ブログトップ

つれづれ

わや

29年11月4日 土曜日 曇り 22.7℃ 寒いけれど22℃もある。

「わや」と言う言葉を知ったのは北海道出身の人からだった。色々な事が始末できないような状態かな?北海道に近い津軽や関西でも使うようですが、意味としては先に書いた内容の他、駄目になったとか良い事は無い。

今、ちょっとその状態。多分あれもこれもと沢山の事が頭の中にぐるぐるになっている。例えば、健太の保険再加入をどうするか?前の家の火災保険も再加入、大腸癌検査、歯をどうするか(銀歯の保険か白の十万円か・・その前に歯茎の治療で3万円)、前の家の大掃除、年末年始の予定、健太の予防接種、投薬、お茶関係では炉開き、研究会の点前、前日の挨拶、来年の茶会の事、来月は忘年会をしたいと言われていたり・・・本も読みたい・・どれもこれも中途半端。
やっつけ仕事で片付くのに、健太の保険は在った方が良いが、高いので何処に加入するか等迷っている。歯の治療や大腸検査は予定を入れているのでどうと言う事は無い。
炉開きは昨日、軸とか香合、炉炭を前の家から運んできた。お菓子も亥の子餅を注文したし、椿も当てが付いた。なのに何にもスッキリしないで頭の中があれもこれもと要求している。こういう時はどうする?全部自分で決めて・・・と言う訳もゆきませんがしなければならない事を書きだして(是だけでもある程度はスッキリ)順番に片づける。
勿論、自分だけでやっている事ばかりでは無いのですが、思いっきってやらないといつまでもグズグズと尾を引くし、来月に入ったらますます仕事が増えてしまう。

「わや」頭の中がわやわやしているからだろうか?逆にこういう便利な言葉がある事で、口に出せるし、口に出すと救われる事がある。このブログにこうして書く事で、案外ちっぽけな事なのだと気が付いたりする。パソコン(ワープロ)が無い昔は、こう言う事があると日記に書いたりしていた。それがブログに替わっただけ。

今朝は健太の毛布を破く音に5時に起こされる。毛布を取り出して暫くは煩かったが、それでも50分頃までウトウト出来た。犬仲間の子達は口をそろえて、起こしても起きないと言っていた。健太は一歳ともうすぐ3ヶ月。もう少し寝ていて欲しいが、今の6時に散歩は散歩後朝食、若の出勤と生活リズムになりつつあるし、そうと思えば案外良いのかもしれない。夜は10時就寝でその後に観たい番組は録画して、翌日昼過ぎに観ているがいつのまにか眠っている事が多い。健太もこの時間は日差しの中で寝ている。今の時期はリビングに日差しがあり夜まで暖かい。ウトウトが至福の時間となる筈が熟睡していないので眠りが中途半端。それもあって「わや」なのだろう。

我が家飯から
b0197486_20002147.jpg
海老の香菜炒め・・セロリ入り・・エスニック味・・美味しかった
b0197486_20012821.jpg
金目鯛干物・・・伊豆で食べた鯵一夜干しが美味しかったと言う話になり・・スーパーで鯵と金目鯛が並べて売っていた。少々高かったが金目鯛を選ぶ・・美味しかった







# by higashinuma | 2017-11-04 08:22 | 所感 | Comments(2)

健太 29年11月3日

29年11月3日 金曜日 晴れ 21.9℃ 富士山は薄く見えている

昨夜、雨が降って起床時には随分曇っていたが次第に雲が流れて南の空は青空が広がっています。富士山が薄く見えるのは昨夜の雨でぬれた水蒸気なのでしょう。
健太が毛布を破く音で目覚めた。5時55分。毛布を出そうと起きて行くと、健太は取られるのが分かって、その上にうつ伏している。手を伸ばすと咥えて手が届かないところに運んでゆく。反対側を開けると、元の方に持って行く。結局はいつものサークルの扉から取り出すが、何となく最近の日課になっている。夜は10時頃、就寝前に毛布を入れる。嬉しそうに寄って来て匂いを嗅いでいる。「破くんじゃないよ、この上で寝るんだよ」わりと言う事を聞いて、其の上に丸くなって寝る。

昨日の夕方の散歩は、いつもの仲良しさんと駆けっこしたり、じゃれあっている。ここに最近、仲間が増えた。犬種を聞いたが忘れた。マルチーズを大きくした感じの(健太と同じくらい)犬で、最初に会った時から健太と遊んでいる。話に依ると他の犬とは殆ど遊ばないらしい。仲良しさんは朝の散歩でこの子と良く遭っているらしいが、見ていると健太ほどには遊ばなかった。そこに、昨日からボーダーコリーが来るようになった。健太は誰でもフレンドリーなので遊ぶ事は遊ぶが、健太より一回り大きく、この子は体当たりして来るので健太は倒されてしまうし、抑え込まれて噛まれている。こちらが引き離しても、相手の飼い主は遊んでいると思っているらしく、口では「だめよ」と言うが離そうとはしなかった。仲良しさんの飼い主によると「あの子は凶暴なところがあって、この子も避けている」と言う。健太と仲良し君と走っていたら、そのボーダー犬も走って行って、健太を倒している。その内、健太は群れを離れて走って行った「健太~」呼んでも帰らない。だいぶ遠くに走って行き、追いかけるのを見て、又、走りだす。土手の上の自転車や人通りの多い処まで走って行き、追いつくとまた走り出す。漸く捕まえる。家に帰る方向に走っているので、帰りたかったのかと思って、仲良しさんには挨拶もしないで連れ帰った。悪く思えばボーダーコリーが嫌だったのかもしれない。多分そうだ。帰ってから、抱っこして手足を拭いていつものようにじっと抱かれている。サークルに入れるとごろんと横になっている。可哀そうに・・・噛まれた痕は無かったので甘噛みとは思うが、相手は健太より大きいし大変だったんだろう。

b0197486_09122119.jpg
ボーダーコリー・・ネットで戴いた写真・・健太よりかなり大きく強い。
b0197486_09133529.jpg
仲良し君とじゃれる・・駆けっこしたり、こうしてじゃれている。健太より5ヶ月年長で一回り大きい。
健太はリードを外しても戻ってきたが、今は走って行き、迎えに来るのを待っているような感じです。走って行った先で(多くは犬の処か子供の処)相手にされなかったりすると帰って来る。土手の上は子供が居るし、大人でも犬が嫌いな人も居るので気を付けねば。

b0197486_09204488.jpeg
最近の健太・・テニスボールは健太が拾った物
b0197486_09220040.jpeg
ボールを噛んで遊んでいる・・後ろ脚は獲物を狙う構えです。
b0197486_09264718.jpg
これは良い子ポーズです。後ろ脚は後ろに出して居る。
来年は戌年。健太の写真どれにするか迷う。


# by higashinuma | 2017-11-03 09:27 | 所感 | Comments(0)

短歌

29年11月2日 木曜日 晴れ 21.4℃ 富士山は台風の日の雨で雪が消えました

昨日、若い人に短歌が人気だと言う報道があった。日本の文化としてとても良い事だと思う。短歌を習ったのは中学の国語の時間。小母さん先生に褒められたのが機縁で未だに続けている。書道会の創始者は書道を学ぶ者は書道だけでは駄目だと言う事で短歌の会や俳句の会も催していて、両方に誘われた。そして短歌会の大きなグループにも所属する事になる。書道の方はその方が亡くなって魅力がなくなり止めた。一方、仕事先で取引先のご主人が家内が短歌をやっているからと紹介され、お宅で開く短歌会や他に奥様の知人の著名な作家の先生を招いてのサロンにも誘われ、楽しく過ごさせて頂いた。ご高齢になった事や作家も亡くなられた事で自然消滅したが、今は書道会の時に入会した大きな短歌会に所属し毎月10首を提出して何十年になるのだろう?何となく会の維持会員のような感じもあり、辞めようかと思う事もしばしばだけれど、辞めたらそこでおしまいになると思いながら続けている。
短歌も時代と共に随分変化している。意味不明のこんな歌のどこが良いのだろうと思っても会ではどんどん上のクラスになり、いつの間にか公共放送の選者だったりして心境は複雑。と思う事はある時期から私の進化は止まったままなのか・・・
昔、前衛と言っていた寺山修司辺りは未だ大丈夫ですが塚本さんにはお手上げ(笑)私は万葉集は好きですが、平安時代になって、掛詞とか複雑な理解を必要とする歌は苦手。
万葉集の再来のような与謝野晶子の時代は良いが・・・で、その報道にあった若い人たちの歌にも理解しがたいものがあった。
茶道教室で書と古文、短歌を学んでいる(三年目)が、其々が好きな例えば平安朝の歌とか現代風の歌を作る人が居て、評価も難しいけれど、個性は個性として活かし間違いを正すと言う事をしているつもりですが、その方達が理解しておられるかは測りがたい。

もともとは茶道の香付花月や唱和の式等で役立つようにと始めた事で、花の歌は必ず入れる事として毎月三首提出としている。
10月の短歌から
咲き残る槿の花に山茶花と椿も咲きて十月半ば
ご近所の玄関先の秋海棠私の家に遊び来たそう
雨が降り気温下がりし翌朝にベランダの苺晴れ晴れと咲く
長雨の灰色の空の冷たさが硝子窓から家に迫り来

いずれは歌会始に応募したいと願っている。
私は年賀状には、このところ干支の写真を入れて、お題の歌を添えている。
以前はお題の歌に因んだ絵か写真を添えていたが、これも何十年となる。
継続は力と言うが果たして力になっているかどうか・・・・

我が家飯から
b0197486_09443221.jpg
b0197486_09445481.jpg
トンカツ食べたいけれど、トンカツになる手前のポークピカタで我慢・・・高脂血症!でもね、若と同じ肉食おかずですから、昼はなるべく魚を食べる様にしている。
b0197486_09480644.jpg
キムチ炒め・・我が家定番
b0197486_09484923.jpg
青梗菜炒め

b0197486_09491800.jpg
高菜漬けとジャガイモ炒め・・若の好物であいつは自分で作る

以上二食分・・正確には弁当に詰めて行くので四食分です・・ピカタは3枚焼いている。



# by higashinuma | 2017-11-02 09:51 | 所感 | Comments(0)

ハロウィン

29年11月1日 晴れ 22.9℃ 富士山は雲隠れ 
今朝の健太はおとなしく私が先に起きた5時50分・・そして健太は動き始めた。あの子、行動する前に起き上がって体を震わせストレッチする。前足を前に出して腰を上げる動作。最近は私も真似て起きるとストレッチ。健太の動作をヒント、と言うか昔トレーニングでやっていた動作をしている。先ずは寝たまま腕回しから、腹筋等々そして仕上げが健太動作(ブルブルはしませんよ(笑))。誰が教えた訳じゃ無いのに自然に出来ているって凄い事だと思う。良い子ポーズだとか、ゴメンナサイだとか・・・この前、鶏の骨を食った時はずっと心配だったけど、若し、胃に異常があった場合は痛いと思うけれど、時に足を踏まれて「キャン」とは声を出すが、其の時はどうするのだろう?

昨日はハロウィン・・最近は随分にぎやかになりました。日本人のお祭り騒ぎは今に始まった事では無いが、上手く商魂に乗せられていると思う。一年の古来行事、五節句を取り上げて、正月はまぁ勿論の事だけれど、裏千家しか使われなかった花びら餅が何処でも誰でも食べられるようになった。川端道喜の本来の意匠とは全く違っても、それは花びら餅として通る。ひな祭りは昔からありましたが団地用の内裏雛だけとか、小さいサイズもあったり、端午の節句も小さな鯉幟が売られている。そういう面では七夕は今一商魂の係わり方が少ない。重陽はこれもお菓子の「着せ綿」が多く売られている。七五三やひな祭りでは女子の着物が売れているようです。クリスマスはケーキが売り上げを伸ばしている。我が家はキリスト関係ないよと言いながらもケーキが無いと寂しい。茶道の世界もサンタの茶碗等々クリスマス意匠が多く売られるようになった。ハロウィンも御多分に漏れず茶碗などもあるようです。売れるなら何でもよいと言うのはどうだろうかと思うけれど、それで皆が幸せ気分になれるなら、それはそれで角を立てる事も無いですね。着物と言えば十三参りは関西以外?定着していない気がする。
日本には沢山の神様がいらして皆共存していますがクリスマスとハロウィンをみると西洋の神様の方が賑わっている気がします。10年前に茶道の中にこれらが入り込むとは誰も想定していなかったでしょう。ただ、茶巾の扱いや色々の所作が宣教師によるものだとかは言われていたけれど利休の知る処。
b0197486_08593071.jpeg
若は仕事先で昨日はこんな格好で仕事だったらしい。この日は職場全員が変装すると決めてグッズは会社で買ってくれたと言っていた。変装して来た客には飴とかお菓子を上げたとも。常軌を外していると言われそうですが、楽しい事は良い事です(笑)
でも、古来の新嘗祭が勤労感謝の日になり、収穫に感謝する祭の意味も薄れているような気がします。これらは天皇に関する祭りで、生家では天照大神の掛軸を掛けて、新米のご飯を奉げて家族で参拝し、丁度、美味しい季節の鱒(鮭)等で夕飯を戴きました(過去形なのは今もあるかどうか)今では早場米とかが9月頃には新米が出回り、嘗て天皇を奉り農耕民族だった日本の文化も遠くなりつつある。これらを思い起こし、これらに商魂は無いものだろうか?

我が家飯
b0197486_09340187.jpg
浅利とキャベツ
b0197486_09345244.jpg
茶葉燻製のほっけ・・美味しかった
b0197486_09360211.jpg
ほうれん草の胡麻和え





# by higashinuma | 2017-11-01 09:13 | 所感 | Comments(0)

紅葉狩り

29年10月31日 火曜日 曇り 23.2℃ 
5時半頃に健太がくしゃみしているのでエアコンを入れている。昨夜は毛布を入れて遣った「健太!噛むんじゃないよ。寝るんだよ」朝までは毛布の上で寝ていますが、起きると手で押さえて口で引っ張り破く・・この悪戯が好きみたいです。ボロボロになって多分、5,6枚は捨てた。
よくトイレシートを引っ張って噛み砕きサークルがゴミだらけになっている時がある「これやったの誰だ!」するとゴメンナサイポーズをする。これが可愛い。
ちっちゃい頃(去年の冬)はヒーターを入れてやっていたが、果たして今はどうだろう?導線を噛まなきゃよいけれど・・感電したり、火が出たとか気になる。今は何でも悪戯したい時。アウトレットに行ったらペットショップが何軒か在り「暖かい!」若が手を入れている「それ猫用だよ」犬でも良さそうだけど健太は直ぐ破くだろう。

紅葉狩りは私鉄の企画バスツアー「紅葉の軽井沢ツアー」でした。
台風と前線の影響で雨が冷たい。昨夜は客の帰った後に感嘆に片付けして就寝は12時近かった。が、バスの中で眠られるからとの事で。実は三日前に通院で風邪をうつされたらしく不調だった。花火の日は忙しくて偶に「くしゃみ」客に気圧されて風邪の調子もまぁまぁだったが、ツアーの日は寒気がして・・駅に向かう途中に若に頼んでマスク買って来て貰った。彼はホカロンも買ってくれた。早速、腰に貼る。気が利くね・・とは言わなかったがありがとう。腰、腎臓のある辺りを暖めると鼻水が止まる。
バス乗り場はこんな天気なのに、他のツアーバスとかで、混雑していた。申し込んだのが随分早いから、まさかこんな天気になるとは思っても居ないし、例年なら良い天気になっている時期です。関越道をひた走り。マイカーが少ない分順調に走る。添乗員・バスガイドが同行しないとのパンフレットだったが、添乗員?乗務員?運転手の他に女子の案内員が同乗していた。この方の話に依ると一週間前に来ているが(22日から開催)紅葉には早かったと言っていたが、見頃を迎えていた。雨の紅葉も落ち着いて良いものです。最初は軽井沢ブルワリーの工場見学と生ビール一杯試飲とお土産ビール一本。飲まない人は二本お土産。凄く飲み易くて美味しいビールでした。追加は500円で若は違うビールを所望。一口戴いたがこれも美味しかった。風邪だけどアルコールだから大丈夫(笑)・・水やお茶は別に買いました(笑)
b0197486_08430737.jpg
続いてホテルグリーンプラザのランチバイキング。最近、ヒルトンのバイキングに行ったけれど、こちらの方が美味しかった。この日はドイツフェア。
b0197486_08523522.jpg
b0197486_08525831.jpg
シュニッツェル(豚)、ロールキャベツ、キャベツと鮭のクリーム煮等々と信州そば、それに××餃子(どこか地名があったが美味しかった)
流石信州、林檎がカットされて多分変色防止に塩水に漬けてあったが、トングが泳いでいたのが残念。塩水消毒しているからいいや(笑)美味しかった。
他にケーキ5種類位とソフトクリームなどがあった。今晩も夕食要らないかも(笑)
b0197486_09064255.jpeg
ホテルグリーンプラザの北欧風の外観は良く目立つ。スキー場の真ん中にあったり、いつかは泊まりたいところです。
そのあと、ハルニレテラスに・・・バスを降りた頃は良かったが降ってきました。
b0197486_09104167.jpg

湯川沿いに散策
b0197486_09111948.jpg
b0197486_09114687.jpg
紅葉狩りは堪能できました。
b0197486_09142736.jpeg
車窓から
最後はプリンスショッピングプラザ
上越新幹線の軽井沢駅直ぐのアウトレットです。新幹線からは見ているのですが入るのは初めて。
凄い土砂降り・・・2時間ほどウィンドウショッピングとはならず今来ているダウンベストが古くなって破れたりしているので、ダウンベスト、シャツ、若のセーターを買って、信州土産の美味しい物(稽古のお菓子)等を買う。香港、台湾等中国人が多い。
帰りも渋滞が少しあったが予定よりやや早めに到着です。
健太君待っているから早く帰ろう・・・帰るや否や「僕寂しかったよ~」サークルから出して、尻尾振り振り飛びつき。
結局、ドライブインで買った菓子パンと軽井沢タルトをバスの中で食べて、帰宅後は昨夜のスナックを摘みに軽く一杯。晩飯はやっぱり抜きになりました。
浅間山は裾の方のラインだけみえました。まぁまぁの日でした。
夜は雨も上がり
b0197486_09331908.jpg
ブレブレ写真ですが遊園地のライトアップが始まっています。昨夜も見えたらせめて花火の代わりで良かったのに・・・・


# by higashinuma | 2017-10-31 08:46 | 所感 | Comments(2)

茶道をとおして日々の流れをつづる