ブログトップ

つれづれ

食の思い出

30年4月21日 土曜日 晴れ 23.2℃

昨日は暑かったですが、陽が落ちて寒くなりました。今日の予報も暑くなるとか。
昨日、健太の散歩で帰り道、風が通る処で健太が立ち止まり動こうとしない。それを見ていた小父さんが「動きたく無いのか」と話しかけて来た。「ここは風が通るので。それに誰か構ってくれるのを待っているみたいです」「そうかそうか」となでなでしてくれた。健太は尻尾フリフリ抱きついたり舐めたりしている。「犬飼ってるんですか?」「ん、前にね」小父さんの笑顔がなかなか良い。
別な日に比較的若い男の人が道端でアジア系の外人と喋っていた。健太は立ち止まってその若い人をまじまじと見ている。その人は気が付いて手を伸ばしている。「可愛いね」「撫でて貰いたいみたいですよ」健太の頭を撫でていた。健太は満足して歩き出す。
散歩はいつもこんな感じで、時間ばかりとっている感じがする。暑いからなるたけ日影の道を選んでいる。住宅街はあまり人が居ないので、遠くから誰かやって来ると、立ち止まってじっと見ている。犬に興味がない人や怖いと思っている人も居て、行きすぎると健太はしょんぼりした感じで歩く。
誰にも可愛がって貰えることは良い事です。

さて、食べる事に目が無い私は相当食い意地がはっていると思う。
猪苗代湖から磐梯山に一人旅行した時、バスの待合時間が長かった。乗客は一人で、出発前、結構早い時間から乗せてくれた。車掌が乗って来て、運転手に是家で作ったからと笹団子を渡して、私に気が付き良かったらどうぞと分けてくれた。見知らぬ土地で見知らぬ人に戴いた笹団子は美味しかった。新潟は有名だけれど、この辺りでも作っていると発見もあった。最近の風潮として、こういう場合でも自分たちだけで食べている事が多くなったと思う。田舎では三、四人位なら見知らぬ人にも分けていた気がするし、そのように育って来た。そして、足りないようだったらそこでは食べない。

中国に初めて旅行した時、北京で「田鰻」と「黄韮」の炒め物が出されて、あの長い物が嫌いなそれはてっきりそれだと誤解して、気持ち程度しか取らなかった。円卓を囲んだ一緒の人達もあれだと思っていたみたいです。不味くは無かったが・・後でガイドにここの名物料理で「田鰻と黄韮」の炒め物だと説明があり、食べない事を悔やんだ。同じ旅行で桂林の漓江下り(我々は上り)で船の中の食事にすっぽん料理が出た。川で水牛を洗っている同じ流れで船の食器を洗うのが見えて複雑だった。

最近の中国旅行では同じ円卓を囲う客にグループ(二家族四人)が居て、美味しいと思う料理は大皿から自分の皿に大量に取っていたため、円卓を回す最後の方には殆ど
料理が残っていない。ガイドに話して注意して貰ったが全く意に介して無かった。中国人の中で旅行した時は大皿が空になると店の人が無料で追加して出してくれると言っていた。日本人の場合はそう言う事も無く、食べそこなった事でした。それからその人たちと同じ円卓には着かないようにした。

父は釣りが好きで、ある日は大きな鰻を釣って来た。かば焼きにして戸棚に入れてあったが、そっくり猫に獲られてしまったことがあった。例の長い物が嫌いな私が戸棚を開けたと怒られたが、私は知らなかった事です。今、大河ドラマで西郷どんが家族のために鰻を採りに行く場面が多々みられたが、父はあの気持ちであったろうと思うのです。ある日は大きな錦鯉を釣って来た。祖母は腹が痛い、それは神様の物だからと言われ父はお寺の裏にある竜神の住むと言う池に放しに行った。其の後不思議に祖母は元気になりました。その池は人面魚が居るので有名になりました。

初めて一人で行ったトルコは感動的だった。マス料理もパンも美味しく5日間位の工程全てに満足していた。ただ、ドルチェ?葡萄の葉で肉を巻いた料理は味が馴染めなかった。次に若とほぼ同じ工程で行ったトルコは最悪だった。煮干しのような鱒の焼物。冷たくて獣臭いピザ等々何故と思うような食事であった。「トルコの料理は旨いよ」と言っていたが見事に裏切られた。トルコ航空の機内食は美味しかったのに・・ビジネス以上のクラスではコックさんが搭乗して料理しているようでした。

ブラジルは肉食。ずっと肉肉肉。シュラスコなど美味しいですけどね。で、兄と一緒にサントス(兄が初めてブラジルを踏んだ地)に出掛けた時「魚が喰いたい」と言ったら注文してくれた。出てきた料理は大皿に鮭を分厚く輪切りしたローストにグリーンビースとご飯が添えてある。その大きさに先ずびっくり。兄たち(娘)は他にご飯料理を別に取っていた。「こんなに食べられないよ」「ブラジル(サンパウロ)は朝晩の寒暖差が激しいから是くらい食べないと体力が持たない」鮭も全部は食べきれず、残したのを兄が全部食べていた。その後は木陰で昼寝をさせて貰い、起こされるまでぐっすりだった。やはり体力が消耗するのだと思った。昼の日差しは40℃位で朝晩は冷えるとマイナスになるのを実感した事でした。

パリは初めての海外旅行。到着した日は知人の家にお邪魔して奥さんが「おにぎりと味噌汁」をご馳走してくれた。日本茶も含めて美味しかった。街を歩いて屋台の林檎を齧り、丁度新年の頃だったので、ガイドブックにある牡蠣とかムール貝にレモンを絞ったものが食べたいと探した。それは見つからずムール貝にご飯を載せた物を買ったが感動する程の事は無かった。レストランで何を食べるか迷う。ガイドブックの写真を見せて指さしても無いと言う。隣の席の爺様は一人で食事中で「ブフ」と教えてくれた。ステーキだった。嬉しくなってガイドブックを広げて食事しながら会話?したのが忘れがたい。処で白と赤のワインはフランス語で話せたが、ロゼが飲みたかった。はてロゼをフランス語で何と言うのだろう?後で知った事ですが「ロゼ」はフランス語でした(笑)
本当は「こんにちは」「ありがとう」位しか覚えて無かったのです(笑)それでいて街で日本人には会わないようにと露地を歩いたのです。今はテロが怖いですね。

インドネシアのサテ(串に刺した焼肉)はあのたれが馴染めない。インドには行った事が無いが独特の香辛料が無理。カレー等はインド人に習って美味しいと思うのに・・ネパールは又違う味なので馴染めないが・・あの串焼の独特の味が好きでは無い。あと嫌いなものはハワイのタロイモ(現地ではご飯の代わり)と中国は北京辺りのお粥。

果物では好きな物が沢山ある。嫌いな物を探す方が難しい。パパイアはハワイ系のラクビーボール形の黄色い奴が美味しい。タイなどの長いものはライムを絞らないとあまり美味しさが無い。青いパパイアの料理「ソムタム」は好きです。乾燥マンゴーは定番のお土産ですが、甘酸っぱい漬物タイプの方が好きです。と言ったら笑われた。あれは妊婦の食べ物と言う。バンコク郊外の国立公園に行った時、小母さん達のグループに戴いた「棗」は美味しかった。青い2cm位の実で青りんごの美味しいのに会った感じだった。バンコクで買って来たと言っていたが、季節もあるけれど未だ探せないでいる。

マンゴスチンは果物の女王と言われ好物の一つです。皮が剥けずに爪をたてていたら、知らない親爺が取り上げて、両手の平に挟んで押しつぶし、割れ目が出来た所から割って中を取り出すのだった。親父ありがとう。それから得意になって教えている(笑)

食べ物を上げたらキリが無い。また別の日に取り上げたいと思う。
と言う処で我が家飯
b0197486_09334886.jpg
最近の生姜焼きはトンカツ用の厚切り肉で作っている。生姜と玉葱卸し、調味料を混ぜ肉が生焼けした処で混ぜる。
b0197486_09370288.jpg
買って来たパックのままで・・鰹叩きですがカルパッチョ風に・・未だ脂がのってないが、初鰹の美味しさがある
b0197486_09393232.jpg

パクチー卵焼き・・若が焼いた(あいつ意外と上手)塩胡椒は味は付いているがスィートチリソースで食べる。東南アジアの気分。

※田鰻・・ネットで戴いた平坂 寛 (ひらさか ひろし)さんの記事より
b0197486_10222958.jpg
奈良に中国から持ち込まれたとか・・この地方の人は食べないそうです。鰻のくせに蜷局を巻くとテレビで観た事がある。こんなの見せられたら食べますか?
炒め物で絶品。確かに北京で食べた物は美味しかった。若しかして、厦門で運転手が注文した料理はこれの一匹をそのまま(10㎝位の長さ)から揚げした物だったような気がする。その時もそんなに食べていない。




by higashinuma | 2018-04-21 09:41 | 所感 | Comments(0)

茶道をとおして日々の流れをつづる