ブログトップ

つれづれ

生き物

29年10月14日 土曜日 曇り&雨 24.1℃ 体感は寒い 

10月の花に何を使っていたか過去のブログを見ていた。今、一匹のみ残る熱帯魚コリドラスは2年目になる事が分かった。真っ白で目が赤い。我が家ではお化けと呼んでいる。泳いでいる事は一日に一度?いつもじっとしている。そして目が少し飛び出て見ている時がある。動かないと言うのも長生きの選択肢かもしれない。今朝は水が少し冷たいのでヒーター入れる?と言ったが飼い主は反応が無い。熱しやすく冷めやすい!今は健太に夢中なのだ。本人が気付くまで放っておこうかと思うが生き物だし・・・

観葉植物もそろそろ家に入れた方が良いと思う。枯らすと怒るけれど手入れはしない・・是だって生き物なのに・・・嫌いじゃないので買うのはかまわないが「おはち」は全部こちらに回って来る。

最近は寝る前に健太に毛布を入れて遣る。昨日は入れて間もなく破こうとしていたので「是は寝るのに使うよ。破くのなら取り出すよ」と言いかけた。健太は其の上に丸まって眠った。そして朝、5時半頃に破いている音が聞こえたので起きて見に行くとゴメンナサイポーズ。毛布は朝に取り出している。
つい先ほどまで遊んで欲しいと騒いでいたが無視。ちょっと近所迷惑だが鳴いたらそうして貰えると学習するのが躾にならない。こういうのをキチンとしないと健太の小遣いさんになる。
困っているのはトイレに立つと鳴きだす。それも「どこ行ったの~。置いて行かないで~」と甘えているような鳴き声に聞こえる。夜中は起きるみたいだが鳴かないので未だ良いのだが・・どうしたものか・・未だ1歳と2か月。もう少し近所迷惑に甘んじようかと思う。
一軒先に最近小型犬を飼っている小母さんが引っ越して来た。ミニチュアシュナウザー?この子も鳴き声が聞こえるが健太よりは鳴いていない。多分、サークルには入れていないのだろう。犬には吠える様だ。下の家も飼っているようだが声は余り聞こえない。
この前、若が撮った写真が可笑しい。
健太は私のスリッパをとって遊んでいた。
b0197486_08060453.jpeg
寝っ転がってスリッパを抱えて齧っている・・・
私が行ったら
b0197486_08073812.jpeg
「ぎゃ!爺が来た」
並べてみると目の動きが可笑しい
b0197486_08090200.jpeg
怒られるのが分かって居るのだ。

褒める時はちゃんと可愛がって褒める。悪いことをしたら怒る。けじめをつけないと。
テレビを観ている時、健太はちっちゃい時のように今も私にくっついている。人語の犬はそう言う事が甘い。

# by higashinuma | 2017-10-14 08:26 | 所感 | Comments(2)

健太 10月13日

29年10月13日 金曜日 雨 25.4℃ 外に出ると寒いですが案外丁度良いかも。 13日の金曜日キリストの受難日であまり喜ばれない日ですが、内視鏡(胃カメラ)検査の日を選んで一瞬「えっ!」となりました。私はどちらかと言えば仏教でキリスト教では有りませんが、その結果が雨の一日となったのかと思う事も。そのためバスを乗り継いで早めに病院へ行きました。検査そのものは毎年行っているので心配は無いですが、出かける前に注意事項なんか読んでいて偶発的死亡事故が最近五年間で13万人(131600人)に1人発生とあり、宝くじも当たらないのにどうしようなんてよぎる。雨でバス乗り継いでのため早めに家を出る。予約時間の45分も前に着いたが、一人手続きしている人が居た。今日は何人検査するかは分からないが、良かったと思った。そして検査技師も何人か居られますが去年の先生の様でした(覚えていない)。以前は静脈注射はしていなかったが、この近年は注射して貰っている。そして一昨年は検査が終わっても長く眠っていたので、去年は調整して貰った。ところが検査半ばまで醒めていて途中から眠りやはり長く寝ていた。その話をすると今回は注射し終わってすぐに眠ってしまい、多分終わって15分位は眠っていたと思う。寝覚めがすっきりして気分も良好。実は昨夜、指を蚊に刺され痒くて眠れなかったのもある。
で、午後は歯医者。予約前に麻酔すると言っていたが、今回は無しで、次回に麻酔するらしい。銀歯の保険にするか10万円の白い歯にするか・・・・

あぁそうだ。健太の話でした。
9日月曜日体育の日祭は「昭和記念公園」に連れて行くと言っていたが、ちょっと遠いし「深大寺にしたら」と言う事で若も納得し、深大寺迄歩く事にした。お寺は生後6か月頃にキャリアに入れてバスで連れて行ったが、覚えているかどうか。もう一歳と2か月。近所の友達ボストンテリアも歩いて行くと言っていたので、歩く。
お寺の裏には大きな神代公園があり、ドッグランもある。健太は疲れたどころか元気に走り回っている。2時間位ここで遊んだ。健太はどの犬ともフレンドリー。キャリアが無いので帰り道も歩く。人語を話す犬は不機嫌。こんなに歩いたのは初めてかも。帰宅後今日は2万4千歩歩いたと言っていた。
でも、帰宅後健太を洗ってやり良くやってました。私には不機嫌でしたが(笑)
b0197486_16523713.jpg
「健太君」呼んだとき
b0197486_16535087.jpg
でも、呼んだだけだとすぐ横を向く
b0197486_16543880.jpg
「なんだ、つまんないの」
b0197486_16551545.jpg
トルコで買った薔薇石?にそっくり
b0197486_16561785.jpg
食事の時は私の椅子の後ろに来て坐っている。彼を見ていると気が付いて上を向く「まだ(飯)終わんないの」
神代公園で
b0197486_16584816.jpg
「なぁに?」
b0197486_16593699.jpg
人や犬が多く来るのでキョロキョロ・・カッコイイでしょ・・お父さんのようにチャンピオン犬になれるかな・・

# by higashinuma | 2017-10-13 17:02 | 所感 | Comments(4)

薄器

29年10月12日 木曜日 晴れ 26.6℃ 今朝も靄っていて富士山は見えない

今朝の健太は5時20分頃起き。私も眠りのリズムが出来ているようで、眠いけれどこの時間はぼんやりながら意識がある。健太が寝る前にこのところ寒い日があったので毛布を入れてやっていたが、朝になると手で押さえて咥えて引っ張るのでボロボロになる。昨日は是を洗ってあったが乾いて無いので、スポーツタオルを入れて遣った。これもだいぶ敗れている。入れて遣った時に破こうとしていたので「健太これは寝るためのものだから」と言い聞かせた。聞いてくれたかどうかは分からないが、頭を載せて寝ていた。朝、5時半頃に破ける音がする。6時近くに私が起きたら、噛み千切った跡が散らばっているが概ね大丈夫でした。取り出しても反抗しない。いつもは持って行かれるが分かるので咥えて手が届かないところに持って行く。

昨日は天気予報が外れたのでしょうね。一日中曇っていて降り出しそうな気配。16時を待って健太を原っぱに連れて行く。初めて会う子がいた。白いプードル型の子ですがそれより大きい(犬種を聞いたが忘れた)。健太と相性が良いらしく良く遊ぶ。暫くして、いつも健太とじゃれる子が来たので、健太はその子とじゃれたり運動会だ。どうもその白い子は犬が多いと遊ばないらしくおとなしくしていた。健太良かったね。友達増えたね。健太はどの犬でも友達になれるし、人にも懐く。が、無視される事が多いみたいです。飼い主に寄ってじゃれるのを嫌う人も居るし、犬によっては健太より大きいのに怖がる子も居る。

10月になって稽古の薄器は宗観好み月次茶器(12ヶ月茶器)の10月の薄器を使っている。
b0197486_08213268.jpg
吹雪型の黒漆叩き塗りに金蒔絵で残菊と鶴、蓋上は雲蒔絵です。この意匠は井伊宗観が藤原定家の「詠花鳥倭歌」の十二か月24首より図柄、型、色、塗を選ばれ、八代中村宗哲と仕上げています。
10月は

神な月しも夜の菊のにほはずは秋のかたみになにをおかまし

ゆふ日影むれたつたづはさしながら時雨の雲ぞ山めぐりする

この二首から「秋の形見の菊・・残菊」と「群れ立つ鶴(たづ)・・時雨の雲」の意匠です。


井伊宗観(井伊直弼)は利休の茶を極め、楽焼、絵画も堪能との事で「一期一会」で有名な「茶湯一会集」を著しています。

「波乱万丈」と言うのはこの人のためにある言葉のように、側室腹14男として5歳で母を17歳で藩主の父を亡くし、自らを花の咲かない埋もれ木と称し住まいに「埋木舎」と命名。しかし、兄が次々と死去して15年後32歳で十三代彦根藩主になります。其の後承知のように安政の大獄から水戸藩士(脱藩しているので浪人が正しいか)により桜田門外で暗殺され非業の死をとげました。それを機に明治維新へと日本は動くのです。


このような歴史を知る事でこの薄器を使うと一入味わい深いことでしょう。特にこの季節は。






# by higashinuma | 2017-10-12 09:08 | 茶道 | Comments(0)

中置

29年10月11日 水曜日 27℃ 晴れ予報ですが朝から霧で視界が閉ざされている。起きた時は対岸どころか隣のマンションも見えなかったが今は薄く見えている。
b0197486_08373172.jpg
8時半現在の状況
朝顔が未だ咲いています・・健気ってこういう事を云うのかも・・愛おしく思う
b0197486_08404717.jpg
変わって
b0197486_08384647.jpg
9日18時頃の夕焼け
木曜日から暫く雨が続くようです。秋霖は寂しいですね。

10月から中置にしていますが、昨日の暑さでは未だ早いかなぁと思った。旧暦だとほぼ一か月遅れなので秋霖(秋の長雨)過ぎ辺りからだとその気分になるのかも。
先週は五行棚を出していたので、茶通箱の点前でもと思っていたが、今回は平点前でとの事。まぁ、それも良いでしょう。
b0197486_08495997.jpg
b0197486_08502772.jpg
この色紙は案外出番が少ない。東福寺塔頭同聚院西部文浄和尚画賛。絵も書も端正で好きなのですが。
b0197486_08531941.jpg
秋明菊一種を四ツ目籠に・・花姿の良いのを唐銅花入にと思っていたが、通勤地獄(しかも5分遅れ)の車中で花びらが落ちてしまった。是でも良いかなと思うがどうだろうか?
b0197486_08565703.jpg
濃茶点前・・・仕覆は建水の上ですが、蓋置にすれすれで置くと良い。風炉の右に置く事は出来なかったのだろうかとか、柄杓も風炉に置いて真っすぐだと鼻がつっかえるようで目障りなので、手形(てなり)に・・右45°位に置けば良いのにとか・・・私が家元になったら考えましょう(笑)

b0197486_09170265.jpg
主菓子は「山包(やまつと)」出来たてですと届いた。
干菓子
b0197486_09183581.jpg
塩釜と州浜団子
b0197486_09193412.jpg
b0197486_09195552.jpg
今日は7時30分朝家を出る・・・帰ったのは19時でした。この間この三人だけ・・長期休養2名と事前届け出在り、仕事都合で当日休み・・・複雑



# by higashinuma | 2017-10-11 09:23 | 茶道 | Comments(7)

続いてのタイ

29年10月9日 月曜日 晴れ 24.5℃ 富士山は見えない

続いてのタイと言っても土曜と日曜に隣の公園でタイランドフェアがあって、昨日の昼食は其処で食べることにした。毎年あるようで去年も昼を食べる。
タイの定番パッタイ(焼きそば)、ラーメン(鶏だしの汁入り米麺)、ガパオライス、カオマンガイ、トムヤムクン全てワンコイン。若はトムヤムクン麺で私はラーメン(タイ語では麺の種類でよび方が違う)鶏出汁で薄い塩味があり、これに唐辛子、砂糖、ナンプラー等で自分で味をつける。私は何も入れない物が好きです。普通にタイ人が一食分の量でしたが足りないと言ってパッタイを二人で一個追加しました。パッタイはタイの調味料が無いとあの甘酸っぱい複雑な味は出ない。例えば椰子の砂糖とか。タイ料理全般に味は一口で言えないような複雑です。
タイ舞踊のショウがあり、秋薔薇も写真撮りたいからと少し早めに行く。すぐ隣なので10分もかからないが(笑)。入園料400円。昔はここは菖蒲園で和庭園だったらしい。そして茶室があり茶会もされていたとの事。現在は洋庭園になり、四季楽しめます。茶室は此の沿線の百草園に移築されています。茶室を借りるにはここの方が絶対的に条件が良いのに残念な事です。

先ずは薔薇から
b0197486_08261768.jpg
b0197486_08263641.jpg
b0197486_08265418.jpg
其々に良い名前がありますが・・・
浜茄子も咲いていた
b0197486_08274215.jpg
続いてタイ舞踊
b0197486_08282229.jpg
b0197486_08284175.jpg
b0197486_08290470.jpg
手首と指の反りは独特で、タイ人の多くは男女ともに柔らかい・・・バリとか東南アジアの身体特徴?
昼食は撮り忘れた
続いてタイの国技?ムエタイ
b0197486_08321675.jpg
試合前にタイ音楽に合わせてこのような踊りみたいな動作がある。神様に祈るのが目的でストレッチも兼ねているようです。この子達はジュニア
b0197486_08350688.jpg
キックも素晴らしい
b0197486_08363270.jpg
高校生クラス
b0197486_08371194.jpg
b0197486_08373480.jpg
b0197486_08375894.jpg
女子も
因みに審判以外は日本人です・・タイ舞踊はタイ人
其の外タイの古典楽器の演奏がありました。

公園のエントランスに咲く花
b0197486_08395123.jpg
夜はお一人様晩飯・・カオマンガイを買って帰りました
b0197486_08420309.jpg
美味しかった。他にはパンプキンサラダ
出店しているのはタイ人の店でちょっと遠くから来ていると聞きました。美味しかったので食べに行きたいと思ったのですが
知人のタイ人の店では「カオマンガイ」は出して居ない。理由は作りたてが一番美味しいからと言う。

イサーン(東北部)はもち米が主です。これに特製の舐め味噌を付けて食べるのも美味しいです。これを作ってくれたもう一人の知人は皇族方が食べに行く店で働いていて独立したが、やはり店が遠い。

# by higashinuma | 2017-10-09 08:51 | 所感 | Comments(0)

茶道をとおして日々の流れをつづる