ブログトップ

つれづれ

<   2015年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

道具の取り合わせ

27年10月31日 土曜日 曇り 23.1℃ 寒い朝です

昨日、ブログを見て下さる方が、青竹の蓋置2個と灰吹竹を送って頂いた。来週、火曜日が炉開きと言ってあったので、用意して下さったものです。何よりの御馳走でありがたい事です。

さて、炉開きの日は生徒が私の歳祝いを兼ねて何か企んでいるらしい。そして祭日なので、お休みの生徒も居るが留学生も一緒に集まるのは初めての事です。
稽古ながら茶事風にしたいとの希望があった。従って、席入り、初炭から始まるので取り合えず、一昨日、炭は洗ってある。
席入は午後からと言うので、飯後の茶事とか菓子の茶事。
ならば、吸い物(煮物)八寸に菓子ですが、さてどのように考えている事やら。
でもまぁ、基本通りでなければお茶事が出来ない訳ではないので、そこは生徒の意気込みを大いに買うという事ですし、織部のはじきの香合を持って行きますが、道具も生徒が持ち寄りするらしいので楽しみな事です。

炉開きには三部を使うと良いと私も師匠に聞いた事があります。
三部とは炭斗に新瓢、灰器は伊部、香合が織部。この組み合わせで無くとも、瓢の花入や織部饅頭の主菓子等と変えても良いらしい。

しかし、はて三部とは一体どういう意味があって、いつ誰が唱え始めたかは殆ど知られていない。
意味としては密教の胎蔵界の釈迦を主とする佛部、観音を主とする蓮華部、そして菩薩を主にする金剛部の三部と言うのが説明としてあります。しかし、誰が言い出した事かは明確ではありません。

他にも密教に関しては茶筅通しの二度上げ三度打ちの音は「らん・ぱん・うん」だとする説もあります。しかし、これについても誰がいつから唱えたかは明確ではないです。

と、書きながら不安もあります。不特定多数の方が見ている処に書き込んで、「あんたが知らないだけだろう」と言われそうです。まぁ、その時は不勉強でと謝るしかありません。

確かに茶道は仏の世界、神の世界と精神的な部分が多いですが、長い歴史の間にいろいろと変化してきています。なので、例えば、濃茶の飲み口を清めるのは濡れ茶巾を使いますが、紙茶巾を使います。それもいつごろからの事でしょうか。私は公では使いませんが、それは懐紙で良いのではと思います。

茶道人口も多いので、どこかの学者先生がとってつけたような事を言っても、ありがたく受け売りして、どんどん広まり、本来の姿といつの間にか変わっている事もあると思います。

炉開きには「猪の子餅」を戴きますが、炉を開くのが猪の日でも無いのでそれは来週で、今回は紅白の薯蕷饅頭を用意しています。

※伊部は備前市伊部で、千年の歴史があり、今は備前焼き。瓢の炭斗は利休時代からあったようで、利休百首は後の世に書かれたものとされますが、この中にも一年中使って良いと言っています。織部は利休の弟子。なのでこの三部についても古から伝わったと思われます。しかし、玄著包香合も炉開きで使われますが、仁清造が本歌。と言う事は江戸時代初めの事なので、こちらも炉開きに使われていたとすると、織部のはじき香合は?と言う事になり、未だ三部は無かったのか?
by higashinuma | 2015-10-31 08:30 | 茶道 | Comments(2)

秋刀魚

27年10月30日 金曜日 曇り 23.9℃ 気温のわりには寒い

朝ドラは楽しみな一つですが、「マッサン」もそうでしたが、今のドラマにも実在モデルが居る。主人公「あさ」は広岡浅子と言う女性。
女性の実業家第一号とも言うべき人で、女子にも教育が必要との事で日本女子大の創始者。ドラマの上ではとても快活で前向きな人物に描かれている。とても、良家のお嬢様ではない。
「なんで?」が口癖。教室でも良く質問する生徒が伸びていると思う。

最近、このドラマに関する歴史資料が大量に発見されたとのこと。京都の三井財閥の末娘が大阪の豪商加島屋に嫁ぎ、浅の署名の資料もある。
資料は第二次大戦時に奈良に疎開した先で見つかったとあった。

半年間の中で生涯のドラマを放送するので、進行が速い。既に明治維新が始まっている。
おりしも、大河ドラマも吉田松陰の妹の実在モデル。そして、この朝ドラとも関連がある事に驚きがあり、私としてはとても興味を惹く。

加島屋は大名貸しをする両替商で長州藩にも相当の貸し付けがあったらしい。ドラマによると「あさ」は貸し付けを回収するため大名屋敷を回るが、恐らくこれはドラマで、当主が密かに(政府にばれないように)萩に出向き毛利の殿様に会ったという記録もあるようです。
当主の先見の明、理解力と亭主の優しさ包容力が「あさ」を成長させた。
興味があれば「大同生命」のホームページからどうぞ

話変わり我が家飯
b0197486_8163954.jpg

パプリカ・・甘酢で旨い・・箸休めに
b0197486_8171549.jpg

ピーマン肉詰め・・・ハンバーグでも良かったが弁当にも詰めるので野菜がある方が良いと思った。
この二点は冷蔵庫整理
b0197486_8184043.jpg

おばん菜風・・案外、こういうのが旨いおかず
b0197486_8194575.jpg

この前戴いた残り・・やっぱり北海道と思った
b0197486_8201347.jpg

これは韓国海苔を巻いている・・・刻み葱を入れて塩胡椒で味付け・・胡麻油で焼く

安く美味しく栄養がある料理・・・一つには呆けない効果をも期待している。
by higashinuma | 2015-10-30 08:29 | 食事 | Comments(0)

熱帯魚 2

前ページで画像アップが出来なくなったのでこちらに続きます。

先ずは若のお気に入りの「あお子」
b0197486_7441036.jpg

光の当たり具合で真っ黒に見える。
このグッピーと「虹子」は買って一か月目
b0197486_7445157.jpg

この二枚は同じグッピー
光が当たるととても綺麗なブルーです。
b0197486_745204.jpg

「虹子」若が名付けたが私は虹よりフラメンコを思い出す。カルメンと名付けたいが・・
b0197486_746440.jpg

ネオンテトラ
b0197486_7462588.jpg

赤のグッピーの痩せ・・・大きくなれないが元気です。時々尾を食べられていますが、すぐ元に戻る。
b0197486_7465128.jpg

妊婦?
b0197486_7471266.jpg

妊婦と黄太郎
b0197486_7473196.jpg

ラミノーズテトラ・・・私のお気に入り
b0197486_7475457.jpg

そして「おばけ」餌時間以外は殆ど寝ている。掃除屋なんだから掃除して!
黄色のグッピーは二匹で一匹は結構大きく育った。
グッピーのオスとメスの区別は背びれの長さで見分ける。痩せと妊婦はメス。
いつ生まれるのだろう?
ユーチューブでグッピーの生まれる瞬間を流していたがピントがなかなか合わない様子でした。
哺乳動物のように生まれるのです。

「日曜日に水替えてくれる」
「やりません。自分で飼う言ったでしょ」
「じゃ、土曜日に汲んでおいてくれる」
「そのくらいはいいよ」
出張から帰って、月曜日の夜に水を替えていた。
先ず、生き物を飼うと言う事はどういう事かを身に染みてもらいたい。
by higashinuma | 2015-10-29 08:01 | 所感 | Comments(0)

熱帯魚

27年10月29日 木曜日 曇り 24.7℃ 昨日より気温は高いが日差しが無いので寒い感がする。
熱帯魚を飼い始めて2か月が過ぎ、家に馴染んできた。と言うより生活のリズムに馴染んできた。
朝、大凡6時から6時20分。カーテンを開けると彼らは水面に上がって押し合いへし合いしている。
週末以外は若はこの時間に起きるので、若が餌をやる。土日でも自分は殆ど同じ時間に起きるので、自分が餌をやることが多い。

水槽を買った最初から棲むネオンテトラと頭の赤いラミノーズテトラは一匹ずつで、ラミノーズはとても大きく育った。そしてグッピーの黄色の一匹も大きくなった。
若がブログで載せてと言うので写真撮った。グッピーは動きが活発で撮るのが難しい。

b0197486_7302854.jpg


画像アップ機能が働かなくなったので、一旦閉じます
by higashinuma | 2015-10-29 07:20 | 所感 | Comments(0)

10月も終わり

27年10月28日 水曜日 晴れ 23.9℃ 富士山は見えない

昨日は朝出かける時も多少風はあったが、午後から結構強い風でした。
今朝、バルコニーを見たら大変!
実は花梨茶にしたいと薄切りにして干してあったのです。昨日で三日目、そろそろ缶に詰める予定でした。が、風で全部ひっくり返って、おまけに浜菊の鉢に命中。花もひっくり返っていました。
濡れていないので、今日も日に当てて、使うときは一度湯に通せば良いかなと拾い集めた。
他にあの子が花梨酒を作った。

さて、昨日で10月の稽古は終わり。来週からは炉に変わります。今日は時間があれば炭を洗う予定。
b0197486_7381883.jpg

備前耳付花入れに野菊と竜胆
b0197486_7395540.jpg

姿勢や所作は出来ているのに手順が全く覚えられない・・・・
b0197486_741338.jpg

今日は最後まで正座して点前が出来ました。
b0197486_7415347.jpg

仕覆は「四座金襴です」十色間道のインパクトが強かったようです。縦縞ですが金糸が入っていて、このように呼ぶ裂もあります。
裂の名前の付け方は色々あるので、裂の柄で覚えた方が良い。
b0197486_743474.jpg

久しぶりに薄茶点前
b0197486_8152213.jpg

いつもより筋が良かった
b0197486_816278.jpg

青年部で宗家に伺い、感動が再び。宗家に伺ったのは今回二度目。
ますますお茶精進。期待してます!

b0197486_819427.jpg

点前は綺麗に出来るのですが・・・何かが・・・それは


b0197486_8184710.jpg

主菓子
A「紙風船ですか?」
B「錦でしょ?」
「・・・・毎年このお菓子使ってますよ。梢の錦!」
・・いつものピンク色から紅葉だからと言って赤目に作って貰った。今一。
お菓子屋の感性かなぁ・・・作りは丁寧なので時間をかけて磨くしかなさそう。
b0197486_8233710.jpg

干菓子は山形土産「ミルク煎餅」と「ふうき豆」
和風のスプーンがあったのに探しきれなかった。後半は探し出して取り替えた。

写真撮ったのに写ってなかったり、撮り忘れたり・・・済みません。
こうして今年の風炉は終わりました。

※今回の竜胆(りんどう)は普通に竜胆(野山に咲く)で、今まで使っていたのは蝦夷竜胆で栽培もの。
日影や夜は開かないので、今回は教室に持って行って、日向に暫く置き、開いてから床に置いた。
by higashinuma | 2015-10-28 07:38 | 茶道 | Comments(0)

弁当

27年10月27日 火曜日 晴れ 23.1℃ 今日は晴れていますが富士山は目を凝らして薄く見える。

お一人様の食事が続いていたが、昨日、若が出張から帰り、元の生活に戻った。
毎日毎日どうして朝昼晩と食事が要るのだろう?生きている者のエネルギー補給、生命の素とは分かるのだけれど、こういうことこそ共産主義にならないだろうか。否、作るのが面倒とかそういう意味は多少はあるが、豪華な食事をしている人も居れば、難民のような食べるのに苦労している人も居る。世の中の不公平は食事に一番現れているように思う。エンゲルの法則もあり、食べる事が一番としています。
私が言いたいのは学校給食のような方法です。例えば都民なら都民で、少し範囲を狭めて市区毎でも良い。どこかで集中して食事を作り、その範囲の人が同じものを戴くという発想です。
災害時には「炊き出し」とか行政による「弁当」とかで食事をする。そんなイメージです。
不公平ばかりではない。食料の無駄にも貢献できる。栄養に関してもベターです。医療費や介護に予算が圧迫され、予防やジュネリックの推奨等々宣伝していますが、給食制にすれば、それなりの栄養士が献立を作るので、塩分取りすぎ等速攻で対策出来る。そして、作る手間を何か別の事に費やせばよい。一石で多くの鳥が得られる。

前に介護に行っていた処の爺様は4時に夕食の弁当が届くと直ぐ食べていた。せめて5時まで待つように指導していたが、今回のお一人様食事でそれが分かるような気がした。つまり、自分的には作らない時間を持て余している。
誰でも経験があると思うが急に予定がキャンセルになると何をして良いか分からなくなる。


スーパーで買った弁当
b0197486_934998.jpg

惣菜屋で買った弁当
b0197486_9242062.jpg

どちらも赤飯に惹かれて。結局、お一人様の夕食は3回とも赤飯でした。
赤飯は好物ですが、この季節は季節の変わり目で体調、自律神経を保つためにビタミンを要求しているのだと思う。彼岸に「おはぎ」食べてないから?

上の弁当の方が「バランス弁当」と言うくらいで「おかず」の種類が多く、野菜も入っている。下は赤飯が美味しかったが、私なりに栄養バランスが良くない。これに野菜サラダでもあればと思ったが、大根の味噌汁を作りました。
どちらもワンコイン前後。どちらが高いでしょうか?
美味しかったのは下。上の鮭は焼いたものではなく今一。(焼かないで湯通しするらしい・・・理由は?聞いたけど忘れた・・・多くの弁当はその方法と聞いた事がある)

昨日の夕食は明日か明後日書き込み予定。

※この前、コンビニの入り口で高校生の男子が二人で話していた。中で買い物している友達を待っている様子。ごっつい感じの子の話「コンビニでおにぎりや弁当は買うなとお母さんに言われている。何が入っているか分からないので体に悪いんだって」
by higashinuma | 2015-10-27 07:46 | 食事 | Comments(0)

秋薔薇

27年10月26日 月曜日 晴れ 23.1℃ 穏やかな朝ですが冷えています。

昨日は木枯らし一番とかで家の中は暖かだったが、玄関を開けたら北風が強く寒かった。
昼飯どうしようかなと思って、近くの有料公園でのイベント「タイフェスティバル」で取る事にした。
丁度、薔薇園の秋薔薇も見ごろの筈なのでカメラを持参で。

このフェスティバルではタイラーメン、辛いラーメン(トムヤム味?)、それにパッタイ(タイ焼きそば)の三種類でどれもワンコイン。ちょっとがっかりでしたが、タイラーメンを食べた。
今まで一番美味しいと思ったのはヴィマンメーク宮殿の庭園で食べた物。この時は初めて食べた訳では無かったが、とにかく旨かった。
米から作った麺と鶏ガラの薄い塩味。これに好みで唐辛子と砂糖、ナンプラー等を入れますが、私は何も入れない。具は「つみれ」や「もやし」等これもお好みで入れて貰う。
今回は豚肉とサクサクした煎餅みたいな物、それに「もやし」不味くはないが、ちょっと寂しい昼飯だった。食べてから「あっ写真忘れた」まぁ、いつもこんな感じ。

この公園は有料とあって花がいろいろ楽しめる。
薔薇と草花を撮ったが、草花は今一なので削除。
b0197486_8211460.jpg

b0197486_8222431.jpg

b0197486_8224537.jpg

b0197486_823123.jpg

b0197486_836451.jpg

b0197486_837431.jpg

b0197486_8381035.jpg

最後の一枚はタイらしい風景・・・庶民のタクシー?トクトクとタイ国旗。バンコクでは排気ガス問題、目的地までの値段交渉等で余り乗らない。
国旗と王様の黄色の旗は大凡セットで街を飾るが、今回は黄色の旗は無し。
あと、この中でのイベントはフルーツカービングの製作、タイの紹介パネルとビデオ上映、物産展、舞踊等があったが、タイリピーターとしてほぼ毎年、本場を見ていればどれも見劣りするのは必至。懐かしくざっと見学しただけでした。
by higashinuma | 2015-10-26 08:21 | 所感 | Comments(0)

メール

27年10月25日 日曜日 晴れ 気持ちの良い晴れですが寒い

富士山も薄く見えて、一時、真っ白でしたが、今は雪が半分くらいに。

生徒の一人からメールがあった。何故かアドレス非表示。しかも、文字化け。
以前は非表示ではなかったが・・・なので、誰からのメールか分からないため、即削除。
で、生徒からだと分かったので、先生に対して非表示とは失礼ではないかと注意した。
大凡、非表示でメールするとはどういう事だろうか?
多分、この子はアドレスの不正使用を避けたいのだと思う。一斉メールを受信していた場合、返信するとそれらの人全員に届くようで、気を付ける必要があるけれど、良心的に考えれば別に何とも無い事だと思うが、中には嫌な人も居るのかも。

昔、パソコンで画面がいきなり真っ赤になって、何年の何月何日にアダルト見ていて支払ってないからこの金額をいついつまで払えと言うような脅迫とも思えるメッセージが流れた。
今でいう、おれおれ詐欺の一環で、ちょっとびっくりしてしかるべき処に相談に行った。
先ず、無視すること。そしてパソコンのリカバリー?(このメッセージを受けた前の状態に戻す)方法を教えてくれた。以後、何事も無く過ぎている。不特定多数にメッセージを流して、そこに連絡すると、網に掛る餌食になるという寸法。

若が金曜日から海外出張ですが、出張先から携帯メールをくれる。以前は出来なかった事でした。こちらの携帯メールも届いているようです。パソコンからのメールは海外に住む生徒からのメールも時々は送受信していたが、本当に便利になった。
私は携帯とパソコンは繋げていない。

ウィルス感染でアドレスは勿論、パスワードまで知られて、銀行関係が不正に操作される事も怖い。私もネットで銀行振り込みをしていたりしたが、最近は減らしている。一日中何時でも使える便利さと振込料もかからない。銀行のセキュリティも使ったり、不正アクセスで預金が引き出される事もあり、不正であると判れば保証もあるようですが、怪我をしてからでは遅い。

でも、携帯メールでアドレス非表示はどうしても如何なものかと思う。相手に因って変更も可能なのだから、そうすれば良いものを。

教室の生徒募集は相手が不明なので、電話番号しか表示されない。偶に取れなかったりすると番号だけが残る。果たしてこちらから電話して良いものかどうか迷う。大方は削除してしまうが、今来ている生徒は、記録された番号に電話して連絡が取れ、入門された方。今年、10月迄で何件か番号が残ったが、全てが入門と言う事では無いにしても悪いことをしたなと思ったりする。

お一人様晩飯
b0197486_837677.jpg

カレーの残りとパンの残りサラダとコーンスープ
スープ皿、パン皿、カレー皿それにもう一枚カレー皿より一回り大きい皿とセットです。
これ三枚で使う事も珍しいが四枚で使うことは未だ一度もない。

b0197486_84050100.jpg

筑前煮は好物。これはスーパーでおにぎりと一緒に買った。これにサラダがある。
おにぎりは一個で十分でした。
赤飯が好物ですが、これは胡麻が振られていて分からなかったけど小豆はこの中に4粒ほど。
自分で炊いた(電気釜で炊いて作る)赤飯も久しい。今日あたり作るかなぁ・・・
by higashinuma | 2015-10-25 08:33 | 所感 | Comments(0)

性格それとも?

27年10月24日 土曜日 晴れ 23.9℃ 今朝は寒さは感じない

熱帯魚を飼い始めて2か月と少し。若の生きた「おもちゃ」本当は犬を飼いたいらしいがそれは無理。
私も犬も猫も可愛いと思うし、彼らも寄ってくる。今のマンションは動物可。前の住まいは許可登録制。何軒かで飼っていたが、去年辺りはだいぶ減っていたようです。
飼わない理由は色々あるが、毛が抜ける、壁や家具が傷む、散歩は大丈夫か、病気は、餌代等々。

さて、熱帯魚に戻り、最初はグッピー4匹、ネオンテトラ10匹、ラミノーズテトラ5匹。翌日ネオンとラミノーズが二匹ずつ、そして二日後に同じくまた二匹ずつ死んだ。
飼い始めて一週間までが一つの基準(慣れるかどうか)らしい。
その後、グッピーを追加し、一週間前にグッピーとアルビノコリドラスを各一匹追加した。
現在は全部で10匹。最初に買ったテトラ系は各一匹が元気に泳ぐ。特にラミノーズは買った時の倍の大きさ位になった。
若は毎日の餌遣り、一週間一度の水替えと水槽掃除をしている。
「みんな元気だった」が「只今」の変わりになった。

「カラフルな尾鰭を揺らすグッピーを眺めて飽かず呆けし様にも」

見ていると其々に性格があるらしく、ちょっときかん坊や甘ったれ、食いしん坊などがその色合いと共に見ていて飽きない。

コリドラス系は習性が変わっている。
b0197486_745282.jpg

水草の上や小石の上でじっとしている。死んじゃった!餌をある程度食べるとじっとしている。写真はガラスに縦に張り付いている。
掃除屋と言われる位に小石の隙間をつっついているが、殆どは死んだように動かない。
b0197486_7491525.jpg

眼が赤く、ちょっとキモイ。若は「宇宙人」と名付けたが、私は「おばけ」と呼ぶ。

グッピーを撮るのは難しい。
by higashinuma | 2015-10-24 07:45 | 所感 | Comments(0)

秋刀魚

27年10月23日 金曜日 曇り 24.1℃ 

真夏の頃、眼鏡の鼻掛け部分が片方折れて、眼鏡屋で折れた部分を綺麗に削ってもらって使っている。しかし、最近は鼻が曲がっているような気がして、昨日はその眼鏡屋で新しく作って貰うために行った。前に行った時の店員がとても詳しくて親切だったのでその眼鏡屋を選んだのでした。

今のこの折れた眼鏡は大病院の眼科と提携している眼鏡屋で、強制では無いものの、流れで自然にその眼鏡屋に行くことになる。そしてこの眼鏡は多分10年は使っていた。
折れた時に、その眼鏡屋に行ったが、駅前の再開発で大きな商業ビルが出来、その中も探したけれど、その眼鏡屋は見つからなかった。そして今の眼鏡屋をそれも交番に来ていた小母さんに教えられて行った事でした。

そして、昨日はその店員が居なかった。休みだったらしい。別の店員があれこれ言うけれど、悪くはないけれど今一つ信用できない雰囲気。今の眼鏡がガラスかプラスチックか分からず、店主らしき人を呼びに行ってみてもらっていた。この店主らしき人が最初に応対してくれたら頼んだかも知れない。結果的に「考えてみます」と帰ってきた。
一つには、極最近、大病院で視力を測っているのでその検眼の資料を貰って造りたかった。眼鏡屋の検眼はどれくらい信用が置けるのだろう?
この店員は現在の眼鏡の度数を測って造るという。検眼設備もあるので、私からしたら眼鏡の度数と検眼をして決めたら良いのにと思う。多分、前の店員はそのようにした筈です。

今のはチェーン店ですが、個人の店で、もう一軒親切な店員が居る店があった。少し遠いがそこにも行ってみようかと思う。

タイトルは「秋刀魚」
今年、三度目の「秋刀魚」を食べた。
スーパーに行って、大箱にどさっと入れて売っているのは、買い漁ってごちゃごちゃになっているので、買いたくない。パックしてあって新鮮な物を選ぶのも難しいが、そのごちゃごちゃよりは良い。
この秋初めて買ったのは一尾200円位だったかな?太って見事な秋刀魚でした。美味しかった。
次に買ったのもパック入りで、出盛りなので130円位?でも、細い。
b0197486_7574235.jpg

写真は細い方の秋刀魚。味は美味しかった。
テレビで秋刀魚をふっくらと焼く方法が紹介され、同じようにやってみた。効果は?

そして昨日、同じマンションの方から秋刀魚を頂いた。新築なので日を前後して入居して、親しくさせて戴いている新婚さんで、先日、赤ちゃんが生まれた。で、ご主人が北海道出身という事で親が来ていて、北海道の秋刀魚ですと戴いたもの。
若は仕事先で接客の夕飯だからと言うので、自分も夕飯は済んでいた。若は今日から海外出張。しかし、生もの。2尾を焼いて、残りは冷凍した。
久しぶりにちびりちびりと日本酒で頂いた。美味しい秋刀魚だった。今年初物の秋刀魚も北海道産でしたが、同じように太っている。残り1尾は若が帰宅後、彼も一杯つけて食べていた。
塩をしてあるので、そのまま焼いて下さいと言われた。ふっくらと焼けたので、テレビの方法はどうだったのか検証出来ないが、北海道の親が塩をしたのなら、もしかして何かあるのかも知れない。
ただ、大根おろしが欲しかった。
佐藤春夫の詩が思い出された事でした。
・・・・・さんま、さんま
     さんま苦いか塩っぱいか。・・・・・
by higashinuma | 2015-10-23 08:00 | 食事 | Comments(1)

茶道をとおして日々の流れをつづる