ブログトップ

つれづれ

<   2016年 12月 ( 26 )   > この月の画像一覧

ショックが大きい

28年12月30日 金曜日 晴れ 20.6℃ エアコン入れている
b0197486_8192163.jpg

今朝の健太は6時20分頃までおとなしかった。と言うか時計を見たら6時20分だったので慌てて起きた。4時頃にトイレに起きて、その時も健太は少しガサガサとブルブル(体を振る)をしていて、これで鳴かれたら困ると思ったが、おとなしくしてくれた。私としたら横にはなっていたが、半睡眠状態。

昨日はほぼ一日、健太と過ごした。何とかキッチン周りの掃除を終えるが、構って欲しいコールやうんちで手が取られて、落ち着かない。あの子は構って欲しくてうんちするみたいなところがある。
午前中寒いので散歩に出ずに(若は毎朝6時に健太を連れ出しているが)廊下で遊ばせた。おもちゃを投げて取って来る遊びが大好きみたいです。
で、掃除は半端。レンヂ上の油汚れはなかなかしつこい。テレビなどで紹介されている「セスキ」は今一。一番きれいになるのは食器洗い洗剤の我が家は「キュキュット」。素手で掃除しているので爪周りのささくれが痛い。
午後は昼寝の時間。いつもは健太も寝るのに今日は寝ないで甘えコール。仕方なしに散歩に行く。
知らないおじさんが自転車でやって来て「可愛いね、ちょっとなでなでさせて。家ではビーグル17年飼っていたよ」と暫く健太と遊んでくれた。健太は構ってくれる人は誰でも抱き着いて甘える。
ビーグルが頭の良い事とか色々と教えて貰う。「帰ったら女房に話すよ」と喜んで帰って行った。

散歩に出ていると色々な人に出会い、犬好きの人は話しかけて来る。前に書いたが、近所の交番のおまわりさんは意外だった。健太が交番の前でじっと見ているので、中から出て来てかまってくれた。
いつも、我が家の回りを散歩?の爺に対面したら「可愛いね」とかまってくれて「元気を貰ったよ」と言う。犬効果は大きい・・・私は疲れているけれど。

散歩中、健太は鼻を地面に付けるように歩くので、何を口にするか分からない。私は良くリードを引っ張って食べないようにするためか、あの子はいつの間にかリードを咥えて歩くようになった。そうすると地面を嗅ぎまわる事も無く、楽に散歩できる。ちょっと得意になって歩くようなそぶりが可愛い。

午後からもうんち何度した事か。その都度掃除の手を止めて健太トイレ掃除。すぐ取らないと踏んでしまうので、掃除がもっと大変になる。漸くキッチン周りの掃除を終える。そろそろ夕飯の支度。
今日は簡単。若の好きな白菜のミルフィーユ鍋。余裕で、中華風コーンスープも作る。

帰って来た若が僕の部屋まで匂うよと言う。健太の獣臭と思った。で、出来上がったスープと白菜鍋を温める。テーブルに持って行って、鍋の蓋を取って愕然!真っ黒に焦げてる(@_@)
b0197486_850599.jpg

焦げている処を食べなければ・・・
「すげー匂ってるじゃん」・・焦げていると言ってくれれば良いのに・・・健太の匂いと思っていた。この匂いが分からなかった事にショック!
私は白菜のちょっと煮過ぎ位が好きだし、今回は水の量を白菜の半分高さにしたので、この結果に。
b0197486_8533159.jpg

コーンスープは美味しく出来てます。
あり合わせの納豆キムチを追加した。

凄く疲れた一日でした。
by higashinuma | 2016-12-30 08:16 | 所感 | Comments(0)

事始め

28年12月29日 木曜日 雲の多い晴れ 20.4℃ 昨夜はエアコン消すのを忘れて寝ていた。
今日も健太から
実は火曜日から健太は軟便になり、トイレ掃除が大変だった。一日二回水洗掃除していた。今までも、一回位は軟便の時があったが、直ぐ戻るので気にしなかったが、流石に続けて軟便は気になり、水曜日は歩いて三分の動物病院へ連れて行ったが、生憎、水曜日は定休日だった。健太を連れて来たショップの系列は府中にあり、一度行ったが、若で無いと場所を良く知らないし、駅からはかなり遠いので行く気にならなかった。健太は軟便以外はすこぶる元気で驚くほど食欲がある。
今朝は普通に戻っていたので、胸をなでおろしている。病院も行かなくて良いみたいです。

健太には驚かされる。実に頭の良い子です。サークルから出す時、リードを持っているが、昨日はサークルの扉を開けても、直ぐ側でお座りして出て来ない。「お出で」と言ってもじっとしている。具合悪いのかと心配になった。そして、気を許した瞬間に、するりと出てきた。捕まえるすべもなく、ソファに走って行って、駆け上がっている。そこが自分の場所と心得ているようだ。
やっぱりリードを付けられるのが嫌みたいですが、ところが、私がダウンを着て散歩に行くスタイルになると、案外おとなしくリードを付けるのに従う。
犬も犬なりに学習しているのだ。この子は今、何を考えているのだろうと、ふと思ったりする。

火曜日の稽古で、お茶杓のご銘がいろいろと楽しめた。
「大歳」「すす払い」「餅つき」「門松」正月を迎える言葉が尽きない。
留学生と話していて「中国では餅つきは無いね」と言う事で、「明日は餅つきする家が多い」と言うような話をした。けれど、29日や31日はしない。「どうしてですか?」答えに詰まったが「語呂合わせで二重苦だからじゃない。31日は大晦日で一夜飾は良くない」等と応えたが、果たして・・・けれどそれはピンポンでした。
正月を迎える準備は12月13日事始めからですね。今はこの日の辺りはクリスマスの準備でしょうか。
旧暦のこの日は二十七宿で鬼の日。婚礼以外は何をしてもおめでたいとされるそうです。京都の花柳街では「おことうさんどす」と踊りの師匠さんへ挨拶に伺うのが例年ニュースで流れますが、今年はどうでしたか?この日からすす払いや年神様を迎える門松の準備、鏡餅の餅つき等々が始まります。

若は今日も出勤。私の勤務先は今日から休みだった。我が家だけかも知れないが、正月と言っても何の用意も無い。雑煮嫌い、おせち嫌い(と言いながら去年は旧正月の頃にあいつが買って来た)飾りもしない。なので、昔のような雰囲気はまるで無し。
今日はせめて、キッチン周りだけでも大掃除の予定。
玄関にクリスマスリースを飾っている新婚さんのお家は其の後どうするか気になる。

生家は山形の地方ですが、森林保護と言う事で随分昔から門松は立てていない。多分40~50年前になるかな?行政から千社札大のプリントされた門松が配られ、玄関に貼るのでした。なので、東京に出て門松にする松とか竹を売っている事が驚きでした。
家庭内では餅は食べないからと、お供えの鏡餅と雑煮の餅は買っているようです。
昔は早朝から、父が餅を搗いて、みんなでその餅を丸めたものです。我が家の方の雑煮は丸餅です。
こうして書いていると、あの湯気の籠る雰囲気が懐かしい。

世代交代してもこのような行事は伝えなければと思うけれど、世の中が変わって、嗜好も変わって、正月の意味すら分からなくなってきている。
昨日聞いた話では、除夜の鐘が煩いと言われて、突くのを止めたお寺があるそうです。
お寺が先にあって、近所に越してきた人がですよ!

b0197486_8504863.jpg

今朝の6時50分東の窓

我が家飯
b0197486_8563845.jpg

海老の香菜炒め・・久々に旨い・・香菜は高いのでなかなか手にしないが、これはアメ横で買う
b0197486_8571399.jpg

鶏大根・・八角を入れて中華風に・・定番
b0197486_857398.jpg

白菜の松前・・市販ですがこれは旨い
by higashinuma | 2016-12-29 08:48 | 所感 | Comments(0)

ストレス

28年12月28日 水曜日 晴れ 20.6℃ 30分位前にエアコン入れる

「ストレス」5歳頃に与えられたストレスは30年後に躁鬱病になると言う研究結果があるらしい。
今、私は健太ストレスで口角にヘルペスが出来ている。と言うと大げさですが・・・
先日、黒柳徹子のインタビュー番組を観ていて、彼女の魅力を再発見した。KYな人(空気を読めない)と言うらしいが、天真爛漫なところは本人も認めている。ストレスとか悩みとか無い人みたいに見られている事については「悩んでも仕方ないから、別の事を考える。何か新しい事をする」とか言われていた。「嫌な人とは話さない」も言われた・・徹子の部屋は万回を超えるらしいが、相手に一度も断られた事が無いらしい。と言う事は裏を返せば、万人以上が黒柳徹子は嫌いと言われて無い事です。
KYであっても、誰にも好かれる。それにはそれなりの努力があるんだと感じた次第。

私も死にたいとは思わなかったが、嫌な事は沢山あった。が、悩んでいる事の馬鹿々々しさに気が付いた。ポジティブだけでは駄目とも聞いたが、多分、ネガティブからある時をきっかけにポジティブに変わったような気がする。それで・・・
健太ストレスは若に向って発散!結果としては「犬を飼う事は可愛いだけでは済まされない」と言う事をずっと言い続けて飼わなかったが、それが如実になっている。

昨日は前日から健太のうんちが緩くなって心配だった。午前中に病院へ連れて行きたかったが、昨日は教室の掃除をしなければならないので、午前稽古の時間に出かけた。掃除は全員集まるのが難しいので、この数年は何処の場所は誰がすると決めた事でした。
さて、午後から稽古を始め、休みがあったり、夜稽古の人達は早めに来てくれたので、いつもより早く終わった。若は忘年会で、これからカラオケに行くと言う。
帰宅すると、リビングは動物園の匂い。健太をサークルから出して、先ず足を洗う。案外おとなしいが、あいつは蛇口の水を飲もうとするので、頭からお湯を掛けられた感じ。足を洗い終えて、餌をやる。甘えて落ち着かないので、トイレ掃除は諦めて、廊下で遊んでやる。雨が降っているので散歩は出ない。一時間、二時間・・・私も疲れて来たし、健太は飽きて来て、やたらと噛み付く。兎に角、サークルに戻して廊下やリビングの掃除。健太の足は洗った意味が無いが仕方ない。12時過ぎ若が帰って来る。「飼いたい言ったの誰!カラオケ行ってる場合じゃ無いでしょう」爆発。悪いと思ったのか、「健太ごめんね」と言いつつトイレの掃除、健太の足洗い・・・。結局、私が寝たのも12時半過ぎだった。健太は興奮中で遊びたい吠え。もうすぐ1時なのに近所迷惑。無視!
そして朝は5時半に吠え始める。45分にはうるさくて起きる。近所迷惑もある。6時頃に若が起きて散歩に連れ出す。その間、トイレ掃除。サークル掃除。餌の用意。これじゃ動物園の飼育係。そして、昨夜から香を焚いている。

ストレスは海馬で発生するので、それを鎮めるには瞑想するのが良いらしい。他にその方法は音楽を聴く、散歩をする。スポーツや読書。そして茶道の点前をするのが良いと言う。
会社勤めしながらも長くお茶の稽古が出来たのも、それがあったと思う。お香の中で花を活けて点前に集中すると、気分転換になる。今日あった嫌な事は全部忘れてしまう。全部とは言わない。半分でも良いではないか。

長くなったが、昨日で今年の稽古は終わり
b0197486_85256100.jpg

軸は大亀老師の色紙「和」締めは和やかに
b0197486_8535031.jpg

健太の散歩から帰って若が採ってきた水仙。先週の本白玉と紅乙女(こおとめ)を青磁龍耳に
b0197486_8553786.jpg

流し点
b0197486_856947.jpg

濃茶平点前「お服加減は?」
b0197486_8565940.jpg

流し点
b0197486_8573137.jpg

薄茶平点前
b0197486_858674.jpg

盆香合・・実は空手前。
b0197486_8583459.jpg

重ね茶碗・・・美味しい濃茶でした。
b0197486_8591056.jpg

主菓子は「姫椿」
・・先週、「聖夜」を届けて来られたので、お菓子屋に注文が違うと言ったけれど、私が間違っていました。で、お菓子の計画を練っている時は今日はお休みとなっていた。それで、改めて、お菓子屋に電話を戴き、今日はどうしますかとの事で、適当に見繕ってとお願いした物です。白餡は私のむ好み。痛いところを突いてくる。
b0197486_933916.jpg

駅まで行ってから、家に干菓子を忘れた事に気が付くも、戻る時間は無かったので、コンビニで抹茶と苺のショコラを買う。けれど、教室に別の干菓子を置いていた。なので、今日は年末大判振る舞い。
b0197486_97023.jpg

チョコレートの豆と柚子の香りのお菓子

お茶飲みに・・年末だからと顔だけ見せてくれた生徒。お休みの生徒。
by higashinuma | 2016-12-28 08:43 | 茶道 | Comments(0)

クリスマスに

28年12月26日 月曜日 曇り 18.3℃ つい今エアコンを入れた 

最近は健太の書き込みが多くなったが、今日もそれから始める事にする。多分、当面はそうなる。
今朝も健太は6時までおとなしくしてくれた。が、起きた途端にはしゃぎまわり、「かまってくれ」と吠える。サークルを見て愕然!今朝も(;´д`)トホホ。リードを付けて外に出し、若の起きて来るのを待つ。あいつは昨夜、風邪気味と言っていたが、大丈夫だろうか?いつもより暫く時間がかかる。健太は動きたくて仕方ない感じだが、「お座り」や「良い子」と言うと座って待ってくれる。やっぱり尻尾振る子は可愛い。

昨日は教室でクリスマスの茶会を別の講師が主催し、何人かで伺った。設えや雰囲気も全部クリスマス。寄付きはホットワイン。茶席は暗くして、蝋燭に見立てた電気が灯る。橇型のお菓子鉢にサンタの袋のお菓子を盛ってトナカイの角を頭に付けたお運びさんが持って出た。そして、サンタの帽子の男子がお点前。良い雰囲気で終える。

その後はオペラに行く。慶応大学日吉キャンパスでの音楽研究室の公演でモーツァルトの晩年の作品の「ドン・ジョヴァンニ」。オーケストラから舞台装置に到るまで、学生が手掛けるため、3年に一度の公演との事です。構成メンバーは慶応大学で理工、法政等を学ぶ学生で、音楽専門で学んでいる生徒では無い事です。但し、キャストはプロの声楽家。
今回は初演に近い上演との説明がありましたが、ドン・ジョヴァンニは初めて観るので、私にはどのように違うかは分からない。が、面白かった。あの有名な歌舞伎役者一家のミュージカルよりもずっと良かった事を記して置く。
ストーリーは貴族のプレイボーイ、ドン・ジョヴァンニが騎士長の娘に夜這いを仕掛け、騒がれて逃げ出すが、追って来た騎士長を殺害する事から始まり、村の娘に手を出したりする。そして、最後は騎士長の亡霊によって地獄に落とされると言う話でした。
チェンバロが奏でる美しい旋律。時に激しくモーツァルトの魅力あふれる音楽劇を堪能した事でした。

この上演は凡そ3時間。若は健太の事があるので、一幕を観て帰った。やっぱり(;´д`)トホホの状態だったらしい。

昨夜はちょっとしたケーキを買ってあったが、食後はお腹いっぱいとの事で、朝食後に食べた。クリスマスに何故ケーキを食べるのか理由は不明。お菓子屋の作戦?
で、もう一つのクリスマス定番菓子「シュトーレン」も買って遭ったが、今日の夜のお楽しみ。
b0197486_8464895.jpg

by higashinuma | 2016-12-26 08:05 | 所感 | Comments(0)

値段

28年12月25日 曇り 18.3℃ エアコンは入れてない 獣臭で朝は窓を開ける

健太は6時まで寝てくれた。よしよし・・・ところが??踏んでサークルが・・(;´д`)トホホの状態。
6時に若が起きて来て、散歩に連れ出した。そして、私の朝一番の仕事は・・健太のトイレ掃除(浴槽で洗う)、健太の敷物洗う、おもちゃ洗う、そしてサークルの中の掃除。動物園は務まらない。
掃除途中で帰って来て「健太の足洗って」「自分でやれば!」
あいつはあいつで気を遣っている感じはあるが、飼いたいと言ったのは誰!
掃除しながら、もっと年取ったらどうするだろうと思った。健太平均寿命15歳。あと15年の溜息(笑)
すかさず言われた・・「可愛くないの?」
・・健太に話しかけると「ん?」と言う感じで首を傾げてじっと見る・・
昨日は河川敷で遊んでリードが抜けて、健太が走って行った。どうしよう・・
「健太」と呼んだら、帰って来て隣でお座り「なんて良い子なんだろう」

自転車(ママチャリ)が何年目使っているだろうか?多分10年は過ぎている。先日、後輪タイヤが擦り減って、滑って転んだ。2、3年前から買おうかなと言っていたが・・・。自転車で思うのは、昔、仕事で自転車の値段で出来ないのかと言われた事があった。自転車のパーツは結構ある。そして、一台が15000円位。言った人は自転車のパーツは大量生産している事を良く分かってないようでした。
が、確かに安くしかも精巧に出来ていると感心する。
乗った事は無いけれど、数十万もする自転車も知らない事は無い。私は流石に15000円の物は走行安定に不安があり、買って無いが、それでも安いと思う。それで10年も使うのだ。

15000円で買える物は沢山ある。自転車との比較からすると、その多くは高いなぁと思う物が多い。
これは「明らかにぼったくり」だろうと思う物もある。それに生鮮食料は便乗値上げもある。儲ければ何でもよいと言った考え。「今でしょう!」の値段。すぐ飽きられて客離れする。

先日、前のマンションの自治会で自転車置き場の改装について会議があった。住民が年々歳を取って廃車にするから置き場所も減らしてよいような意見が出た。
人口は減るし、高齢化で自転車の需要は減ると思うが、今のところ、自転車って安定したした価格のように思うが、この先どうなるだろう?

高い、安いは個人の感覚もある。
蟹の値段一杯、万円もするけれど、市場に出るまで、彼らは10年の歳月を要すると聞いた。それを聞いてある意味仕方ないように思った。が、天然資源を取って来て売るのだから、そんなに高い値段付けなくてもと思う一面もある。やっちゃ場やアメ横などに行くと、信じられない値段で売っている。元の価格は幾らなんだと訝しい。専ら足の一本取れた奴とかを買うのである。

b0197486_8594356.jpg

プルコギ・・野菜は茸を主体・・本場に負けない味と思う・・定番
b0197486_903544.jpg

久しぶりの餃子・・市販を焼いたがやはり手作りが美味しいです
by higashinuma | 2016-12-25 09:02 | 所感 | Comments(0)

血統書

28年12月24日 土曜日 晴れ 19.1℃ エアコン無しで窓を開けたり閉めたり
でも、昨日と打って変わって寒い日でした。
朝から今年最後の勉強会に出かけた。終了が30分延長され、先生自身今日話す予定の内容は次回と言う事で終わった。内容としては又玅斎宗匠の没後百回忌に因んでその時代の裏千家の状況のお話など。

健太の血統書が昨日届いた。
b0197486_1552235.jpg

写真縦に直したのに横になっているけれど、これによると曾祖父曾祖母迄の由緒が分かる。犬の戸籍みたいなものですが、我が家の家系図も確か曾祖迄しか分からないような事を聞いた事がある。お寺の過去帳が火災で紛失したので、分からなくなったような話を聞いた事がある。墓所も区画整理による移転などがあったり、兄の代で新しくしたので、全く過去の事は分からない。等とするとこの血統書は凄いと思うし、是だけの血統があるのだから、素直な子に育てないとと思う。
健太の登録はやっぱり我が家にしてやらないと可哀そうかなぁと思っているが、登録は無料では無いし、しかも年会費が要るので溜息が出ている。

昨日は若が東博で観音様観に行くと云うので付き合った。
観音様と言うのは
「滋賀県甲賀市に所在する天台宗の古刹・櫟野寺(らくやじ)には重要文化財に指定される平安時代の仏像が20体も伝わります。本展は、20体すべてを寺外で展示する初めての機会です。本尊の十一面観音菩薩坐像は像高が3メートルもある圧巻の作品で、普段 は大きく重い扉に閉ざされる秘仏です」
・・・東博案内から
確かに大きな観音座像でしたが、私としては博多に旅行した時にどこかは忘れたが、どでかい観音を拝観しているので、そうそう驚きはしなかった。で、暫く見学。
実はあいつは韓国料理店を予約していて、それが本当の目的?・・そう言うとちょっと可哀そうだけど、結果的にはそんな按配でした。
b0197486_16155545.jpg

定番キムチ三種やナムル、サラダ、海苔等
b0197486_16172214.jpg

チャプチェ
b0197486_16175925.jpg

サムギョプサル
・・二時間食べ放題1500円?もやっていて、先に店に居た40代とみられる女性二人はそのコースだったみたいです。
良く食うなぁと見ていました。
b0197486_16202462.jpg

ケランチム
b0197486_16204544.jpg

チヂミ
b0197486_16211542.jpg

キムチチャーハン
飲み放題です。マッコリ二杯で真っ赤かでした。・・薬のために直ぐに回る。
韓国の辛さは案外マイルドなので美味しく戴いています。
この店三度目かな?
テレビで紹介していた韓国のサムギョプサルの店のは分厚い肉でした。私が韓国で食べたのもこの焼いている倍の厚さだったかも。また、ソウルに食べに行きたいと思った事でした。

b0197486_16224050.jpg

上野公園のイルミネーションは桜をイメージ
by higashinuma | 2016-12-24 08:14 | 所感 | Comments(0)

いとこ煮

28年12月23日 金曜日 晴れ 20.6℃ エアコン無しで朝から暖かい。しかも窓開けて

今朝は6時半まで寝られた。カーテンを開けたりしていても健太は騒ぐだけで構って欲しい吠えは無かった。が、昨日は少しでも離れると構って欲しく吠える。こういう時は無視。午前中は雨で外に出られないので、廊下で駆けっこ。随分はしゃいでいた。フローリングは健太には滑るので、足には良くないらしいが。
我が家に来てそろそろ3週間。来た頃と比べて随分大きくなった。身長も体重も増えて、テーブルの上の物を立ち伸びして見ている。30㎝位なら飛び乗るし、50㎝位の高さなら飛び降りている。
若も三連休ですが、いつものように起きて、健太に餌をやって散歩に連れ出した。あいつの為にも良かったとは思う。

b0197486_838226.jpg

アロエの花も悪くない。
b0197486_8391423.jpg

今朝の7時半頃
b0197486_84017.jpg

上と同じ頃の時間。今はとてもクッキリと綺麗です。

冬至の日は南瓜と柚子が定番。何しろ風邪をひかないと言う昔からの言い伝え。この日、スーパーには南瓜と柚子が山積みでした。私が良く行くスーパー(クレジットカードがこの店系列・・銀行の関係か)では南瓜はメキシコ産と北海道産が並べられている。皮側はメキシコ産が緑で綺麗ですが、北海道産は白っぽく汚い感じ。前は逆だったような気がする。値段はかなり違う。産地偽装と言う訳ではないが、他にも挽肉で和牛とオーストラリア牛が見た目区別つかない。値段も違う。合挽肉は三ランクに値段が付いている。国産とあっても値段が違う???並べている店員に聞いたが、答えがうやむや。少なくとも私には何のことか分からなかった。そうすると、どうしても高い物を買う。
美味しいと思ったのは市場の量り売り。少し遠いし、パック入りでないと量の検討が付かない。

さて、南瓜に戻り、子供の頃は冬至は祖母(母が居なかったので専ら祖母がご飯を作っていた)が大釜に従兄弟煮を焚いた。小豆、南瓜、糯米を焚いて砂糖を入れ半潰し状態にする。夕飯はこれがご飯でした。子供の頃は甘いので美味しかった。今は祖母から三代目。未だ作っているのだろうか。

と言う事で冬至の我が家飯は、東京風に?
b0197486_920745.jpg

甘く炊いた南瓜に茹で小豆・・結局デザートで食べる事に
b0197486_9212252.jpg

ロールキャベツの茸ソース・・・ロールキャベツのキャベツの筋が切れないのは許せない・・店でもナイフとフォークで切るとぐしゃぐしゃになるのが、この料理の嫌いなところ
・・美味しく出来てますよ!
by higashinuma | 2016-12-23 09:25 | 所感 | Comments(0)

お節介と親切

28年12月22日 木曜日 晴れですが、雲が多く富士山は見えない 22.6℃ エアコン入れて

今朝は私も健太も目覚ましが鳴る6時までぐっすり寝ていた。健太も多分・・あいつは寝ているようで寝ていない事が多い。丸くなって顔を伏せているが、近づいたり、見ていると、目を上げる。最近は横になって腹を見せているので、だいぶリラックス状態にはなっているようだ。

ベルリンのクリスマス市にトラックで突っ込むと言う酷いテロが起きましたね。いつもDMを送って来る旅行会社はヨーロッパ各地のクリスマス市に案内する旅行を企画斡旋している。幸い日本人の被害者は出なかったようですが、どうしてこういう事をするのだろう。

感情のすれ違いは身近なところでも起こり得る。
ある日、電車から降りる時に混雑しているのにスマホ見ながらのんびり降りる30歳位の女性。この人の後ろに付いていたので、横に隙が出来て、そちらの方に回って行ったら、その女性がその隙間をわざと塞いで通れなくした。私は急いでいたので、半ば強引にすり抜けたら、後ろから故意に押してきた。何故?「だったらさっさと降りろよ!」怒鳴ってやろうと思ったが、無視した。
先日、自転車で転んだとき、周りには数人が居た。誰も大丈夫ですか?なんて言ってこない。それを言った訳では無いが、自転車で転んだときに、何人か見ていて恥ずかしかったと言ったら、ある人が誰も声掛けなかったでしょう。最近はそういう人が殆ど居ない。と言われて気が付いた事でした。
そうだ、誰も声はかけてくれなかった。
ホームの階段でこけた若い女性が階段上から見えたが、誰も立ち止まろうとせず階段を降りてゆく。
関わりたくない。他人(ひと)の事。
若し、自分だったらどうするだろう?
関係無い人ではあるけれど、人間だったら痛みのある人に思いやりは当たり前だろうと育って来た。

昔、「小さな親切大きな迷惑」なんて流行った事があった。
他人の中に入り込んだ親切(お節介)は迷惑ですと言う意味ですが、こんな辺りから無関心を装うような風潮が広まったのではないかと思う。
お節介と親切は違う。
もう少し、他人に関心を払っていたなら起こる事の無い事件だったかも知れない。

ドイツのクリスマス菓子「シュトーレン」を買って来た。
パン生地の中にドライフルーツを練って焼いた後に粉砂糖を振ったお菓子。
もうすぐクリスマス。そんな事を思う日でした。

我が家飯
若がキャベツと縮法蓮草を買って来た・・安かったからと言うけれど・・・
b0197486_9544523.jpg

回鍋肉・・甜麺醤が無かったので豆板醬以外は味噌とか自前の調味料・・旨!
再現できるかどうか?
b0197486_9551772.jpg

縮法蓮草と卵炒め

もう一人の若様
b0197486_1005964.jpg

犬が犬を喰っているよ・・ソファのこの場所は健太も座る場所と言う感じで、飛び上がって来る。
健太の目は小池都知事の目にそっくりで、テレビ観ながら大笑い!形と言い目の動かし方と言い本当によく似ています。知事の悪口では無いです!
シートはバンコクで買ったタイシルク。又、買って来なくては。
by higashinuma | 2016-12-22 09:55 | 所感 | Comments(0)

冬至

28年12月21日 水曜日 晴れ薄曇りで富士山は薄く見える 21.5℃ 今エアコン止めた

今日は冬至。日の出は遅く日の入りは早い。勤めに出ていた頃と比べ、この感覚はさほど無い。4時頃にはもう薄暗くなるけれど、この時間は大概家に居るので、そろそろ夕食の準備?いや未だ早いと言った時間の過ごし方。逢魔が時と言うけれど、家に居る分には何となく好きです。
昨日は若は宴会。私も珍しく稽古場を出たのが9時半頃。途中で健太と一緒に駅で待ってると言う。
昨日の健太はとても良い子だったようです。改札を出て、健太は若の方を向いて座っている。若が「帰ってきたよ」と指さし、こちらを向いてちょっと首を傾げたが、直ぐに分かって飛びついてきた。ん、悪くない。
先週、若が帰って来た時には健太もサークル中うんこまみれだったらしい。今回は綺麗だったよと言う。私が朝から出かけるまで、二度も掃除していた。あれを見てうんざりするかと思っていた。
昨日の朝は4時半から「かまって欲しい鳴き」その後は5時半頃までずっとは鳴かないが、私の4時頃からの眠りは浅い。5時頃にバイクで出かける人が居て、その音は煩いが、健太も迷惑かけていないか気になる。
今朝は6時まで鳴かなかった。よしよし。
この子は多分頭が良い。4ヶ月でお座りが出来ると回りが驚く。今は車が来たら「ストップ」が出来るようになった。でも、「お手」とか「伏せ」とかどうやって教えるのだろう?今は激昂を抑える事も知りたい。次はそろそろ噛み癖を直さないと。遊びと駄目行為を躾けなければ。

昨日は午前稽古が変わって午後になったので、11時頃に稽古場へ。掃除と床を整えて、早昼飯。この時間の出は商店が開いているので、昼はちゃんとした弁当が買える。いつもは弁当を持って行くかコンビニおにぎり。⇐コンビニおにぎりは何となく寂しい。
で、昼寝・・稽古が午後だとお菓子屋は12時半頃に来られる。実はこれも困りもの。丁度、昼寝の時間なんです。なので、11時半頃に早飯で寝ると都合が良い。まぁ100個も注文している訳じゃないから配達して戴けるのはありがたい。話に依ると近所に配達している都合でこの時間と言う事らしい。

b0197486_840078.jpg

b0197486_840218.jpg

本白玉と満天星躑躅を青磁尊器に。こういう雰囲気が好きです。入れるのも割合すっとはいりました。本白玉は花も葉も姿良い。
b0197486_8423797.jpg

久しぶりに唐物。手がもう少し下がると良いですね。
b0197486_8434522.jpg

主菓子は「聖夜」本当は違うお菓子を注文していた。「来週はクリスマスが終わるから」とはお菓子屋さん。そうですけど微妙?
b0197486_8452751.jpg

合わせた訳では無いが、干菓子は「ふたつ星」美味しかった。
b0197486_8463113.jpg

炉流し点
b0197486_847914.jpg

先週から濃茶の稽古・・先週はお茶と湯の量をみてやったが、今回は一人で。美味しく練られたようでした。
b0197486_848379.jpg

重ね茶碗
b0197486_850187.jpg

薄茶平点前・・後で水指の位置を直す

写真忘れた方、お休み、お茶飲むだけ・・・人生いろいろ( ´艸`)

明日からは日の出は早く日の入りは遅くなる。これを正月としていた時代もあったようですが、すごく理にかなっていると思う。でも、これからが寒さ本番です。
初釜道具はどうするか等今は何となく億劫・・当番は頑張っている様子。・・頑張らなきゃ
by higashinuma | 2016-12-21 09:30 | 茶道 | Comments(0)

勉強会

28年12月19日 月曜日 晴れですが、富士山は雲隠れ 21.1℃ エアコン入れて窓開けて

昨日は午前中に前の家の管理組合理事会があったので、午後からの勉強会となった。月末の日曜日の勉強会ですが、来週は午前中クリスマス茶会があり午後はオペラ鑑賞の予定のため、昨日になった。

書道は高野切第三種の中から「あいうえお・・」を拾って書写する事にした。ひらがなの基本のような書体。集字は昔から行われており和歌を書写するよりも勉強になるのではと思うが、どうだろうか。今は筆に親しむと言う段階。

続いて短歌会。
どうしても散文のようになるし、言いたいことが沢山あって説明になる。
「朝の目覚め外を見る時驚くのは真白の世界北国にいるか」と言う詠草がありました。来日二年目?中国からの留学生です。去年頃は日本語がかなり大変でした。勉強会に参加して半年です。捉えている処はとても良いですが、日本語で表現する事は難しい。
例えば「目覚めして北国に居ると驚きぬ外の面(とのも)の世界雪降りつづく」
感受性に優れているので期待が大きい。
高点は
「電線のふくら雀が見おろすは陽だまりの中に横たわる猫」情景が見えるようです。
「限りなく黄金散らす公孫樹の午前十時の青空に立つ」大気が澄んでくる十時頃の青空と黄金(おうごん)を散らす公孫樹の対比が綺麗です。
感じ取る事の大切さとそれの表現力。相手にどのように伝えるか。課題は多い。

私は銀杏を見るたびに与謝野晶子の
「金色の小さき鳥のかたちして銀杏散るなり夕日の岡に」を思い出し、いつかはこの歌を超えたいと願うのです。
最後は古文
今回は利休所持の「千鳥の香炉」の話。
もともとは連歌師の飯尾宗祇が所持して、宗祇は髭に香炉を下げていたと言う。さる方に渡った、その香炉を利休が買い求め、妻である宗恩に見せたところ、足が一分高いと云うので、利休もそのように思っていたから切り取った事でした。ある時、細川幽斎と蒲生氏郷を茶会に招き、会が終わったら氏郷が香炉を見せて欲しいと言われたので、利休は灰を空けて、氏郷に転がして出したのでした。それで、幽斎は清見潟の歌の心ですねと言ったので、利休が機嫌をなおしたとの逸話です。
清見潟の和歌とは
「清見潟雲もまがわぬ波の上に月のくまなるむら千鳥かな」順徳天皇
つまり、茶会が滞りなく終えて心安らかなところに香炉を見せてくれと余計な事を言ったので、気分を損ねた。それは海に映る月を見ていたら雲のように群千鳥が飛んできたと同じ心境と言うことですねと幽斎が言ったので、利休はその心が分かってくれたので嬉しかったのでしょう。

変体かなもだいぶ理解しています。但し、この二年間は同じ版元の書籍なので、書体(字癖)が変わってどうなるかですね。本の半分はほぼ終わりました。
今年最後の勉強会となり、柿羊羹に抹茶一服で閉めた事でした。

我が家飯
b0197486_8432420.jpg

鮪とアボカドは相性抜群
b0197486_8441293.jpg

すき焼き・・椎茸、人参の飾り切りは野菜の無駄を作るので家飯では「致しません」⇐大門みちこ風
他の野菜と肉は別皿に取ってある。
by higashinuma | 2016-12-19 08:32 | 所感 | Comments(0)

茶道をとおして日々の流れをつづる