもう少し正座はしないように
普通に立礼稽古棚を出してあげれば良かったと反省

干菓子は都鳥でしたが写真は忘れました。

b0197486_8322943.jpg

稽古の順番では昼稽古なのですが
習った通りの綺麗な点前をされます。4月から大学院生で授業の関係で1時間程度しか稽古出来ません。
後、二人は写真撮るのを忘れました。

※以前にも黒椿と荘子の香合を使う事で、それらは仏事のものだと言われた事があり、業躰にお尋ねしたところ、そのような決まりは無いから趣向で取り合せて良いとのお話でした。今回は質問はしていませんが、其々に習った過程での「思い違い」とか「自己判断」で覚えられている先生が居られると思いますので、それが正しいにしろ間違っているにしろ、分からない事は業躰に質問されたら良いと思います。
経験からすると、淡交会の役員をされているボス的存在の先生
「あの先生が言われたから」と言うのは結構違う事が多々あります。

その先生が確かにそのように言われても、本当にその意味で言われたのか、受け止める人の側の問題も大きいです。
by higashinuma | 2014-04-23 08:36 | 茶道 | Comments(0)

研究会

26年4月21日 月曜日 雨

寒いですね・・・昨日は今年度二度目の研究会で社中が出場のため早朝より出かける。科目は「流し点」
前夜、濃紺の上着をクローゼットより取り出しておいたが、良く見ていなかったので夏の上着だった。朝、玄関を出るまで気が付かなかった。しかし、透けている訳では無いので、時間がないためそのまま出かける。
中にベストは着ているが、一日中寒かった。

さて、研究会はやはり緊張します。見ていてハラハラドキドキ。流し点は親しい人をお招きして、話しをしながらお茶を楽しむ。今回は藤が咲き始めたので藤の花の茶碗と老松蒔絵の薄器、それに近江八景に見立てた水指で、亭主が歌舞伎座三月公演の「二人藤娘」を観ての思いつきで道具組をして接待していると言う設定です。留めは茶杓の「玄妙斎ご銘の成駒屋でございます」
淡々斎の弟で洒脱。花流会で茶道の指導をされてこられました。

会話は台詞を渡してそれなりに覚えて戴いたが、役者では無いので、そこがもどかしい処。
あぁこう言えば良いのに・・・
それに普段そんなことはしていないのにと言う所作が出てしまう事もある。例えば、自席に戻るのに前から入る足は左で正客なら次客の方に回るのにどうした事でしょう!先生としては「あぁあ」と見ているしかないのです(笑)

挨拶に出る前に「深呼吸して!」言ったけど誰も聞こえていない。
社中ではメンバーを替えて何度か出場していますが、慣れた感じよりは初々しくて良いと思いますが。
今回は業躰にそんなにご指摘を受ける事も無く終わりました。

私自身何度か出場させて戴きましたが、業躰のご指摘があった時にそれを理解出来るかどうかが評価される処と師匠に言われました。
それに業躰のお考えがあって、前回こうだったからと言ってその通りに行うと、違う業躰には違うご指摘を受ける事もあります。なので、基本的な間違いで無い場合は指摘されても仕方無い部分もあります。
それらも含めて勉強させて戴くと思えば良いと捉えています。

帰りに駅に続く道路でイベントがあり、思わず「よさこい」のパレードを観る事が出来ました。
この集団は「香和」の大旗を持って居たので、とっさに「おかまショウ」で有名な六本木の店でしょうと言ったが、その通りでした。花魁ショウが売りで「天空しなと屋」の中村信幸を中心としたクリエイター集団。
へぇ、こんな事もしているんだ~と見とれていました。

おかまショウと言ってもダンス集団で、ショウを見せるための事で、歌舞伎なんかを観ているのと同じ。偏視は良く無いです。
b0197486_8274689.jpg

そうと分かればもう少し見るんだった・・・。

お疲れ様でした。これをきっかけに益々気張って下さい!と喫茶で打ち上げとなりました。
by higashinuma | 2014-04-21 08:13 | 茶道 | Comments(0)

中華

26年4月19日 土曜日 曇り

昨日は久しぶりの雨で寒い日となりました。
郵便局へ住所変更の手続きに行った。郵便局本局が近くにあるので助かります。
郵便局は不思議な処ですね。何処が?

小さい頃から私は郵便局と言う一つの事業所と思っていました。しかし違うんですね。
建物は同じなんですが、郵便事業、預金事業、保険事業、宅配事業・・・他に?窓口が違うので、其々の内容はその決まった窓口に行きますがね。
全部独立しているんです。
知ってましたか?←知らないのはお前だけだろう!?

つまり簡単に言うと、デパートのように例えば煎餅屋で買物して隣の和菓子屋で買物して一緒に支払いは出来ないのです。

普段は何も疑問無く事を運んでいました。が、マンションの会計を担当するようになって、振込手続きは郵貯窓口、そのデータ送受信は郵便窓口で扱いが違う。言いましたよ!我々は郵便局と言う一つの事業所で見ているんですから、あっち行ってこっち行って言うのは事業所として客の事は考えていない。
お偉いさんと話してある程度の妥協点は作りました。
でもね、民営化されても未だどこか高をくくったような態度は変わりませんね。
データはМDに入力されて送られて来ますが、今から4年前位でも当時のノートパソコンじゃ使えなく、管理費予算で媒体を買いました。
今じゃSDカードの時代ですけど、何とかならないですか?絶対に融通は聞きませんでした。

昨日も通帳の住所変更と簡保の住所変更をしに行ったんですが、郵貯窓口で簡保は簡保の窓口に行って下さいと言われた。
単なる住所変更なのに何で一緒に出来ないんですか?だってそう思わない方が不思議ですよね。
係を呼んで来てくれました。それに届け出用紙も通帳毎に書くのでした。

今年は窓口が大幅に移動されて、知った顔の人はいませんが、多分クレーマーとされてきたのではないかと思われる。それでもいい!変だと思ったら言った方が良いですよ。本来ならば郵便窓口で住所変更すれば、全部一緒に出来ると思うのです。
なので、簡単に終わる筈の住所変更が一時間もかかってしまいました。

市役所で転出手続きすれば、保険窓口、年金関係、税務等々全部変更されます。が、縦系列の繋がりはあっても横の繋がりが無いですね。残念ながら引っ越し先で転入手続きです。


タイトルに戻り、木曜日の夕食は中華
取引のある最短距離の銀行がある成城学園迄歩き、振込に行って、帰りは直ぐ目と鼻の先のここは本店でしょうか成城石井に寄って美味しそうなので中華の総菜を買いました。金曜日は弁当要らないと言うので夕食はこれに決まり。
食材の品質の良さで知られる店ですが、総菜は今一の時がある。

b0197486_830247.jpg

麻婆豆腐
b0197486_8305613.jpg

海老チリ 
店の案内に因れば四川料理で受賞した人が作った?良く読んで居ないが賞状の写真が展示してある。

どちらも辛くて私は遠慮したが、美味しいと言って食べてくれた。
是と生野菜がこの日の夕飯でした・・・・超手抜き!楽だ~(笑)
今度は自分で麻婆豆腐作ろうかな・・・・習った中華の先生は素材の旨味だけで調理します。
by higashinuma | 2014-04-19 07:55 | 食事 | Comments(0)

外来植物

26年4月18日 金曜日 雨 寒い日となりました

私は街を歩いている時も道草や並木、植木等に興味があると書きました。
この処目立つのは外来植物。
改めて去年はどうだったと問われても思い出せないが、今年の今の時点で、去年までは余り感じていなかった目立った植物がある。
b0197486_7313993.jpg

b0197486_7445185.png

「花韮」の花ですが、薄いブルーと白い花が咲き、密集しているのでとても目立ちます。
明治時代に園芸植物(観賞用)に導入され、逸出し帰化したとあります。
「ネギ科」の植物で毒性があるので食べられません。
同じ名前の「花韮」は中華食材として蕾の付いた韮の茎が売られていますが、こちらは「ユリ科」との事です。
b0197486_7472591.jpg

「天の星おちゐるごとく末の子の悲しみのごと韮白く咲く」宮 柊二
好きな歌の一首で、この種の韮の花も好きな花ですが、残念ながら韮すなわち匂いから茶花にはしませんが本当に花に匂いがあるかどうかは嗅ぐ事もなく過ぎています。

他には「ムスカリ」
b0197486_8563214.jpg

自分で撮った写真が見つからないので、この写真はネットから戴いた。
地中海沿岸・西アジア原産で30年前位に園芸種で導入されたとある。
確かに去年位は民家や公園に咲いていた。自分の写真は藪地に咲いていたものですが、今年は路肩等に咲いている。
b0197486_98871.jpg

見つかりました!

今年意外と少ないのは「長実雛罌粟」
b0197486_953858.jpg

b0197486_972417.jpg

未だ咲き始めと言う事もありますが、さして綺麗な花とも言えないので消えてくれればと思うのはエゴですね。

蒲公英でも良く見ると意外と日本の物が見つかります。
以前は街に咲く花の図鑑を作りたかった。市で発刊した本は確か無料で配本しているが品種が少ないし、数年前のもの。
そうすると重い一デジを持っての散策となり、如何にも系の爺になるので躊躇いがある。


おまけ
木曜日の弁当
b0197486_9192727.jpg

左から「ミニトマト、厚焼き卵、菜の花の辛子和え、蟹しゅうまい、焼き鶏風味」
実は鶏のレモン煮を作ったが、好きじゃないと拒否された。仕方無く午後10時頃にこの肉を取り出し焼き鶏のタレ風を作り絡めた・・・これはレモン煮の甘みが沁みているので美味しいと思ったが、果たして・・・・。

問題のレモン煮
b0197486_9273193.jpg

玉葱一個とレモン一個それにレーズンで煮込んであり美味しいんですがね
あいつは洋風と言うと鳥肌が立つほど嫌い見たいです(笑)
食べる物もあるんですよ。ラタトゥユとかポトフとかイタ飯は普通に食べるので要は「食わず嫌い」かも。
by higashinuma | 2014-04-18 07:35 | 街の景色 | Comments(0)

和食

26年4月17日 木曜日 霞がかかったような晴

歩いている時に何を見ているか?
勿論、道路事情は良く見ていますよ。段差等の躓くような物が無いか、車は、自転車は、歩行者は等々。
その他、何処に何があるかとか、ちょっと上げてみても実に色々の情報を五感をフルに働かせている事が分かります。
最近、嫌だなと思うのはお年寄りの視線。若い人だと、すれ違って視線が合ってもすぐ移りますが、お年寄りは「じ~と」見ていますね・・・・と言うとこちらも「じ~と」見ている事になるので、最近はすぐさま視線を移します。活き活きとしている目なら良いけれど・・・知っている人かなぁと思ったり。
「さっき誰さんに会ったけど挨拶しなかったね。向うはちゃんと言ってたよ」何度か注意された事がある。
全く持って見ていない。
今は自転車や車が怖くて、それに気を取られている事もあるが、一番良く見ているのは路肩の草木や植木等では無いかと気が付いた。
例えば、歩いていて道端の蒲公英が日本か西洋か、新種の植物か、もうこの花が咲いている等々。
昔から人の名前を覚えるより草木の名前を覚えるのが早かった。
続く

今日のタイトルは「和食」
月曜日の夜は久しぶりに和食
b0197486_733494.jpg

メインは是「鯵の塩焼」
先日、片付けをしていて、包丁が出て来た。無くなって久しいのは「鯵切り包丁」出刃の小型版と言うか、鯵を捌くのに実に重宝する。
スーパーで刺身用の魚を買って捌いて貰うようにしている。
尾鰭の焦げ防止に塩を特別に振ったり、アルミホイルで包むのですが、毎日の食事ではそこまでしないです。

b0197486_7405341.jpg

「がんもと大根の煮物」
久しぶりの取り合わせ

b0197486_7414779.jpg

「海藻サラダ」

b0197486_7423043.jpg

「蕪、大根、人参、胡瓜の糠漬」

b0197486_7432952.jpg

「豆ご飯」
スーパーで炊き込み用に莢を剥いたグリーンピースがあったので、レシピ通りに炊いてみたら、ご飯が固い。
多分、我が家はいつも柔らかめに炊いていると思う。
いつもは塩味ですが、売っていたのは薄口醤油。

和食と言っても「カレーライス」「ハンバーグ」「カツレツ」等はどちらなのか迷う。
茶事の懐石は和食と言えますが、普段はなかなか食卓に上がらない。
「焼魚」「煮物」「強肴の和え物等」「向付」「香の物」「汁」普通と言えば普通なんですが。
by higashinuma | 2014-04-17 07:52 | 食事 | Comments(0)

茶道をとおして日々の流れをつづる