<   2015年 12月 ( 29 )   > この月の画像一覧

歳末

27年12月29日 晴れ 23.9℃ いつも24℃設定のエアコンを今日は27℃設定にしている。寒い。
今日から結構お休みと言う会社もあってか、いつもより車は少ないようです。多摩川に逆波が立って風が強く寒い。静かな年末を迎えている。が、既に生活は乱れている。

韓国の従軍慰安婦問題は本当の処何なんだろう?日本軍によって韓国人が慰安婦を集めて(儲かる仕事があると騙していたようです)慰安所を経営していたとか。その結果が尾を引いている。本当の事は誰も知らないと言うかタブーのように口を閉ざしているためか一部の韓国人が騒ぎ立てている。私も韓国人の作家がルポで書いた小説を読んだが、確かに酷い物であったと思われる。
しかし、それらは国交正常化の時点ですべてが解決済みなのではないかと思うし、その中に慰安婦問題は含まれていないとする主張に、日本の民間人が基金を設立して賠償している事も事実。
私が思うに、彼らの国民性でお隣の国のように、ミサイルを飛ばせば支援が受けられる式に、同じ民族だから物言えば何とかしてもらえると考えているのではないかと言う事。今回10億と言う賠償をしても、又何か言い出すに違いない。
海外旅行などで不都合があったら(私が悪い訳では無い)兎に角、日本語でわめく。日本人は大方は穏やかな人種と思われているので、相手の思うつぼに嵌る事もある。穏やかに話していたのでは、解決が付かないし、やった者勝になりかねない。まぁこれは非常手段だけれど。
かの国の大統領も散々日本を悪く言って、国民に引っ込みがつかなくなった感じだ。見ようによっては可哀そうな人です。国民は未だいちゃもん付けているけれど、10億で彼女を救ってやったと言うべきかもしれない。キリがない。でも、日本は何処にこんなお金があるのだろうか?

午前中、今年は初詣に行けないので、今年一年の感謝と来年の健康と無事を祈りに深大寺に行ってきた。お寺は初詣の準備に職人さんが大わらわ。案外人出も多く蕎麦屋からは好い匂いが漂う。「蕎麦食べる?」「ええ・・!」今日の昼はいつもの中華屋と決めて出てきたので仕方ない。
お昼の鐘楼の鐘も除夜の鐘のように聞こえた事でした。

昨日の夕飯から
b0197486_22453159.jpg

ローストビーフ・・・山葵で・・
b0197486_2245569.jpg

烏賊マリネ
b0197486_22461416.jpg

大根とポーク煮物・・本当は大根はサラダにして肉ジャガの予定だったが面倒になって変更する
b0197486_22464841.jpg

南瓜サラダ
b0197486_22484478.jpg

牡蠣卵焼き・・スィートチリソースで・・本場の様にはゆかないが旨い

牡蠣卵以外は定番
こうして今年も終わる。

by higashinuma | 2015-12-29 10:49 | 所感 | Comments(2)

良いお年を

27年12月28日 月曜日 晴れ 21.3℃ エアコン入れている
今朝は凄く寒かったようですが、昨夜はソファに寝ていた。新しい家には畳が無いのでベッドに寝る事になるが、どうも馴染まない。海外旅行ではベッドで寝る事は寝るが、あまりにふかふかのベッドだったりすると、床にベッドカバー等を敷いて寝た事もある。最近は何処のホテルもベッドを選んでいるらしく昔のようなふかふかが無いので良く寝られる。
家では止む無くベッドを買った。が、いつもは気分次第で床に布団を敷いて寝る。明け方寒くて寝覚める。昨日は思い付きでソファで寝てみたが是が暖かい。この冬一番の冷え込みと報道でしたが、暖かかった。昼寝はこのソファなので、この延長と思えば何ということは無い。

旅館などでは畳にふかふかのマットレスを敷いてあったりする。それは外して布団だけにする。
病院のベッドが理想的な自分の硬さ加減ですが、残念ながらそういうのは病院でしか求められないようだ。一般的にはふかふかが最上と言う感があるからでしょう。

昨日は多摩川で白鳥を観た。一羽だけ優雅に泳いでいた。岸で餌をやる人が居て、寄って来ていた。家に帰る途中だったので、急いで帰ってパン持って行こうと言う。
パンをポケットに忍ばせて行ったら、白鳥は川岸より離れていた。が、都鳥(ユリカモメ)が寄ってきた。つい、最近までは多摩川には来ていなかった。前の家の近くの野川には冬になると沢山飛んできていた。パンをやり始めると寄って来て、啄む。それが何とも可愛い。鳴き声も可愛い。
b0197486_21354115.jpg

このつぶらな目。
b0197486_21355716.jpg

b0197486_21361439.jpg


白鳥は遠のいて行く
b0197486_21383042.jpg

羽の色からすると未だ若鳥の様だ
b0197486_21394310.jpg


代わりにカイツブリが寄ってきた
b0197486_21403380.jpg

でも、こいつらはパンを投げても食べない。都鳥の食べるのを遠まきにして見ているだけでした。

他には川鵜や鷺も

今日一日、何べん「良いお年を」を言った事だろう
昨日から今日になるだけなのに歳をとる
「正月や(門松は)冥土の旅の一里塚めでたくもありめでたくも無し」
ドラマ化された小説で老いて行く人と、老人から若くなってゆく人があった。どちらも最後は消える。生あるものはやがて土になる。私は案外死後の世界を信じない。そのため墓は生きている人が、実は自分のために建てていると思っている。そんな事を和尚さんの前で話して居たら怒られた事があった。極楽浄土、地獄等は生前に正しく生きると言う事を教えているのだろう。
一休さんって凄い人だと思った事でした。

by higashinuma | 2015-12-28 09:02 | 所感 | Comments(0)

大掃除

27年12月27日 日曜日 晴れ 19.4℃ 午後4時半 エアコン無し 外は風が寒かった

朝、ブログを書き始める前に写真のチェックをしていたら、若が大掃除が窓を拭き始めた。
殊勝な事ですが・・・・網戸に掃除機かけるのは反対面に新聞紙当てる・・・窓は新聞で最初は濡らして拭き仕上げは乾いた新聞で・・・
と言うような事でブログは諦めて大掃除突入です。
大きなバルコニーの窓は拭き掃除も終わって✨
次に一番大きな観葉植物を家の外に出して、水をかけて葉を洗う。中型の二鉢は二、三日前に自分で洗ったので葉が綺麗で生き生きしている。大きいのは一人では運び出せない。

昼は四川料理食べたいと言うので、出かけた。美味しいと思うんですが、昨日の昼も出先で食べているし、胃が今一でしたが、仕方ない。仕方ない理由複雑。
この店、前はホテルの経営で中国料理を出して、日本人シェフと従業員にも知り合いがいたが、一年前?位に店が変わり四川風の中華料理店に変わった。そして全員中国人のようです。
混むので、若に先に行かせてクリーニング屋へ行っていた。
店に行ったら注文しておいたよ。で、私は八宝菜。若は麻婆豆腐。それに追加料理一品。これが曲者。四川料理中でも最たるものの一つ。唐辛子と油で肉とか野菜を煮たやつ。
四分の一位?もう少し少ない?食べたけれど今も胃が変。

と言う事で昨日の昼飯・・今日のは撮り忘れた
b0197486_1743330.jpg

ピリ辛・・「初めて食べる人」と注意書き・・自分の分
b0197486_1752960.jpg

中辛・・知人の分・・この人が連れて行ってくれた
b0197486_176165.jpg

そして若の激辛

具(トッピングは自分で選ぶ)
b0197486_17815.jpg

380円(麺三種類と飯から選ぶ・・お代わり自由)にトッピングは一点100円で3点以上選ぶ
自分のは厚揚げ+豚肉+法蓮草+烏賊+水餃子+しめじ=合計980円+飲み物
この手の店は初めて。味は美味しいが・・・
自分の飲み物は
b0197486_1713990.jpg

冬瓜茶・・ほんのり甘い・・これがあって助かったかも・・なぜならタイの麺は基本は鶏出汁で薄い塩味です。これに自分で唐辛子とナンプラー等で味付けし、辛い時は砂糖を入れる。
私は鶏の薄いスープだけで食べます。そういえば、麺の太さを選んだり、トッピングを選ぶのもタイ風でしたね。中国を旅行しても観光会社の当てぶちで自分で入る店は所謂レストランなので、この手の店は初めてです。日本にもこんな店があったとは・・中華街を造るとして地元に反対された例の場所です。

by higashinuma | 2015-12-27 17:19 | 所感 | Comments(0)

健康が一番

27年12月26日 土曜日 晴れ富士山は見えない 22.8℃ エアコン入れている 昨夜は寒かった

昨日は先日検査した「肺」と「大腸」の検査結果を聞きに行く。
「肺」が悪いとは思いもしなかったが街の健康診断レントゲンで影があるので要検査の結果だった。その検査の処で先生は薄い影があるので、心配なら再検査するようにとの事で、いつも診て戴いている大病院の先生と相談したらCT撮りましょうとの事でその日のうちに検査となった。
結果は古い影で大丈夫ですとの事。「肺を悪くした事は無いですけど?」「風邪をひいても肺に残ることがある」との事でした。数十年も使って来た肺の断面には傷が沢山写っていた。

そして大腸は内視鏡検査結果、ホリープは何か所かあり、写真は未だ2㎜位だから2年後位にまた検査しましょうとの事でした。内視鏡の時に採ってくれれば良いのにと思ったのですが、先生が言われるには胃と違って大腸は壁の外側にも発展している場合があるので、取るのなら入院が必要と言われた。
2㎜位と言うのは前回2年前に検査した時と同じ。何か食事で解消する事は出来ないのだろうか。それとも食事でそれより大きくならない方法は無いだろうか。
年越し前に先ずは安心した事でした。

内視鏡検査は大腸を完全に綺麗にして行うので、ちょっと大変ですが、綺麗になった事で、何となく元気になれるような気がする。前にバンコクで腸の洗浄と言うのがあり、日本人も受けた人には好評だったようですが、今は腸のちょの字も出ない。病院ではなく美容で行っていたようだ。恐らく体に負担がかかるので、医療行為として制限されたのではないかと思われる。

我が家飯
b0197486_9313592.jpg

川向こうの農家の直売で大きな大根1本130円で買った。
回鍋肉の大根バージョンを作ってみた。大成功です。旨い!

翌朝、わが街の農協で同じような大根が1本50円・・朝市みたいにしていたので知らないと言う事は80円も損する事かと笑ってしまった。
いつも安売りの店では50円で買えますが、美味しくなかった。近いのですが、この店では殆ど買う事は無い。
私は安くて良い物しか評価しない。何でも!
だって高くて良い物は当たり前ですから。

安くて良い物・・・と言うか無料!
b0197486_940020.jpg

b0197486_9402281.jpg

カップの違いはビールの違い。おつまみも付いてます。


今月も工場見学。「只より高い物はない」と言いますがこれは例外かも(笑)
只のビールに毎回、大変な人です。
しかも、この工場の隣は市場です。
街の店で一個250円のふじ林檎が7個千円!数年据え置きみたい。しっかり蜜が入ってます。
4月になったら林檎は買わないと思っているが、この店では7月頃まで新鮮だと言ってました。
「只ほど安い物は無い」です。

by higashinuma | 2015-12-26 09:48 | 所感 | Comments(0)

クリスマス

27年12月25日 金曜日 曇り後晴れ予報 20.2℃

我が家のクリスマスモードは食べる物だけかな・・
街ではすっかり定着しました。キリスト教でも無いのに商魂に踊らされているにも関わらず、楽しい事で騒ぐ事は誰でも大好きです。街はイルミネーションが綺麗だし、メディアも騒ぎ立て、チキンやケーキもこれぞとばかり売られている。
昨日は婆ちゃんがケーキの箱を持って歩いているのを多く見かけました。
こういう事で家族団らんも悪くはない。

本当のクリスチャンは多分、教会でお祈りだろう。
昔住んでいた処では夜に信者が蝋燭を持って歌いながら街を歩くのだった。

昔々は教会のクリスマスパーティに誘われた事もある。キリスト教と言っても宗派が沢山あって、パーティに誘われたのはモルモン教だった。飲酒禁止の宗派でシャンパン等も無かった。粛々と過ぎた感がある。そういえば沖縄の普天間基地移転で「粛々」が頻繁に使われた時もありましたが。

サンタクロースはトルコの生まれ。トルコはイスラム教が主流。キリスト教会をモスクにするため壁のキリスト像を塗りこめたのは観光でも有名。壁が剥がれてモザイクで描かれたキリストの顔が現われ、朝日に当たる設計で、とても綺麗だった事を思い出す。

ベトナムではミサに参加。初体験で見よう見まねでお祈りを捧げたけれど異教徒の私には馴染まない感じがした。でも、しっかりパンと聖杯は戴いた事でした。

昨日の我が家飯
b0197486_7312561.jpg

ケーキで~す!
b0197486_732120.jpg

切り分けた状態
・・・この日の「朝一」で紹介された料理を早速・・・分量はいい加減!・・・旨い!
いつもは生玉葱ですが、今回は基本通りのハンバーグにケチャップとソースで味付け??いつもやってる。
上のクリームはジャガイモと牛乳、バター。今回は塩だけれど蜂蜜を入れてパンに塗っても旨い!
胃潰瘍になったときに一週間食べ続けて治した。健康食。
なので、そんなに面倒な事は無かった。オーブン設定している間にジャガイモの鍋焦がしたけど。

b0197486_7384012.jpg

ハンバーグを焼いた肉汁が美味しいので野菜炒めに

他に鶏股肉買った。丸鶏を焼いた事もあったが、食べきれないので止めた。
見た目豪華ですが、案外簡単。オーブンが焼いてくれる。
このハンバーグいつもの四倍の大きさで、焼くのが大変。途中でひっくり返すのに「朝一」では放映無し。オムレツ返すみたいにやったと言っていたが、多分無理。脂が跳ねる事必至だし、それに重い。割れそうになったが何とかフライ返しでひっくり返した。表面焼いてオーブンにいれる。因みに「朝一」は二段で豪華。
料理番組は時間の問題で、途中の工程を切り上げる事がある。是を作る時間はどれくらいか言ってくれたら有難い。

by higashinuma | 2015-12-25 07:49 | 所感 | Comments(0)

風邪

27年12月24日 木曜日 晴れの予報ですが雲が多く富士山は見えない 21.6℃ エアコン入れてある

風邪の人が多いのか、電車に乗るのが怖い。火曜日は教室に行くのに殆ど座って行ける。そして途中で載ってきた小母さんが目の前に立ち、マスクをしているが、何を考えているのかマスクを外して「くしゃみ」している。口も覆わずだ。流石に顔はそむけていたが、口は全く覆っていない。
くしゃみは3mとか5mとか飛ぶと言われる。例え正面で無いにしても拡散している筈だ。2回くらいはその状態でくしゃみをしてマスクを掛けた。どういう了見だったのか?
そして昨日は隣に座った親父。競馬か競輪の新聞を広げながら立て続けにくしゃみをして鼻水ずるずる。確かに新聞に顔を隠してのくしゃみだったが、つい顔を見た。「なんだ!」と言われたが無視。
こちらが「何だ!」と言いたい。その後も咳をゴホゴホ。どうみても風邪の症状みたい。マスクぐらいすればよいのに。
電車の中で風邪の人が居るとその人の乗った車両の数人が感染すると言う。

少なくとも風邪を引いていたらマスク位はお願いしたい。そして、私も電車に乗るときはマスクをしようと思う。
他人に気を遣う事の無くなった昨今をどう生きていくのか・・・是は大げさな問題ではない。

歩きスマホも困ったものです。駅の階段で歩きスマホを避けようとして転げそうになった。
スマホの料金で国会が動いているのに、歩きスマホは余り問題視されていない。先に書いた他人に気を遣う事が無くなった理由の一つにスマホがあると思えるのだが。ここでいうのは歩きスマホ以外にも、スマホがあれば人と接触しなくて良いからだ。多分、あれを見ていると自分勝手が出来る。他人に何か言われる事も無い。ゲームをしたり映画を観たり、退屈したらライン等もある。嫌な奴だったら切ればよい。
ちょっと前までは「オタク」等と言ったり「引きこもり」等と言っていたが、拡大解釈すれば、今は殆どがそれらに当てはまるような気がする。極端に人との接触を避ける・・・例えば銀行関係からしても窓口からATMそして今は、家に居ながらスマホでも振込や預金まで可能になっている。対面なしにお金が動く。
この先どんな世の中になってゆくのだろうか?
人と言う字は人と人が支えあう姿だなんて言っていたのは一時代昔のようだ。

我が家飯・・21日の弁当
b0197486_8283858.jpg

牛肉牛蒡巻、野菜炒め、卵焼き

by higashinuma | 2015-12-24 08:30 | 所感 | Comments(0)

今年の稽古納

27年12月23日 水曜日 天皇誕生日 祭日 曇り 18.5℃ 

今朝は教室に荷物取りに行って、今日の担当講師と茶会についての打ち合わせ、家に戻るとお昼少し過ぎていた。
明日でも明後日でも良かったが、昨日、京都のお土産として「漬物」を戴き、冷蔵庫に入れてくれたが帰りの荷物が多くて、つい忘れていた。未だ他にも持って帰りたい荷物もあって出かけた。何しろあと10日足らずで今年も終わる。

b0197486_14481598.jpg

最後の締めは「和」大亀老師染筆
b0197486_145002.jpg

信楽徳利花入れに「雪柳」と「椿(絞西王母)」
b0197486_1451214.jpg

漸く形になってきた。今日から拝見有の稽古。
b0197486_14522397.jpg

長緒と重茶碗・・・初釜の点前で頭がいっぱいのようです。
間違えても良いですから落ち着いて堂々と
b0197486_14543050.jpg

大津袋の稽古・・次は包み帛紗の稽古にしましょう
b0197486_1455373.jpg

次は濃茶の稽古
b0197486_14561315.jpg

四ケ伝に入りましょうか
b0197486_14572068.jpg

b0197486_14573990.jpg

クリスマスの道具たち
蓋置は長崎三彩の聖堂。30年?もう少し昔に旅行して求めた物で初めて使う。
茶碗高台は星
b0197486_1503848.jpg

主菓子は「聖夜」
b0197486_151846.jpg

干菓子は雪の結晶等
b0197486_1515620.jpg

美味しい濃茶でした
b0197486_1523146.jpg

薄茶3人の呈茶は久しぶり・・痺れています

病欠、仕事等々お休み在り
お茶を飲んだだけで「時間が無い!」慌てて帰った生徒も・・・だったら早く来てください!
こうして一年も終わりました。
私は何を伝えて、生徒は何を得たのだろうか。

by higashinuma | 2015-12-23 15:08 | 茶道 | Comments(0)

冬至と風呂

27年12月22日 火曜日 晴れ 22.1℃ 先ほどエアコンを入れた

今日は冬至。朝、いつもの6時20分には未だ日が昇らず暗い。そして7時頃に日が昇り始めると急に寒さが増す。
冬至は南瓜と小豆を食べ、柚子湯に入る。随分古くからの習慣のようです。風邪を引かないと言われるが、南瓜を食べると中風にならないとも言われるようです。

今日は教室で夕飯なので、昨夜は従兄弟煮を作った。スーパーは南瓜一色と言うのは大げさですが、常の倍以上の置き場を占めて、横に小豆の缶詰が積まれている。柚子も沢山並んで一個約100円。
お風呂は今は「パパイア」の入浴剤を使っているし、柚子を生で入れるにしても1個浮かべてどうするの?の感じで、料理にも使いたいが、それは無しにした。

パパイアは酵母で古くなった角質を取ると言うので、この入浴剤を入れて風呂に浸かれば皮膚をこすらなくとも良いと言う。確かにそんな感じがする。石鹸洗いしなくともツルツルになる。

さて、この季節に家で風呂に入るのはなるだけ若が居る時にと考えている。前の家でも、一軒向こうの家で風呂で亡くなったお年の方が居る。
風呂に浸りながらどういう状況になるのだろうと思った。よく、寒暖差で心臓麻痺、脳溢血とか言われるが、倒れる人に前兆はあるのだろうか。どのような状況で倒れるのだろう。それが分かればある程度は防止できるのでは思うのですが、自覚症状は聞いた事が無いし、倒れても発見が早く助かったと言う話も聞いた事がある。
実は昨日は食事を終えて、9時前に風呂に入っていた。大凡、9時頃には帰ってくるからだ。で、風呂を出て着替えたところで電話だった。「何度も電話したのに!倒れているかと思ったよ」
今日は遅いから食事要らないの電話だった。

先の亡くなったお年寄りは独り住まいで、翌朝、娘さんが訪ねて来た時には亡くなっていたらしい。
全然違う話で、ご主人が飲んで帰るからと言うので、風呂に入ったら、浴槽に浸ったままで寝てしまい、ご主人が帰った時には人間スープが出来ていたと聞いた。勿論、大げさですが、髪が抜けるほど煮られていたらしい。今は火を点けていても温度で制御しているが、その風呂は追い炊きすると自分で止めるまで炊き込むので、想像ですが、風呂で寝てしまい、そのまま多分お湯に潜って窒息死したのでしょう。それで、追い炊きしたので、茹ってしまった。目も当てられない最悪の事態。
私も風呂では眠くなるので、この話を聞いて気を付けている。

未だ今年は出して居ないが、脱衣場にはヒーターを置いている。風呂場も温風ヒーターが付いているが未だ使っていない。それより、温泉に行きたいからだ。近くに何軒かあり、1000円位で入れる。
温泉なら人も居るし、家で倒れるより良いのではと思っている。

口直しの我が家飯
b0197486_8244743.jpg

マーボー豆腐・・・辛い旨い
b0197486_8253293.jpg

弁当用鮭・・今回は甘塩鮭・・いつもの降り塩より小さい
b0197486_8263878.jpg

従兄弟煮・・甘さ控えめ
b0197486_8271615.jpg

豆苗とカイワレ大根のおかか和え・・飽きない
b0197486_8281744.jpg

トンカツ用豚のケチャップ煮・・・是に豆板醤を入れればエビチリ
素早く作らないと肉が硬くなる
他に卵焼き

by higashinuma | 2015-12-22 08:30 | 所感 | Comments(0)

美術館巡り

27年12月21日 月曜日 曇り 18.5℃ 起床1時間後エアコンを入れた。

昨日は世田谷の比較的近い五島美術館と静嘉堂を見学、その中間にある懐石料理の店での昼食。
五島美術館の最寄り駅は東急大井町線の上野毛駅。10時に集合。私は久しぶりだったので、出口が一つと覚えていたが3か所あるらしい。けれど、昔からの出口を出て、直ぐ横に回ると、道路向こうに新しくメインとなったらしい駅が見える。こちらから出て来られた人も見えるので助かった。

五島美術館は「茶道具取合せ展」。ここの庭園にある茶室の床を展示室に再現しての展示もある。そうそうたる道具が並ぶ中に、名物裂鑑の展示もあり、更紗の名物裂鑑も何点かあって、私は是は初めて拝見した。懐石道具の折敷と四つ碗、向付、煮物椀の四季による展観も古人を彷彿させる。
比較的早く見終わったので、庭も散策。

昼は昔、茶事を何度か行った事のある「泉竹」に移動。タクシー二台は美術館でも呼んでくれたが無いらしい。三社を紹介されたがどの会社も無理だった。それで歩いて行った。少し遠回りしたが15分から20分位歩いただろうか。環八を246号に向かって、交差点を少し渋谷寄りに行ったところで、結構な交通量であるが、中は市中の山居然としている。池の水音が日差しの中に響く。

「泉竹」は昔「泉仙」と言って、京都大徳寺の精進料理の店の東京店だった。3,4年前にそこの板長に店を譲って「泉竹」と替えたらしい。建物も昔のままなのが嬉しいし、料理も昔の味だった。
食事が結構長引いて、予定はすっかりのんびりムード。「もう一軒行くの~」との声もあり。
「無視」これからがメインなのだ。タクシーを呼んでもらうも二台揃うには20分位待つとの事。庭を見学させて貰い、表でぶらぶらしていたら、仲居さんが中でお待ちくださいと声をかけてくれる。もう一度、部屋に上がらせて戴いた。
歩いても15分位の筈だが、道が複雑でたどり着ける自信が無い。タクシーは来たが、二人の運転手は静嘉堂を知らないらしい。スマホで出してもらい運転手に見せる。どうにかこうにか出発。
静嘉堂は門を入ったところから本館入り口まで結構な距離がある。山中を歩くようなせせらぎに沿って歩くのである。タクシーは本館迄載せてくれる。でも、この道を入館者が列をつくって歩いている。こんなに混んでいるの?何かイベントでもあるのだろうか?いろいろ不安が頭をよぎる。

何故、この企画をしたか?
秋口にサントリー美術館で藤田美術館展を開催して、国宝の曜変天目を展観したからだ。
曜変天目は世界に三碗。それも日本で国宝に指定されている。
藤田美術館、静嘉堂、大徳寺塔頭龍光院の所持。龍光院のお宝は門外不出で展観は無いので、この二つが東京で見られるチャンスは余りない。私は静嘉堂の物は以前見たことがあるが、この機会にもう一度見ても良いかなと思っての企画です。藤田美術館のを観たのはもう一人。こちらは静嘉堂は初めてらしい。
静嘉堂の曜変天目は傷も無く美しい。徳川家に伝わり家光から育ての親とも言うべき春日局が拝領し、春日局の嫁ぎ先だった稲葉家に伝来して「稲葉天目」と呼ばれる。藤田美術館の物よりやや小ぶり。家光の母は「お江」信長の血縁です。お江は家光の弟を次の将軍に進めたが、乳母の春日局「お福」は長男の家光を将軍にする。この茶碗にその重さを感ずる。

静嘉堂の展観は今年、琳派300年として各地で琳派展があったが、その最後の展観と言うべき「金銀の系譜」展。宗達、光琳、抱一の名作が並ぶ。そして曜変天目も展示されるとの事で企画した。

以前、曜変天目を展示したときには、照明を落とした部屋に回転台に載せて光を当てていたが、今回はえ?こんなところにと言うくらい、国宝らしく無く、ロビーに重文の油滴天目と展示されていた。

あのアブーチに縦列の人達に懸念された人を気にすることも無く見学できた事でした。予定より一時間も遅くなり、「珈琲飲みたい」も却下されて帰途に就いた事でした。

我が家飯
b0197486_838596.jpg

定番の白菜ミルフィーユ・・ポン酢と大根おろしが旨い。
鍋の中の欠けた部分は食べた後
b0197486_8405064.jpg

粕汁・・・大根、人参、茸、ジャガイモ、上の鍋の残り肉、蒟蒻等々冷蔵庫整理。寒い日は是ですね!
金曜日の夜とか翌日に弁当が無い日の食事は案外楽に決まる。

by higashinuma | 2015-12-21 08:44 | 所感 | Comments(0)

ネットショップ

27年12月20日 日曜日 晴れ 19.6℃ 若が掃除をしようとしている。窓を開けて寒い。
昨日よりは暖かいのでエアコンは入れていない。私が掃除機を掛けたら、拭き掃除やると何とも殊勝な事よ。

今やネットショッピングは普通になってきた。そしてオークションも普通になって、居ながらにして衣食住が購入できる。尤も、私は買い物が大っ嫌い!なので、カタログショッピングは随分昔からの事。
カタログも分厚くなり、有料と店が請求書を送ってきた。
「冗談じゃない!貴方の店が広告一枚の時からのお付き合いで、いつの間にかカタログ化して、勝手に送っておいて有料とはどういう了見か?もう買わないから送らなくて良い」と言った。毎年、お歳暮お中元はここから買っていたし、その他も買っている。まぁ、そんな額では無いのであまり大きな事は言えないが、心中穏やかではない。その後もカタログは送られてくるが有料云々は言ってこない。
でも、このカタログは商品の他に情報誌としても有難いのだ。
全く商品カタログだった二件の業者はそんなに買っても無かったので、送られてこない。
最近は大手会社の商品カタログを送ってくる。衣料品を買ったが、写真で見る物、宣伝とやや違うので、迷った結果、返品を申し出た。一般的には7日間のリコールですが、一か月を超えていた。事情を話して、今回だけ受け付けると言う事でした。ありがたい。

ネットショッピングと言えばオークションもある。しかし、私の性格にはオークションはネットだと合わない。大凡が夜10時以降の終了で、例えば欲しい物があって、ある程度高額の価格を付けて、寝てしまう。翌日は当然の如く終了していますが、私が入札の額に100円位上乗せして、他の人が落札している。まぁ、縁が無かったと諦めるが、諦める事が99パーセント。
それに、偽物が横行しているのも事実。例えば楽茶碗、例えば弘入の作品が1000円から落札が始まる。あり得ない。流石にこの手は終了近いと十万円以上の価格になる。本物であれば落札した人の福笑いですが、多分この手は偽物と踏んだ方が良いと思う。おまけに裏千家や表千家の箱書が付いていたりする。どうしても変だと思うのは、作者の箱書と家元の箱書が同じ筆跡と言う売り出しもあった。何でこういうものがまかり通り、誰も何も文句を言わないのだろうか。
例えば、ビトンのバック等はK国やCH国で大量に偽物が造られ、入国の審査で見つかればそれなりの処罰があるらしいし、それらの国に対しても査察が入る事もあるらしい。本物が高すぎて、人気があれば偽物も横行する。私はブランドに全く興味が無い。しかし、言ってみれば楽茶碗なども一つのブランド品です。くれぐれもネットショップでは買わない事と決めている。

※真面目にネット販売している業者もあるので、そのあたりの事はスルーで宜しく。信用販売なのでその手の偽物店は長くは持たないだろう・・店の名前が変わったりしているところもあるので注意。

因みに迷惑メールは絶対開かず削除している。無料のメイラーは凄い沢山の迷惑メールが入るが常に使うメールは有料なので全くと言ってその手は無い。

我が家飯から
b0197486_2036292.jpg

塩豚・・・玉葱すりおろし、大蒜すりおろしと塩胡椒に漬けて焼く。単純だけど旨い。
b0197486_20364869.jpg

鶏手羽と栗、人参、椎茸の炒め物・・見た目豪華(自称)旨い!・・定番入り
b0197486_20371210.jpg

豆苗のおかか和え・・・先日の豆苗とカイワレ大根の残りで・・定番

by higashinuma | 2015-12-20 08:50 | 所感 | Comments(0)