ブログトップ

つれづれ

花火

29年10月30日 月曜日 晴れ 20.4℃ 綺麗な青空が広がり、寒いけれども気持ちは温かい
b0197486_08051423.jpg
今朝の富士山です・・雪が雨で溶けた様です。
楽しみにしていた土曜日の花火大会は中止。順延も無し。雨はそんなに酷くなかったが、打ち上げ場所の中州が増水で使えないとの話だった。
一度、準備がほぼ出来て、台風のために全部片づけて、再び準備開始、当日の朝までかかって、急ピッチで殆ど準備が終えていたのに。でも?ん?・・いつも花火大会では下の駐車場(正確には隣の)を空にして、警備員や消防の方が集まるのに、昼頃になっても何もなかった。若しかしたら行政では中止を決めていたとも思われる。朝の空打ちも無かった。けれども、この近所の店では、花火のために弁当や飲み物を店頭販売準備していた。そのためにバイトも雇っていた様子です。中止が決まって大量の弁当を前に途方にくれている店もあった。やるかやらないかの判断はとても難しい。花火大会にどれくらいの予算を組んでいるかは知らないが、今回の事で凄いお金がかかる事は分かった。
今回も台風予報で、中止の案内が出て、あっという間に片づけられた。

我が家は花火見物に、今年は若の仕事先の方が5人来られるという。雨予報が出た時点で、中止になってもホームパーティにするから来てもらうように言って貰った。で、全員が来られるという。
朝から大掃除・・年末年始はいえに居ないので大掃除もろくにしていないので、この際の大掃除はとても良い事です。
午後は買い出し。5時頃から来ると言うのに、料理を始めたのは3時過ぎていた。
b0197486_08321599.jpg
左下・・来客に戴いたハムの盛り合わせ。右上も戴いた蕪とサーモンのマリネ
b0197486_08334573.jpg
上からリッツのスナック(ジャム二種、キャビア、レーズンチーズ)、蟹、刺身、ジャーマンポテト、サラダ
b0197486_08360805.jpg
奥は手羽元のコーラ煮、その隣は板わさ
b0197486_08373451.jpg
メインのパエリア・・時間が無かったので若に手伝って貰うというか僕にやらせて・・指示しながらでしたが、リゾット風パエリアの芯有、焦げ有(´;ω;`)味は美味しいだけ!・・鶏股肉入れるのを忘れました。左下はチーズ巻?戴き物。其の外に手作り餃子とか「いちご煮」を戴いたり美味しい時間でした。飲み物係りは若で、ホストは健太。全員が動物好きで犬飼っている人、前に飼っていた人が殆ど。「健太!尻尾振るのに疲れない?」(笑)
外に出したらと言う事で・・健太の晩飯の時間に出したらいきなりテーブルの処に来て食べたがる。で、ゴミ箱ひっくり返して、手羽元の骨を口にしたらしい(私は見ていない)・・・どうしよう・・鶏の骨は斜めに裂けて胃に刺さるから絶対禁止・・ずっと心配でしたが、月曜日現在異常が無いので大丈夫でしょう。
5時半頃に始めて・・・屈託ないおしゃべりに終わったら10時過ぎていました。
リビングのスライドテーブル優れものです。

昨日はあの雨で台風の予報があるのに、紅葉狩りでした。これは明日アップ

# by higashinuma | 2017-10-30 08:53 | 所感 | Comments(4)

富士山

29年10月27日 晴れ 20.1℃ 寒いです

昨日は綺麗な影富士が見られました
b0197486_07273289.jpg
そして朝は雪の富士山・・いきなりこんな富士山が見えて驚きでした
b0197486_07371398.jpg
23日の稽古で富士山の初冠雪の話題で雪は全然見えないねと言う話になりました。
b0197486_07364252.jpg

私はやはり雪を被いた富士山が好きです。

雪の富士山では山部赤人の次の歌を思います。
『田子の浦ゆ うちいでて見れば ましろにそ 不尽のたかねに雪は降りける』・・奈良時代万葉集
『田子の浦に うちいでて見れば 白妙の 富士の高嶺に 雪は降りつつ』・・鎌倉時代古今和歌集(百人一首)定家卿が直されたと聞きます。

万葉集の元歌を何故直されたのでしょう?
田子の浦から出て雪の富士山が見えたという感動を詠んでいます。百人一首は田子の浦に出たら富士山には雪が降っています・・単純に解釈して「降りつつ」だったら富士山は見えないのではと思ったりして。「つつ」は現在ではある動作の続いている様子を表現しますが、当時は感動も現していたようです。平安から鎌倉の和歌は解釈が難しいです。

生徒の中に何度も富士山に登ったという方がいました。砂滑りから登った経験もあるとの事。「3歩進んで2歩戻るだったでしょう」
私は吉田口から登って半泊し、ご来光を見る事が出来ました。陽が昇るにつれ周囲のゴミの山・・もう何十年前の事でしょうか?帰りは御殿場口なので、砂滑りです。只管歩くしかない。靴はボロボロでした。
登山は好きで富士山の他は木曽御嶽山では雷鳥を観ましたし、鳥海山(車で行っただけ)日本海に影を落とす威容が感動。月山はなだらかな山でお花畑が印象に残る。小高い山は数えきれない。草木の自然と風の音せせらぎだったり、滝だったりの音。ふっと視界が開けて眺め渡す景色。どれもが対人間を離れた感覚を刺激する。
スキーも好きで真っ青な空の下に樹氷が煌く中を滑走する。八海山や蔵王のように頂上から一気に下るような滑りが好きです。
斑尾高原でしたか、ゲレンデの中に美味しいパン屋があって、そういう処で昼飯を取ったり、仲間はゲレンデで炊飯をするのが好きな人達で、豚汁作ったりでおにぎりを頬張るのでした。
急斜面で落下した小母さんを助けに行った事もあったり、アイスバーンで風に飛ばされて転んだり、わだちの中に嵌って転び捻挫したり、みな楽しい思い出です。
富士山から話題が逸れました。

明日は花火大会。河川敷には有料席の椅子やテーブルが再び並べられて(台風のために全部片づけていた)、今日も大勢の人達が準備していました。
曇り後雨予報。せめて花火が終わるまで降らないで欲しいと願う。我が家は来客の準備。ご馳走?言えるかどうか少しだけ買い出し。明日は若と買い物に行く予定。
5時頃に来るように案内したとか・・・花火は5時半から6時半まで・・中途半端な食事になりそう・・

我が家飯から
b0197486_18083623.jpg
海老ブロッコリー炒め
b0197486_18091908.jpg
生姜焼きでは無く玉葱ソースです。生姜より跳ねないですが玉葱を卸すのは大変ですが美味しいので。
b0197486_18111438.jpg
パクチー胡瓜・・パクチーの消費にと思ったが「嵌った!」
b0197486_18124200.jpg
キャベツ、厚揚げ炒め煮
b0197486_18131538.jpg
薩摩芋と牛肉の煮もの・・・蒟蒻入れたら「芋煮鍋」・・普通は里芋ですが、子供の頃に海辺で持ち寄りのキャンプの時には薩摩芋だったように思う。要は何でも合うし美味しい。



# by higashinuma | 2017-10-27 08:17 | 所感 | Comments(0)

Microsoft怒り!

29年10月26日 木曜日 晴れ もうすぐ18時 21.1℃ 
今朝書き終えて、投稿せずに(残り一枚アップするため)別サイトを開いて写真の編集をしていた。いつもの事ながらフリーズして自動再起動になり、結果全部消えた。こまめに投稿して写真はチビチビ編集画面でアップすれば問題無いですが・・・
何故、写真の編集でフリーズしてしまうのだろう?exciteブログの問題ではないMicrosoftの問題です。

何度か繰り返しているので、当然Microsoftには不具合報告が届いていると思われる。
勝手に他人のパソコンを操作しているのだから恐ろしい。他の文書でも以前(バージョンアップ以前)と違いパソコンの中?個人のパソコン以外に見られないのでは無くMicrosoft経由で作成されるようなシステムに変わっている。一部の国ではそれで全て管理、制限されているのでしょう。
今日はこれで終わり。


# by higashinuma | 2017-10-26 17:59 | 所感 | Comments(0)

名残

29年10月25日 水曜日 曇り、雨 20.7℃ 陽ざしが無いので寒く感じます。
今朝は気が付いたらもうすぐ6時だった。健太は私が起きた事で起きた様子。しかし、深夜多分1時から3時頃は良く眠れずウトウトしていた。何だか急に花火来客のメニューが頭を巡るのです。そしてその時間は健太も起きている様子だった。
次の土曜日に大きな花火大会があり、今年は例年の客と違い若の仕事先の方が数人来られるらしい。今朝の朝食時、若の方からメニューは是と言われた。結局去年の写真をみながら同じにしたのでした。「ハイハイ分かりました。ではそのように」去年は稽古に来ている生徒たち。まぁ今回は若の客だから自分が良いのなら良いとしよう。

昨日は10月最後の稽古。名残の茶も終わりです。今はお茶屋に行けばほぼ年中品質の同じお茶を買う事が出来ます。が、昔はと言うかいつ頃までなのだろう?名残のお茶と言うのは。茶壺に詰めたお茶がこの月で底をつき11月から今年のお茶の封を切るのです。今では道具などでその雰囲気、気持ちを現すしか無いですね。
b0197486_08184092.jpg
b0197486_08190578.jpg
古里籠に藤袴、秋明菊、孔雀草を入れる。藤袴は先週使った物、秋明菊は台風で千々に乱れて倒れている中から、これから咲きそうな一枝を選ぶも、茎が90度も曲がって起き上がろうとしていた。蕾を擡げて咲かそうとする花の生命力を感じました。
b0197486_08234518.jpg
初炭手前・・火箸等は使い取りの扱いになります。香合を拝見に出し、拝見物を取りに出る時に棗を持って出て天板に乗せてから応答、香合を持って帰る。
b0197486_08281537.jpg
干菓子は栗と芋
b0197486_08294557.jpg
時間があったので薄茶と濃茶も
9時に教室に行って10時他の用で来客が4人。昼食後4時まで閑。この生徒の稽古は6時半まで。其の後3人稽古して、久々に午後9時近くに教室を出る。帰宅は9時45分。10時には就寝。以前はもっと遅かったけれど、健太の起床6時に合わせるには10時には寝ないと一日持たない(笑)無理はしない。短編2編読了と昼寝。
昨夜、注文していた文庫本(「日の名残り」カズオ・イシグロ著)が届いたので、来週の愉しみ。2001年刊行後ノーベル文学賞受賞で30刷の増版。興味を惹いた後一冊は未だ。
b0197486_08410464.jpg
先週から濃茶点前を希望していた。
b0197486_08424370.jpg
この前好評だったので小田原土産の饅頭です。
b0197486_08441422.jpg
薄茶を希望されたので「じゃ、四滴の弦付きで」となりました。

もう一人は簡単にという事で入子点前でしたが写真忘れました。

来週は5週目でお休み。11月からは炉の点前です。
炉開き、口切と行事がありますが、研究会で点前の生徒が居るので、その者の稽古中心ですが、せめて茶壺の紐結びは稽古しないと。
感覚としては未だ先の事と思っていたが風炉から炉に変わる声を聴いただけでも一年の過ぎ去る速さを思います。

※去年の花火大会のメニューは2016年8月22日「台風」のブログです。


# by higashinuma | 2017-10-25 08:53 | 茶道 | Comments(2)

台風

29年10月23日 月曜日 曇り 21.9℃ 

書き終えて全部消えました(´;ω;`)なので今回は写真だけ
b0197486_07415695.jpg
朝、6時の時点で河川敷まで増水している
b0197486_07454561.jpg
本流は激流化
b0197486_07463819.jpg
手前の道は堤防の上の道。対岸を見るとまだ余裕
先程報道で中州に取り残された人を救助する画像が出ていました。この近くにも河川敷で生活している人が居ます。どうしているのでしょう。
b0197486_07463819.jpg
上の写真と同じです。今のエキサイトはこの写真を消すと上の写真も消えるのでこのまま

今はもうすぐ9時で河川敷の緑が見え始める程水が引いています。
多分、水溜まりに小魚が跳ねている事でしょう。彼らにとっては地獄ですね。
b0197486_15394734.jpg
一番上の写真と同じ場所もうすぐ4時。水が引きました。屋根の間は水溜まり。木には流されてきた物が絡んでいる。蛇なんかも居るらしい。桑原桑原👈雷じゃないよ
b0197486_15422047.jpg
富士山も綺麗です。今は外の日差しが暑い・・もうすぐ健太の散歩だけれど暑くてどうしようかと思う。

我が家飯
b0197486_08423320.jpg
色々茸のバター炒め
b0197486_08433349.jpg
胡瓜とパクチーの和え物・・サラダ感覚・・これ結構いけます!
b0197486_08443375.jpg
鶏大根の中華風煮物・・我が家の定番で時々作りますが、味に少し変化を付けています。




# by higashinuma | 2017-10-23 09:14 | 所感 | Comments(2)

茶道をとおして日々の流れをつづる