ブログトップ

つれづれ

<   2017年 05月 ( 28 )   > この月の画像一覧

5月最後の稽古

29年5月31日 水曜日 曇り 27.3℃ 湿度が高いようで蒸し暑い

昨日は5週目ですが、ゴールデンウィークの2日を休んだので30日を稽古日にした。
b0197486_828478.jpg

b0197486_8282990.jpg

金曜日に若が健太の散歩で蛍袋を採ってきてくれた。いつもの場所に咲いていたのが、誰かが根こそぎ持って行ったらしく今年は諦めていた。しかも、ピンク系の綺麗な色。早速、冷蔵庫に入れて保存した。はて?是にはどんな花を合わせようか?
月曜日の暑い最中、花探しに出かけた・・山紫陽花は合うと思う。一番先にその場所に行ったが、数本並んで居るのが全部刈り込まれていた。多分、虫よけの為だろう。僅かに一枝残っていた。
虫取り撫子は一度は使いたいが4月終わりころから咲いていた。通り過ぎようとしたその時、あれ?後戻りした。白の虫取り撫子だ。一本だけなので躊躇ったが、全部採る訳では無いから、来年も出てくれるだろう。うっかりすると植木屋に草取りで全部とられてしまう。蛍袋をとったのは植木屋ではない。
そう言えば師匠のお家の茶花も植木屋が入ると草取りで採られてしまうと嘆いていた。師匠の処は勿論、花壇もあるが外露地や門から玄関のアプローチも草花が植えられていた。植木屋に注意してあっても余程興味がある人とかで無いと草取りになってしまう。茶庭などを造っている昔からの職人なのにと可笑しく思うのです。
真ん中のピンクは下野です。これから咲く蕾もあるけれど、蕾は結構汚いのです。取ろうか迷ったが上手く保存すれば来週も咲くし、是も命なので、そのまま入れてある。茶会などだったら取ると思う。左のひょっこり高いのは「柳葉花笠」土手にもあるが、最近は庭に植えている人も居るようです。よく見るととても可愛い花です。
b0197486_8494485.jpg

ネットで戴いた写真です

b0197486_8504464.jpg

和敬点・・降り出しを出して総礼の後はすぐ取りに行くのですが・・・
b0197486_8512078.jpg

卯の花点
b0197486_852547.jpg

初めての台天目・・僕は濃茶がしたいです・・道具が変わっても同じ流れですが、頭の中は真っ白のようです。
b0197486_8524048.jpg

唐物・・炉で一度稽古している
b0197486_8532526.jpg

唐物
b0197486_854847.jpg

主菓子は若鮎・・求肥に胡麻が入っているのと、誰かさんが言った「良く焼けているね」で香ばしくて美味しかった。
b0197486_8554664.jpg

五家寶
b0197486_8562212.jpg

金平糖・・家ではデミグラスカップに入れて

お休み多し
by higashinuma | 2017-05-31 08:44 | 茶道 | Comments(0)

早い

29年5月30日 火曜日 晴れ 25.8℃ 8時15分ですが朝から暑い 富士山は薄く見える

今朝の健太の目覚めは4時40分頃。眠いなぁと思いながら鬱々。5時頃には早く起きて!のガサガサとクンクン鳴き。それでも5時半まではイライラしながら起きなかったが限界。
起きると良い子にして見ている。なるだけ顔を見ないようにするが、トイレに行くと甘えて吠える。6時ちょっと前。なんとも近所迷惑。何故なんだろう?他の部屋に行っても、玄関から出ても鳴かないのに、夜以外にトイレに立つと鳴く。若も6時に起きて散歩に出る前にトイレに行くと鳴く。

昨日は昼に近所に救急車が来て、サイレンの音に合わせて遠吠え。狼鳴き。「健太大丈夫だよ。怖くないよ」の声をかけると落ち着く。

窓を開けていたので健太の吸水トイレシートが健太の手の届くところに煽られたらしく、ちょっと買い物の間に、サークルの中でボロボロに噛み砕かれている。溜息!「誰!」と言うと健太は隅に寄って済まなさそうな顔をしている。リードを付けて外に出し、掃除する。汚れはポリ袋に詰めてサークルの上の段ボールの上に置く。
夕方、段ボールに健太があけた穴からそのポリ袋をサークルに引き込み又、散らかしている。
夕飯の支度時だったが、仕方なく掃除。

暑かったから昼の散歩にも出ずに、少しは家の中でボール投げして遊んだけれど、健太はストレスなのだろう。昼寝を少しだけ(この時は健太も寝ていた)ほんの5分位か?寝て健太のワン吠えに起こされる。

夜は就寝が11時なってしまった。健太は呼んでも起きない。朝もう少し寝ていてくれると良いのですが・・・他の飼い主に聞いても「うちは寝ているけど」が殆ど。どうしたものか・・今からこんなだと夏バテ間違いなし・・・・今日は火曜日の稽古日。昼食後はゆっくり昼寝できる。

b0197486_819587.jpg

健太起きろ!・・眠そうな目をしておきました
が、すぐ・・・健太は目を開けて寝ている方が多い
b0197486_8201389.jpg


モノクロで載せているのは・・つまり・・あの~その~・・カラーだと向う側のトイレシートのオシッコ跡が目立つのです。
by higashinuma | 2017-05-30 08:37 | 所感 | Comments(0)

健太 17 

29年5月29日 月曜日 晴れ 25.4℃ 富士山は見えない・・かろうじて薄く見える

川に目を転じると・・と言うよりずっと見えているが、対岸と河川敷の緑を見ていると今日は暑くなりそうと案じられる。未だ五月なのに。暑さに慣れていないと言う事もある。
健太は5時になって起きた様子。45分に起きる。私が起きる気配で健太は良い子ポーズで見ている。カーテンを開けたりしていて、このポーズで見ていられるとつい「健太お早う」と声をかけてしまう。

今日の分は書き終えたのですが、パソコンの動作不良で消えた(´;ω;`)
今、分かって居るのは英字の「F」のキー。ファンクションキーでは無いです。反応しない時がある。
それから勝手に行が飛んでしまい、文章入力の枠外(エキサイトブログの編集画面(プレビュー)の枠の外)にカーソルが飛んでしまう。「F」はキーボードの問題で、枠外に飛ぶのはエキサイトの問題かも知れない。

昨日の健太は河川敷の広大な広場で犬とも遊んだし、子供とも遊んで走る走る。良く遊んだ。帰り道には歩きたく無いポーズ。もうすぐお家だよ・・・
b0197486_83986.jpg

若が抱っこして帰る。舌出してはぁはぁ言っているが、甘えたい事もある。
そして夜。私もいつもより就寝が少し遅くなり10時半頃に健太を見ると眠そうに目をとろんとしている。カメラを向けるとポーズをとるが目が死んでいる。
b0197486_8422080.jpg

可哀そうだからお休み・・・最初、丸まっていたが、横になって眠ってしまった。

b0197486_8441289.jpg

この子は裂に反応する。Tシャツの破れたのを入れてやったら(健太に破かれた)頭に被って遊んでいた。可笑しかったので写真撮ろうとしたら後ろ向いてこんな感じに。
それで思い出したのは多摩動物園のオラウータンがやはり裂を被る事。彼らにとってどういう意味があるのだろう?
Tシャツもそうですが、毛布も手で押さえて口で引っ張るのでみんな穴があいている。タオルも取られて、殆どが穴あき。
by higashinuma | 2017-05-29 08:10 | 所感 | Comments(0)

勉強会

29年5月28日 日曜日 晴れ 夜9時半 25.2℃

今日は月一度の勉強会でした。自転車で行って、掃除とかお湯を沸かしたりの仕事があるので、早めに出る。健太が動き始めたのは5時少し過ぎてからだった。と言うか私が目覚めたのはその時間だった。
それでも未だ静かだったから多分4時頃には起きていない気もする。良い子だなぁ、眠いなぁとウトウトしているとクンクン言い出した。45分に起きる。6時には若を起こして散歩に連れ出して貰う。あいつも良くやっている。健太が家族になる前の休日は昼頃まで寝ていたから少々可哀そうだとは思うが、この10年間飼いたいと言い出して、漸く自分で選んだ子を飼い始めたんだから、そうそう生ぬるい事は許されない。散歩に出かけると掃除機をかけて、フローリングを拭き、健太のサークルの掃除と毛布の取り換え、そして水補給。トイレは随分と楽になりました。此の前の雨の日はサークルでしていたが、今は外で済ますので掃除が楽です。逆に外でうんちすると私は早く帰りたくて仕方ない。が、健太の運動不足を考えるとそうもゆかない。
さて、掃除が終わって一通りが終えると湯を沸かし朝食の準備でパンを焼く。パンは先に片面を焼いて裏返してとろけるチーズを載せて置く。若は紅茶派で、私は珈琲(インスタントが良い・・ネスカフェエクセラに決まっている・・牛乳のみ入れる)。健太が帰って来ると、手足を拭いて、我らの朝食です。この間、健太はサークルの中でじっと見ているか、死んだふりか後ろを向いて横になっている。これは躾けた訳では無いが自然にそういう事で、我らの食事が済むまではじっとしています。
この点も良い子です。
其の後、今日の勉強会の資料をコピーして前の家に向かう。
今日はいつもよりみんなの出足が遅い。一人は病み上がりなので昼頃には帰りたいと言うので、書のほうは後にして、短歌の勉強会を先に行う。一人は遅くなる連絡があって、暫くおしゃべりしていた。互選で高得点の人には本を差し上げているが先月分も今月分も残念ながら・・・
私は添削はしないつもりですが、こうしてみたらと参考程度の事は言う。
「アルペンホルンの音(ね)に包まれて野点する五月六日のフローラルガーデン」
「アルプホルンの音(おと)に包まれ野点する五月六日のフローラルガーデン」等

続いて古文の読み合わせ
今回は利休の家の広間が大徳寺塔頭高桐院の茶室になったと言うような話。高桐院は細川三斎の創建。利休に贈られた石灯籠が有名です。広間から見える広い庭の中心に石灯籠があり、一見してこれが件の石灯籠と思うのですが、実際には三斎の石塔(墓標)となっています。と言うような話をしています。

其の後、昼食と呈茶。今日は一人は昼まででしたが、もう一人も具合悪いので帰りたいとの事。それではと言う事で、昼を戴いて、お茶を戴き、今日は終わりにしました。
若が行きたいと言う公園があり、急遽もう一人と一緒にそこへ行くことになった。
4時頃に家に帰って、少し休憩・・昼寝していないので凄く眠い。其の後、健太の夕方の散歩。
犬広場(勝手に名前付けた)に行って、他の犬と遊ぶ。小学生の子が健太を引っ張って走る。もう一人の子が引っ張ったらリードを離れて、健太は一人で走る。結構走って行くので心配だったが呼び声で止まってくれた。で、その子がリードを捉え引っ張ってきた。見ていた他の犬の飼い主も9か月で出来るんだと驚いていた。案外、逃げる犬が多いのだそうだ。健太は良い子です。
其の後、若が健太のシャンプー。

今日は簡単にキムチ鍋・・写真撮らなかった・・浅利が美味しい。
キムチ食べ残し二パック、豆腐一丁、浅利、豚肉、葱、人参、韮。調味料なし。
他には胡瓜とトマトのサラダと沢庵(江戸絞り)

食事を終えて、健太飯。あっという間にこの時間でした。
写真は明日アップ予定→→今回は写真無し。
by higashinuma | 2017-05-28 22:21 | 所感 | Comments(0)

大寄せ茶会

29年5月27日 土曜日 晴れ 今は夜9時過ぎて25.5℃ Tシャツ一枚で丁度良い位

今日はある会の茶会があり沼津御用邸まで行って来た。全国規模なので一席35人?で11席あるようです。私は12時半の受付でしたが、私の予定出発時間より早く出たので一時間半位早く着いた。新幹線を使えば早いですが、いつも伊豆に行くのには小田急線で小田原に出て、東海道線で熱海へ。そこで乗り換えて伊豆に行っていた。なので、熱海から沼津に東海道線にまた乗り換える(東京からの東海道線は殆どが熱海止り)これで3時間半ほどでした。検索すると小田急線の新松田から御殿場線で沼津に出る方がやや早いようです。今日は天気が良いので、行きは小田原から海を見ながら、帰りは御殿場線で富士山を見ながらのコースをとる。御殿場で結構30分近く待たされたが(沼津発の電車が停車している)家に帰った時間をみると小田原も御殿場経由もほぼ同じでした。
帰りは御殿場過ぎくらいまでずっと富士山が見えていて、癒されるが日差しが午後の西日になるので、次回行くとすれば午前中が御殿場経由で富士山はもっと綺麗かも知れない。
b0197486_2139589.jpg

御用邸から・・我が家から見る富士山は北側。こちらは南側で雪の解け具合が違う。
b0197486_21361242.jpg

車窓から・・御殿場辺り・・上の写真から右方向に4分の一回った辺りです

沼津御用邸はかなり前に一度行っている。その時も茶会だったと思うが、御用邸を使っての茶会では無く確か勅使河原氏の竹の茶室とか、何かそんなイベントで行ったような気がする。今回は西付属邸御殿も内部が有料公開されていたが、その昔は外からの見学だったような気がします。

受付まで時間があったので、西付属邸御殿を見学した。入場料400円でしたが、茶会の方は無料ですとの事でした。思わぬラッキーな事です。
b0197486_21423747.jpg

昭和天皇が乗られていた自転車・・複製

茶会は東付属邸御殿です。こちらには学問所棟ですが残月床の間があり、濃茶席で使用し、他に点心席もありました。薄茶席は離れの翠松亭。こちらは茶室で、待菴の写しが併設されています。
b0197486_21435342.jpg

茶会の後に懇親会と宿泊がありますが、そのホテルの出張料理でした。
沼津と言えば新鮮な魚・・残念な事でした。魚は付いていますがお世辞にも・・
西の方を見学して東の方に戻る時に庭園が海側から繋がっていると思ってここで働いている方に聞いたのですが、埒が開かない。方向が書いてあったので不安ながらもそれで行って見るとたどり着く事が出来ました。最初来た時は送迎バスで、バスから降りたところから長い塀に沿って東の方へ行ったのです。
b0197486_21412558.jpg

大勢の客の対応で担当の会の方達も大変だったと思いますが、駅の改札口から所々に係りの方が立っておいででしたが、どうも最後まで痒い所に手が届かない状況でした。まぁ、経験不足とでも言っておきましょう。

それは何処でも同じですが、席に入るにしても人を押しのけて・・正客は遠方から来られている先生がご指名されるや否や・・お茶の世界がこんなで良いだろうか。
受付で穿き物に番号付けていたので例えばその番号順に入るとか・・・割り込んで来たり、見苦しいと言うか。

薄茶席ではカモメと波の干菓子でしたが、他に御用邸の釘隠しを干菓子に写した落雁も呈されました
b0197486_2149204.jpg

b0197486_2149442.jpg

他にも色々なデザインがありました・・これは釘隠しで干菓子ではありません。
この干菓子を売店で買ってくればよかったと今は悔やんでいる。

こうして、参加して自分で席を持つ時の心得みたいな勉強になります。
by higashinuma | 2017-05-27 21:44 | 茶道 | Comments(0)

思い出す事

29年5月26日 金曜日 雨 25.5℃ 朝からの雨は落ち着くけれど今一スッキリしない

今朝の健太はおとなしかったと言うか、雨の静かな朝で私が目覚めた時はもうすぐ5時だった。それからしばらくして、健太はボール遊びをしているらしくドタンバタンが始まり、少ししてクンクンが始まる。今朝もワン鳴き一回。例えば遊んでいるボールがソファの下に入って取れない時とか鳴く鳴き方。
起きようかどうか迷ったが結局は睡魔にウトウト。そんな感じで6時ちょっと前に起きる。
雨で散歩に出られないのでサークルから出してボール遊び。廊下を走る走る。この姿は可愛い。

昨日は涼しかったので昼散歩に連れ出した。家の近くに来て、宅配しているお姉さんに会う。遠くから見つけて挨拶する。健太も見つけて尻尾振る。お姉さんが座ってお出でをするので、どうしようか迷ったがリードを離した。健太は少し走って立ち止まり振り返る。「良いよ」と言うとお姉さんめがけて突進。可愛がってもらった。「久しぶりだね。具合悪かったの?」「暑くて昼は散歩して無かった」
仕事で忙しいと思うのに結構遊んでもらった。健太の飛びつきは半端ない。いつもはお姉さん一人なのに今日はお兄さんも一緒だった。お姉さんが呼んだので、お兄さんも手を止めて健太に構ってくれる。

駅前を通って帰るのだが、健太は暫く動こうとしない。通る人を見つめて構ってくれないかなぁと言う顔をしている。今日の散歩は漬物屋の小父さんの処を素通りしたので、可愛がって貰ったのはこの二人だけ。家の前まで来て物足りなさそう。帰りたくないとぐずる。

今朝の健太
b0197486_85176.jpg

興味津々の顔
b0197486_864077.jpg

若が容器にペーストを塗っていたのです
b0197486_874829.jpg

容器の中にレバーペーストを塗ってドックフードを張りつける・・留守番用のおもちゃですが、あっという間に食べてしまう。

今の朝ドラは奥茨城の農村から集団就職した女の子の話。
実は偶にしか観ていないがラジオのように聞いている。方言が面白い。所々私の田舎の方言のような処もある。それに、東京オリンピックの少し後になるが、私が働いていた会社は福島県浜通り辺りからの女の子が集団就職し、女子寮に住んで、やはりコンベアで数十人が組み立て仕事をしていた。方言は丸出し。ドラマの奥茨城の方言のアクセントと似ている。なので、時々思い出している。同じ地方から出て来て、寮に入るし、都心からは離れている店も少ない工場地帯であれば、田舎丸出しでも全然可笑しくない環境だった。東京に出て来て、目黒の方に住んでいた私にとっては、その場所も会社の様子も驚きの連続であった・・その会社は営業と総務、経理は都心だったが、技術系や生産ラインは都心から外れていた。
会社の食堂での昼食に丼ぶりてんこ盛りにご飯を食べる子も何人か居て、それもドラマで出ていて可笑しかった。その頃は私もアパートで休日には良くその子達が遊びに来ていた。そして、帰る時は綺麗に片づけてくれる。いつも洗ってくれる子は決まっていて、どういう訳か必ずと言って皿や碗が割れていた。
こういう若い子達が多いと会社も活気があり「洗練された」「キャリア」等と言う言葉には程遠いが、これも時代なんだなと今、ドラマを聴き、観ながら思う。

べつの話ですが、茶道教室に中国からの留学生が来ていて、中国の地方出身の子が(ちょっと見栄えの悪い子)アルバイトを始めて、話に依ると男の人が大部分の職場らしい。数か月でバッチリメイクでスカートは短くなり、履くものは踵がどんどん高くなった。或る時、学校の旅行でその子が他の子にメイクしてやっていたと大笑いした事でした。噂によると彼氏が出来たと言う。変貌ぶりに驚いた事でした。

我が家飯から
b0197486_95882.jpg

鰯の生姜煮・・市販
b0197486_954650.jpg

トマトサラダ・・初めて作ったが美味しい
b0197486_963917.jpg

即席漬
b0197486_971349.jpg

金山寺味噌漬け
b0197486_974634.jpg

野菜スープ
by higashinuma | 2017-05-26 08:12 | 所感 | Comments(0)

健太 16

29年5月25日 木曜日 曇り時々雨 26.1℃

健太シリーズのリクエストに応えて今日は「健太 16」です。
短歌には「孫」「子供」「年老いた」「病気」等が内容的に多いようです。それらに心が動くからなのでしょうが、詠み手では無く読み手側からはこれらが一番?つまらない内容とも聞きました。詠み手が自分でいくら孫、子が可愛いと思って、短歌にそれらを詠っても、読み手からは所詮他人の孫、子です。そうですかです。因みに親孝行の第一は孫の顔を見せるだそうです。

さて、健太は孫でも子でも無いですが、同居してと言うか飼って半年。自ずと愛しさが増すと言うもの。散歩に連れて行って出会う色々の犬種よりも健太が一番可愛いと思う。「親馬鹿」の類です。
でも、日記としてみれば健太の成長記録にもなります。

今朝の健太は4時起き。私もなんとなく4時には目が覚めるようになりました。この時間帯はあまり音を立てないので、未だ少しは眠られる。5時過ぎると「早く起きて」のガサゴソ、クンクンが始まる。今日はワン鳴き一度。仕方なく45分には起きる。そうすると良い子ポーズで私の行動を眺めている。
カーテンを開けて「健太お早う」と声をかけるが、尻尾を振って応える。
昨日はその前の日に、ラブラドールと遊んだと言う事で、ちょっと遠いがそこまで連れて行った。時間帯が違うので、同じ犬では無いが白いラブラドールが居て初めて会う犬だけれど、少しは遊んでいた。一緒に犬種は知らないが柴犬のような狼みたいな(色も汚い灰色)の犬が一緒で、健太がラブラドールと遊ぶと絡んでくる。健太もこの子は嫌いでは無いようです。が、草地にパンが落ちていたので、他にも何か匂いがするらしく、3匹で匂いを嗅いでいる。で、その狼のようなのに健太が接近したら凄い吠えられた。健太はラブラドールも飽きたらしく、お互いにそっぽ向いているので、その場を後にした。いつもより遠くまで歩いたので、今朝は眠ってくれるかと思ったら、そうでも無かった。昨夜も9時半過ぎには呼んでも起きない。私も疲れて9時半には就寝。本を読んで10時半には爆睡に落ちた。

b0197486_8311695.jpg

2月頃?
b0197486_8333772.jpg

ゴールデンレトリバーと戯れる・・前々日に若が連れて行って撮った写真
b0197486_8345260.jpg

b0197486_8354758.jpg

b0197486_8363686.jpg

健太を抱きしめている
飼い主さんによって一枚目の写真のような状態で引き離す人もいます。「じゃれているのだから大丈夫」と言う人は少ない。こういう遊びをして大人になって行くのだと思うのですが・・・。
その前の日は
b0197486_841019.jpg

b0197486_8472712.jpg

朝の散歩でビーグルと遊んだらしい・・こちらは結構会うようです
鼻の白い右の方が健太・・他のビーグルとも良く遊びます

b0197486_8432063.jpg

柴犬に飛び掛かる健太
b0197486_8453169.jpg

少しじゃれていたが相手がじゃれて来ないと飽きるみたいです。

b0197486_8481432.jpg

b0197486_8492326.jpg


b0197486_850113.jpg

土手の散歩でテニスボール7個、野球ボール2個、ゲートボール1個拾いました。サッカーボールも二個見つけたが咥えては帰られない( ´艸`)
b0197486_8534063.jpg

散歩の途中にこうして歩かなくなる・・若は抱っこするようですが・・・

b0197486_8544871.jpg

面白い恰好で遊んでいたが、撮ろうとするとポーズを決める
b0197486_8551772.jpg

この顔好きですね・・目を剥いて見ている・・可愛い!

「校庭に学童の声弾けゐて塀より覗く健太は子犬」
「3㎏で抱っこをしたのは三月(みつき)前健太9㎏抱くに疲れる」・・今は10㎏超えている
やっぱり親馬鹿、孫馬鹿かも知れない
by higashinuma | 2017-05-25 08:31 | 所感 | Comments(0)

仕方ない

29年5月24日 水曜日 曇り 25.4℃ この気温でも涼しい 富士山は薄く見える

今朝の健太は6時少し前に起きる迄おとなしかった。若の話に依ると昨日の夕方、犬広場で(ドッグランではない)・・河川敷の広い草地・・思いっきり遊んだらしい。ラブラドールと戯れる写真を見せてくれた・・明日でも健太シリーズでアップ予定。いつもの散歩コースより結構遠い。近所の方は神代植物公園のドッグランまで歩いて行くと言っていたので、健太はその辺りまでは平気で歩ける距離だと思う。
夕べも私が就寝の10時半・・本読んで11時には爆睡に落ちたがその頃まで健太は起きていた様子。朝はこういう状況が続いて欲しい。

さて、昨日の稽古は最悪と言うか休みが多い。
一人は病み上がりで体力が付いたので手術をされた様子。6月半ばまではお休みと言っていた。体調不良でお休み。何かは分からないが今月初めに今日は休みと言っていた。仕事の都合、妊娠されて「つわり」が酷いのとお茶が飲めないからと当面お休み等々。結果的に稽古したのは3人でした。
午後は2時頃から始めているが、お菓子屋の配達の都合もあり、午前稽古の生徒が休みだったので私は11時頃に教室に出た。床や花を整えて、昼食。昼寝ゆっくりで幸せ!と言いたいが、お菓子屋が半端な時間に配達に来る。
生徒が来たのは3時半頃だった。その間は今、調べている事があり、本を見ていた。
b0197486_8252340.jpg

b0197486_8254337.jpg

芍薬を何に入れようか迷った。
軸は一休のもので美術印刷版です。一休の書を認識して貰うのと大徳寺表装を覚えて貰うために求める。
b0197486_831167.jpg

卯の花点・・茶箱は去年は稽古しなかった・・お茶を出すところまではスムーズでしたが、後半は他の茶箱点前と混乱。和敬点は拝見が無いので「お終い」の挨拶で「降りだし」を返しますが、この点前は、拝見の道具と一緒に返すのでした。
b0197486_8374918.jpg

干菓子は「降りだし」に金平糖と他にマカロン・・運んでくる時にバラバラに・・このマカロン美味しい!スーパーの袋菓子では無く、箱入りのお菓子でした。
b0197486_83981.jpg

台天目
b0197486_8394298.jpg

この後は濃茶
b0197486_8402240.jpg

主菓子は「青梅」
一人写真を忘れましたが薄茶運び点前

本当は茶箱だけで終る予定でしたが、床の様子が「茶箱」と合わないし、時間があるので他の点前も入れました。主菓子は一人二個ずつ。

8時半には教室を出ました。9時間で3人の稽古。今日は途中でお客様がありましたが、一体私は何をしているのだろう・・が頭の隅にこびりついている。
月謝を戴いている以上仕方ない・・生徒は神様です。と、思うほかないですね。
by higashinuma | 2017-05-24 08:49 | 茶道 | Comments(0)

灰型

29年5月22日 月曜日 晴れ 26.7℃ 富士山は見えない

朝から暑いです。微風程度で天気予報に反して蒸し暑い。
今朝も4時に目が覚めた。健太は4時半頃からボール遊びをしている様子。5時過ぎになると「起きて!」のガリガリをやったりクンクン鳴く。うるさいなぁと思いながら5時半までウトウト。起きれば健太は良い子にしてじっと見ている「健太お早う」。散歩の用意をして若の起きるのを待つ。

風炉の炭手前をするには先ず灰型をしなさいと言われて⇐言われてです・・結構勉強しました。灰匙は師匠の銀製のものがその重さから使いやすく、自前の鉄製では軽いためどうしても押さえてしまい、灰に波目みたいに出来る。師匠の茶友にお父様が銀細工を生業にしておられる方がいらして、その方が造られた物でした。当時はかなりの価格でした。
風炉を畳廊下に並べて、休日の昼間他の稽古はしないで灰型ばかり稽古していました。実際造ってみると、時間をかけてもこれで良いと言う事は一度もなく、何となく疲れてまぁいいやで諦める事が多かったけれど、人目には充分耐えられていたと自負はある。

いざ、灰造りとなると頭でっかちで、口で言うほどやっていない。
炉の湿し灰は甕に詰めて、師匠の処では濃茶点前の後に濯いだ湯を溜めて、その灰に掛けるのでした。丁度良い色合いと湿し具合でした。他の稽古場では丁子を煮だした物を掛けて造ると言う話も聞きましたが・・確かに炭手前の時良い香りが立つ。私は何も混ぜずにバケツに入れた灰に熱湯をかけてその時に使う分だけ造ります。湿し具合は最後に手で揉んで確かめています。これは強アルカリで手がツルツルになり(皮膚が侵されてツルツル)荒れますが、其の後に丁寧に洗って、肌の弱い人ですが今のところ問題は無いです。多分、造る量が炭手前一回分と少ないためと思います。寒い日はこの時の灰の温もりが嬉しい余禄があります。
風炉の灰は洗いません。炉の灰を洗って灰汁を抜き乾燥した後に篩うのですが、この時の金網が問題です。先日の勉強会で先生の友人は120番で篩うと言われ感心していましたが、大方は80番で丁寧になると100番らしい。

灰の流れからすると
炭焼きで出た生灰を水にさらして炉灰を造り、炉灰で使った灰を洗って風炉灰にすると言う過程ですが、今は茶道具屋さんで簡単に手に入れられます。あく抜きもされています。
炭も焼いた物を俵で買い、自分で必要な寸法に切るのですが、今は炉、風炉手前用に切って、其々セットで売られています。出来れば洗ってあれば良いのにと思う事もあります。時間が無く手抜きして胴炭だけしか洗わない事もあります。洗わなくてもパチパチ火の粉が飛ぶような炭は殆どないけれど、炭斗の中が炭の粉だらけになったりします。稽古で炭斗の中に紙を敷いておられる方もいますが、それは私は洗っていませんと言っているようにも見える。

何故灰型を造るかと言うと風炉の中に対流を造り火が熾るようにするのが最大の目的で、後は見栄えの問題でしょうか。茶会で灰型が綺麗に出来ていると席持ちの先生の株が一段と上がる気がします。
過日の真の茶事では鱗灰が綺麗に造られていました。良く前の方だけとかの方も居られますが、その席では中まで綺麗に出来ていて感嘆した事でした。

稽古では電熱風炉ばかり。御園棚(では無いが)で茶会の時に〇交会の役員の方に灰型をお願いして・・是には訳がありますが・・綺麗な丸灰を造って下さいました。けれど実際に炭を入れようとしたら胴炭が入らない。つまり懐の狭い造り方でした。仕方なく灰型に傷を付けて火を入れましたが会場も棚もをお借りしていると、前日も当日も時間が無く、一人であれこれは手が足りず、社中の者にどうしても灰型造りのエキスパートを育てなければと思った事でした。次のこの茶席で席を持つかどうかは分からないけれど、若し、こういう場合には棚から風炉の炉壇?をお借りして自宅で灰型を造ろうと思った事でした。

我が家飯から
b0197486_9123098.jpg

酸辛湯・・癖になる味・・でも後先一回きり・・作り方忘れた
b0197486_9133121.jpg


健太とテーブルの高さ
b0197486_9163912.jpg

b0197486_9175241.jpg

ジャンプしてテーブルのほぼ中心迄届く
by higashinuma | 2017-05-22 08:40 | 茶道 | Comments(0)

茶箱

29年5月21日 日曜日 晴れ 26.1℃ 富士山は見えない

昨夜の健太には12時半に起こされた。私も10時就寝で30分位は本を読んでいただろうか。健太はこの時間熟睡。で、夜中に唸り声で目が覚めた。低く喉を鳴らすような・・この位では近所迷惑にならない・・そして吠えた。これは怖い時に吠える声だ。何があったかと起きる。昨日、若がノートパソコンを使っていて、テーブルに置いたままだった。そして、電源ランプが点いていた。これか!健太が寝る時も同じ状態でしたが、真っ暗になったリビングでは此のランプが気になるのだろう。私もこのランプでイライラして怒った事がある。仕事で使っていたようなので、消しては悪いかなと思い、ランプの向きを変えた。そして就寝。健太も寝ている。そして4時、健太は一人遊びしている様子に目覚める。ボールを咥えて放り投げて、そのボールを取るのに飛びかける。毛布を振り回しては同じように飛び跳ねる。仕種は可愛いに尽きるが、朝の4時からでは煩い。暫くウトウトしていると、今度は甘えのクンクン鳴き。これも可愛いが煩い。5時45分起床。健太は良い子ポーズで尻尾振る。「健太お早う」
日の出は4時半頃なんですね。これで起きればまさしく健康そのものかもしれない。

この時間にウィンドサーフィンしている
b0197486_1436263.jpg

・・この写真は今日ではない。今日は赤い帆?でした。それとカヤック?も来てました。

さて、茶箱点前は去年は一度も道具を出して居なかった気がする。今年は夏の間ずっと茶箱にしようかと思う。此の前、前の家から仕覆、器据、薄板等を持って来た。茶箱のセットは教室にあるので、是だけあれば一通りの稽古は出来る。御所籠は流石に嵩張るので、気合を入れて持って来なければ。
茶箱で思い出すのは弟子仲間の方に戴いた物で茶碗まで付いている。八千草薫似の物静かな美容師さんだった。三人姉妹の中の人で、この家の方達とも良くして戴き家ご飯を馳走になったりした。今では形見の品になってしまった。もう一つの茶箱は山中温泉に出かけた折に、ある塗り師さんが塗り師を止められるとの事で売り出しをしていた。是は少し上物の箱で茶会で使おうと思うし、あるコミュニティ会場で実際に使いもした。この箱用には降りだし(梅)、茶碗(松)、茶筅筒(竹)の三点セットでこれも上物の松竹梅の模様のを買った。月釜に使うには良いかなと思う。
今は卯の花点前で玄々斎が伊勢松坂に指導に伺う時の宿の庭に卯の花が咲いていて、夏のお点前が無かったので考案されたと古人に聞いた事がある・・考案の経過には色々な話があるようですが、此の方が風情があって、信憑性はともかく私はこの話が好きです。
雪月花点前、卯の花点前で四季。他には和敬点と御所籠の色紙点がある。何だかままごとをしているような雰囲気ですがそれはそれでお茶の親しみがある。
ゴールデンウィークのある日近所の公園で食事と野点を楽しんだ。この公園の傘付きのテーブルを集合一時間前から陣取って待っていた。その分楽しんで貰い良かった。この場所は「なごみ」誌で野点の特集の時に使ったと書いてあった。これは草地にシートを敷いての野点だった。軸は本紙の処を切り抜いて窓にして、木に攣るし、自然の景色が軸と言う斬新なアイデア。まぁ、軸や花は無くとも(花は公園の歌壇が見事)ここで又野点したいねと意気投合した事でした。
私は青年部に加入した経験がない。師匠の紹介が無ければ知る由もないが、存在を知ったのは淡交会に参加資格が出来てからです。それ以後も加入はしていないが、生徒を持つようになって、青年部を勧めていますので、行事には参加するようにしています。多摩川上流の河川敷で野点があったり、話に依ると富士山でも野点をしたらしい。其々が道具や必要品を携えては大変だと思うけれど、みんなの幸せな笑顔がそれらを動かしているのだと思う。

我が家飯から
b0197486_1438579.jpg

牛肉とブロッコリーのオイスターソース
b0197486_14383814.jpg

厚揚げともやしの炒め煮
b0197486_14391267.jpg

海老とキャベツのシャンタン炒め

この頃の話題は中学生
将棋の藤井聡太。それにサッカーの久保建英。二人とも名前通りの活躍。「名は体を表す」と言いますがこの年齢から台頭しています。
by higashinuma | 2017-05-21 08:43 | 茶道 | Comments(0)

茶道をとおして日々の流れをつづる