ブログトップ

つれづれ

<   2017年 08月 ( 26 )   > この月の画像一覧

応用

29年8月30日 水曜日 晴れから曇り 28.5℃ 昨夜、帰宅して暑くてエアコンを入れ、朝、一度切ったが、今、又入れる。暑い日になりました。午後は雨予報。午後3時歯医者の予約がある。バスで行くしかないだろうなと思うと億劫になる。干菓子を食べて被せていた歯が折れてしまった。笑えるような話です。生徒が茶会用に作られた干菓子の残りがあって、作り立ての翌日、つまり茶会の日は美味しく戴いた。若に残してきたが、一種類残してあったので捨てるに忍びなく口にした。元々、この干菓子はお菓子屋に頼んでも固いのは分かって居た。ガリッと音がして、ん?何か様子が違う。取り出してみると銀歯が割れて取れていた。速攻、歯医者に行き速攻応急手当をして戴いた。都合悪くお盆前だったので休みが続き、今日がその二回目治療。因みにここの歯医者で治療した部分ではない。短く削ったので話す言葉に違和感がある。こんなところの歯が一本短いだけで・・不思議な気もする。

b0197486_933215.jpg

b0197486_935490.jpg

鵜籠を持って行って無いので、籠の花入れで口の広い物は教室に置いていない。どうしても広がりを見せたい花でした。懐石道具の預け鉢(兜鉢)に入れた。真塗では合わない気もするが、一応、釉薬がある花入れには塗の蛤端と言う決まりで・・茶会用に詫びた風情の薄板もあるにはあるが、持って行くと言う行為にためらいがある。一つには通勤帯の電車で移動すること。もう一つはそのような状況で持って行ったとしても生徒が覚えない事。でも、まぁこれは奥に引っ込めて・・いつかはに期待して・・前の家に取りに行って通勤地獄の中を持って行く・・・やっぱり挫折。
花は蒲を中心に吾亦紅、藪蘭(右)、藪茗荷(左)、水引草、槿

先週は基本をチェックしたので、今回は応用で
紐の扱いが苦手と言う長緒点前
b0197486_9144436.jpg

b0197486_9154627.jpg

デパ地下で見つけた「鯛焼」これ美味しいです!所謂、鯛焼でもなく、人形焼きでも無い。
茶会で使えそうです。
器はトルコブルー
b0197486_9181735.jpg

洗い茶巾で
b0197486_9185548.jpg

干菓子は彩雲堂(松江)「氷室」と伊藤軒(京都)の「茶禅」・・・取り寄せて良かった!

b0197486_9225478.jpg

大きな皆口水指の蓋の扱い・・風炉先に立て掛ける方法もある。
もう少し大きければ割蓋にしますが
b0197486_925495.jpg

棗は青海波。水指と映えると思いましたが・・

お休み多し・・・一人、一時頃に来たらしい。この時間はドアに鍵かけて爆睡しています。
窓から明かりが見えていたと思うのでチャイムを鳴らせば良いのに、昨日は5週目でお休みと思って帰ったとの事でした。可哀そうな事をしたと反省。上野の先から来てくれたのに・・・

※午前稽古は10時には始めています。そして12時頃から2時頃までは昼食と休憩。その後はず~と連続で途中夕飯をとる事もあるが夜9時半頃まで稽古しています。本当はカルチャーみたいに、初心者教室みたいに時間を区切って稽古出来れば良いのですが、仕事終えて遠方から来て下さることを思うと止むを得ない。
by higashinuma | 2017-08-30 09:34 | 茶道 | Comments(0)

お茶人のお付き合い

29年8月28日 月曜日 晴れ薄曇り 28.9℃ 

今朝は涼しく眠いが、健太に5時に起こされる。こいつ5時15分頃にワン鳴き。その後は「早く起きろ」の攻勢。流石にワン鳴きは無かったが甘えてクンクン言っている。けど眠い・・・
50分頃に起きる。健太は悪戯うんちしている。リードを掛けてサークルの外に出し、掃除。そのうちに若が起きて来て、散歩に連れ出す。いつもの事ながら健太は嬉しくて飛びつく。
お香を焚いて臭い消し。朝食準備。いつもの朝が巡って来る。

今日は先日の茶事のお礼状を書く予定。下書は出来ている。毛筆で書きたいけれど、全て前の家にあり書きに行くには時間が無い。??これは言い訳に過ぎない事は分かって居るのだが・・・・
他の二人には火曜日稽古の時に持って来るように言ってある。そして一緒に封筒入れて出す。
住所教えて下さいと言われた・・知ってどうするの!私を通して今日初めて出会った人でしょう。

一度、茶会で話をしただけで暑中見舞いや年賀状をくれる方が居る。どこかでお会いすると話しかけて来る。迷惑とまでは言わないがちょっと「うざい」
前にも書いたが電車の中で丁寧に挨拶された。全く覚えがない。ぽかんとしていると「茶会でお世話になりまして」と言う・・はて?誰だったか・・程よくあしらっていたが・・・内心は「うざい」
親しい訳では無いのです。

この前、ある人に良く知っている他の先生に挨拶しようとしたら、自分の先生に酷く怒られたと言っていた。状況が分からないけれど、怒った先生の気持ちも良く分かる。
「貴女の先生じゃないのだから、そういう場合は目礼位で済ませばいいよ」と言っておいた。
「そういうものですか」
「そういうものです」
自分の弟子が他の先生にへらへら言うのはやはり気持ちとして許せないところがある。
ややもすると自分の先生を通り越して、如何にも旧知のように喋りまくる。やはりそれは良くない。

私は師匠のご母堂がいつも親しく話して下さったりお宅に伺ったりしたので、年賀状を差し上げた事がある。師匠は面白くなかったようです。その時は自分のお母さんなのにと訝っていました。
90歳をとっくに超えられていたが返事を戴いた事でした。どういう事でどこでお会いした等逐次師匠には話していたのですが。

お茶の世界は広いようで狭い。
「この前、あの人来てましたよ」・・何処にも顔を出す・・出たがり・・
「貴女のお弟子さんでしょう」・・あんなことやって・・良きにつけ悪しきにつけ・・言いつける

師匠には「出ず入らず」と聞かされた。
確かに「出たがり」の人は居る。そしてへらへら何でも他人に話す。如何にも私はあの人を知っているみたいな・・それが後日嫌な思いをする事も知らずに・・そういうのを思慮が浅いと言うのです。
知っていると言う事が自慢みたいな・・でも、ただ其の時ご一緒しただけの事でしょう。
「袖すりあうも多生の縁」と言う事もあるけれど、ほどほどが良い。
お茶を学ぶ人は、人を磨く事。慎みを忘れないで欲しい。

気分転換の我が家飯

b0197486_8455955.jpg

冷やし麺を付け麺で戴く
b0197486_8464539.jpg

ロースステーキ・・焼きながらサムギョプサルにすればよかったと思う
b0197486_847368.jpg

パクチーソースです・・癖はあるが嫌いじゃない
by higashinuma | 2017-08-28 08:48 | 茶道 | Comments(3)

犬を飼う事

29年8月27日 日曜日  28.9℃ 曇り この数日エアコンは切っていない。設定は日中は在宅で25℃から26℃。健太を留守にさせる時は27℃から28℃。夜は26℃か27℃。今朝の健太散歩から帰った若が外の方が涼しいよと言う。天気予報で25℃と言っていたので早速、エアコン止めて窓を開けた。
北風が吹いているようです。私の部屋は東と南の窓でそんなに涼しいとは言えないが東の窓から時々風が入る。今朝は若の方が早く起きていつもよりはやや早く散歩に出かけた。朝の10分はもうひと眠りと思うけれど、健太の悪戯うんちを掃除せねば。
昨日も夕方、若と一緒に散歩に出かけて、誰も来ていない原っぱを一周して「健太帰ろう」と帰り道を歩きだしたら仲良しの犬の姿が見えた。向うも気が付いたらしく早足で来る。若がヘァカットの予約を入れていると言うので、ちょっとだけ遊んだ。健太は喜んでその子と走り回り取っ組み合い。草が伸びてきたので健太の白い尻尾も見えないくらい。ビーグルの半分先が白い尻尾は狩りをするために作り上げたものらしい。人間の為す事は凄いけれど、神への冒涜と言う気もする。でも、白い尻尾は可愛いから神様も許されたのかな。
帰り道に健太を抱っこした若が健太の足に傷があるのを発見。じゃれている時に噛まれたようだ。此の前はその子を連れて来る小母さんが歯の痕があると言っていた。健太の傷は結構深いが痛がらないし血も出ていないので大丈夫でしょうとそのまま。今朝は黒く傷が塞がっていた。
甘噛みと言っても牙が立って居るのだから、遊んでいてそうなる事もあるのだろう。小母さんはみんなに言っていたが、言わない事にしよう。そして草が伸びているので、暫くは原っぱは行かない事にしようと話した。

犬だけじゃないけれど、生き物を飼う事は可愛いだけで飼っては駄目だよと常に言っていた。それが時々飼い主の都合でそのものを叱りつけたり叩いたりする。生きているからうんちもすればオシッコもする。オシッコが多くて家の中が臭いから水を飲ませるなと時々言われる。人間だって水が飲みたくなるし、熱中症予防にも飲ませるのが生き物に対しての心じゃないかと思う。家の中が臭いと言うのは生き物を飼えば仕方ない事。散歩に出てから掃除をしているけれど、動物園に行った時のような匂いは付いて回る。
一方、餌代、トイレシート、医者代等々人間並みにお金がかかる。
例えば犬だって感情がある。いつもノー天気に尻尾振っている訳では無い。散歩にも連れて行く。
泊の旅行はペットホテルに預けるなども、結構なお値段です。
それらもひっくるめて生き物を飼う事です。

健太の事で時に感情的になったりするが、健太は概ね良い子に育っています。大きな目で上目遣いに観られると抱きしめたくなります・・上から見ているので健太は上目遣いになる・・

散歩で出会う犬達は犬同士遊ばない、怒って吠える等々色々ですが、健太は案外友好的で犬も人も時には猫も大好きみたいです。相手の猫は背を丸めて威嚇するが、健太が吠えないでじっと見ているので、いつしかなれるような感じを受けます。子猫は怖い事を知らないので近寄ってきて、健太と遊んでいた。
これらは犬の性格的な事もあると思うが、飼い主に大きな要因があると思う。

人間同士でも合う合わないがあるので、ましてや生き物はそれが反映されているのだと思う。

気分転換の我が家飯
b0197486_932439.jpg

烏賊げそのケチャップ炒め
b0197486_9332611.jpg

茄子と牛肉の炒め物

別の日に
b0197486_9385149.jpg

焼きビーフン・・焼うどんに見えるがタイのビーフンです
b0197486_940879.jpg

鯛のカルパッチョ・・オクラも美味しかった
b0197486_9405210.jpg

だだちゃ豆
・・・・今日の晩飯はビール飲みたい!・・・若が用意したのはハイボールでした(´;ω;`)
by higashinuma | 2017-08-27 09:42 | 所感 | Comments(0)

茶事

29年8月26日 土曜日 薄曇り 26.9℃ エアコンはずっと入れっぱなし

窓を開けるとムッとする。暑い・・
昨日の健太は4時起き。今朝は5時半頃・・多分、健太は早く起きていて、私が目覚めた時間なのだと思う。昨日の夕方5時頃に散歩に連れて行くが、暑かった。流石に犬を連れて歩く人は少ない。原っぱには誰も来ていなかった。暫くしてレトリバーがやって来る。この子は健太を買う前に、この原っぱで若と遊んでくれた。とっても良い子ですが、飼い主が言うには「犬には興味を示さない」と言う事で、健太も無視される。他の犬は来ないので、広い原っぱを一周して「健太帰ろう」昨日よりは素直に歩いてくれた。途中で水を飲ませていたら、昨日、途中から一緒に帰った犬が来る。犬種は知らないがもさもさの毛をカットしたのだそうで、前にも遇っているらしいが、言われて見ればとの感じで定かでは無い。健太は吠えないけれど、その子は良く吠える。でも、一緒に歩く。もう一匹と遇う。この子はドッグランで知り合って、この小母さんとは道で遇って挨拶されても犬が居ないと分からない。で、帰り道が一緒で歩く。暫くして、健太の仲良しの犬と逢う。土手の上で、自転車も人通りも多いので、じゃれつくのは止めさせる。その犬とは、もう少し歩くからとの事でそこで分かれる。
若がエントランスに入る位?には健太は予知するのかサークルの中で興奮する。どれくらいで感じるのだろう。人が来た様子、例えば宅配でも、エントランスのチャイムで吠えたりするし、玄関のチャイムでも吠える事がある。玄関を開ければ、知らない人でも吠えることは無い。番犬に慣れるのかどうか。

さて、水曜日は知人宅での茶事に招かれていた。客は私と生徒二人。
寄付はリビング
壁に軸と花を掛けてある
b0197486_100370.jpg

天龍寺241世牧翁老師の染筆
署名から妙心寺の逸外老師と思い込んだ・・竹の絵に翁の一画目が隠れて外の字に見えた。落款を読み取れば良かったのに思い込みとは間違いを起こす反省。
因みに
逸外
b0197486_1055268.jpg

牧翁
b0197486_1064138.jpg

一画目を見落とすと良く似ていると思いませんか・・(-_-;)
一般的には同じ臨済宗でも妙心寺は鵬雲斎大宗匠が参禅された事もあり、茶席には良く使われます。
生半可は駄目な事の良い例でした。
本席も天龍寺でした
b0197486_1018749.jpg

お話に依ると何でも「雨乞いの茶事」との事で、床には「神か仏」の軸を掛けるのだそうで、持ち合わせが無いのでとこの軸を選んだとの事でした。この和尚の下に席主が参禅されていた様子です。
b0197486_10205165.jpg

軸に合わせての水瓶・・堂々としたお軸に見事な水瓶、観音様がおわすように思いました。
見事な灰型。炭手前に続いて懐石
b0197486_10233949.jpg

向付には「卵焼きと蒟蒻の煮つけ」豆ご飯をお茶漬けで戴くのがこの式の決まりとの事。
其の後「煮物椀」「鯛のお作り」「八寸は三点盛り」「香の物とお湯」等々美味しく頂戴しました。
主菓子は美濃忠「せせらぎ」
b0197486_10301852.jpg

夏空を思わせるような綺麗なお菓子です・・「雨乞いの茶事」の趣向と思いましたが、是又早とちり
濃茶の準備をする間に「お花をどうぞ」のご案内があり、中立ちもこういう風にすればと勉強になりました。
b0197486_10335430.jpg

薄板が無い等の細かい事は言わない・・・花寄せに慣れていない二人はいつまでもいつまでもいじっていました。遂に切れた!「さっさとやるんだよ!」でも未だやっている・・あ~ぁやってらんない
b0197486_10362235.jpg

水指はオランダ?確かそのように言われた・・


今回は「雨乞いの茶事」との事で続き薄茶が決まりのようです。ところが私が続き薄茶の約束事をしっかり失念して・・亭主も点前に困った様子。「点前を間違えてゴメンナサイ」「いえいえ、私がぼ~としていて拝見物も四器一緒になりました。スミマセン
お礼状にちゃんとお詫びを書いておかなければ・・・

料理も美味しく、全て一人でなさっている。お点前がどうのこうのでは無く、雰囲気も楽しく、こういうのがお茶人なのだと思う一日でした。
by higashinuma | 2017-08-26 09:45 | 茶道 | Comments(0)

健太8月25日

29年8月25日 金曜日 晴れ薄曇り 26.3℃ この三日間?もう少し前?ずっとエアコン入れっぱなし

23日は出かけましたが留守番の健太のために27℃設定でエアコン入れて置いた。梅雨のような天気が凄い雷雨の後、蒸し暑さも伴い気温が上がり、結構、ヘロヘロです。夕方の健太の散歩も帰ってから暑いので入れっぱなし。切ったり入れたりするより良いとかも聞きますけど、電気代がね・・・
前に猫を飼っていた人が仕事に行っている間もエアコン入れっぱなしと言ったので、猫の為にとか驚いた事もあったが、いざ犬を飼ってみるとなるほどと思う。

昨日夕方から健太の散歩。いつもの仲良しの子とじゃれまくる。行く時は遇えると言う楽しみがあるのか歩くのが早い早い。私も必死で歩く。背中はびしょびしょ。薄暗くなって帰る時、その犬とは帰る道が違うので、健太は立ち止まっては振り返る。「もう帰ったよ。居ないよ」言い聞かせても何度も立ち止まる。昨日はひょっとしたはずみで手からリードが外れてしまった。健太は走り出した。呼んでも止まらない。一応、土手の端を真っすぐ走っているので自転車に危険はない。100M位走った先で止って私を見ている。暫く其処で止って、土手の下に走って行った。今度は戻る方向。健太の友達を追いかけて行ったならヤバイ!薄暗くなったし、草が伸びて健太の白い尻尾は見つけにくい。
いつもたむろしている子犬が居て、その子の処でじゃれていた。その連れている小母さんが健太のリードを押さえてくれれば良いのに知らんぷり。漸く追いつく。顔見知りの小母さんで、その子犬には(小型犬種の意の子犬)吠えられていた。その小母さんは健太を知っている。いつも思うのだが、こういう場合はリードを押さえてくれれば良いのにと思うのですが。私は健太についてきた犬のリードは押さえて飼い主に引き渡している。
帰り道の健太はグズグズ歩こうとしない。その友達の犬もそうらしい。「途中でしゃがみ込んでるよ」と言っていた。帰りたくない、未だ遊びたい、抱っこしたい、水の飲みたい、おやつ欲しい・・
まるで人の子と一緒です。
前は座り込んだらリード放り投げて、さっさと帰った。すると健太はリード咥えて追いかけてきたが、今は彼のテリトリーが広がって、何処に行くか分からない。でも、リードをどこかに結び付けて私が歩き出すと、置いて行くの?と言う感じに見ている。多分、帰って来るとは思うが自信が無いし、公道はダンプも走って信号もあるので、今はそれは流石に出来ない。
最近、健太は良い子ポーズ(伏せ)の姿勢でタッチ出来るようになった。ご飯の時は食べるのはサークルの中ですが、皿に餌を遣る時は外に出てウロウロもする「健太良い子でしょう」と言うと隣に来て良い子ポーズで餌を待つ。早食いで飲み込むので、トレーに少しずつ何回も分けて遣るのだがその度に外に出て、私の隣に座っている「健太タッチ」手を出して来る。やっぱり可愛い。

b0197486_8402125.jpg

最近ペットボトルの噛み潰しは仕事放棄・・興味を示さなくなった
b0197486_841291.jpg

僕可愛いでしょう
b0197486_842415.jpg

甘えの表情
b0197486_8424054.jpg

サークルに足載せて寝ている
by higashinuma | 2017-08-25 08:43 | 所感 | Comments(0)

22日の稽古

8月24日 木曜日 薄曇り 26.9℃エアコン入れている。

今日は会計の仕事の指導をする日で例の銀行との手続きでトラブっているのをパソコンの内容確認をするとの事で来客ある予定。
健太は4時に起きて、今日はどうしたのか煩い。結局、四時から眠られない。今は良い子にして欠伸している。「欠伸するなら起きるなよ!」怒鳴りたい気分。でも、朝から大きい目でじっと行動を見られると可愛くなる。昨日は一日留守に下から、彼はおいて行かれるのを警戒しているのだ。

22日の稽古は基本の稽古として薄茶と濃茶を丸卓を使って気になる処をチェックする。丸卓のお好みは何人かの宗匠が居られますが、試験問題では半分位しか出来ていない。それに丸卓には水次は何がふさわしいかも出来ていない。
b0197486_941054.jpg

床は三玄院の先代ご住職長谷川寛州に滝一字をお願いした短冊
花は蝦夷竜胆と蝦夷菊を有馬籠に入れた。
先ずは濃茶
主菓子は「ほうずき」練切
b0197486_1555559.jpg

綺麗な点前をされます。
続いて薄茶
干菓子は
b0197486_15555868.jpg

濃茶で棚に飾り残しそのまま薄茶点前で総飾
b0197486_1557622.jpg

帛紗は塗蓋水指の上に飾り残す・・その場所ではありません
水次は片口を用意してあった。
b0197486_1559526.jpg

戴き物のお菓子はバイキングでどうぞ・・缶の中はチョコレートのミッキーとミニの載ったクッキー鮪パイはうなぎパイ?どちらも美味しかった。いつもありがとう
b0197486_1612589.jpg

午後からの主菓子は
b0197486_162955.jpg

桔梗でした。中は白餡
ほどほど大きさは在るのですが、サラッと食べられてもう一つゆけそう。
b0197486_1635041.jpg

帛紗の捌き方混乱
b0197486_1643460.jpg

写真の横線は?

お互いの点前を見て点数を入れる花月(一二三)をしたいと思いました。
※七事式のひとつ。
 亭主の点前を客が評価する方式のもので、この式を一回行うことを一順という。亭主は客の要望に応え濃茶点前、炭手前、薄茶点前等を点前する。客はその巧拙、態度、緩急などを十種香札を用いて9段階評価する。点前の亭主の評価もそうですが、最後に客の評価も参加者全員に提示され、評価に客によってばらつきが無く、正しく評価している事も試される。
b0197486_161522100.jpg


お互いに良い処を示して貰うようにしました。注意された所作を他人がどのように行っているのか見るのも大事です。仕事を終えて神経張りつめてと言うのは難しいかも知れませんが、何のための「稽古」なのか心して欲しいです。

※稽古の慶は考えると言う意味を持つ。従って古(いにしえ)を考える意味があります。書物を読んで昔の事を考え物の道理を学ぶとあります。師匠はそれのお手伝いと言う処でしょうか。
by higashinuma | 2017-08-24 09:42 | 茶道 | Comments(0)

残暑

29年8月23日 水曜日 晴れ 29.3℃ 未だ8時前です。起きた時は薄く富士山が見えていた

我が家の時計たちはどれが正確か分からない。テレビで表示されるのが一応安心なのでしょう。いつものパソコンの前の時計は8時2分。パソコンは8時23分。テレビは7時57分。あと二個の目覚まし時計も7時57分。先日、目覚まし時計の電池が切れそうだった(表示が薄くなる)ので、交換した。途端に1月1日の表示で、この時計の時刻合わせは知らないので、色々いじっても治りそうにない。電波時計なので放っておいたら朝は正しく表示されていた。凄いなぁと思った瞬間でした。何故かこういうのに感動するのです。テレビで観たマリーアントワネットの懐中時計もその精緻さに驚きでしたが。
夕べは10時には爆睡状態。で、携帯が鳴って目覚めたら12時5分。遅くにゴメンナサイだもの・・内容的には大したことではない。会計の引継ぎの人だった。明日、我が家に銀行員が来てその人と共に業務の指導を受けることになっていて、月曜日の昼に我が家の住所を書いたメモを届けたお礼の事でした。そんな事いつだって出来るのに・・・こういう常識外れは困る。健太も起きたみたいです。せっかくなのでトイレ行って、水を飲んで横になるが寝付かれない・・携帯の照明の問題です。健太も水を飲んでいる。この頃気が付いたのですが、私が水を飲んでいると健太も水を飲み出す。
今朝は4時頃から健太が起きた。と言うのも冷房があけがたは寒くて温度を上げようとして、どうも暖房のボタンと間違えたらしい。で、一旦切って暫くして暑くて再度冷房を入れたりして、それらから寝られなかった。健太は5時半前にワン鳴き。ガサゴソ歩き回る。で、起きて冷房を切って、若が散歩連れて行った後に掃除していたら暖かいと言うか暑い。冷房切ったつもりが暖房になっている。
あぁ~今日は駄目だ~・・・・今日は知人から茶事の招きがあり、もうすぐ出かけるが、着物は用意してあるけれど着る気に慣れない。知人には洋服でと伝えてあるので、他の二人は着物で行くらしいがタイ風の涼し気な洋服で伺う事にする。もう迷わない。今の時間でも背中に汗。長襦袢を冷蔵庫で冷やしてなんて考えていたが、頭もボウとしているし、体調も今一。こういう日に限って(出かける)いろいろな事が起こる。実際、駅までの5~6分の間、汗を押さえられれば良いのですが・・・無駄な事は考えない。

かきかけ
8月24日追記
結局は着物を着て行った。生徒二人が着物だし・・
b0197486_9244186.jpg

本当は浴衣ですが、たて絽で未だそんなに袖を通していない。時々背中に滝が流れている。電車の中も思ったほど涼しくない。少し時間が早かったのでアイスコーヒータイムで待ち合わせ。偶然、この店で一人と出会う。手土産の買い物をして未だ時間が余る。この駅には三越があって地下で買い物が出来たのに、三越は撤退して別の店になっていた。しかも地下は改装中。私鉄が二社とモノレールのあるこの駅周辺もダサくなった事です。やはり私なんかは三越のネームバリューが功を奏している。

暑かった!
この続きは別途
by higashinuma | 2017-08-23 08:21 | 所感 | Comments(0)

官僚

29年8月21日 月曜日 曇り 28.2℃ 昨日のこの時間より1℃高いが意外とひんやりしている。
気温よりも湿度が高いので気持ち悪い。昨日は午後4時頃からずっとエアコン入れていた。寝る時も(午後10時)エアコン入れていたので、若はエアコン入れている方で寝ると言って私のベッドに横になっている。若の部屋にもエアコンは在るのですが、両方付けると無駄だと言うのです。私は床に布団敷いて寝るのでベッドは空いているから構わないのだけれど、窓を開けたら意外と涼しくなっていたので、エアコン止めるよと言うと自分の部屋に戻って行った。東風で東窓から北窓は風が通るので若の部屋の方がもっと涼しい筈だ。健太も10時には寝ている。
今朝の健太は4時半に起きて一人で遊んでいる。5時半頃から「起きて!」の床を掻いてガリガリ音を立てる。無視。暫くしてワン鳴きの一声。無視。クンクン甘え鳴く。私の起きた気配で良い子ポーズでじっと見ている。カーテンあけて、布団畳んで・・若を起こしに行く。この時点では健太は興奮して騒いでいる。ワンワン鳴いて煩いがこの興奮は今のところどう対処して良いか分からない。サークルを出て若に飛びつく。尻尾は限りなく振っている。散歩に行くのが余程うれしいのだ。
若の留守の間は私が連れ出していたが、飛びつくけれど、健太に顔を舐められるのが嫌いなのが分かって居るので、若にするほどは飛びつかない。でも、可愛いです。飛びつかれるとやっぱり愛おしい。
健太はこの頃、良い子ポーズ(伏せの姿勢)で握手します。と言うか努力しています。伏せの姿勢で手を上げるのは犬にとって容易でない筈。手を上げるのを「お手でなく握手」と教えていますが、伏せでやるのはタッチで教えようと思っている。
思わず笑うのは、伏せで後ろ脚をすぐ立てるようにしているのを「健太足が違うよ」と言うとちゃんと後ろに投げ出して亀坐りの足に直すところ。教えた訳では無く自分で覚えたのです。

昨日は理事会があって来期の役員も出席し引き継ぎをした。が、会計はすぐにはいどうぞと言う訳にはゆかない。31日までは支払いもある事で31日付の残高証明書も要るので9月にずれ込む。支払いの予定がない項目の会計は閉めてある。
来期の担当は昔からの知人。前に会計を担当した事があるらしいが、ご主人がやっていらしたらしく亡くなったので分からないと言う。毎月の管理費の受け払い業務は昔、官庁だったところに頼んでいるが、これがなかなかの曲者。昔、7年前?私が担当している時にフロッピーデスクで業務の連絡をしていた。この頃にはデスク型パソコンでもフロッピー用のハードディスクは使えず、仕方なく外付の物を買ったが、SDカードにして欲しいと言っても頑として聞いて貰えなかった。この間にCDロムに変わり、今はそれを使っている。ところがその銀行で作ったソフトで操作(簡単な)していて、先月突然プリントアウトが出来なくなった。その銀行に連絡して教えて貰い、プリントして提出した。で、今月は本当は9月の引き落としなので、次の担当にやって貰おうと思ったが1日に引き落としの為、同じように操作して提出した。ところがプリントアウトは正しかったのですがCDロムの中身は変更されていない連絡があった。どういうこと?プリントアウトが正しくなっているんだったら、そちらで操作すれば良いではないかと思うのですが、それも頑として譲らない。月曜日に伺いますからとか勝手に他人のスケジュールをかき回す。もと官僚。
以前はこの銀行と良く揉めていた。何をするにも高飛車で押して来る。下目線でものを言う。去年位に一掃されて前の人達がほぼ入れ替わり、今は全く雰囲気が変わりました。が、人と直接接しない
一部の人達は未だ官僚時代のままのようです。こんな態度では民間の会社なら極端な話倒産だと思う。仕方なく結局は来てもらう事になった。ついでに来期の担当にも一緒に教えて貰う。

来期の担当にもびっくりさせられる。「毎月、印刷するものがあるよ」「プリンタが壊れている。庶務担当が手伝ってくれると言うので頼もうと思っている」是だもの・・・お互いに仕事を持っていて締め切りの在る仕事です。どうも息子さんもプリンターは使っているみたいで、友達に借りているらしい・・・引き継いでしまえばあとは知らん・・も、どうかと思うし・・

昨夜のテレビで終戦後の一年間の東京での事が放映された。米軍が日本は二年間は生活できる物資が備蓄されていると読んでいた通り、軍資金も米等も備蓄はあったが、官僚がそれを闇市に流したとあった。
今も大差ない気がする。
選挙でなんであんなにヘコヘコ頭下げてまで当選したいのか・・・一時的に我慢すれば甘い汁が待っているのです。当選さえすれば、ふんぞり返って庶民の血税をわがものにするのです。


血税を払う我が家飯
b0197486_8564362.jpg

烏賊が食べたくなって・・高いと言われているが刺身用烏賊一杯で250円だったかな?
ぶつ切りにして茄子と煮つけ・・久しぶりに満足
b0197486_8582417.jpg

ゴーヤーチャンプルー
by higashinuma | 2017-08-21 08:59 | 所感 | Comments(0)

筆記試験

29年8月20日 日曜日 曇り 27.2℃ 涼しくて良いけれど

昨日は夕方から見る間に黒雲が空を覆い、突風と雷雨。健太は多分初体験。部屋中を明るくするような閃光。稲光に追いかけるように雷鳴。健太はびっくりして飛び上がっていた。「健太大丈夫だよ」なでなでして昂奮を鎮める。私も久しぶりの雷で、ちょっとビビる程でした。(ちびるでは無いです!)読売ランドのどこかに落ちたのかと思った。
多摩川の水面が白波を立てている。電車は一時、鉄橋の上で止っていた。
若が夕方から出かけて、途中で電話かけて来た「僕の部屋窓閉めて」その時点では南の空は未だ明るかったので気が付かなかった。電話の後すぐ窓を閉めに立った。北の窓と東の窓は真っ黒な雲で覆われていて、あわやと言う寸前だった。
昨日は二子玉川の花火大会で大変だった様子がニュースに出ていた。その後もずっと遠雷は続いていた。「健太散歩は行かないから」と言う事で、廊下でボール投げで遊ぶ。あいつは舌だしてヘロヘロになるまで駆け回って遊んでいた。まぁ十分でしょう。ソファから床まで1m以上は飛ぶ。ジャンプも結構飛びあがる。今が一番元気の盛りだからね。サークルにうんち大量。踏んでいないので、直ぐ片付いた。
b0197486_8215925.jpg

写真では良く見えないが・・・・

教室では夏恒例の茶道筆記試験を行っている。
まだ、何人か終えていないのですが、今年は難しかったのか?50問で今のところ最高点は70点に達していない。点前ばかりが茶道ではないといつも言っているのですが・・・「一休の軸ですよ」模写ですが表装までもが忠実に再現されている。軸の見どころなど説明しているのに聞いてない。本物は美術館に行って見て貰う事にして、目の前で勉強できるので複写でも良いと思っている。美術館にしてもお寺さんにしても、本物は倉庫にあって複写の物を出して居る場合が多い。希少な美術品であればそれも仕方ない。なので猶更の事です。
花も結構無理しているのです。準備の中で何よりも花は一番大変です。見て無い、聞いてない、覚えないでは何のためにやっている・・大半は自己満足かぁ・・溜息。

まぁ、一人が点前だけでは駄目なんですね。今度その面も頑張りますと言ってくれたのが救いです。

私としては誰が何点取ったからどうのこうのではなく、指導方法が至らない事を補う試験です。
茶道検定試験も何人か受けている様子ですが、今は熱が冷めているか今年は話が無い。
3級なんかは寝てても出来るよ!挑戦して欲しい。分からない事は稽古の日に補えばよい。
点前だけに捉われない事。奥伝以外は教本もある。基本をしっかり身につければどうにかなる。

どうしてもお茶をやっていますとなると外見の着物の事等に目が行きます。それはそれでその人の事なので何も言いませんが、高い月謝を支払っているのですから遊びに道楽にならないで欲しい。
試験の内容は全員終わった時点で再度書き込み予定。

b0197486_8415339.jpg

若をナメナメ・・どちらもご機嫌
b0197486_8424722.jpg

健太は満足・・若も満足
by higashinuma | 2017-08-20 08:45 | 茶道 | Comments(0)

知恵と知識

29年8月19日 土曜日 曇り 26.9℃ 靄がかかって対岸が霞んで見える
湿度が高いのでエアコン入れていると寒い。まるで梅雨期。この辺りは多摩川梨の産地。こんな天気だと美味しさはどうだろうか・・尤も幹線沿いに店を出す農家のは高くて飼わないが。

知恵と知識。知識があっても知恵が無いのは社会で通用しない。昔の話ですが熟とかに通ってそれなりの大学に入学しても鉛筆一本削られないと言うような話題があった。今、その子達が30代を迎えている。早い人だと子供を持つ親になっている。人それぞれですが、子供時代に例えば親が何でもしてやっていた・・例えば鉛筆を削ってやっていた・・子供が成人して、他人に気遣いをするなんて事は薄いように思う。スマホ歩きでも観ながら歩いても、対向して来る人に気を遣っている人も居るが我が道を行くとばかりわき目もふらず歩く人も居る。

先日は車に轢かれそうになった。スマホ観ながら急に曲がって来た。ウィンカーも出して居なかった。
健太の散歩をしているとこういう場面が多くある。バックしてUターンするのも危ない。どちらに行きたいのか分からない。散歩なので離れた所に止って待っているが、挨拶位して欲しいと思う。
自転車にぶつかれそうになったことも「ベル馴らして」後ろから接近していても気が付かないのです。ベルを鳴らすのは「どいて」じゃなく「気を付けて下さい」の警報なのです。
犬のうんちを取らない人もどうかと思う。街を歩いていると転がっている。こういう人は犬を飼っている人達の敵ですね。健太は草の茫茫と生い茂る中でうんちするので取れない事もあるが、健太は気を遣っているのだろうか。健太は健太の知恵が働いているように思う。それも、彼の得意技で片足上げてオシッコしているようにうんちする。知らない人が見たらオシッコしているように見えるだろう。

スーパーで買い物に行って、私が買いたい商品の前に乳母車やカートを横付けし、隣の賞品を物色していたりするとイライラするのは私だけでしょうか。敢えてわざと「邪魔なんだけど」私ははっきり言うようにしている。「ゴメンナサイ」と言う人とブスッとして動く人が居る。

子供は親を良く見ているからね・・30代になっても親がやっていたように行動する。学校では知識を詰め込むけれど、社会での必要な知恵は教えてくれない。つまり偏差値の高い学校が評価される。それはそれでよいのだけれど、我慢する事が出来ないとか、こういうことは駄目な事だとか、協調する事等が欠けているように思う。

ネットで<デヴィ夫人「日本の真の敵は、日本人」?>と言うのがあって、読んでみた。いつも何となく鼻にかけたような彼女の事は好きでは無かったが、とても良い事が書いてあった。

勉強が出来る事は勿論良い事ですが、それだけではない。知識人と頭の良い人、知恵者・・大岡越前みたいな・・何にでもパーフェクトと言うのはとても難しい。
茶道(裏千家)では学・実・動でそれらを教える。近づく努力は欠かせない。

我が家飯から
b0197486_8591341.jpg

スタミナ炒め・・大蒜を効かせた野菜炒め
b0197486_902194.jpg

蛸キムチ・・売っているスーパー確定!でも、本社から送って来る商品でいつ売るかは分からないとの事でした。日持ちしないので買いだめは出来ない。
b0197486_92676.jpg

若のお土産のペリカンマンゴー
by higashinuma | 2017-08-19 08:30 | 所感 | Comments(0)

茶道をとおして日々の流れをつづる