健太 6月10日

29年6月10日 土曜日 晴れ 26.3℃ 気持ちの良い晴れです 富士山は薄く見えている

今朝は5時に健太に起こされた。昨夜は若が11時に帰って来たので、今朝は眠気が取れない。
昨日は昼散歩は無し。5時過ぎに雲が出て来て太陽が遮られたので、散歩に連れて行く。犬広場までは結構歩く。既にいつもの犬友が来ていた。が、健太はうるさくするのでどの犬にも敬遠される。もう少し離れた所にも犬グループがあり、こちらはどちらかと言うと子犬犬種。健太はグイグイとそちらに引っ張って行く。こちらは総じて吠えられる。そして、又、いつものグループの処に引き返す。
一人では寂しいが、一緒には遊ばない。ビーグルってそういう特徴みたいです。
太陽がかなり傾いたので「健太帰ろう」と言うと素直について来る。途中で仲良しの犬達と会う。暫く立ち話。
帰ってメールを見たら若から飲みに行く書き込みがあった。夕飯どうしようと思ったが、作る気になれない。昨日、ハンバーグ用に買った合挽は11日が賞味期限なのに匂いが変で捨てた。電鉄系のここのスーパーでは二度目の不良品。やはり市場で買う肉が良いし、美味しいと思う。
我が家から買い物に行くには東急、小田急、京王の大手電鉄系のスーパーと他にいなげやと現金支払いのみのオザムがある。銀行のキャッシュ、クレジットカードに東急が最初から組み込まれているので、自ずとそこに行ってしまうが、其々に特徴があり、買い物内容で選んではいる。
お一人様夕食は是
b0197486_911843.jpg

この寿司は夕方の割引値段でも高いが、前にみていたら、この時間を狙って買いに来ている。で、最後の一パックでした。
昼は天婦羅(南瓜と烏賊・・烏賊は衣を半分に取る)に三菜蕎麦

今日は健太シリーズでした。
猫団子は良く見かけますが健太も団子になる時がある。
b0197486_971254.jpg

遊んでよ
b0197486_975415.jpg

反省・・サークルの床を壊して怒られた
b0197486_983162.jpg

b0197486_991465.jpg

b0197486_911613.jpg

しゃーない!寝るか
b0197486_910465.jpg


健太良い子だね
b0197486_9114498.jpg

犬広場で仲良しと
b0197486_913918.jpg

この子とだけはじゃれる
b0197486_9141842.jpg

疲れたね

昨日はストロベリームーンとか
b0197486_9153899.jpg

早い時間は月に叢雲。22時頃は綺麗な満月でした

# by higashinuma | 2017-06-10 09:17 | 所感 | Comments(0)

相手を思いやる

29年6月9日 金曜日 曇り 25.8℃ 昨日とさほど気温は変わらないが蒸し暑い

空を見れば今にも降りそうな雲行きですが、夜までは降らないみたいです。昨日は若は早出出勤で6時頃に帰宅した。その前に知人が健太を見たいと言っているから来るかもしれないの電話があった。ご飯は多めでおかずはいつもので良いよと言う。
帰宅して、健太の散歩は一緒に行こうと言われ、夕飯は遅くなって良いから帰ってから作ればと言う事になった。犬広場まで行く。健太と仲良しのレトリバーが来ていて、健太は大喜び。じゃれている。
少し薄暗くなり、土手を歩いていると、その知人はもう来ていて多摩川を散歩していると言う。
途中で合流。家に帰って、ご飯は炊けているが、おかずを作ろうと今日の予定のハンバーグ挽肉を出していたら、外に食べに行くと言う。「外で食べれば」と出かける前にも、散歩中にも言ったのに、言う事を聞かない。
ここで怒ると客人に悪いので、じゃ、二人で行ってきたらと送り出す。
こういうのは凄く困る。
家に連れて来る事や、家でご飯食べる事にはむしろ歓迎なのですが、言っている事が二転三転すると、イライラする。客が来る電話も遅く、散歩に出なければ充分出来ていたのに。

一般的に何か言われれば、自分なりに判断して、どうするかを決めるのに、それが相手の都合で二転三転されたら、始末が付かなくなる。家族だけでなく、こういうのは外の世界でも起こり得るし、場合によっては人生を狂わす事にもなる。これで怒らない人は相当出来ている人か、どうでも良いと思っている人では無いだろうか。
「大したことじゃないじゃん」言っている人はそう思っているから余計に悪い。自分の勝手な都合で相手を振り回している事に気が付いていない。世の中こういう人が多くなった気がする。

此の前、健太の散歩で歩いていたら、向うからスマホ見ながら来る若い女の人が居た。健太は道路の端を歩くので、そのまま進んだ。直前になるまでずっとスマホ見ていたその子は健太を目の前にして怒ったような顔をして通り過ぎた。何でどかないといけないのか?と言いたかった。街に出るとこういう人がすごく多い。自転車なんかでは、避けられない場合も有り、止ってやり過ごしたりするが、どうしてこういう世の中になったのでしょう。

若い人は電車が止まって客が乗って来て、初めて慌てて降りる。少し前の時代では、停車駅の案内があったら降りる準備をしたり、お年寄りがいたりしたら、次居りますからと早めに立って席を譲った事でした。(相当の年寄りでしたら乗ってきたら席を譲っていた)
こういうのは今の時代、誰も何処でも教えないし、教えられない。

電車に乗る時もそう。整列で並んで居ると一番前の若い者がスマホを見ていてなかなか乗らない。そして乗ってすぐ、ドアの横のスポットに立つ。デイバックを背負っていたら最悪です。くるっと背を向けるので次の人に当たってしまう。そして、こいつが中々乗らないので、後ろの人は結果的に座れなかったりする。別に競って乗れと言っているのではない。自分の都合で他人に迷惑をかけないと言う事だ。

b0197486_1556051.jpg

b0197486_15562865.jpg

今日の昼散歩は暑いので無し・・「遊んでよ」と言う顔をしている
オレンヂ色のボールはゲートボール。是を咥えて放り投げる遊びをしていると、凄い音がする。結構重いです。野球ボールとかも案外重いので、寝る時は外に出さないと明け方に煩いのだ。これらは健太が散歩で見つけて拾ってきた物。

我が家飯から
b0197486_1604262.jpg

胡瓜の梅肉和え・・酸っぱさが美味しい
b0197486_161276.jpg

サラダ
b0197486_1615371.jpg

プルコギ風
b0197486_1622491.jpg

市販の酢豚と鶏肉の和え物・・酢豚の肉は衣が多い
・・・本当は是が食べたい訳では無い。あと一品の総菜の三点盛りで、その一品が美味しいのです。牛蒡とさつま揚げのような物とコリコリしている野菜の炒め煮。これを弁当に詰めるために買った。

# by higashinuma | 2017-06-09 09:49 | 所感 | Comments(0)

梅雨

29年6月8日 木曜日 曇りですが日差しがある。雨予報 24.5℃ 寒い

関東も梅雨入りした。昨日の昼頃健太の散歩に出たが、今にも降りそうな空だったし、少しパラついた。「健太、早く帰ろう」家の近くになると、道路に座り込んで顔を見ている。もう少しすると伏せをして動かなくなる。「抱っこ?」そうでもないみたい。犬って家に帰ればサークルに入れられて独りぼっちになるのが分かって居るから帰りたくないと、いわば「だだをこねる」ようです。
時間の余裕があったので仕方なく、逆戻りして今度は別な方向に歩く。健太は喜んで引っ張って行く。
最短距離の散歩で、今度は健太も仕方ないと言った顔して、玄関を入る。
これから一か月半ほどは雨の季節で、健太の散歩もままならなくなる。今までは雨の日は家の中でボール遊びをしていた。家の中がドッグラン状態。今朝も散歩に出る前にリードを付けて放すと、リードを咥えて走り回っている。朝は忙しいのに面倒だと思う。が、健太にとっては走り回る事が嬉しいのだ。

火曜日、一日留守にした健太の悪戯
b0197486_7474997.jpg

おもちゃの「象」さんの頭を千切り切って、中の化繊綿をサークル一杯に散らかしていた。この綿も食べたらしく、吐き出した痕跡があった。吐き出すだけ良かった。帰宅して餌をやって、いつものように食べたし、散歩に行って、二度もうんちしていたので、体調には問題なさそうです。

梅雨と言えば紫陽花ですね。生家には紫陽花は無かったが、隣の家に大きな紫陽花があった。子供は勿論、大人でも隠れる位大きな紫陽花だった。その家には私よりもだいぶ年上の多分10歳以上のお姉さんが居て、屋敷の境には塀なども無く植え込みだけなので、その隙間から遊びに来て、我が家の縁側に座り、一緒に歌っていたような記憶がある。こちらからも紫陽花の処に遊びに行っていた。そのお姉さんもやがて就職?で居なくなり、以後は一度も顔を見た事が無い。その家は隣でありながら家族もそんなに親しい訳でも無かったので、どうしたのかは知らない。そんなに思い出も無く、紫陽花の花の季節の本当につかの間の事だったように思う。そして、近年火災があり、その家は全焼した。その家と我が家とは数メートルしか離れていないため、我が家も消失と諦めたらしいが、全く無傷だったと聞く。今はその家も新築となり、定かな記憶は無いが、紫陽花も一緒に焼け失せたように思う。境に我が家で人が一人は入れる位のお堂の白鬚神社を祀って在り、守ってくれたと口々に言っていた。そのお堂も無傷だった。

紫陽花と言えば有名どころが多くある。私の思い出と言えば、千葉では麻綿高原清澄寺、京都三室戸寺、鎌倉明月院などですが、そしてこれ等より規模はやや小さいが川崎市妙楽寺それに高幡不動。こちらは近いので、紫陽花祭りに行われる茶会に寄せて貰っている。

紫陽花の有名どころとしては、社員旅行で初めて行った清澄寺で他の人が蛇に噛まれ、そのイメージが強く残り、紫陽花を見に行くのには未だに勇気が居るのです。それらの多くは崖に沿って広がっていたり、湿った感じがあったりで、生息に叶う場所なのでしょう。大勢が賑わう場所ではそうそう出ても来ないでしょうが、躊躇する面はある。

梅雨の季節は寒かったり蒸し暑かったりするので体調も不安定になりがち。ゆったりと過ごしたいと思う。

我が家飯から
b0197486_974598.jpg

茄子味噌・・田舎風に大葉を入れてます
b0197486_983643.jpg

空芯菜炒め・・若が作る
b0197486_991567.jpg

キムチ鍋・・「何食べたい?」のリクエストに応えて・・今回はジャガイモを入れていますが美味しいです。最初、一回り小さい鍋で作り始め、途中で大鍋に移し替えた。
b0197486_9111738.jpg

鮭の塩麴
b0197486_9115696.jpg

法蓮草胡麻和え
b0197486_9123069.jpg

山クラゲ漬物・・市販・・コリコリ感が堪らない!好物。

山クラゲはステムレタスとか茎レタスと言う野菜だそうです。チシャの仲間との事ですが、チシャそのもの?のような気がします。雲南省に行った時、正月料理として餅とチシャの炒め物がありました。餅はトッボギみたいに火を通しても崩れない固い物で切るのが大変。チシャは余り売って無いですが、茶事で八寸の山の物として西京味噌に漬けて良く使われますが、改まってみれば、食感は同じです。中国のそれはブロッコリーの茎状です。山クラゲも太い茎を細くして乾燥したものだとの事。栄養価が高そうだし美味しいのでこの季節に取りたい食物です。

# by higashinuma | 2017-06-08 07:36 | 所感 | Comments(0)

御所籠

29年6月7日 水曜日 曇り 25.4℃ 寒い日ですがこの気温です

今朝の健太はこの二日間の6時起きに反して5時10分起きで、早速、一人ボール遊びで、ボールを咥えては放り投げ、それに跳ねて又咥えると言うドスンとガサガサ音で目が覚めた。30分位遊んで飽きたらしくクンクン鳴きが始まる。6時までのウトウト感が堪らなく辛い。寝たような寝ていないような・・。
昨夜は就寝も遅かったが本を読んでいて眠りに落ちたのが11時半だった。時間だけ見れば5時間と少しばかり寝た事になる。本当はこれでも充分なのだと思うが、熟睡している時間の長さの問題で、自分から目覚めるのと、外部から起こされるのでは眠りが足りた足りないに大きな差がある。


昨日の稽古は最悪だった。午前稽古はお休みで、休みの届が何人か前もって出ていたが、当日、それもいつも来る時間に休みの連絡が入り、11時頃から教室に出て、帰りは午後8時に鍵をかける。約、9時間居て生徒は二人。溜息が出る!・・昼は12時半にお菓子屋が届けてくれるので、これも中途半端。昼食べて昼寝も出来ない。お菓子が届けば2時頃までは昼寝や自由に出来る。勿論、本も持って行ってあり、今、調べている江戸時代初めの頃のある人物についても、教室にある本で調べる時間もとれる。一番助かるのは、教室は全くの個室になり何者の邪魔が入らない事。書斎に入ったような気分になれる。

昨日は通勤電車に乗らなくて良いので、思い切って「御所籠」のセットを持って行った。運よく座る事も出来た。
思い出しながら色紙点の自主稽古
b0197486_8211867.jpg

大方の流れは他の茶箱点前と同じですが、蓋の上に帛紗や茶杓を仮置きする。
昨日は二人だけだったので、さっさと片づけた。

b0197486_8244720.jpg

b0197486_8241037.jpg

上の軸の写真にある花とアップした花は微妙に違います。アップした方が良いです。
花は上から右回りに「蛍袋、草夾竹桃、紫陽花、黄苑、下野」を魚籠に入れた。
・・草夾竹桃は花が一般に言うそれと様子が違うが、それらの変種だと思う。

この雰囲気は茶箱点前に合うと思うがどうでしょうか。
主菓子
b0197486_8362144.jpg

「氷室」葛が美味しい季節になりました。

b0197486_8382954.jpg

盆点・・象牙茶杓の扱いは台天目で教えた。この点前からは揉み手(芝手水)がある。良く覚えているので驚く。
b0197486_8403213.jpg

主菓子を一人二個ずつと言う事で薄茶点前を詳細に看る。
足運び、棗の清め方、茶筅の扱い、柄杓の扱いなどをチェック。細かいところを直す。
・・・点前は手順だけでなく、所作も大事です。出来る人にはより細かい処まで指導します。
b0197486_8452734.jpg

先週はお休みでしたが、「卯の花点前」は前からの希望でした。
粗削りながら、まぁまぁ良く出来ました。

若が忙しく残業になったので、健太は遅くまで一人留守番。私が9時頃帰宅しサークルを見て「唖然!」・・これは明日の写真で・・とにかく晩飯喰わせ、散歩に連れ出す。帰ってからサークルの掃除・・いつもの就寝時間はとっくに過ぎていた。

# by higashinuma | 2017-06-07 08:24 | 茶道 | Comments(0)

梅酒

29年6月6日 火曜日 曇り 24.2℃ 

いつものことながら朝起きて暫くはそんなに寒さは感じない。今は起床後2時間経て寒くなって、Tシャツにベストを着ている。
健太は昨日に続いて6時少し前までおとなしかった。昨夜は10時半に就寝で小説を読んでいたので、眠りに落ちたのは11時だった。面白いとついつい次の段落までとなり、ついに「つづく」まで読んでしまった。大河ドラマ、鈴木亮平の主演が決まっている「西郷どん」。全部の配役は知らないが、例えば京都での妾お虎さんは誰が演じるのだろうとか想像して楽しい。

日曜日に若が青梅を手に入れて来たので、昨日は朝からそれを水に浸し、午後3時頃から梅酒を漬けた。
水から上げて蔕(へた)を取るのがなかなか面倒です。最初、楊枝でほじっていたが、3個位で先が折れてしまうので、竹串で作業する。4ℓ広口ガラス瓶は去年作ったのが4本で3本は消化しているので、今年は3本と決めた。空いた瓶から梅を取り出し(我が家は途中で梅を取り出さずそのまま)、口周りだけ熱湯消毒した布巾で綺麗にする。蓋は洗剤で洗う。採ってきた梅はたぶん3㎏以上ありそうだ。蔕を取るだけで1時間近く要する。均等に瓶に詰め、砂糖は3瓶で2袋(2㎏)、今年は全部ブラディーを3ℓを其々に注ぐ。29年6月5日のタグを付けて完了。後片付け済んで1時間ちょっとかかりました。

取り出した梅酒の梅は何に使うかが問題。色々と試したんですけど、アルコール分が抜けない。
一昨年は青梅が多く手に入ったので、青梅を冷凍してジャムとシロップを作った。ジャムはマーマレードも作ったが手間がかかる。自前は無添加で美味しいですけど、作ろうと言う気にならない。シロップは未だ残っている。これからの暑い日に気付け薬に良い。体がか~と熱くなる。パワーが出る気がする。

梅酒作りも毎年の我が家の行事になりました。
今年の花火大会は10月になったが、毎年、花火の頃には飲めるし、花火見物の客に好評だった。今年は街に映画館が10月オープン予定なので、それに合わせて10月に花火大会となったのだろう。

前もこの季節にあった。大気が澄んで綺麗に見えますが見学客は寒かった。それでも、浴衣着ている人も居た。花火=浴衣が定着しているのは良い事だが、本来の浴衣文化は違った筈です。それはそうと今年はどんな人が来るのだろう。花火が先送りになった分、梅酒はもっと美味しくなっている筈です。

我が家飯から
b0197486_8432310.jpg

味噌漬けロース・・一人前ずつの皿に盛らないので殺風景・・味噌漬けでは無く、大蒜味噌を作って焼いた物です・・味が濃い目ですがご飯に合い美味しかった。
b0197486_8444353.jpg

ブロッコリーのオイスター炒め
b0197486_8452280.jpg

一人前ずつ皿に盛り付ければ綺麗なのに、肉の付け合わせ野菜、サラダもこんな感じです。

番外
干菓子
b0197486_8481621.jpg

此の前の茶会の干菓子です。
この取り合わせは知っている人は知っている。ですね。知っているんだから・・何を隠そう・・何年前?かの4月の研究会に社中が出場し、私が揃えた干菓子とまるで同じ。都鳥は岐阜の雪ダルマの老舗奈良屋本店からの取り寄せ・・ブログでお世話になっている岐阜の方(雅茶子様)が送って下さった。波はいつものお菓子屋に頼んだけれど、干菓子は初めて作ると言ったように固かった。写真のお菓子は沼津のどこかのお菓子屋の物らしいが、味も固さも余りにそっくりで驚いた事でした。まるで見ていたかのよう・・考える事は同じと言う事か・・・因みに真ん中の千鳥は和三盆で御用邸で販売している釘隠しを干菓子にしたもの。買いそびれたお菓子です。

※梅酒に漬けた梅の使い方教えて下さい。

# by higashinuma | 2017-06-06 08:24 | 所感 | Comments(0)