ブログトップ

つれづれ

乗り合いバスで

30年3月16日 金曜日 曇り 20.8℃

今日の健太は5時半頃にボール遊びを始めた。咥えて放り投げて飛びつく。それが結構煩いけれど、鳴くよりは良い。この時点でトイレに行っても鳴かない。少しウトウトして気付いたら6時をちょっとすぎていた。この頃になるとクンクン鳴きが始まる。呼びかけるとおとなしくなる。

最近はバスに乗る事が多くなった。前の家から駅までは歩いて15分から20分。今の家も主要駅には同じくらいかかる。電車の駅もバス停も近くなり、バスが行くのが見えても駅まで歩くより待っている方が駅に出る時間が早いので待っている。
バスに乗っていると色々な事が見えて来る。
此の前はバスが来ていたので、手を上げて走って行って、バスの長さの半分位まで行ったのに置き去りにされた。また、乗り口まで行ったら発車して、止めて貰えなかった事もある。この場所は直ぐ信号があり、発車しても大方は信号で止まるので待ってくれても良いのにと勝手に思っていた。乗っている客もそんな感じかと贔屓目に見ていた。
つい最近も走ってバスの半分くらいまで行っているので動き出した。窓を叩いたら止まってドアを開けてくれた。これは絶対禁止行為なのですが。運転手は赤くなっていた。
客が走って来ると待ってくれる運転手も居る。走らなくても爺婆が歩いて来ると待っていてくれる。私の想像ですが、発車する時にはミラーで確認するので分かると思うのです。で、発車してしまった運転手は全く見ていないと思う。
時間で発車するのは当然の決まりでもあるのだろうが、車だと走っている時に調整が効くのではと思うのにそういう余裕の無い運転手も居るのだ。要は運転手の質の問題だと私は思うのです。

バスに乗って、相当こお歳の爺婆が前が空いているのに、段の在る後ろ席までゆっくり歩いてくる。運転手は彼らが座るまでは発車しない。此の前は座るまで余りに時間がかかるので「お近くの処にお座り下さい」と放送していた。彼らには全く他人毎で聞こえて無いようだった。杖を突いている人も居るので私も何故彼らは前が空いているのに後ろの席に座りたいのだろうと訝しむ。ここには他の乗客に迷惑かけている事が全く理解されていない。それに電車でもそうですが、小さな子供を連れてお母さんが子供に料金を入れさせたりしている。そしてバスの中で歩かせて子供の選ぶ場所に座る。バスは発車できないので、一連の行動が落ち着くまで待っている。お母さんの気持ちは分からないでも無いが、乗客にとっては時間がかかりすぎて迷惑です。みんなが皆と言う訳でも無く、子供を抱えて急いで着席する方も居られる。小さい時から公衆に迷惑かけない躾けは大事だと思う。

中国でもタイでも公共バスは乗客が年寄りだろうがかまわず、一歩足を踏み入れると直ぐ発車する。直ぐ手摺に掴まらないとオットトになる場合も有る。慣れと言うのか是でも怪我をしたと言うのは聞かないし、倒れた人も見ていない。
危険と言えば危険なのですが、日本では安全第一で乗客が掴まるか座らない限り絶対発車しない。
私の乗る路線バスは全く時間通りに来たことが無い。遅延原因の多くは道路事情と言うが、車は混んでいるが流れている。乗客も心して欲しいと思う。が、爺婆には無理な事かも知れない。乗る時もバス停に来た順に乗れば良いのに、譲り合ったりしている。

主要駅はバスがプールしている。時間が早いから待機しているのだ。最近のバス停は後何分で発車とか時間が掲示される。寒い時期、暑い時期でもこの表示が0になるまで待たされる。見えるところに待機しているんだから、5分前でもバス停に来て乗せれば良いのに思う。決まりがあるのでもなさそうで、運転手によるみたいです。

今日は丸毎クレームみたいになってしまった。最近は他人に迷惑をかけていると言うか自己中が多くなっている。年寄りが乗って来るとさっと席を譲る若い人もまだまだ多いですが。

我が家飯から
b0197486_17083905.jpg
プルコギ・・この頃北朝鮮の話題が多く、板門店で食べた田舎家のプルコギを思い出す。
b0197486_17102118.jpg
しらす大根・・こういう方がさっぱりしていて美味しいと思う
b0197486_17112315.jpg
またもや三平汁

ある日の三時
b0197486_17122497.jpg
栃餅・・郷里の街のお菓子屋が時々パルコの特設売り場に店を出す。子供の頃から好きだった。映画「おくりびと」に出て来るお風呂屋さんの近くだった気がするが、この店は子供の頃食べていた店とは違う名前のような気がする。素朴な味わいですが、餅が出来るまでを最近テレビで紹介されていた。餅にするまでの工程は長い。
子供の頃食べていたのはこし餡でしたが、粒あんしか無いと言っていた。白餡とずんだ餡が出来ていた。あの工程を思えば高いとは言えないが、そんなに高い値段では無かった気がする。しばし田舎を思い出していた。







by higashinuma | 2018-03-16 09:19 | 所感 | Comments(0)

茶道をとおして日々の流れをつづる