ブログトップ

つれづれ

<   2017年 09月 ( 25 )   > この月の画像一覧

9月尽

29年9月30日 土曜日 薄曇りの晴れ 25.4℃ 涼しいから寒いの感じです。湿度が無いので気持ち良い朝を迎えている。観葉植物を一鉢外に出して居るのですが、そろそろ部屋に入れようかと迷う。大きいので場所取りなんですね。でも、アロエの類は年中外なので、それでも良いかと・・アロエは冬になると赤くなるのが気になるけど。近くの家には大きなサボテンがあるけれど、外でも育っているし・・庭に植えてあるので鉢で育つアロエとの違いは大きい。一つには鉢底の乾燥。でも、水のやりすぎの根腐れの方が傷める。
昨日の夕方は久しぶりに富士山が見えていた。
b0197486_07440388.jpg
健太の散歩から帰って17時半頃。何ヶ月ぶりかなぁ・・・
昨日は原っぱの方には行かなかった。原っぱで草の汁が付いて汚れた健太を若が洗ってやって綺麗なので忍びなかった。多分仲良しの子が来ている筈なのに。
健太の散歩は幾つかのコースかあって、雨が降りそうだ・・太陽が暑い・・等の条件で変えている。若が行くコースもある。昨日は私のコースで漬物屋の前と小学校を回るコース。漬物屋の小父さんも健太をかまってくれる。昨日はここに車で買い物に来た小母さんが居たので、小父さんの姿は見えたが寄るのをパス。途中で二匹を連れた小母さんに会ったりしたが、健太は遊びたいけれど小母さんに無視された。時々こういう人が居る。其々の考えだから仕方ないけど、なんだか気取ったような態度が許せない。
駅前に行くと(散歩コースの終盤は駅前を通る)健太は誰かかまって欲しい顔をしてグズグズする。そして広場で犬と出会う。向うの犬もこちらを見ているので、連れて行く。小型犬種で健太より少し小さい子ですが、遊びたくてじゃれるのに吠える。健太はこういう時は吠えないで良い子ポーズをする。暫くこんな感じでした。向うは老人ご夫妻で、健太にもかまってくれる。若い女子二人もかまってくれる。健太は結構ぐずって帰ろうとしない。なだめて連れ帰る。途中で同じマンションの小学生と逢う。健太のリードを持たせて(私も持っているが)一緒にお喋りしながら帰る。「犬は好き?」「生き物は何でも好きだよ」「何か飼っている?」「ナマズの子供。でも、おばあちゃんちに預けてある」「君が捕まえたの?」「そうだよ!多摩川で捕まえた」・・・途中で知らないお姉さん?小母さん?が「こんにちは」と声をかけて来た。一緒に帰る。初めて会う人ですが同じマンションの人で、小学生と同じフロアの人だった。エレベータの中で健太にかまっていた。「犬好きですか?」「実家で飼っていた」撫でている手を健太がペロペロ舐めている。
是だけの事ですが何となく良い一日だった。

彼岸花も枯れてそろそろ金木犀が香る頃ですね。

明日は茶会。朝7時には出かける予定。そんなに行きたく無い茶会。どうしてだろう?同じ大寄せの茶会でも、もてなされる客側に沿った茶会とそうでない茶会がある。同じことを口にしても人に因って刺に聞こえる言葉もある。明日はどちらかと言うと後者。行かなければ行かないで・・・「歳を取ったら義理を欠け」にはならないのです。

口直しの我が家飯
b0197486_10105782.jpg
鶏のハーブ焼き・・クミンとかの味・・嫌いでは無いが・・
b0197486_10114077.jpg
焼き椎茸・・少し醤油を垂らして・・シンプルなものほど美味しい?
b0197486_10130238.jpg
卵と生木耳とトマト・・生木耳の食べ方のおすすめ!・・トマト卵炒めに加えただけですが美味しかった

by higashinuma | 2017-09-30 08:36 | 所感 | Comments(2)

犬友

29年9月29日 金曜日 晴れ 25.4℃ 今朝も寒かった。昨夜の予報で今シーズン尤も寒いとの事で、窓は隙間程度にして健太には毛布を入れて遣った。健太は毛布を自分で寝る場所に引っ張って行き、その上で寝ていた。今朝は5時半頃に起きて毛布を破いている音がする。で、取り出す。

この前、ある人に数年のうちに子供の数よりペットの数が多くなると言われた。ドイツでは既にそうなっているとも。確かに健太の散歩をしていると、犬を連れて散歩している人が増えたような気もする。前にも書いたが犬を介してしかお喋りが出来ない事に疑問を感じている。昔はと言うか田舎では誰とでも話が出来た。知らない人でも。それが隣の人とは滅多に顔を遭わせない。此の前は引っ越してきた一軒先の小母さんが犬を飼っていて、偶然ドアを開けた。少し早かった私がエレベータの昇降ボタンを押して「どうぞ」と言ったら何も言わず引っ込んでしまった。行かないなら行かないで何か云うのが私の常識なのに。どのように解釈して良いか分からない。
健太の散歩では色々な人が声をかけてくれるし、可愛がってくれる。宅配のお兄さんとか駅前で移動販売しているお兄さん。交番のおまわりさん、通りがかりのお姉さん等々
悪い気はしない。私も小さな子供が犬に興味を持っている様子だとこちらから声をかけたりする。「怖くないよ。大丈夫だよ」お母さんなり、お父さんがその子を連れて来て健太に手を触れさせる。子供はとても喜んでいる。

ラブラドールを原っぱに連れてきているご夫妻が居て、健太を飼う前から若が触れ合っていた。この犬は犬には全く興味を示さず、人に対してはとてもフレンドリーなのだ。
この前も、犬仲間がいつものたむろする場所から離れてこの子が来て、ボール投げをして一人遊びしていた。健太はこの子に遊びたい興味を示している。ボールを持って行ったのでそれを投げて健太と遊んでいると、その犬がこのボールに興味を示している。獲っても良いよと話しかける。飼い主もフレンドーなので最初は押さえていたが、自由にさせていた。健太のボールを獲って喜んでいる様子。ボール獲られても健太は見ていて怒らない。で、その子も健太に興味を示している。これで、このラブラドールと健太が仲良く遊んだら、犬とは遊ばない(いつもたむろしている人達では皆知っている)が解消されるのではないかと思った。その日はそれで分かれたが、次第に打ち解けてくれると良いと思う。

けれど、街で声をかけられ「ん?ん?」の時がある。相手が「健太君の・・・。私は〇〇の・・です」とか挨拶されて、「済みません」と言う場合もある。犬を連れていないと分からないのです(笑)
脱線するけれど、お茶で遇う人が洋服来ていると分からないのと似ている。かなり昔になりますが、宗家の兜門から大宗匠(当時はお家元)が真っ青の開襟シャツに素足で下駄ばきで出て来られた。門番の小父さんと思って気安く話した事でした。「今日は行事があるので明日、いらっしゃい」との事で、翌日伺うと取次の方が「昨日お家元が言ってらした方ですか」と茶室を案内して下さりお茶を戴いた事でした。其の時、初めて家元と気が付いたのです。

健太の散歩で出会う人には色々と教えて戴く。多くは主婦なので「あの店の秋刀魚は600円していたとか(笑)」主に犬用品、薬の事、ワクチンの事等々何処の店が良いとか何処の動物病院が親切とか。引っ越して3年目を過ぎていますが未だこの街の事は分からない事もあるので助かる事もある。

我が家飯から
b0197486_09062448.jpg
豚肉と薩摩芋の甘辛炒め煮・・・栗のような薩摩芋でした
b0197486_09080388.jpg
ヤマブシタケの卵焼き・・タイのスィートチリソースを付けて美味しかったが若はヤマブシタケの匂いが嫌いみたいです。
東南アジアで食べられている牡蠣の卵焼きが食べたくなりました。
他にはサラダ





by higashinuma | 2017-09-29 09:10 | 所感 | Comments(0)

29年9月28日 木曜日 雨 26.3℃ この辺りはそんなに降っていないが沿岸部の方は災害も出ているようです。
今朝の健太はおとなしかった。昨日、午後3時頃に散歩に連れて行き、原っぱで遊んだため、白い足も草から付く汁?で酷く汚かった。夕食後若に洗って貰った。家の中で散々駆け回って悪戯して怒られての状態だったから疲れたのだろうか。昨夜は大雨予報で窓を全部閉めていたが、それでも明け方は寒くて目が覚めた。健太に毛布入れてやると尻尾振って喜んでいる。起きていたようだ。時計は5時半。いつも起きている時間です。そして私は又横になり、気が付いたら6時過ぎていた。健太はおとなしい。見たら毛布を被って尻尾振っている。良い子だ!若が起きてトイレに入っても鳴かない。散歩に行けないので、家の中で遊ばせる。悪戯しては逃げ回って、追いかけると凄いダッシュで走り回っている。この子が喜ぶのをみているのは癒される。

淡交連載「茶道心講」心理学者の岡本浩一の10月号は「顔を創る」。歳を重ねて良い顔になる人とそうでない人が居る。顔は自分で作って行くものと前にも書いた事があるがそれを学者らしく分かり易く書かれていると思った。
昨日のブログにミニコンサートの話を書いたが、そのチェロ奏者は美形の一人と言えるだろうが、実に良い顔をしていた。実に温かいのだ。そして多分この人は家庭の中でもこんな風に過ごしているのだろうと暮らしぶりまで思いめぐらしていた。
岡本氏は言う。茶会に客で行っても、道具や点前に難がある訳では無いが気分が乗り切れない時もあるのは、席主や東の人が茶に特化した顔を作っている必要があると感じておられる。そして稽古を積み重ねる事でしか達成できないし、稽古は点前の上達のための時間では無いと言う。

「登三子はエレガントというだけでは表現出来ぬ優雅さを全身に持っておりました。これも千家に嫁いで来てから何年も何年もかかって自己啓発したものと、私は昔からの写真をならべて見ながらそう思うのです」これは鵬雲斎大宗匠が夫人を語った言葉です。曽野綾子エッセー「自分の顔相手の顔」の中の「輝く人?晩年になるほど美貌と気品と」に書かれている。
私が言うのもおこがましいですが、登三子夫人は本当にお茶の人の理想の顔とそこからにじみ出る気品があられた。先々代の奥様は遠くで一度だけ拝顔したような記憶があり、良くは存じ上げないが、話に伝え聞くと本当に素晴らしい方だったらしい。そして登三子夫人が舅として仰いで来られたのでしょう。裏千家での暮らしを書かれたエッセーなどにさりげなく大奥様の事が書いてある。気さくに撮って下さった登三子夫人とのツーショット写真は私の宝物です。

街で遇う人。何らかの形でかかわりのある人。特にご高齢になられての顔に嘘は付けない。

我が家飯から
b0197486_08443173.jpg
正面で撮った写真が露光が強くて真っ白でしたので横に写った物で・・冬瓜煮物・・先日のツナ缶が美味しかったので
b0197486_08462938.jpg
小松菜の東南アジア風・・小松菜の食べ方はみんなどうしているのだろう?青梗菜よりは好きですが
b0197486_08481547.jpg
サラダのソースはパクチー
b0197486_08490178.jpg
鮭の西京味噌漬け・・・私としては好きなんですが
b0197486_08503278.jpg
大手スーパーの総菜「焼き鳥」美味しかった。店頭に並べた物は断乎として買いません。是はパックされていた物です。
スーパーの入り口で赤飯や佃煮の販売もしていた。ドアが開くと風が入ってくる場所で出来たての赤飯を混ぜている。赤飯には目が無いけれどこういうのは絶対に買わない。パン屋もそうですね。出来たてとか、店頭に開放して並べた物は殆ど買わない。
ついでに、バナナや他の果物もそうですが、灯の調整をしていますね。だから痛んだ物とか良く分からない。あれは店の作戦です。明るい処で見て、取り替えたりします。
こう言う事に誰も何も言わないのが不思議です。

by higashinuma | 2017-09-28 08:58 | 所感 | Comments(0)

何をする?

29年9月27日 水曜日 晴れから曇り 26.6℃ 明日は土砂降り予報ですが、違わず大きな雨雲が空を覆っている。風が強い。
今朝は会計の引継ぎで書類を届けに行ったが、絶対に前の家にあると信じて出かけた書類が無い。よく考えたら昨日、教室で生徒を待つ間に作成して、お茶関係の書類に入れていた。そのため二往復。暑かった!蒸し暑いです。

今、私の机にはLotteのcacao74とか86のチョコが置いてある。血圧対策にcacaoが良いとの事で他のチョコレートメーカーからも販売されている。数値が高ければcacaoの量が多く、固くなる。当然苦い。cacaoは好きなので苦みも平気で硬いのも平気ですが、食べたは良いが歯は大丈夫?カロリーは?一日二個位は問題にならないらしいが、やはり歯が一番気になります。チョコは登山の時やスキーに行く時は必ずと言ってポケットに入れていた。疲れた時の活力になる。寒い時期に沢山買い込んで半ば忘れているような存在ですが、嫌いじゃないし、食べると元気になる気がする。一枚口にしては口を漱ぐのも変な話です。

日曜日に若が秋海棠と山牛蒡の花を採って来てくれたが月曜日にはぐったりしている。秋海棠は案外水揚げが難しく節の処から腐り始めるので哀れな姿になる。結局、若には悪いが稽古には持って行かなかった。で、花が無い・・・この前、教室から少し行った先に槿が綺麗だったし水引も綺麗だった。それで、着くや否や荷物を置いて速攻採りに行った。が、こけました。槿は短く刈り込まれていました。二本のうち、一本は来るのを待っていたよ~と言う感じに一枝だけ咲いていた。ありがとう。戴きます。とは言わなかったが遠慮なく戴きました。
b0197486_14322563.jpg
b0197486_14325028.jpg
水引草は入れるのが難しい。正面から見て良い形にしようとすると槿が動く。幸い正面の無い花入れなので、花入れをわずかに回した。
槿は朝、花びらが反っていたので、入れた時は「う~ん」の感じでしたが、午前中は休みの連絡があって9時には行っているのに、最初の生徒は4時頃来ました。
花は丁度良い具合になったが、それもあろうかと持って行った本を読む。
中学生が書いたと言う小説。短編を読み終える。本当かよ!中学生でもここまで書ける・・天才少女と評が載る。母子家庭で屈託ない母親の下で明るく生きる少女を描く。
中学生の自叙伝?かどうかは分からないが、ズシリと響く内容だった。この日の夜、生徒に貸した事でした。

生徒に「今日は何やりたい?」と聞く。私も師匠に聞かれた事でした。「何でもどうぞ」しばらく迷って「唐物でも良いですか?」「良いよ」何でもよいと言ったので仕方ない「奥伝は月に一回位だよ」と言いながら・・。
b0197486_14455728.jpg
道具の準備からそつなくこなす。兎に角勉強家。打てば響く。
b0197486_14474277.jpg
主菓子は「こぼれ萩」鵬雲斎大宗匠夫人、故千登三子氏のお好みを真似ているのですが、お菓子屋にはそれが伝わらない。
先々代淡々斎の嘉代子夫人が仙台出身であることからの発想と「今日庵菓子暦」登三子著に書いておられます。
b0197486_15030549.jpg
写真忘れた・・・道具を片づけに来たのをパチリ・・もうすぐパパさん
b0197486_15044834.jpg
丸卓で濃茶点前が希望でした。
b0197486_15054387.jpg
今日は仕事の都合で久しぶりに夜稽古です。お客様だけと言ってましたが、折角なのでと入子点でさっくりと。


点前は見せるものでは無いので、手順を間違えまいと気張る気持ちは分かりますが、それは忘れて、間違えても良いから基本をしっかりが基本かな。
干菓子は戴いた「菊羊羹」美味しかった。
昼食を早めに取り買い物に出かけた。そしてホールで東京交響楽団のチェロ奏者とピアノのお昼のミニコンサートをやっていて、30分位なので久しぶりに聞き入った。
癒された!なんとアンコールに「津軽海峡冬景色」チェロとピアノで素晴らしかった。教室で来ない生徒をうじうじ待つよりずっと良い(笑)


by higashinuma | 2017-09-27 15:16 | 茶道 | Comments(0)

バナナ

29年9月25日 月曜日 曇り朝は雨だった。予報は晴れ 26.3℃ 割合乾燥しているのか短パン穿いていると脛が冷える。

健太は夜中にゲホゲホやっていたので吐いたのかと思ったら、大丈夫だった。何時だったんだろう?起きて灯を点けると彼は安心したように見ている。そのためか朝は5時半頃までおとなしかった。その後はボールで一人遊び。この時点で私も目が覚めて、ストレッチ。健太も良い子ポーズにしている。肩から背中を伸ばすのには健太と同じポーズをとる。つまり、健太は寝ていて起きると前足を伸ばし、尻を高くする・・ストレッチでは猫の伸びをするポーズと言うが犬でも全く同じ。そして手は前にしたまま、尻を引いて背中や腰を伸ばす。これが気持ち良い。若い時にエアロビクスに10年位は通っていた。で、始める前にストレッチとマシーントレーニングで筋トレ。エアロビは心拍数を上げるので10年もやっていると心臓が肥大する。医学的には問題外。でも、心肥大でいつまで出来るか分からないので止めてしまった。音楽に合わせて体を動かすのはとても楽しいです。盆踊りでも同じですけど・・エアロビも変わりましたね。前は足を頭より上げる動作が結構あったが、今は膝の高さ位までとプロ(選手権などの競技)と素人(運動不足解消)?とは明確に区別するようになりました。何が良いかと言うと汗を書くのも勿論ですが、振りが複雑になればなるほど面白い。あれやっていたら絶対に暈けないと思う。それで、お年寄り向けに演歌ビクスとか民謡ビクスとかあるようです。その前はフォークダンスをやっていた事もある。複雑な足の動きが楽しかった。時代の流行りなんでしょうね。

健太の散歩に行ったら、頭の白い爺が土手でストレッチしていた。この爺開脚で前屈出来ていた。流石に180°の開脚は無理そうでしたが凄いなぁと思った。私も前後開脚で前屈はぴたっと出来ていたが(Y字バランスは白井選手並(笑))左右開脚は多分150°ゆけたかなぁ?。ストレッチ続けてどこまで戻れるか・・・

さて、バナナは毎朝欠かさないが、バナナダイエットがあって食べている訳では無い。あれって本当に効果があるのだろうか?
私としては血圧対策にカリウムで塩分を流したいとか酵素で消化機能を高めるとか・・・

フィリピンセブ島で暮らす日本兵との混血児と爺さんが暮らす物語は「虹の谷の五月」船戸与一の著書で分厚い本ですが一気に読んだ。この少年が朝食にバナナを食べるくだりは鮮烈に記憶に残る。
バンコクでのホテルの朝食にバナナはあまり出無いかな?あれは象の食べ物と言うのが案外浸透している(笑)
街に出れば露店の焼きバナナ売りが際立つ。バナナは熱を加えると甘く美味しくなる。
デザートはココナッツミルクにタピオカを入れてバナナを入れた物。タピオカはあったりなかったりする。ポロプドール遺跡に行った時はクレープで包んで揚げたバナナがあった。これらは東南アジア一帯で食べられている。
日本でこれらに匹敵するデザートとしてバナナを縦半分にして、小豆餡を載せ春巻きの皮に包み上げた物とか餡は入れないでシナモンをかけた物(ポロプドールで食べたものにシナモンが降ってあった気もする)熱々で食べないとぐちゃーとするので見た目に悪いですが美味しいは美味しいです。
バナナ餅も食べましたね・・確かバンコク郊外のカンチャナブリ。例の鉄道(映画「戦場にかける橋」(1957米)主題歌の「クワイ河マーチ」の橋)の下にロープを下げてブランコ遊びしている子供たちの処で一個分けて貰った気がする。持って帰れないので買わなかったがこれも鄙の味で美味しかった。

バナナは木と言うかどうか知らないがそのまま熟したものを食べてみたい。バンコクに行くと郊外の農村に行くのが恒例になっているが、バナナは一年中実が生って花が咲いているのを見かける凄い生命力。今朝もしっかり戴きました。

b0197486_09182578.jpg
やっぱり象の食べ物でした(笑)カオヤイ国立公園で象との散歩の後に。若は象の首に乗って、象使いをしました。



by higashinuma | 2017-09-25 08:16 | 所感 | Comments(2)

シンガポールライス

29年9月24日 日曜日 晴れ 今は20時半近い 26.0℃ 日中は暑かったが今は丁度良いからやや冷える感じ。温度計がパソコンの奥にあるので、この場所は気温が高いと思う。
研究会は10時開始ですが、何があるか(連絡事項とか)分からないし、見やすい場所取りもあって一時間前を目指しているが、今日は30分前に着いた。
日曜日の電車は意外と混んでいる。少年野球とかサッカーとか通勤帯では見られない光景。で案の定座れなくて真ん中辺りに立って居た。次の駅で端に座っていた人が降りたが、三人も向こうなので若い人が座ってしまった。その次の駅で目の前の人が降りて座る事が出来た。其の後意識朦朧。気が付いたら下車駅の二つ前だった。終点なので寝ていても大丈夫ですが、果たして起こしてくれる人が居るかどうか。昔は起こしてやったものでしたが・・・甘えてはなりませんね。
今朝も寒かったですね。4時頃に健太の寝ている窓を閉めて毛布を入れて遣る。毛布はボロボロになるけれど、おとなしくしているので気が付いたら6時過ぎていた。
その前にガリガリやって起こされ、時計を見たら12時半だった。10時に寝て爆睡。2時間位で浅い眠りになると言う事か。健太に是が習慣にならないように気を付けないと。
煩くとも無視すればよいと言うが近所迷惑になるのは避けなければ・・・ほどほどにしないと私も疲れてしまうので中庸が良いと思っている。

研究会が終わって久しぶりに会った人と3人でお茶。くだらない話をしてでも開放される(癒されるとは違う開放感?)
帰宅後、健太の散歩に若と出かける。いつもの原っぱに行くが仲良しは来ていない。休日は余りここには来ないと言っていた。途中で遇った外人が連れて来る柴犬も仲が良い。暫く遊ばせてやる。
帰り道に酷い汗が出て体中びしょびしょ・・体調が悪い時の冷や汗・・例えば怪我をした時とか・・景色がぼんやりして来る・・何だろう?
昔、車で送ってくれたは良いが降りたら溝に落ちてしまった。空溝なので汚れはしなかったが脛が当たって血が出ていた。少しして、酷い汗が・・医学的には分からないが多分何処か悪い処と目いっぱい体が戦っているのだと思う。盲腸の人が痛いのと同時に汗が出るのを観た事があるが、丁度そんな感じです。
踵がちょっと調子悪いのでそれかなと思った。帰ってから湿布して、手あたり次第になんやかんや口にする。で、少し落ち着いた。

晩飯は若が作ってくれた
シンガポールライス・・カオマンガイ・・海南鶏飯
b0197486_21080815.jpg
美味しかった・・鶏のソースが欲しい
b0197486_21074340.jpg
プルコギ・・豚肉バージョン・・失敗した美味しくないと言っていたが美味しかったです
b0197486_21071194.jpg
スープ

朝食は
b0197486_21104368.jpg
パイナップル、梨(幸水)、林檎(きおう)
b0197486_21120366.jpg
バナナ・・ほぼ毎日・・この位斑点が出ている方が美味しい・・日に当てると美味しくなる
b0197486_21134349.jpg
これは私の分。若は違うヨーグルトと紅茶。ヨーグルトにジャムを入れたりしますが、ここにあるのは「白桃」・・マンゴーの方が美味しい。ジャムよりフルーツソースの方が美味しいかも・・でもあっという間に消費するので高くつく。私は珈琲牛乳で糖分は入れない。
b0197486_21163767.jpg
パンが残り二切れだった。いつもは右の方を半分にしてチーズで焼くが、左のパンは一枚80円のレーズンパン絶対美味しい。休日はゆっくりできるので、一枚ずつ食べる。若はチーズ、私はバター・・ゆっくり朝食を取るのは朝の気分を盛り立ててくれる。



by higashinuma | 2017-09-24 21:01 | 所感 | Comments(0)

彼岸の中日

29年9月23日 土曜日 朝は雨後曇りから日差しも見えた もうすぐ20時半 26.3℃
先程、書き終えたがパソコンがフリーズして、自動再起動の表示以降、復帰叶わず全部消えた。アップ写真のトリミングがどうもネックのようです。やっぱりマイクロソフトの仕業(笑)
今日は勉強会で早くに出かけ、前の家の掃除とお湯を沸かしていた。
最初に短歌の互選
「幼子が帰りし後の椅子の上に中央線の模型が一つ」高点歌では無いが私が選んだ今回の一番。もうすぐ3年?こういう歌が出来るようになった。
次にかな書。今まで作った各自の短歌から好きな歌を選び、それを毛筆で書く。かなは高野切れから文字を選ぶ。文字を選ぶだけで時間になった感じです。
昼食、呈茶の後は古文の勉強。茶歌舞伎の成立の頃の話で、宗旦は本非のお茶で勝負を競うのは本来のお茶と違うので茶歌舞伎と異名し用いなかったと言う話です。変体かなも結構読めるようになりました。

実は短歌は揃わなくとも出来るので続けていましたが、行事と重なる日が多く、古文と署は暫くお休みしていました。
そして高点歌には「なごみ」誌を差し上げていたが、それも数か月分溜っていたので、一人二冊ずつ差し上げました。

会を重ねる毎に成長がみられ私としては嬉しい限りです。今日は白氏文集の説明をしていて、すらすらと言葉が出て来ない。頭の中では分かって居るのに言葉が出ない事は呆けの始まり?清少納言の香炉峰の雪の事や金沢文庫が出て来ないで金沢八景と言ったり・・みんなそんな話が好きで終わってからも暫く雑談した事でした。

我が家飯から
b0197486_20354529.jpg
冬瓜の餡かけ・・蟹で作りますが、無かったのでツナ缶安上がりで美味しい
b0197486_20380922.jpg
小松菜のタイ風炒め物
b0197486_20385616.jpg

おでん・・・若が帰って来て、昼も食べた・・・今日は弁当持って行って無かったのでコンビニで買ったらしい。
でも、もうそういう季節になりました。大根も美味しい季節ですからね。私の好きなのは「巾着」自分で作る時は揚げに卵を落として煮込みます。写真は餅入りでこれも好きです。
b0197486_20421735.jpg
焼き鮭・・鮭の一夜干しと言うのがあって美味しかった。

ご飯はリクエストに応えて「玄米ご飯」・・白米と玄米一合ずつ(是で四人分)・・白米にちょっとだけ入れれば良かったのにと言われた。美味しかったけれど・・
昨日の夜はお一人様飯
b0197486_20455079.jpg
散らし寿司と隠元の胡麻和え

テーマは「彼岸の中日」でした。上の写真の散らし寿司を買った帰りに、京都からの出店で塩大福を売っていたので迷った結果、買いました。是は是で美味しかったが、店の人が「彼岸だからおはぎもありますよ」と言う。他にも調子よく喋るので「商売上手いね」と言ったが話が通じない。若いから?
本当は「おはぎ」が食べたかったが、端の方に置いてあったので目につかなかった。大福買ってから取り替えるのも何だし、両方買うのも・・・
好きなのは「十勝のおはぎ」です。でも、昔のようにどこでも買える程店が無い。わざわざ渋谷まで買いに行くほど食べたいとは思わない・・この季節はおはぎが食べたくなるのです。
今日、健太の薬を買いに(フィラリアと蚤ダニの薬)ついでに夕飯の買い出しと散歩に行ったが、いつも土曜日は夜まで空いているのに閉まっていた。若が「祭日だからだ」と言う「えっ?なんの?」「秋分の日だよ」交番の前には国旗が出ている「そっか、彼岸の中日だ」勉強会の事と理事会の仕事が未だあり頭はそっちの方にいっている・・明日は研究会・・帰りに「おはぎ」買って来ようかな・・練切なんかは冷凍庫の場所取りになっているのに、おはぎなんですね(笑)

by higashinuma | 2017-09-23 20:46 | 所感 | Comments(0)

健太 9月22日

29年9月22日 金曜日 曇り?晴れ?雨? 26.6℃ 忙しなく変わるてんこ盛りの天気で、湿度があるためか暑い

昨夜は若が仕事の帰りに京王線の人身事故に遭い、不通になったため12時頃に戻った。電車止った電話の後3時間以上も駅で待たされた様子。電話くれた駅からはバスも無し、タクシーも殆ど捕まらず、他の路線に乗り換えてもバス、タクシーに乗れる可能性は無いためずっと待つしかなかったようです。
私としては10時就寝で爆睡でしたが、手や腕が虫に刺されたらしく、痒くて眠れず12時頃には起きていた。健太も起きている。若が帰宅して健太は興奮して吠える。一段落して再び就寝。今度は健太がガリガリを始める。暫く無視したがこの時間だとかなり近所迷惑で、起きて新聞半分を遊ぶために入れて遣る。けれど、時々、ガリガリしている。そして朝は5時半にワン鳴きとガリガリ。「健太煩い!」しばらくは止まる。

この前ヒルトン小田原リゾートホテルはペット同伴が出来るとの事で、若の半分はそれの下見がしたかった?もしかしたら半分以上(笑)ご馳になったから是くらいで。
アップしたホテルの協会の下の方にペンション?が数棟あり、一棟を借りるような事らしい。5人位まで滞在可能みたいです。でも、価格は一人頭の計算。食事もホテルのレストラン使用可能との事ですが、但し、庭でとの事。でも、庭がとても素敵で、テーブルが出ていましたが充分、寧ろ行った日の昼は庭で食べたい雰囲気でした。

健太は呼び掛けると首を傾げて「ん?ん?」をする。それが何とも可愛いと思っていたら、犬広場に集まる健太の友達の小母さんも同じことを言っていた。写真撮りたいポーズがあり、それもその一つですが、カメラを向けると替えるので未だ撮れていない。それと、家で遊んでいる時に廊下をボール咥えて走って来るのも可愛い。この姿は未だ子犬。広場でも同じ走り方をする。ひょこひょこ走るので可愛がって貰える。広場で友達と走る時は普通に走っているが、案外胴長なので背中が波打っているように走る。ビーグルの特徴みたいです。

b0197486_14564466.jpg
偶然撮れた大あくび。よく欠伸しています。「だって暇だもん」
b0197486_14581606.jpg
眠る
b0197486_14594952.jpg
「寝ていたのに」無理やり起こした・・目はフラッシュ・・ゴメンね
b0197486_14585224.jpg
不機嫌顔
b0197486_15013382.jpg
「遊んでよ」
b0197486_15033194.jpg
b0197486_15022792.jpg
熟睡中・・・こんな格好で疲れないのかなぁ
b0197486_15042807.jpg
「あぁ~あ、良く寝た~」
b0197486_15062264.jpg
9月20日冷え込んだ日に毛布を入れたら・・・
b0197486_15081078.jpg
自分で被りだした。
多摩動物園のボーノ?も良く裂を被って遊んでいます。
b0197486_15092001.jpg
「寒いね」自分で被って、写真の後は下に敷いて寝ていました。若の声「見て見て!」健太は時々笑わせてくれる。このシリーズは若のスマホ撮り。
b0197486_15114846.jpg
少し前の写真・・タオルを取って来て怒られるのを待っている。彼は是が楽しいのだ。こういう目で追いかけるのを見ている。とっても素早くて狭い家の中でも捕まえられない。まぁ、余程の物を取らない限りこちらも遊びです。お陰で我が家のタオルは殆どが穴あき(笑)



  


by higashinuma | 2017-09-22 08:43 | Comments(2)

敬老の日

29年9月21日 木曜日 晴れ 26.0℃ 空気も乾いて秋を感じさせる日となりました。富士山も薄くですが見えています。

18日月曜日は敬老の日でした。若に18日は空いている?と聞かれ、敬老の日のサプライズがあると言われた。市の情報誌に敬老の日特集があり、75歳以上は歌謡ショウに招待してくれるらしい。
敬老ね!電車はシルバーシートから思いやりゾーンに変わりましたけれど、その日だけ、その場所だけと限られても。本来の敬老とは違うんじゃないかと思うんだけど。韓国辺りは未だ儒教の精神がしっかりと残り、親の言う事は絶対みたいですが、さて、電車では年配の人に席を譲っていたか迄は記憶ない。酒席での習慣は未だあるようです。
こういうのは普段が大事だと思いますが、皆さん自分が良ければ良いが浸透していますね。

健太の散歩で近所のそこそこのお宅の門のところで結構なお年寄りが百日紅の花の散ったのを掃いていた。健太は箒が面白いのかじっと見ていた。その婆は箒で健太をかまって「これが良いのかい」と話しかける。それをきっかけに立ち話をした。お一人住まいかどうかは分からないが、歩くのが大変で殆ど外に出ないらしい。一日家に居ると気持ちも塞がると言うので、外に出る事を進めた。ゆっくり歩けば良いよ。疲れたら座れば良いよ。恥ずかしい事なんかないよ。

サプライズだからと何処に行くとは聞いてなかった。箱根に良く行ってたので、小田原に着いて「強羅行きに乗らないの?」「乗りません」「東海道線?」熱川には良く行くけれどもしかして熱海?東海道線に乗り込む。で、途中で下車。こんな駅に降りた事ない。改札口からバスが待っているのが見えた。「あれに乗る?待っているよ。早くして」その時点で行く先はばれました(笑)
b0197486_08461425.jpg
ホテル外観・・・ヒルトンホテル小田原でした
b0197486_08472103.jpg
庭にある教会
b0197486_08453829.jpg
ホテルの庭・・・・水辺に色々の種類の蜻蛉がいっぱい飛んでいる・・赤とんぼ・・しっかりした体形の赤とんぼは久しぶりに見ました。我が家の辺りは細めの赤とんぼ
b0197486_08504815.jpg
浜茄子の実が輝いている・・5月頃に花を見たい気分になる。沢山植えこんでいる。
天然温泉に浸かり・・広い浴場ですが、好きな感じでは無かった・・いよいよビュッフェランチ
b0197486_08534623.jpg
ズワイガニ食べ放題・・若は早速大量に・・写真は私の分でもう一皿取って来る・・蟹は食べるのが面倒だし、食べている間は会話が無いのでそんなに好きでは無い
b0197486_08561466.jpg
ローストビーフの卸しソース・・山葵が好きですがそれは見なかった・・美味しい!魚は旬の鰯を何か料理してある。これも美味
b0197486_08580864.jpg
秋の味覚とも謳っていて茸の洋風天婦羅「ベニエ仕上げ」栗ご飯、アスパラ・・是なん皿目?
b0197486_09023549.jpg
b0197486_09030520.jpg
この外にも未だケーキ、パイナップルもありました。
b0197486_09060736.jpg
台風一過の相模湾・・波は荒いが綺麗です
たっぷり食事をして・・隣の席の女子会?二人の太目ちょっとだけ婆様は我々が行く前からテーブルの上にてんこ盛りに食べちらかして、何度も取りに行き、我々が帰る頃に席を立ちました。「よくやるな~」
健太が待っているからと急かされてお土産も買えず・・・で、帰宅後は色々用があったが、健太と家族散歩と無理矢理連れ出され・・・夕飯準備、片付け・・あいつ何もしないでソファに寝転がってスマホ・・イライラ・・「今日は何の日だったっけ?」の感じで終りました。
それでも若に全部ご馳になり感謝です。
改めて・・何で「敬老の日」や「シルバーシート」なんか考えるんだろう・・・・・毎日が敬老の筈なんですが・・

健太は朝3時頃に吐いていた。処理をして寝る事一時間半、健太は起きて甘え鳴き。そして今は9時半、あの子は寝ている。無理矢理起こして眠そうな目で見ている。朝ゆっくり寝れば良いのに・・・

by higashinuma | 2017-09-21 09:25 | 所感 | Comments(0)

久しぶり

29年9月20日 水曜日 曇り 27.2℃ 

昨日、教室に留学生で茶道を習い始め、留学生同士結婚して赤ちゃんが出来てお休み中の夫婦とご主人のお母さんが遊びに見えました。何ヶ月ぶりかで遇う元気な姿に安堵。
b0197486_09324104.jpg
b0197486_09330322.jpg
古里籠に吾亦紅、蝦夷竜胆、紫苑を入れる。前日、月曜日に出かけたので花屋で調達。本当は竜胆は赤紫の物だったが入れてみて合わないので先週使った物を入れる。紫苑と竜胆の組み合わせの花束420円でしたが吾亦紅一本200円。でも、それは「うぁ~」と言うポリュウムだったから、多分捨てるように外してあった写真の吾亦紅を指して「是で良いけど」と言うとサービスしてくれた。茶花にするとは言わなかったが、それでも充分なのに、花屋は洋花が多く中々思うようにゆかない。

b0197486_13551645.jpg
唐物、台天目と続けたので今日は盆点の希望でした
b0197486_13570574.jpg
主菓子は土曜日に田舎に行ったお土産で「だだちゃ饅頭」
b0197486_13581641.jpg
餡が「だだちゃ豆」美味しかった。
「だだちゃ」は庄内弁で「お父さん(他所の家の)・・逸話としては、庄内藩の殿様が枝豆を食べて、余りに美味しいので「何処のだだちゃの豆だ」と聞いたからとの事。白山地区の限定品だそうで、その他の処では「だだちゃ豆」とは付けられないそうです。
b0197486_14025468.jpg
二ヶ月はお休みでしたか?・・風炉流し点・・稽古していたと思ったが本人曰く「初めてです」
b0197486_14045301.jpg
お母さんの前でお点前中
b0197486_14062034.jpg
台天目をご希望でと言うか11月に研究会出場予定
b0197486_14095991.jpg
盆点希望でした
写真撮れなかった方済みません

干菓子は可愛い猫の顔のマシュマロでした。京都より取り寄せです。
「〇〇さんはきっと食べられないよ」と猫好きの生徒の噂
「こういうのは平気」と一口で食べていました。犬だとしても私も食べますね。(笑)
リアルに動物の顔を表現したお菓子は結構あります。実はバンコクにもあるんですが、空港で買おうとしたら黴が生えていたので止めました。








by higashinuma | 2017-09-20 09:39 | 茶道 | Comments(0)

茶道をとおして日々の流れをつづる