ブログトップ

つれづれ

月点前

29年7月5日 水曜日 曇りから晴れ 27.9℃ わりと綺麗に富士山が見えています

今朝の健太は4時から煩かった。何とか5時半頃までは我慢する。クンクン鳴きから本鳴き?犬独特の「ワン」ワン鳴きを時間あけて何度か。近所迷惑だけれど、これで起きると、鳴けばかまってくれると学習するのが怖いので無視。お隣さんご免なさい。
で、6時に散歩に行った後、飼育係は掃除です。出かける前、甘えん坊の悪戯うんち。久しぶりの事です。あれ!水が空。もしかして水が欲しくて鳴いていた?
ペットボトル一本に毎朝水を満たして、歯磨き用の薬剤を混ぜてサークルに取り付けてある。が、こんなことは健太が来てから初めての事。ゴメンね健太。
多分、冷房入れてるから喉が渇くんだね。今日から気を付けよう。健太は8月生まれだけれど、家に連れて来たのは11月の終わりころ。だから、この家で夏を迎えるのは初めての事。窓を開けて置けば案外涼しいので、日中に冷房入れる事は余りないが、この数日は夜も湿度が高くて眠り難い。この夏三日連続で冷房の中で寝ています。健太も慣れてくれるでしょう。

未だ梅雨も明けていないのに、稽古は茶箱で「月点前」に入りました。
7月は暦では秋になるので良いでしょう・・七草の桔梗や萩も咲きだしています。野菊も咲いています。
b0197486_929336.jpg

b0197486_9292884.jpg

藪茗荷を青磁の尊器に
この花は私の好きな一種です。唐金に一本入れても様になります。葉が大きいので普通に入れると浮き上がってきますので、それなりの工夫が要ります。

最初に点前の人は写真忘れました
b0197486_9323772.jpg

道具が仕覆に入っている点前は先月に色紙点で稽古したので、比較的楽です
b0197486_934513.jpg

皆さん点前中に次第に手が上がって来るようです( ´艸`)
b0197486_9355346.jpg

b0197486_936212.jpg


主菓子は
b0197486_9365073.jpg

島根彩雲堂の「満天」羊羹の上に青の透き通った生地。雲が流れて金箔の星が見えています。
棹物をカットするのは難しい・・最初、四等分と言ったが、大きすぎで5等分にして貰ったが、それでも大きい。6等分でも充分大丈夫。食べ甲斐がありますが、比較的あっさりしているし、喉越しも良く美味しく戴きました。因みにこの一切れ、いつもの練切より100円ちょっと高い!美味しいし喜んでもらえたので良いか( ´艸`)

おまけ
b0197486_9481531.jpg

健太の散歩で月曜日夜若に頼んで、採ってきた来たが火曜日朝は咲いて居なかった。帰宅後、咲いているのを見て「なんで使わなかったの」
来週位にもう一度・・ヤブカンゾウも咲いているし・・どうするか

昨日は夜稽古が休みで、久しぶりに早く帰られた。教室を出る時は降って無かったが、途中、電車の中から傘さしている人が見えて、乗換駅(一旦外に出て乗り換える)では結構降っていた。若に傘持って迎え来てとメールしたが見ていなかった。仕方なく濡れて帰りました。今時は温かいのでと言うか暑いので風邪ひく事も無い。
# by higashinuma | 2017-07-05 09:54 | 茶道 | Comments(0)

温暖化

29年7月3日 月曜日 曇り 28.0℃ 昨日は暑かった。今年初めてエアコンの中で寝た。

健太は5時頃にくしゃみ(いつものくしゃみと明らかに違う)していて風邪ひかせたかなと思ったが大丈夫そうです。実は目が覚めた時は午前3時少し前。睡眠のサイクルリズム(レムとか言うやつ)の問題ですね。この時間でも健太はゴソゴソしているので、犬にも睡眠のサイクルリズムがあるとすれば、私と合っているのかも知れない。

夕飯後、三人正確には二人と一匹でいつものコースの散歩に出かけ、走ったりもしていなかったが、背中に汗びっしょりかいて、洗ったばかりのポロシャツをまたもや洗う事に。リビングに冷房入れて、廊下のドアを境にまるで天国と地獄のようでした。多分湿度が高かったためと思われる。
今朝も未だ8時半過ぎなのに暑い。風が無いので空気がどんよりして、対岸の景色も霞んでいる。バンコクの朝もこんな感じの時がある。そう言えば、最近は雨季の時に行って無い。
街を歩いていて、凄い雨が降り、コットンで有名な店に飛び込み雨宿り。前にも書いたが、店番の人が入り口まで出て来て、イベントの在る通りに山積みにされた雨の中の西瓜を指さし「ウォータメロン」と言ったので、西瓜をそのように言うとは知らなかった私はダジャレと思い大笑いした事でした。雨が降らないとスイカなどが育たないとこの人は言ったのでした。

やがてこの街にもなじみ「ウォーターメロンジュース」が大好きになり、今でも滞在中一度は口にする。とても甘いスイカと思っていたら砂糖を入れているようでした。
田舎に居る頃は夏と言えばメロンか西瓜がいつも食べられた。父はこういう類の栽培に長けていて、庄内浜の砂丘で採れるこれらは甘くてとても美味しかった。兄の代になりそういう事も無くなって、その地に住む知人に貰ったり買ってきたりしているようです。一応、家を出た者としては当然ながら出された物を戴くしかなく、昔はいつでも在ったようなこれらもそうそうは口に出来ない。

アメリカが温暖化抑制のパリ協定脱退によって温暖化は加速するのだろうか。アメリカ市民団体でもこれに反対して自主規制するとかの報道で少しは救いがあるが、熱帯地方の国では海水の上昇で住居範囲が狭められている現実を彼はどのように思っているのだろう。
日本でも、動植物の生息域が変わりつつあるようです。世界全体でもこういう事が起こっているのですから、もっと重要課題として論じて良いと思うのです。元々はCO2によるオゾン層の破壊によって太陽光線の危険因子が直接人体に問題を起こしているとの事だったと思いますが、南極や北極の氷河が溶けだして海水上昇、気候不安による洪水など今まで見られなかった現象が起きているのも事実です。中国やアメリカの大国にもっと深刻に取り組んで欲しいと思う。

それにしても、エアコンの排気を道路に出して居るところが多いです。そこを歩くともわぁっと暖かい空気に包まれる。道路の照り返しの上にこれだもの・・・規制する事は無いのだろうか。狭い都会ですからエアコンのの外付けが道路側になるのもやむを得ないと言う事か。近くにコインランドリーがあり、乾燥器の排気をそのまま道路に吐き出している。この道を通るともろに熱風と化学薬品の匂いに包まれる。出来るだけ反対側を通るが、あれなんかは上向きに取り付ければ良いものをと恨めしくなる。

b0197486_912308.jpg

ラトゥユと南瓜の味噌汁
b0197486_9131349.jpg

焼肉丼と言うか和牛の焼肉用肉を若が買って来たのでご飯に乗せて戴いた・・肉巻きおにぎりの要領で戴くが美味しかった
・・・OGビーフ、ニュージーランド、カナダは買うけれどアメリカ肉は絶対に買わない!
私のこだわりです
# by higashinuma | 2017-07-03 09:16 | 所感 | Comments(0)

和文化と茶道

29年7月2日 日曜日 曇り 26.7℃ 蒸し暑い 富士山は雲を被って僅かに見える

健太は5時15分頃までおとなしかった・・・と言うか4時に私が目が覚めたのが眠っていて気が付いていないと言う事もある。
15分過ぎて一人遊びの様子だがクンクン甘えた声を出して居る。今朝は床を爪で掻くガサガサ音が無いだけ良い子だ。
そして今は8時過ぎて寝ている。

今日は社中の青年部の者が国際交流施設で七夕茶会をすると聞いている。どうもここの施設の国際交流イベントの一環の様だ。場所が場所だけに私は行かないと決めていたが、そうもゆかなくなった。
と言うのは、旅行会社を共同経営の社中の者が観光客に日本の文化体験をと望んでいて、一度は教室で行ったが、教室はマンションの一室なので、建屋から日本の物で体験したいとの注文があったらしい。一番手軽なのは、先の国際交流会館の茶室です。この茶室は裏千家の造営部の建築で、会館とは別棟になっている。数寄屋の見事な建物です。道具も一通りそろっていて、私も以前に席を持った事がある。観光客と言うと聞こえは良くないが、彼らはある仕事の研修で来日されるので、条件としても私は申し分ないと思うのですが、受け入れ側の(茶室管理の人)の考え次第と言う事でしょう。
そんな事で、今日は急遽、この七夕茶会に出かける事となった。普段は施錠しているので、中の見学にはうってつけで、私は知っているが、旅行会社の人を連れて、つまり下見に行くと言う事。

神社仏閣の茶室、個人の家の茶室、営業で行っている茶室等々多々ありますが、今では都会の茶室と言えばマンションの中にあるのが一般的ではなかろうか。彼らは何を望んでいるのだろう。普通に観光でと言うなら、純粋の商業施設で和食と呈茶を戴けば良いだろうにと思うし、其れこそ京都に行けばこういう処は幾らでもある。
ふと、月釜が東京にほとんどないと思った。京都などでは例えば15日とかを上げれば両手で数える程も行っていて、梯子が出来る。それも古いお寺の茶室なので観光にはもってこいの場所です。時間に余裕があれば、一席千円程度で予約なしで行ける。
東京はやはり明治維新で天皇が住まわれたとしても、政府の高級役人は足軽だの下級武士の台頭で成り立った事を考えれば、そのような文化が今一無いのかなぁと思われる。
茶道などは遊芸としか見られてなかったので、玄々斎は建白書を出されています。
高い教養と総合文化・・・今は多くは遊芸に流れているむきもあるが・・何となく金が無いと出来ないような風潮を作り出している感もある。精神的なところがどこかに忘れられているような気もする。

これからますます外国からの観光客が和文化体験を望んで来られる時、形は勿論、その中に秘める物を伝えて行かないとただの高雅な遊びに観られはしないかと気になる。⇐⇐こういうのは流行の類で廃れてしまうのだ。

我が家飯から
b0197486_911034.jpg

鯵の梅巻焼き・・・美味しかったが、5個は私が食べました
b0197486_923674.jpg

つけ麺・・写真の麺は二人分・・「たれ」は一人分・・胡麻担々麺・・辛い旨い・・インスタントです
b0197486_942128.jpg

トッピングの野菜
b0197486_945317.jpg

トッピングの肉
b0197486_955285.jpg

オクラナムル・・今のところオクラの食べ方で一番気に入っている
# by higashinuma | 2017-07-02 09:06 | 所感 | Comments(0)

水辺

29年7月1日 土曜日 雨 27.3℃ 背にしている窓を開けると寒いが閉めると蒸し暑い

対岸の山は雨で霞んで見える。今のこの景色、雰囲気は・・香港のあるホテルの雰囲気かなぁ・・
海側では無く、市内から電車に乗った郊外のホテルに泊まった事がある。このホテルの立地は多分何処の街でも、繁華街から送迎バスで行く場所にあるようです。
そこは川沿いで山の狭間。市内から電車で15分位?そこからホテルの送迎バスで5分位。川の見える部屋にして貰った。ホテルの回りも静かすぎず賑やか過ぎずで、私としては気に入った。日本食レストランも何軒かあり、寿司とか美味しかった。香港の山の中と言っても海に近い。
雨に煙る今の景色が、そのホテルの窓辺から川越しに見る風景と何となく似ていると思った。

今朝の健太は5時半頃まで静かだった。昨夜は10時半頃に帰って就寝。届いたばかりの7月号の小説を少し読んで多分11時頃には眠っていた。健太には土曜日も日曜日も無い。5時半から45分頃まで騒いで静かになる。私がごそごそ起き出した気配で良い子ポーズにしてじっと見ているのだ。あの大きな目で見られるとキュンとなる。つい構わないでいられない。

風水の感覚はまるで持っていないが、香港ついでに・・風水で幸運をもたらすのは龍が通る道を作る事だろうか。専門家でも勉強した事も無いので分からないが、良い条件は水辺と言う事。
中国の知人の新築マンションは玄関のドアを開けると池があるので驚く。他の家もそうだった。やはり風水なのだろう。

私の生家は昔、家の敷地の三面を川に囲われていた。私の記憶には無いが南側のやや大きな川は座敷から釣りが出来たらしい。それだけ川と建屋が接近していたのだ。今は水路も狭くなり、用水を掘って、流れを変えて埋め立てたので、川が見える事は無いが、その跡地と言うかそこに池がある。父の代は大きな緋鯉が入っていたが、今は金魚を飼っているような気がする。

そんな事で今も水辺に住み始めて、何となく癒されている。
昨日、夕方に富士山が見えていた。写真撮ろうとしたらバッテリー切れで絶好のチャンスを逃す
b0197486_8431038.jpg

形が悪いのは雲が流れているからです。

我が家飯から
b0197486_8492056.jpg

茄子のキムチ炒め
b0197486_8495726.jpg

海老キャベツの塩炒め
b0197486_8504424.jpg

汁無し担々麺・・二人分で他にご飯もあり
# by higashinuma | 2017-07-01 08:44 | 所感 | Comments(0)

6月尽

29年6月30日 金曜日 雨 26.3℃ パソコンに向かっていると寒い

6月は今日で終わり半年が過ぎた。
ふと目覚めて時計を見ると4時だったが、健太は未だ寝ている様子で、私も眠りに入った。そして、一時間後ガサゴソで目覚める。30分はうるさいなぁと思いながら、眠さにウトウトする。其の後、おとなしくなったが、今度は私が目覚めて45分で起きた。健太はじっと見ていたのだ。6時、若が起きて来て、此の前買った健太のレインコート着せて行くと言う。着せようとすると、健太はレインコートを取りたくて暴れる。暫く押さえつけて試みたが全く無理。このままで行くよと出かけた。飼育がガリの掃除を終えて、朝食準備しているといつものように帰って来る。健太を拭いて貰いたいらしい・・「自分は昼散歩の時、一人で拭いてやってるよ」・・抱っこして健太も椅子に掛けさせて拭いている・・
若が健太タオルで拭いていたが、タオルを咥えて暴れるので、仕方なく健太を押さえるが、そうとう力が居る。

朝は何かい手を洗うだろうか・・掃除終えて・・食事の準備・・健太の足ふき・・食器洗い・・健太毛布の手洗い等々。爪が割れて引っかかったりする。

あんなこんなで半年も過ぎた。今年前半は色々ありすぎだった。
健太はもうすぐ11か月。
昨日、昼散歩に出たら、玄関出た処ではす向かいのマンションで工事している人達が路肩に座って休憩している。健太はとっととそれに近づく。「可愛いね。昨日は相当だだ捏ねていたね」と構ってくれる。健太は三人に飛びついて顔舐め。この人達、昨日散歩の帰りに健太が道路に伏せって動こうとしないのを見ていたのだ。
健太は人が好きで、誰でも構って欲しいみたいです。

b0197486_8391511.jpg

手で押さえて口で引っ張るので、毛布もタオルも穴だらけ。繊維を飲み込むのが心配だけど、余程の事が無ければそのまま。
b0197486_8405542.jpg

頭隠して尻隠さず
「健太!」
b0197486_8414574.jpg

アイドル顏して見られると、やっぱり可愛いと思う
b0197486_8424139.jpg

b0197486_8425922.jpg

前は上に段ボールを敷いていたが、噛んで穴を開けるので、ネットと段ボールの間にボールを挟んでいます。このボールは全部健太が拾ったもの。
このスタイルスヌーピーですね。

此の前散歩に行った時、河川敷にマガモの番が居た
b0197486_8502538.jpg

健太も鴨もお互いに気が付いていない
・・「健太は猟犬でしょう」「僕、兎は獲るよ」
# by higashinuma | 2017-06-30 08:53 | 所感 | Comments(0)

茶道をとおして日々の流れをつづる